生理 中 だるい 熱っぽい。 生理前・生理中に微熱が…3つの原因と対処法!妊娠や病気の可能性も?

生理中の発熱がつらい…。熱っぽさやだるさを感じる原因とその対処法

生理 中 だるい 熱っぽい

生理前になると体温が高くなって、微熱があるように感じる人もいます。 まれに37度を超えて熱が上がる人もいます。 ちょっと高いですよね。 風邪などによる発熱なのか、どちらだかわからず紛らわしいです。 生理前の体温についてまとめてみました。 1.生理前の高温期 生理前には基礎体温が少し高くなる黄体期に入っています。 黄体期は妊娠のための準備をしているときで、体が勝手に体温を高く保って妊娠をしやすい環境をつくっています。 これは黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きによるものです。 2.PMSによる微熱 この生理前の時期に微熱が出る人がいます。 黄体期は体調が変調しやすく、イライラや胸の張り、腹痛などを感じる月経前症候群(PMS)と呼ばれる体の不調が現れる人が多いです。 PMSの診断基準には発熱は含まれませんが、PMSの起こる時に、微熱が出る人もいるのです。 PMSの診断基準• 情緒的な症状・・・抑うつ、怒りの爆発、いら立ち、不安、混乱、社会からの引きこもり• 身体的な症状・・・ 乳房圧痛、腹部膨満感、頭痛、四肢のむくみ PMSの診断基準は以下の資料が参考になります。 参考: 3.37度を超えることも 人により毎回の生理の前に37度以上の体温になる人もいます。 さらに中には生理の1、2日目に38度を超す高熱が出る人もいます。 熱の高い人は頭痛や腹痛、腰痛、下痢、吐き気などの、他の生理痛に関わる症状も重い場合が多く、その場合はPMSではなくて月経困難症と診断されます。 他にも何らかの原因が隠れている場合もありますから、婦人科を受診するようにしましょう。 4.生理周期と体温の変化 その発熱はいつ起こるのかを知ってください。 基礎体温を続けて測っていくと排卵や生理の始まるタイミングが分かります。 まず低温期から高温期に移行するときに排卵があります。 その排卵から高温期が始まり、12日から14日間ほど高温期があり、生理の前になると急に体温が下がります。 5.基礎体温の測り方 黄体期に入ったかどうかは基礎体温を測るとわかります。 基礎体温は動きだしてからや夕方に測っても正確には測れません。 朝起きたら布団に入ったままで、婦人体温計を舌の裏側の中央に当てて測ります。 黄体期以外の発熱は別の原因があります。 6.妊娠との違い 高温期が続いていると妊娠の可能性があります。 生理の予定日を過ぎても体温が下がらず、高温期が16日以上続くと妊娠の可能性があります。 出典: 妊娠のときも常に高温であるということではなく、妊娠・着床のタイミングで基礎体温が下がる場合もあります。 アメリカではインプランテーションディップと呼ばれている現象で、着床時に基礎体温が下がる人もいます。 まとめ 生理前の体温についてまとめてみました。 生理前に関わらず、体が熱っぽい時は休んだ方がよいという合図です。 無理をせずに過ごすようにしましょう。

次の

熱っぽいのに熱なし!だけど、身体がだるいのはなぜ?

生理 中 だるい 熱っぽい

腹痛・腰痛・下痢 生理中に分泌されるプロスタグランジンが原因で、下腹部や腰に痛みが生じたり、胃腸の働きが悪くなって下痢や吐き気が起きる人もいます。 頭痛 女性ホルモンの一つ、エストロゲンの作用で、生理のはじまる前後に片頭痛を起こす場合があります。 貧血 生理中の経血量が多いと、貧血を起こして、顔色が悪くなったり、クラクラとめまいが起きたりすることがあります。 イライラ・憂鬱感・怒りっぽい 生理にともなうホルモンの変化などによって、感情が不安定になりがちに。 症状が生理前からつづき、生理がはじまると落ち着くようであれば、PMS(月経前症候群)かもしれません。 PMSってなに? 生理の1週間ほど前から、いろいろな症状が出てくる人も多くいます。 体がむくむ、乳房が張る、吹き出物が出やすくなる、便秘がちになる、イライラするといった症状です。 体のむくみは水分が体内にたまりやすくなるために起きるもので、一時的に2、3キロ体重が増える人もいます。 こうした生理前の症状は「PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)」と呼び、生理が始まれば軽くなっていきます。 ハーブティーを飲んだり軽い運動をしたりして、ココロとカラダをリラックスさせて過ごしましょう。 生理痛の症状についての くわしい解説•

次の

熱っぽいのに熱がない7つの原因!だるいのは病気なの!?

生理 中 だるい 熱っぽい

女性ホルモンのバランスや自律神経のバランスに変化が生じると、体内の水分代謝が低下して、体のあちこちに、むくみが見られることがあります。 顔がむくむ人もいれば、胸がむくんで張りや痛みを自覚する人もいます。 体は、これら過剰にたくわえられた水分を様々な方法で体外へ排出しようと働くのですが、その働きの一環として鼻水が出ると言われています。 生理前に体がむくみやすくなる人は、水分代謝の低下を原因とした鼻水を発症している可能性があります。 なお、初期妊娠の時期においても、鼻水やくしゃみなど風邪のような症状が止まらなくなることがあります。 初期妊娠の各種症状が発症するタイミングは排卵日後。 まさにPMSが発症するタイミングとほぼ同じです。 「生理前に決まって鼻水が出る」というのではなく、「今回だけたまたま鼻水が止まらない」という場合には、初期妊娠の可能性がないか心当たりを探しましょう。 生理前に鼻水が止まらないときの対策 東洋医学の考え方によると、水分代謝が低下した場合には、胃腸を温めることで余分な水分が体外へ排出されるとのこと。 生理前に鼻水が止まらなくなった時には、冷たい食べ物・飲み物を控え、温かいものを摂取するなどして胃腸を温めるよう意識しましょう。 なお確率は低いかも知れませんが、たまたまこの数ヶ月、生理周期のタイミングで風邪をひいてしまっただけ、ということも考えられます。 鼻水に加えて次のような症状が出た場合には、風邪の可能性もあります。 ・生理が終わっても鼻水が止まらない ・徐々に症状が悪化している ・喉が痛い ・咳が出る ・熱が出ている ただし、仮に鼻水とこれらの症状が併発したとしても、生理に関連した症状の可能性もあるため、かならずしも風邪とは断定できません。 症状に不安な点があれば、すぐに医療機関を受診したほうが良いでしょう。

次の