ビリヤード イリーガル。 ビリヤードのルールに関する質問です。

ビリヤードのルールに関する質問です。

ビリヤード イリーガル

ナインボールとは ブレイクショットでポケットしても、ゲームの途中で偶然ポケットされても、とにかく9番ボールをポケットした方が勝ちという単純明快さと運の要素も盛り込まれたゲーム性が特徴ですが、もちろん技術も必要とされます。 実は最小番号の的球から順番に当ててポケットしていくという制約を守りながら、最後の9番までミスせずに落とし続ける『ブレイクランアウト』(マスワリ)はかなりハイレベルなワザであり大きな見せ場。 だからこそ長年、ナインボールは世界中のトーナメントの場でも戦われ続けています。 ナインボールの流れと勝敗 Step1:対戦形式を決める 9番ボールをポケットしたプレイヤーが1ポイント獲得して1ラック(1ゲーム)が終了となるため、対戦する際には、あらかじめ5ラック(ゲーム)先取や7ラック先取(プレイヤーはこれを「ゴサキ」「ナナサキ」などと省略したりします)などと対戦形式を決めます。 その後バンキング(図2)で先攻・後攻を決めてゲームスタートです。 もし相手と実力差があるなら、「相手4-2自分」と獲得ラック数でハンデを付けたり、「相手は9番ボール、自分は7番以上のボールを入れたら1ポイント」というように、ボールハンデを付けてプレーする方法もあります。 Step2:ブレイクショットからラックの終了まで 先攻のプレイヤーがブレイクショット(図3・4)を行ってゲーム開始。 この時にファウルすることなく、9個の的球の内のいずれかのボールがポケットされればそのままプレーを続行し(9番ボールがポケットされればその時点で1ポイント獲得)、ファウル、もしくはどの的球もポケットされなかった場合にターンは交代します。 その後は、いずれの場合も、ショットするプレイヤーは基本ルールに則ってプレーを続け、最終的にファウルすることなく9番ボールをポケットしたプレイヤーが1ポイントを獲得します。 このラックを繰り返して、あらかじめ決めておいた所定のラック数に早く到達したプレイヤーが、対戦の勝者となります。 さらにナインボールでは、同じプレイヤーが自分のターンで3回連続ファウルを犯した場合、その時点で1ラックを失うペナルティが適用されます(スリーファウル)。 Foul2:ブレイクショット時のファウル ナインボールのブレイクショットで的球がポケットインしなかった場合、手球が1番ボールに当たった後、手球も含めて4個以上の的球がクッションに当たらなければブレイクファウルとなり、相手プレイヤーは以下の3つの選択権が与えられます。 もう一度ラックを組み直して選択権を持つプレイヤーが再度ブレイクショットする• もう一度ラックを組み直してファウルを犯したプレイヤーに再度ブレイクショットさせる Foul3:ファウルした場合 ナインボールでファウルを犯した場合、相手プレイヤーは手球をテーブル上の任意の場所に置いて、そこからプレーを再開できます。 これを日本では「フリーボール」「手球フリー」などと呼びます(図6)。 Foul4:ファウル後のボールの処理 ファウルとなるショットでポケットされた的球、また球場外となった的球はテーブル上には戻さずに、ポケットされたものとしてプレーを再開します。 ただし9番ボールだけは、フットスポット(図6)に戻します。 Original Rule1:9番ボールに関する規定 ナインボールでは、基本ルール内でのセーフショットならば、ブレイクショットで9番ボールを落としても(ブレイクエース)、まだその他の的球がテーブル上に残っている状態の時に偶然9番ボールがポケットされても、ショットしたプレイヤーがそのラックの勝者となります。 Original Rule2:プッシュアウト 例えば、ブレイクショット直後にショットの権利を持つプレイヤーにとってあまり有利とは思えない配置の時、ナインボールでは一度だけ「プッシュアウト」を選ぶ事ができます。 これはノークッションやノーヒットのファウルを取られることなく、手球を任意の位置にショットする事ができるルールです(図7)。 プッシュアウトされた側のプレイヤーは、そのままの手球位置で自分がショットしてプレーを再開するか、パスをして相手にショットさせるかを選択することができます。 スクラッチ ショットした手球が、直接または何らかの的球に当たった後にポケットに落ちてしまうファウル。 ゲームの種類によって、その後の処理は変わってきます。 球触り ショットの際に手球に触れて良いのはキュー先に付いている革製のタップだけ。 それ以外の部分が触れるとファウルになります。 また的球に触れた場合もファウルとなります。 球場外 ショットされた手球がテーブル外に飛び出した場合、ショットによって的球がテーブル外に飛び出した場合にファウルとなります。 2度撞き ワンショットの間にタップが手球に触れて良いのは一度だけです。 一旦ショットされた手球を2度以上撞くとファウルになります。 両足が床から離れる ショットの瞬間は、必ずどちらか片方の足が、つま先だけでも地面に触れていなければなりません。 例えばテーブルの上に腰掛け、両足が宙に浮いた状態でショットするとファウルとなります。 目印を付ける ショットをする時に、自分が狙いたい場所を特定するために、何らかの目印を置くとファウルとなります。

次の

明日は定休日とイリーガル ヽ(。>д

ビリヤード イリーガル

ビリヤードのルールに関する質問です。 自分なりにルールを調べた結果、 レイズ選手のブレイクが スリーポイントルールにより イリーガル・ブレイクとなり交代。 土方選手は続行またはパスを選択出来るが プッシュアウトをしてしまった。 レイズ選手も気が付かず現状から 続行しようとしたが、審判から説明があり 土方選手の行動はファウルとなり フリーボールから再開。 という風に見えました。 これであっているでしょうか? また、土方選手が間違った背景についても 解説して頂けると幸いです。 例えば国内外のルールが違うとか、 この大会のルールが特殊だったとか、 最近ルールが変わったといった事情等。 スマホからの投稿で改行が多く 見づらい事をお詫びいたします。 以上、宜しくお願い致します。 ブレイクスクラッチの嵐に笑ってしまいました(笑) 質問者様の解釈で合っています。 ブレイクイン&イリーガルなので、ただのイリーガルブレイクです。 この場合、続行orパスしかできません。 これは世界共通です。 ただ、ノーイン&イリーガルの扱いは、最近まで国内外で若干異なる場合がありました。 海外だと多分イリーガル扱いが主流。 国内では、最近までノーイン扱いでしたが、今年の秋頃イリーガル扱いになりました。 ノーイン扱いの場合、続行orプッシュなので、 隼斗がノーイン&イリーガルと勘違い(1番入ってるけど…)、 日本ルールのノーイン扱いと勘違い、 という勘違いをしたのではないかと思います。

次の

大阪のビリヤード事情3

ビリヤード イリーガル

イリーガルドリブルのひとつである行為に、 ボールを支え持つことがあります。 ボールを支え持つというというのは、ボールを持ったことも含まれると思っています。 ですから、私の場合、 ドリブルの際、明らかに手のひらで、ボールの下面を持って、 再度ドリブルをついた瞬間、 イリーガルドリブルを宣告しています。 しかし、イリーガルドリブルをられたメンバーの中には、 ジャッジミスだと反抗してくるものもおり、 実際、どうなのか不安になってきました。 審判をよくやってらっしゃる方にお聞きしたいです。 ドリブル中に、ボールの下面をもって再度ドリブルをし始めた場合、 イリーガルドリブルでしょうか? それとも、正常なドリブル行為なのでしょうか? Q 県公認審判のバッチを頂き、レフリーの修行中です。 バスケットのルールで、どうしてもスッキリしない事を質問させてください。 他の方からの質問が有りましたら申し訳ないのですが、改めて確認させて欲しくて質問します。 オフェンスはジャンプシュートをするために、ボールを頭上に上げてリングにボールを投げよう としています。 1 ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを上から押さえること 2 ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを下から跳ね上げること 3 ディフェンスがオフェンスの背後から、ボールを上から押さえること 4 ディフェンスがオフェンスの背後から、ボールを下から跳ね上げること オフェンスはレイアップシュートをするためにジャンプしながらリングに向かってボール を差し出しています。 5 ディフェンスがオフェンスの横を走りジャンプしてから、ボールを上から押さえること 6 ディフェンスがオフェンスの横を走りジャンプしてから、ボールを下から跳ね上げること 7 ディフェンスがオフェンスの背後を走りジャンプしてから、ボールを上から押さえること 8 ディフェンスがオフェンスの背後を走りジャンプしてから、ボールを下から跳ね上げること いずれも体の接触は無いのですが、ゲーム中にオフェンスがシュート体制に入ってから ディフェンスがボールに手を触れただけでファールの笛が鳴るケースを何度も目撃しており ます。 体の接触が無く、ボールにしか触れていないのであれば、それがシリンダーの内であれ外 であれ、ディフェンスの正当な行為とはならないのですか? いくつかの質問サイトでこのような質問に対する回答を読みましたが、ボールはシリンダー内 ならば体の一部なのでファールと回答される方がいたり、ボールのみに触れているならば、 ファールではないと回答されている方もいます。 現実的には上記のようにファール宣告を受けるケースをよく見かけるのですが、私としては どうにもスッキリしないのです。 上記 1 ~ 8 について明確にお答え頂ける方がおりましたら、是非ご回答頂きたいと思います。 よろしくお願いします。 県公認審判のバッチを頂き、レフリーの修行中です。 バスケットのルールで、どうしてもスッキリしない事を質問させてください。 他の方からの質問が有りましたら申し訳ないのですが、改めて確認させて欲しくて質問します。 オフェンスはジャンプシュートをするために、ボールを頭上に上げてリングにボールを投げよう としています。 1 ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを上から押さえること 2 ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを下から跳ね上げること 3 ディフェンスがオフェンスの背後から... A ベストアンサー 追加について回答します。 パーソナルファウルはあくまで身体の触れ合いがあって初めて対象となることを念頭に置いて考えます。 ランニングシュート中にボールをもぎ取る場合でも、接触が無ければファウルではありません。 これは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーのボールポジションが悪くてもぎ取る、もしくはヘルドボールになるのと同じケースです。 シュートは特別というルールはありません。 オフェンスの体勢が崩れるくらいボールを上から押さえ込み(アンブレラ現象)しても、身体の接触が無ければパーソナルファウルではありません。 ミニバスでは多い現象です。 2年生の子が果敢シュートを狙いますが、身体の大きい6年生に上からかぶせられてボールを押さえられてしまう。 体勢を崩してそのまま床に着いてしまい、大概トラベリングとなるケースです。 心情としては頑張りとしてファウルとし、フリースローを与えてあげたい場面ですが、触れ合いが無いのでできません。 (心の中で、「よく頑張った!」と誉めてあげたい。 )このケースは2年生の子に失礼ですが大体笑いの対象になります。 ボールが身体の一部になってしまったら、ドリブルスチールなんて出来なくなります。 従って、オフェンスプレーヤーがどんな体勢になろうと、身体の触れ合いが無ければノーファウルです。 ただし、身体の触れ合いが無いのでパーソナルファウルではないという事になりますが、明らかに相手チームプレーヤーに嫌がらせの行為の場合はテクニカルファウル対象になります。 悪意や嫌がらせと感じた場合、まずは警告をし、続くようならテクニカルファウルを宣しても良いと思います。 これは気持ち良くはないので、プレーヤーに警告をした際、コーチにも報告をした方が無難だと私は思います。 以上ですがいかがでしょうか? 判断に迷う場合は、ルールブックのまえがきにも書かれている通り、 『規則は文字を借りて表された意思であるから、行間にその意思をくみ取らなければならない。 その上で自分流の解釈を施すことなく、白紙の心境で字句そのままの意義を受け入れる態度をもちつづけることによって、はじめて行間の規則の精神を誤りなく身につけることができるのである。 』 ということです。 だから、別件になりますがゼロステップなんて言葉もルール上は存在しません。 追加について回答します。 パーソナルファウルはあくまで身体の触れ合いがあって初めて対象となることを念頭に置いて考えます。 ランニングシュート中にボールをもぎ取る場合でも、接触が無ければファウルではありません。 これは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーのボールポジションが悪くてもぎ取る、もしくはヘルドボールになるのと同じケースです。 シュートは特別というルールはありません。 オフェンスの体勢が崩れるくらいボールを上から押さえ込み(アンブレラ現象)しても、身体の接触が無け... A ベストアンサー 1度フロントコートに運んだボールを、バックコートに戻すことです。 パスでなくても、例えばドリブルでミスってボールがバックコートまで転がってしまい、 それを追いかけて自分やチームメイトがバックコートで取ったら、それもバックパスです。 細かく言えば、センターラインをまたいだ状態でボールを保持していたらバックパスですが、 NBAでも日本の各リーグ、大学・高校の大会でも笛が吹かれることはまずないでしょう。 (またいだ状態で止まったら吹きますが、流れの中で吹くような精密さだと試合進行にも影響があるためと思われます) ボールを取った箇所のサイドからスローインとなります。 エンドラインからスローインされるのとサイドラインからスローインされるのと、 どっちが良いかといったらサイドからだと思います。 なので、バックパスと知った上でわざと触らざるを得ない場合もあります。 なお、パスカットやスティールで相手が触っていれば、バックコート内で取っても笛は吹かれません。 バイオレーションなので相手ボールになりますが、反則としてはカウントされません。 参考URLとは別に、面白くて参考になるブログがあります。 hatena. weed-y. html basketcot 1度フロントコートに運んだボールを、バックコートに戻すことです。 パスでなくても、例えばドリブルでミスってボールがバックコートまで転がってしまい、 それを追いかけて自分やチームメイトがバックコートで取ったら、それもバックパスです。 細かく言えば、センターラインをまたいだ状態でボールを保持していたらバックパスですが、 NBAでも日本の各リーグ、大学・高校の大会でも笛が吹かれることはまずないでしょう。 (またいだ状態で止まったら吹きますが、流れの中で吹くような精密さだと試... A ベストアンサー 再び回答させていただきます、公認審判のkitt323です。 nagi13579さんは中学生 または高校生 ですか?それなら自分の学校にバスケット部があるでしょうから、通常練習のスクリメージ 試合形式の練習 で審判の練習をしましょう。 もし社会人の方でしたら、中学 高校 の公式戦の会場に足を運んで、誰か顧問の先生に「審判の練習をしたいので」と話をすれば歓迎してくれるはずです。 できれば公認審判の資格を持った顧問の先生がいるところが 指導もしてもらえて いいと思います。 審判は二人でするものです。 誰と組んでも戸惑わずにできるように、ルール以外に覚えておかなくてはいけない「約束事」がいろいろあるのです。 勉強をするのに競技規則書 ルールブック とオフィシャルズ・マニュアルが手元にあった方が何かと便利です。 しかし一般には販売していませんので、これも大会に行った際にその地区の審判長に購入の希望を伝えれば何とかなると思います。 あとは他の皆さんが言われるように、机上の勉強だけでなく覚えたことをコート上でとにかく吹いてみましょう。 私は審判を始めてもう20年になりますが、当時はマニュアルなど無くて、審判をするたびに上級の審判員から指導してもらい、それをすべてノートに書き留めていたものです。 そういう秘伝?も、今はマニュアルにすべて載っています。 私の周囲には40代で審判を始めて公認を取得した人も数人いますし、最近は高校生でも公認審判が現れています。 nagi13579さんもいろいろ悩まれると思いますが、バスケットボールに限らずスポーツにおいて審判の果たす役割は非常に重要ですので、ぜひ上達して活躍してください。 審判に関する具体的な疑問がありましたら、またこのサイトでもご質問いただければと思います。 参考URLは審判に関するサイトですが、現在ちょっと不調のようです。 shinpan. nagi13579さんは中学生 または高校生 ですか?それなら自分の学校にバスケット部があるでしょうから、通常練習のスクリメージ 試合形式の練習 で審判の練習をしましょう。 もし社会人の方でしたら、中学 高校 の公式戦の会場に足を運んで、誰か顧問の先生に「審判の練習をしたいので」と話をすれば歓迎してくれるはずです。 できれば公認審判の資格を持った顧問の先生がいるところが 指導もしてもらえて いいと思います。 審判は二人でするものです。 A ベストアンサー No. 3 です。 お礼の中に追加質問がありましたので、答えます。 『行為だけ見ると ボールを上方へ投げて 何にも当たってなく 自分でキャッチして いるので 両方とも同じだと思うのですが、前者は、コントロール下 後者は コントロールから外れたと判定した結果ですよね。 審判が後者もコントロール と判断したら バイオレーションですか?』 第14条に『ショットをしたら、コントロールは終わる』と書かれています。 従って、審判の判断余地はありません。 ただし、審判がショットと思うかどうかは判断/宰領の内ですね。 『審判は通常コートの外にいるため』審判の位置はコート外とは限りません。 むしろ どちらかの審判は常にコート内にいると思った方が実情に合っています。 他の方のお答えにあるように、国際ルールは無料でダウンロードが可能です。 一つの大きな利点はコンピュータ画面上で、単語の検索が出来ることです。 例えば、キーワードを control にして検索してご覧なさい。 第14条にその定義が出ていること、直ぐに分かります。 バスケットボール協会からは、競技規則だけではなく、オフィシャルズ・マニュアルも発行されています。 例えば審判の位置なども図解されていて便利です。 前回の答えに、『競技規則は通読を』と書きました。 『何回も通読』が必要です。 上記の説明をご覧いただいても、規則のあちこちを参照しなければ、正しい解釈が出来ないことお分かりいただけるかと思います。 私はこの様なことを偉そうに申し上げる立場にはありません。 バスケットボールに限らず全ての競技規則に云えることですし、大げさに言えば全ての法律にも『通読』が必要だと思うので、ご提案して申し上げます。 3 です。 お礼の中に追加質問がありましたので、答えます。 『行為だけ見ると ボールを上方へ投げて 何にも当たってなく 自分でキャッチして いるので 両方とも同じだと思うのですが、前者は、コントロール下 後者は コントロールから外れたと判定した結果ですよね。 審判が後者もコントロール と判断したら バイオレーションですか?』 第14条に『ショットをしたら、コントロールは終わる』と書かれています。 従って、審判の判断余地はありません。 ただし、審判がショットと思うかどうかは判断/宰... A ベストアンサー 鍵垢からのふぁぼやRTは、カウントされていてもユーザーは見れないので確かにその人のアカウントへ行ってブロックすることは不可能ですよね... その方にフォローされている場合はフォロバをしてブロックするか、フォロバしていない鍵垢を全部ブロックするなど... 他の方には申しわけないですが... それでも続く場合はフォローされていないということになります。 この時、ブロックした方のブロックを解除してあげてあげるといいかもです... ので、成功確率も低くめんどくさいやり方があるのですが、それほど頻繁にRTをしてくるのでしたらてんかわさんのアカウントによく訪れてるということなので、てんかわさんのオススメユーザーにいる可能が高いです。 そこにいる鍵垢を全員ブロックすれば当たりがいるかもしれません。 相手に悪意がないのなら、「迷惑しているので短期間鍵垢にします」と呟いておけば相手もやめるかと。

次の