薔薇 ボレロ。 バラ苗【6号新苗】ボレロ (Ant純白) 国産苗 6号鉢植え品【即納】《J

白薔薇ボレロ~ボロボロから復活できるか~

薔薇 ボレロ

復活のボレロ。 地植えで育てていたのですが、 どうも生育不良気味で一向に株が充実してくる気配がないので 枯れるのを覚悟で掘り上げました。 鉢で管理を始めたボレロは とても居心地が良さそうに枝葉を伸ばして 蕾も3つ程度ですが膨らんでいます。 ちなみに鉢植え用土は、 日向土…50% ブラックココピート…30% もみがら燻炭…10% 粒状ゼオライト…10% この割合でブレンドしたものを使用しています。 用土に関してはもう少し改良の余地があるのかな? と思っていますが、 期待していた通気性の確保は十分にできているので 今のところはこれで良し。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てていましたが、生育不良から脱却できなかったためスリット鉢で育てることにしました。 ・水やり…鉢植え用土が通気性・排水性の良いものを使用しているのでほぼ毎日与えています。 ・肥料…今年は液肥メインで育てる予定です。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に枝先を軽く切り戻す程度にとどめました。 なにせ生育不良なんで(汗)。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 地植えのボレロには、植え付け時以外はほとんど水やりの必要はありません。 雨による水分で十分。 鉢植えのボレロには、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしてあげましょう。 水をたっぷり与えた後に鉢を持ち上げて重さを覚えておき、翌日や翌々日に鉢が少し軽くなっていれば水を与えましょう。 株元はしっかりとマルチングして水分の蒸発を押さえることが重要です。 よって、鉢を持ち上げて水やり直後と比べて軽くなっていれば水やりをするタイミングだと判断しています。 ええぇ?なボレロ。 でも…、美しくない(涙)。 なんでしょうねぇ…この咲き具合は。 何ともコメントのしようがないです。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…今年は液肥メインで育てる予定です。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に枝先を軽く切り戻す程度にとどめました。 なにせ生育不良なんで(汗)。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロ開花間近。 写真を見てわかるとおり、 もはや大木と化したグラハムトーマスの株元に植えてあるので ほぼ日陰です(汗)。 この環境では生育不良に陥るのも止む無し。 でも、健気なボレロは蕾をつけてくれました。 もう間もなく開花です。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…今年は液肥メインで育てる予定です。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に枝先を軽く切り戻す程度にとどめました。 なにせ生育不良なんで(汗)。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロは不調ですが、うどん粉病にはかからず。 本当は耐病性もあって四季咲き性に優れ、 香りも素晴らしいとても優秀なバラなんですよ。 で、ボレロはうどん粉病への耐性はしっかりあるようです。 他のバラがうどん粉病に罹っているなかで、 ボレロには症状が出ていないようなのです。 よしよし。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…今年は液肥メインで育てる予定です。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に枝先を軽く切り戻す程度にとどめました。 なにせ生育不良なんで(汗)。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロは生育不良ですが、健気に咲こうとしています。 本来は耐病性もあって育てやすいバラのはず。 ですが、管理人の能力不足で生長の軌道に乗せられていません(汗)。 昨年はちゃんとしたシュートは1本だけだったかな? あとはヒョロっこい枝を横張り気味に伸ばしています。 冬の剪定では枝先を軽く切り戻す程度にしました。 細い枝も結構残しましたよ。 じゃないと枝が…無くなっちゃうもん。 細い枝を残したので、 当然そこから芽吹いてきた葉は小さく 「ミニバラかっ!」と 突っ込みたくなるくらい(汗)。 それでも蕾(つぼみ)をつけてくれました。 健気に咲こうとしてくれているんですね〜。 このまま生育不良が続いていても良くないので、 今年はある程度充実した枝を使って 挿し木にチャレンジしてみようと思います。 種の保存をしたかったし、 鉢で管理した方が良い結果につながるかもしれないし。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…今年は液肥メインで育てる予定です。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に枝先を軽く切り戻す程度にとどめました。 なにせ生育不良なんで(汗)。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロ開花。 写真を見ても分かる通り、 ボレロの調子はイマイチです。 なので、咲く花もイマイチ。 夏場以降にボレロは黒点病が酷く出て、 ほとんどの葉を失ってしまいました。 涼しくなってきた頃から芽吹き始めて 新しい葉が展開しているのですが…小さい。 小さい葉っぱしか展開してこないというのは やはり調子が悪い、ということなのでしょう。 それでも健気に蕾は上がってきます。 咲かせたのが今回の花だったのですが…、 無理に咲かせる必要は無かったかも。 でも、ボレロ。 よく頑張りました。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロの9月の花。 ボレロに関しては、 初期生育が比較的おだやかだなぁ…という印象を持っています。 もともとは優秀な品種だということは分かっているので、 じっくり育てていきたいな、と。 ちなみにボレロの夏剪定は行いません。 理由は、開花時期を揃えることにこだわりが無いからです。 開花コントロールをせずに、 自然に任せてポツポツと花を咲かせようと思っています。 もし夏剪定するのであれば、 そろそろ(9月上旬)が適期かな? 開花コントロールが上手くいけば10月・11月と 2回開花を楽しめるかもしれません。 ボレロの夏剪定のポイントとしては… ・弱々しい枝や枯れ枝を整理して風通しと日当たりを確保する。 ・全ての枝にハサミを入れる。 こんな感じ。 梅雨から夏場にかけて黒点病で葉を落としている場合には もう少し気を使って、枝先を切り戻す程度に留めて葉を少しでも残したいですね。 すでに丸坊主になってしまった場合は… 秋の花は咲けばラッキーくらいに思いましょう(汗)。 丸坊主になったバラには肥料を与えずに、見守る!これ大事。 繰り返しになりますが、 管理人は夏剪定、やりません…(汗)。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 真夏のボレロ。 でも早速花びらをホソオビアシブトクチバの幼虫に 食べられていましたけどね…(汗)。 ボレロの株の状態は決して褒められたものではなく、 黒点病で多くの葉を落としてしまいました。 ただ、ボレロは回復力が強いのか すぐに芽吹いて新たな葉を展開してくれます。 管理人の栽培技術の低さを、 この品種の優秀さでカバーしてくれている感じ。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 やや花形が崩れていましたが、十分に綺麗な花を咲かせてくれました。 香りも素晴らしいフルーツ香です。 早速、摘み取って部屋に飾っています。 ベーサルシュートも発生してきて、 ようやく株も充実し始めています。 今後がますます楽しみになってきました。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 明日には良い花が咲くはず!…だけど雨なんだよねぇ。 ここ一年育ててきた中で一番良い花が咲きそうなのですが…、 今晩から雨なんだよねぇ…。 ボレロは花も美しいし、香りも良い。 だけど何故か良いタイミングで写真が撮れないんです(汗)。 今回こそは…! と思っているんですけど、またダメかな? [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 ボレロの二番花が開花。 花弁の質が柔らかいので 雨によるシミができやすい印象です。 白いバラなので、花弁のシミが目立っちゃうんですよね〜…。 相変わらず香りは素晴らしいので、 今のところはそれが楽しみ。 さて、株元からドドーンとベーサルシュートが伸びているのですが (ボレロってコンパクトにまとまるんじゃなかったっけ?) その枝先の蕾がふくらみはじめました。 これには良い花が咲くのでは? と少し期待しています。 [ ボレロ現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に でマルチング。 光合成細菌体、土母(どうも)を購入しました。 イモムシ類による食害 を 楽天市場のプランティーションイワモトさんから購入しました。 植物の活性剤として使用するもので、 土壌の有益な微生物を増殖させる作用があり 土の生態系をバランス良くしてくれるそうです。 バラの新芽を使って光合成細菌を培養していますが、 芽かきだけだと大した量にならないので 出来上がる光合成細菌培養液も少量でした。 さらに、時間が結構かかる(汗)。 なので、光合成細菌体が主要成分の土母を購入することにしたんです。 土母は原液のままでも、 希釈して散布することもできるので 使い勝手が良さそうです。 バラの無農薬栽培&有機栽培には 有用微生物の働きは必要不可欠。 劇的な効果を期待できるものではないでしょうけど、 使い続けて土の環境を整えていこうと思っています。 ・ ・ ・ [ ボレロの現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・活性剤… を散布。 有用微生物の増殖を期待。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に植物性堆肥でマルチング。 その上に籾殻(もみがら)でさらにマルチング。 イモムシ類による食害 ボレロは、一番花がほぼ咲き終わりました。 全部で7〜8輪ほど咲きました。 そのうち整形花は3輪程度。 まだ株が若いせいか、変形して咲いた花がいくつかありました。 さて、昨日ボレロを観察していたら 蕾が…、枯れていました(涙)。 蕾だけが茶色くなって、カリカリになっていたんです。 先日アブラハムダービーの蕾に灰色かび病が発生したので、 今回もそれを疑ったのですが、どうも見た目の症状が違う。 グズグズに腐っているのではなくて、カリカリに枯れてる。 原因は分かりませんが、とりあえず病変したのは蕾だけなので 取り除いて様子を見ることにしました。 ボレロは生育が旺盛なグラハムトーマスに 日照を奪われている感じになっていたので、 グラハムトーマスの枝を切り戻してまわりをすっきりさせました。 これで少しは日が当たるはず。 [ ボレロの現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に植物性堆肥でマルチング。 その上に籾殻(もみがら)でさらにマルチング。 中心部分がほんのりとピンク色をしていますが、 ほとんど白色に見えます。 イングリッシュローズと比べると より繊細でやさしい印象を受ける花です。 特筆すべきは、その香り。 フルーツ系の香りなのですが、強く、甘く感じます。 美味しそうな香りです。 早めに摘み取って部屋で飾るのも良さそうですね。 [ ボレロの現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に植物性堆肥でマルチング。 その上に籾殻(もみがら)でさらにマルチング。 ボレロに待望の蕾がっ…!。 それが、ものの一ヶ月経たないうちに たくさんの葉が展開して樹形もこんもりとしてきました。 そして、蕾がいくつも…! 前回の日記で、 「 今年は花は二の次で丈夫に育ってくれれば…と思っています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に植物性堆肥でマルチング。 その上に籾殻(もみがら)でさらにマルチング。 ボレロの栽培日記再開します。 昨年春に新苗を購入して鉢植えで管理していたのですが、 思うようには生長してくれませんでした。 (ほとんど花を見ることもできなかったしね…) 冬の休眠期に、より日当たりの良い花壇へ植え替えをして 今年からは地植えで育てることにしました。 まだ株が充実していないので、 今年は花は二の次で丈夫に育ってくれれば…と思っています。 とは言っても花は咲かせちゃいますけどね(汗)。 [ ボレロの現在の育て方・栽培方法 ] ・地植えで育てています。 ・水やり…地植えなので植え付け時以外は行っていません。 ・肥料…芽出し肥としてボカシ肥料(ブラドミン5)を施肥。 リン酸補給にバッドグアノも。 ・剪定…冬の休眠期に株元から約30cmくらいのところでバッサリと強剪定。 ・薬剤散布…完全無農薬で育てているので薬剤散布は一切行っていません。 ・害虫対策…見つけ次第補殺。 ・マルチング…株元に植物性堆肥でマルチング。 その上に籾殻(もみがら)でさらにマルチング。 ボレロの夏の花、開花間近!それと…。 蕾も膨らんで、いよいよ開花間近です。 夏の花なので、それほどキレイに咲くことは無いでしょうけど…。 さて、薔薇を綺麗に咲かせたいというのはバラを育てている以上は当たり前の感情です。 管理人は、バラが枯れずに(欲を言えば)健全に育っていれば 普通にキレイな花を咲かせてくれるだろうと思っています。 ではどうやったらバラを健全に育てられるのか? そこが難しいんですよね〜…。 放っておけば病害虫にやられ放題で株はボロボロになるし、 株が弱れば花を見ることすら困難になってしまいます。 管理人は無農薬&有機栽培で育てると決めましたから、 農薬を使わない方法を色々と探しています。 少しずつ分かってきたのが、「菌」。 バラの病気を引き起こすのも、菌。 バラの生長を助けてくれるのも、菌。 如何にバラの生長にとって都合の良い菌を増やすことができるかが重要なのではないか?、と。 で、昨日作ってみたのが「マイエンザ」という微生物活性酵素です。 もともとは環境浄化を目的として開発されたようですが、 植物に対しても活力剤としての効果が期待できるようなのです。 マイエンザの材料は、納豆とヨーグルトとイースト、砂糖、温水。 全て身近にある食材なので、すぐに作ることが出来ました。 今は培養中です。 マイエンザを薄めて(約1000倍)バラに葉面散布をすることで、 納豆菌・乳酸菌・酵母菌が付着します。 それによって病気を引き起こす菌の居場所を少なくしてしまう。 そうすれば病気の発症・蔓延を防止することができるのではないか? うどんこ病を引き起こすカビ菌(子嚢菌)も、 黒星病(黒点病)を引き起こす糸状菌も 根絶することは不可能です。 だって普通に空気中や土中に存在しますからね〜…。 それら病気の原因菌が一定の条件が満たされる環境になると、 爆発的に増殖して病気の発症・蔓延につながるのです。 ならば、その原因菌の爆発的な増殖を防ぐことができれば! もしかして…! ということで、マイエンザが出来たら葉面散布をしてみようと思っています。 葉面散布でバラの葉を納豆菌・乳酸菌・酵母菌コーティング! そして、土にも灌水して土壌の有用微生物が増えることも期待しています。 果たして上手くいくでしょうか? ボカシ肥料の効き目? ( 2013年8月22日) 2013年8月22日(木曜日) 晴れ 最高気温32. しかし、思っていたよりも成長せずにいました。 色々と原因を調べていると、どうやら水やりの回数を絞り過ぎていたようです。 イングリッシュローズたちを根腐れさせてしまった経験から、できるだけ水やり回数を減らしていたのですが、 それが逆にボレロの成長を妨げていたようです。 この辺がまだ上手くできないところです…。 原因が分かったので、ボレロの株元をマルチングして水分の蒸発を防ぎ、ボカシ肥料を与えました。 与えたボカシ肥料は「ブラドミン5」。 さらにバットグアノ(商品名:有機燐太郎)を少し与えました。 8月のはじめに肥料を与えたのですが、二週間ほど経って効果が表れ始めました。 ボレロや他のバラ(白蓮、グラハムトーマス、アンブリッジローズなど)が一斉に新芽を出し始めたのです。 下の写真にもあるように、蕾もふくらんできました。 そして、株元からはシュートも。 さて、今までの経験(まだまだ乏しいですが…)から、今後のバラ栽培の輪郭がぼんやりと見えてきました。 ・赤玉土主体の水はけの良い土に植え付けること。 ・日当たりの良い場所で育てること。 ・風通しが良い場所で育てること。 ・水切れを起こさないこと(マルチングでの水分蒸発防止と水やりのタイミング)。 ・肥料の与える量と与えるタイミング。 とりあえずこれらの項目が最重要かな、と。 完全無農薬でバラを育てると決めたので、病害虫対策はとりあえず二の次。 害虫は見つけ次第テデトール(手で取る)&フミツブース(踏み潰す)で対処。 病気は基本的に放置(枯れることは無いと思っているので)。 バラと会話をしながら少しずつ改善していこうと思っています。

次の

バラの庭づくり初心者が育んだ5年目の小さな庭

薔薇 ボレロ

病気に強くコンパクトにまとまるため、鉢栽培にも向く。 フルーツの濃厚な香りが楽しめる。 完全四季咲き、強香、耐病性に優れコンパクトと、おすすめのバラでは常連のボレロです。 育てやすさだけでなく、花もとても美しく非の打ち所の無いバラだと思います。 中心がほんのりピンクに染まり、咲き進むと白っぽくなります。 クシュッと咲くのが可愛いです。 甘い香りに誘われるのか、コガネムシの成虫に非常に好かれるので見回りはかかせません。 我が家には地植えのボレロが2株あります。 どちらも大苗を植えて4年です。 ひとつはそれほど日当たりのよくない場所に植えてあります。 樹形がイマイチなのは私の剪定のせいです(汗) もうひとつは、西日が強烈な場所です。 どちらもバラには最適とはいえない場所ですが、さすがボレロ! 良く咲いてくれます。 とくに日当たりの良いほうは房で咲く数も多いです。 でも一輪一輪が綺麗に咲くのは日当たりのあまりよく無いほうかなと思います。 右側が植えつけから2年目のボレロ。 こちらは4年目の現在。 コンパクトとはいえ、地植えではそれなりに大きくなるようです。 5月から12月までいつも咲いているの、、なかなかカメラを向けることも無くなっていたことにブログを書いていて気づきました。 今年は可愛いボレロの写真たくさん撮ろうと思います!• 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー• 229• 794• 974• 174• メタ情報•

次の

ボレロの育て方

薔薇 ボレロ

高温期は見本の花色・花形と異なる花が咲きます。 見本の画像は春や秋に開花した時の写真になります。 植物という商品の特徴となります。 商品コード : 1bs6-6-E12-04-ボレ001 価格 : 2,980円(税込) 10005292 ポイント : 29 数量 商品注文方法 ご希望の商品ページより、数量を選択し、カートへ入れてください。 システム上の理由により同梱はお受けできませんので、購入希望の商品を全てカートへ入れてからご注文と決済へお進みください。 別々に決済された場合は、それぞれ送料がかかり別々にお届けとなります。 お支払について 以下の決済方法からお選びいただけます。 Amazon Pay アマゾンアカウントで購入できる支払い方法です。 アマゾンとほぼ同じ手順で購入できますので便利です。 アマゾンペイは商品を買い物カゴに入れれば、最初のページから表示されます。 楽天ペイ 楽天アカウントで購入できる支払い方法です。 楽天市場とほぼ同じ手順で購入できますので便利です。 楽天市場のポイントを使えますし、ポイントを貯めることができます。 楽天ペイはアマゾンペイと違い、注文を進め決済を選ぶ手順になりましたら選ぶことができます。 代引き決済 代引き手数料はお客様ご負担となります。 手数料は183円です。 SSL対応ですので、カード番号は暗証化されて送信されます。 ご安心ください。 配送について 配送はヤマト運輸・佐川急便にてお届けいたします。 商品の特性や配送状況等により、その時にベストな配送会社を当店にて選びます。 基本的にはお客様は選べませんのでご理解くださいませ。 配送日時指定につきまして お届け日につきましては、4営業日(北海道・九州・沖縄・離島など一部の地域は5営業日)以降の日付をご指定ください。 ご注文日から14日以内の到着日指定をお願いいたします。 14日以上のお取り置きはできません。 ご指定がない場合は、ご注文確定後4営業日以内に発送させていただきます。 (春のバラ苗シーズンやイベント時、メルマガ配信後などは非常にご注文が多く、発送に5〜7営業日かかる場合もございます。 ご了承の上ご注文ください。 時間帯につきましては、地域により最速の時間帯が異なりますので、ご指定の時間帯にお届けが出来ない場合は、お客様のご指定に最も近い時間帯に変更させていただきますのでご了承ください。 送料が高額な商品には、商品名に【特大送料S〜3L】と明記されています。 ご購入時は必ず商品名をご確認くださいませ。

次の