第 一 次 世界 戦争。 第一次世界大戦まとめ|原因・年表・死傷者数などをわかりやすく

第一次大戦史から学ぶ:世界を揺るがしたスペイン風邪の発生源は米国だった=板谷敏彦

第 一 次 世界 戦争

米カンザス州の軍施設(1918年) 第一次世界大戦における戦死者の合計は、約1000万人と推計されている。 また民間人の犠牲者は諸説あるが約650万人とされ、この戦争では軍隊・民間人合わせて約1650万人が戦没者となった(推計者による誤差は大きい)。 ところが戦争の最終局面の1918年から20年にかけて、世界中でこれをはるかに上回る3000万~5000万人以上に及ぶ死者を出した「スペイン風邪」が流行した。 独軍のルーデンドルフ将軍は1918年の春攻勢が失敗した理由として「スペイン風邪」による士気の低下を挙げている。 その春攻勢を受けて反撃に出た英仏米軍の攻勢も遅々としたもので、ここでも「スペイン風邪」の影響が伝えられている。 しかし、重篤で世界的な病気であるにもかかわらず、実態はあまり広く知られていない。 「運び屋」になった米兵 「スペイン風邪」は、スペインが世界的に流行したインフルエンザの発生地だから名付けられたわけではない。 第一次世界大戦の交戦国では、報道管制によって病気や死亡等の情報が制限されていた。 一方で、当時中立国であったスペインだけが病気に関する死亡者や患者数などの情報を公開していた。 それが各国で新聞記事となり、世界各地で流行しているインフルエンザをスペイン発だと誤解したのである。 当時の欧州の「悪いものは何でもスペインから」という風潮も手伝ったのだろう。 世界中が「スペイン風邪」と呼ぶようになった。 だが当のスペインでは、病原菌は戦乱の地であり、死体が散乱するフランスからピレネー山脈を越えてやってきたに違いないと考えられていた。 最初のスペイン風邪のウイルスの発生は1918年3月の米カンザス州だと考えられている。 米国では1917年4月の参戦以来、徴兵制が敷かれ、全米の田舎から若者たちが訓練所に集められた。 全米に数多く作られた訓練所の宿舎は急ごしらえの詰め込みで、ウイルスが伝染する環境として適していた。 こうしてウイルスを持った若者たちが訓練を終了した順にヨーロッパの戦線へと派遣されていったと考えられている。 3月の時点ですでに25万人の米兵が欧州に渡り、本国では138万人が渡航のために待機していたが、ウィルソン大統領の理想である「自由と平和」を希求するはずの戦士たちが皮肉にも病気の運び屋となっていたのである。 最初は米派遣兵200万人のうち79万人が上陸したフランスの受け入れ口、ブレストの港町からウイルスは拡散していった。 1918年4月にはフランス北部にいた英軍に、そして独軍の最終防衛ラインである「ヒンデンブルク線」の塹壕 ざんごう によって、本来なら物理的に隔てられていたはずの独軍もなぜか感染した。 さらに1918年5月になると英軍の南部に布陣していた仏軍にまで到達した。 独軍では当初、英軍と対峙 たいじ したベルギーのフランダース地方で発症したために「フランダース熱」とも呼ばれていたが、すぐに西部戦線全域の独軍兵士が感染した。 そしてその間も米国兵は途切れることなくウイルスとともに続々と西部戦線に到着していった。 英国では1918年6月に軍港の街であるポーツマスから、ロシアにも同月に白海のムルマンスクに派遣された米軍によってウイルスが持ち込まれた。 アフリカでも石炭補給の港町であるフリータウン(シエラレオネ)から、アジアではインドのムンバイ、コルカタ、そして中国内陸部奥深く重慶まで達していた。 米兵だけが運び屋なわけではなかった。 日本でも1918年6月に陸軍の各連隊宿舎で広がりを見せ、『大阪毎日新聞』がスペイン風邪の記事を掲載した。 また1918年の大相撲夏場所では風邪による休場が目立ち「相撲風邪」とも言われた。 世界に広がったスペイン風邪の流行は3波にわかれていた。 最初の第1波での死亡者は少なく、3日程度の発熱で回復するところから「3日熱」という呼び名もあった。 それでも軍隊の状況は深刻で、1918年7月の『東京朝日新聞』では、「独軍攻勢遅延」の記事でインフルエンザが関連づけられていた。 インフルエンザ第2波となるウイルスの「変異」は1918年8月、フリータウン、ブレスト(ベラルーシ)、ボストン(米国)と、不思議にも遠く離れた3カ所で同時に起きた。 第2波では、感染者は悪性の肺炎を発症してばたばたと死んでいった。 見るからに健康な若者が、38度から40度の発熱を伴い、発症からわずか1~2時間でほとんど動けなくなった。 人々は、あまりにひどすぎて単なる病気だとは考えられず、ボストンでは独潜水艦「Uボート」が秘密裏に病原体をまき散らしたと信じられていた。 また、死亡者の45%が15歳から35歳の一番体力のあるはずの若者だった。 米国では1918年10月24日に戦費調達のための第4次自由公債の募集が計画され、9月から全国で募集のためのパレードや演説会に大勢の人が集まった。 こうしたパレードが米国民間人にウイルスを拡散させたと考えられている。 かくして小康状態の後、1919年2月には第3波が伝播 でんぱ し、米国国内では翌1920年4月までに55万人が死亡した。 また米兵の戦場での戦死者は11万人とされているが、その半数は敵弾によってではなくスペイン風邪によって死亡したと考えられている。 しかし1920年の半ばになると、この恐怖のウイルスは、まさに音もなく消え去ったのである。 関東大震災上回る死者 1918年当時の光学顕微鏡では、1ミリの1万分の1の大きさの「スペイン風邪」のウイルスは見えなかった。 ワクチンなどの対策も不適切で、治療といえば風邪と同じで安静以外になかった。 1918年6月6日付の『大阪毎日新聞』。 「スペインに奇病流行」との見出しで、「スペイン国民の3割は病名不明の伝染病」にかかっていると伝えている 病原菌がウイルスだとわかったのは電子顕微鏡が発明された1930年代になってからで、古い人体の組織片からウイルスが分離されるようになったのは1990年代であり、遺伝子が解明されたのはごく最近のことである。 今では「スペイン風邪」はウイルス性のインフルエンザ・パンデミック(大流行)だったとわかっている。 また伝染性が強く、突然「変異」することによって強力になることも解明されている。 経済史、歴史人口学の速水融氏の著した『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』(藤原書店、2006年)では、日本のスペイン風邪による病死者を45万人と推計している。 1904年の日露戦争の戦没者8万4000人、1923年の関東大震災の死亡者10万5000人と比較して格段にむごい災害であるにもかかわらず、日本の高校世界史の教科書には書かれていない。 戦争や地震などのように、経済的な大規模損失を連想させる大型艦船の沈没や歴史的建造物の破壊などの映像を残さなかったのが原因かもしれない。 米国ではこの間、20人が死亡した路面電車の事故は新聞の一面を飾ったが、インフルエンザで連日500人以上が死亡してもあまり一面記事にはならなかったという。 関西学院大学卒。 IHI、日興証券、外資系証券を経て独立。 著書に『日露戦争、資金調達の戦い』など。 (初出=2016年11月1日号 連載:) 関連記事•

次の

バルカン戦争(第1次・第2次)

第 一 次 世界 戦争

米カンザス州の軍施設(1918年) 第一次世界大戦における戦死者の合計は、約1000万人と推計されている。 また民間人の犠牲者は諸説あるが約650万人とされ、この戦争では軍隊・民間人合わせて約1650万人が戦没者となった(推計者による誤差は大きい)。 ところが戦争の最終局面の1918年から20年にかけて、世界中でこれをはるかに上回る3000万~5000万人以上に及ぶ死者を出した「スペイン風邪」が流行した。 独軍のルーデンドルフ将軍は1918年の春攻勢が失敗した理由として「スペイン風邪」による士気の低下を挙げている。 その春攻勢を受けて反撃に出た英仏米軍の攻勢も遅々としたもので、ここでも「スペイン風邪」の影響が伝えられている。 しかし、重篤で世界的な病気であるにもかかわらず、実態はあまり広く知られていない。 「運び屋」になった米兵 「スペイン風邪」は、スペインが世界的に流行したインフルエンザの発生地だから名付けられたわけではない。 第一次世界大戦の交戦国では、報道管制によって病気や死亡等の情報が制限されていた。 一方で、当時中立国であったスペインだけが病気に関する死亡者や患者数などの情報を公開していた。 それが各国で新聞記事となり、世界各地で流行しているインフルエンザをスペイン発だと誤解したのである。 当時の欧州の「悪いものは何でもスペインから」という風潮も手伝ったのだろう。 世界中が「スペイン風邪」と呼ぶようになった。 だが当のスペインでは、病原菌は戦乱の地であり、死体が散乱するフランスからピレネー山脈を越えてやってきたに違いないと考えられていた。 最初のスペイン風邪のウイルスの発生は1918年3月の米カンザス州だと考えられている。 米国では1917年4月の参戦以来、徴兵制が敷かれ、全米の田舎から若者たちが訓練所に集められた。 全米に数多く作られた訓練所の宿舎は急ごしらえの詰め込みで、ウイルスが伝染する環境として適していた。 こうしてウイルスを持った若者たちが訓練を終了した順にヨーロッパの戦線へと派遣されていったと考えられている。 3月の時点ですでに25万人の米兵が欧州に渡り、本国では138万人が渡航のために待機していたが、ウィルソン大統領の理想である「自由と平和」を希求するはずの戦士たちが皮肉にも病気の運び屋となっていたのである。 最初は米派遣兵200万人のうち79万人が上陸したフランスの受け入れ口、ブレストの港町からウイルスは拡散していった。 1918年4月にはフランス北部にいた英軍に、そして独軍の最終防衛ラインである「ヒンデンブルク線」の塹壕 ざんごう によって、本来なら物理的に隔てられていたはずの独軍もなぜか感染した。 さらに1918年5月になると英軍の南部に布陣していた仏軍にまで到達した。 独軍では当初、英軍と対峙 たいじ したベルギーのフランダース地方で発症したために「フランダース熱」とも呼ばれていたが、すぐに西部戦線全域の独軍兵士が感染した。 そしてその間も米国兵は途切れることなくウイルスとともに続々と西部戦線に到着していった。 英国では1918年6月に軍港の街であるポーツマスから、ロシアにも同月に白海のムルマンスクに派遣された米軍によってウイルスが持ち込まれた。 アフリカでも石炭補給の港町であるフリータウン(シエラレオネ)から、アジアではインドのムンバイ、コルカタ、そして中国内陸部奥深く重慶まで達していた。 米兵だけが運び屋なわけではなかった。 日本でも1918年6月に陸軍の各連隊宿舎で広がりを見せ、『大阪毎日新聞』がスペイン風邪の記事を掲載した。 また1918年の大相撲夏場所では風邪による休場が目立ち「相撲風邪」とも言われた。 世界に広がったスペイン風邪の流行は3波にわかれていた。 最初の第1波での死亡者は少なく、3日程度の発熱で回復するところから「3日熱」という呼び名もあった。 それでも軍隊の状況は深刻で、1918年7月の『東京朝日新聞』では、「独軍攻勢遅延」の記事でインフルエンザが関連づけられていた。 インフルエンザ第2波となるウイルスの「変異」は1918年8月、フリータウン、ブレスト(ベラルーシ)、ボストン(米国)と、不思議にも遠く離れた3カ所で同時に起きた。 第2波では、感染者は悪性の肺炎を発症してばたばたと死んでいった。 見るからに健康な若者が、38度から40度の発熱を伴い、発症からわずか1~2時間でほとんど動けなくなった。 人々は、あまりにひどすぎて単なる病気だとは考えられず、ボストンでは独潜水艦「Uボート」が秘密裏に病原体をまき散らしたと信じられていた。 また、死亡者の45%が15歳から35歳の一番体力のあるはずの若者だった。 米国では1918年10月24日に戦費調達のための第4次自由公債の募集が計画され、9月から全国で募集のためのパレードや演説会に大勢の人が集まった。 こうしたパレードが米国民間人にウイルスを拡散させたと考えられている。 かくして小康状態の後、1919年2月には第3波が伝播 でんぱ し、米国国内では翌1920年4月までに55万人が死亡した。 また米兵の戦場での戦死者は11万人とされているが、その半数は敵弾によってではなくスペイン風邪によって死亡したと考えられている。 しかし1920年の半ばになると、この恐怖のウイルスは、まさに音もなく消え去ったのである。 関東大震災上回る死者 1918年当時の光学顕微鏡では、1ミリの1万分の1の大きさの「スペイン風邪」のウイルスは見えなかった。 ワクチンなどの対策も不適切で、治療といえば風邪と同じで安静以外になかった。 1918年6月6日付の『大阪毎日新聞』。 「スペインに奇病流行」との見出しで、「スペイン国民の3割は病名不明の伝染病」にかかっていると伝えている 病原菌がウイルスだとわかったのは電子顕微鏡が発明された1930年代になってからで、古い人体の組織片からウイルスが分離されるようになったのは1990年代であり、遺伝子が解明されたのはごく最近のことである。 今では「スペイン風邪」はウイルス性のインフルエンザ・パンデミック(大流行)だったとわかっている。 また伝染性が強く、突然「変異」することによって強力になることも解明されている。 経済史、歴史人口学の速水融氏の著した『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』(藤原書店、2006年)では、日本のスペイン風邪による病死者を45万人と推計している。 1904年の日露戦争の戦没者8万4000人、1923年の関東大震災の死亡者10万5000人と比較して格段にむごい災害であるにもかかわらず、日本の高校世界史の教科書には書かれていない。 戦争や地震などのように、経済的な大規模損失を連想させる大型艦船の沈没や歴史的建造物の破壊などの映像を残さなかったのが原因かもしれない。 米国ではこの間、20人が死亡した路面電車の事故は新聞の一面を飾ったが、インフルエンザで連日500人以上が死亡してもあまり一面記事にはならなかったという。 関西学院大学卒。 IHI、日興証券、外資系証券を経て独立。 著書に『日露戦争、資金調達の戦い』など。 (初出=2016年11月1日号 連載:) 関連記事•

次の

第一次世界大戦後のヨーロッパ諸国について調べてみた

第 一 次 世界 戦争

膨大な犠牲者を出した第一次世界大戦 20世紀は「戦争の世紀」と呼ばれるほど大規模な戦争が多く、推計死傷者数は1億人近く、第一次世界大戦はその始点となった戦争であった。 戦争の引き金となったのは、1914年6月28日、ユーゴスラヴィア民族主義者の青年が、オーストリア=ハンガリーの帝位継承者フランツ・フェルディナント大公を暗殺した事件(これが教科書によく出てくるサラエボ事件と呼ばれるもので、同事件を題材とした『サラエボ』(2014)や、(舞台は現代であるが)『サラエヴォの。 銃声』等が上映された)であったが、その後、瞬く間に世界大戦に発展、陣営は以下の通りであった。 連合国: フランス、イギリス、ロシア、ベルギー、日本、イタリア、ルーマニア、ポルトガル、アメリカ等 中央同盟国:ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン、ブルガリア他 足掛け4年近く行なわれた第一次世界大戦は、機関銃や毒ガス等、数多くの新兵器が登場、これまでにない大規模な戦闘により、両陣営とも戦闘員及び非戦闘員(民間人)含めて1000万人以上もの死者を出した実に凄惨な戦いであった。 銃弾や砲撃等による戦死者以外にも塹壕戦等によるストレスも多く、砲弾による「シェルショック」や、「生き埋めノイローゼ」、「ガスノイローゼ」等、多数の帰還兵士達が戦争神経症を患い、現在言う所の「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」が多数指摘されていたのも第一次世界大戦の特徴である。 迂回できなくなってしまった塹壕 「塹壕」とは、敵の銃砲撃から守るために陣地の周囲に掘った穴(乃至は溝)のことで、この塹壕を制圧するための戦いを「塹壕戦」と呼んだ。 塹壕に殺傷能力の高い機関銃を設置することで、歩兵や(馬に搭乗しての)騎兵に対し絶大な効果を発揮、本来ならその塹壕を迂回することによる機動戦法を行なえばよいが、その塹壕がイギリス海峡からスイス国境地帯にまで延びてしまったため、塹壕迂回進撃が不可能に……そのために、各国の軍首脳部は次々と兵士に突撃を命令、膨大な犠牲を出すこととなった。 映画『1917』とイギリス軍 映画『1917』の舞台となったのは大戦中最も重要な戦線と見られた「西部戦線」(ドイツ第二帝国から見て西)で、戦域はフランス、ルクセンブルク、ベルギー(ドイツ本土自体が直接戦場になることはなかった)。 当初、ドイツ軍の勢いが凄まじく、フランス首都・パリにまで迫るほどであったが(フランス政府は当時、ボルドーへの疎開を計画)、1914年9月5日に発生した第一次マルヌの戦いでフランスはドイツの進撃を止めることに成功しドイツ軍は一時撤退、これはドイツ軍の戦争計画(シュリーフェン計画)の破綻に繋がり、以後はベルギーの沿岸部からスイス国境にかけて700キロ以上の塹壕線がひかれ、泥沼の消耗戦が延々と行なわれることになった。 そして、『1917』の舞台である1917年は、アメリカの参戦や、日本海軍の欧州への艦隊派遣、ロシア革命等、第一次世界大戦においての各種転機が訪れた年で、ドイツ軍そのものもヒンデンブルク線(第一次大戦最大の建築物)を構築し、攻めの姿勢を辞めて守りの姿勢に入った時期でもあった。 イギリスは元々、第一次世界大戦の参戦に乗り気ではなかった なお、『1917』の主人公たち伝令兵が所属しているのはイギリス陸軍であるが、元々イギリスそのものは第一次世界大戦の参戦に当初乗り気ではなく、どちらかと言うと反ドイツというより(ドイツそのものはイギリスとの貴重な貿易国であった)、反ロシアの声も強かったほどである。 しかし、ドイツによるヨーロッパ大陸制覇は容認できるものではなく、1914年8月4日、イギリスはドイツに宣戦布告、第一次世界大戦に参戦することとなった。 もともと、イギリス軍は海軍国であるため、陸軍の兵力は25万程度と主要国に比べ比較的少なかったが、第一次世界大戦後は大幅に動員を開始、最終的に600万を越える人員を動員した(ちなみにドイツの動員数は1000万人越えで、フランスの動員数は800万人越えであった)。 なお、第二次世界大戦において首相を務めたウィンストン・チャーチルも、かつては西部戦線にてイギリス陸軍の軍人として参戦、大隊長の地位として塹壕で任務を遂行していった。 第一次世界大戦期のウィンストン・チャーチルの活躍は動画『ザ・ワールド・ウォーズ』(や等で配信)等で観ることが可能である(他にも、ウィンストン・チャーチルの自伝「わが半生」を元に映画化した『戦争と冒険』でも若き日のチャーチルの活躍を観ることができる)。 ヒトラーも務めた伝令兵。 死傷率は非常に高かった。 伝令兵は、命令を伝えることを任務としている兵士で、塹壕から塹壕へ戦火を潜り抜けなくてはいけないため、第一次世界大戦時の伝令兵の死傷率は高かった。 かのアドルフ・ヒトラーも、第一次世界大戦の折には伝令兵として活躍、鉄十字章等を数回受勲された。 映画『レッド・バロン』(日本2011年公開)とドイツ戦闘機(フォッカー Dr. I) ドイツ帝国のエースパイロットで、前人未踏の80機を撃墜した「赤い男爵」マンフレート・フォン・リヒトホーフェンを取り上げた映画『レッド・バロン』。 第一次世界大戦は航空機が大活躍した戦争で、当初は偵察機として運用されていたが、次第に偵察機同士がピストルで撃ち合うようになり、その後、武装もピストルから機関銃へと進化……現代で言うところの「戦闘機」が誕生していったのである。 なお、レッド・バロンが愛用したのはドイツのフォッカー社(オランダ人技術者アントニー・フォッカーが設立)が製作しフォッカー Dr. ちなみに、ドイツの航空隊はヴェルサイユ条約 1919年調印)で解体され、以後しばらくの間、ドイツは航空機の保有を禁じられたが、1935年に空軍を再建した(なお、空軍を再建したのは、第一次世界大戦のエースパイロットにして、「リヒトホーフェン大隊」指揮官を務めたヘルマン・ゲーリングである)。 採用当時は画期的な装備であった。 『戦火の馬』と軍馬 イギリスの少年と馬の絆を描いた『戦火の馬』。 舞台は第一次世界大戦の西部戦線であるが、イギリス軍が騎兵として軍馬(軍用の馬)を運用し、ドイツ軍が大砲の運搬用として軍馬を運用しているのが印象的であった。 軍馬と言えば、剣や槍を持った兵士(騎兵)が搭乗する馬が有名であるが、その他にも大量の物資の輸送等を可能とする輸送用の馬が後方の戦場で活躍(なにしろ、人間が運搬するよりも早く物資を届けることが可能)、自動車の完全普及まで火砲や物資の輸送は軍馬が物資輸送の主流であった。 20年以上経った第二次世界大戦においても、映画『フューリー』序盤や、テレビドラマ『バンド・オブ・ブラザース』(等で配信中)の第6話「衛生兵」のように各国は物資の輸送及び偵察・連絡用に軍馬を多数使用、あまり軍馬に頼らず、ほぼ完全自動車化に成功したのはアメリカのみであった。 また、現代においても(もちろん第二次世界大戦期ほどではないが)軍馬は未だ活用されており、映画『ホースソルジャー』のように、山岳や砂漠等過酷な地域において軍馬は依然活動中である。 ただ、映画『戦火の馬』(序盤の騎兵突撃シーン)のように、この時期になると先に述べた機関銃の登場より、馬に乗って突撃を行なう騎兵の価値は大幅に低下、その戦略的価値をなくしていった。 映画『青島要塞爆撃命令』と日本の青島要塞攻略作戦 第一次世界大戦の青島の戦いを扱った(1963年公開、配給:東方)。 航空機搭載艦に改装された「若宮」搭載のモーリス・ファルマン式(モ式)水上機とそのパイロットを扱った映画であるが、日本映画としては珍しく第一次世界大戦ものを扱っているのが特徴である。 日本は日英同盟に基づき1914年、ドイツに宣戦布告し、ドイツが租借していた中国の山東半島と南洋諸島を攻略した。 この山東半島の拠点である青島を攻略するために、日本軍は第2艦隊及び陸軍の第18師団等を派遣、その際、日本軍は水上機母艦「若宮」から水上機を発艦させ、日本初の洋上航空攻撃を実施している(他にも日本初の航空機同士の空中戦が行なわれた)。 なお、この「青島の戦い」では、大規模な砲兵火力(使用砲弾数は約4万発・1600トン程度)が投射されたことと、十分な補給が行なわれたのが特徴で、青島要塞そのものへの攻撃は天長節の1914年10月31日に合わせて開始、日本は陸軍第18師団の約1万8000人(他にもイギリス陸軍1300人が参加)を主力して、早くも11月7日に同要塞を陥落させることに成功した。 他にも、1941年(太平洋戦争開戦前にアメリカで公開。 日本では1950年に公開)に公開されたゲイリー・クーパーが主演の映画『ヨーク軍曹』(実在したアメリカ軍のアルヴィン・ヨーク軍曹を取り上げている)や、1962年に公開された『アラビアのロレンス』(オスマン帝国と連合軍の戦いを描いている)、そして戦時下の女性の活動を記録したNetflix作品等、第一次世界大戦を取り上げた映画や動画は多数作り上げられているので、色々ご覧になられてみてはいかがだろう。

次の