あだち せい わ しんきん。 あだち充

Wikipedia:索引 あたち

あだち せい わ しんきん

< ・ Wikipedia:索引 あたちは読み仮名が「あたち」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 あたち [ ]• 【曖昧さ回避】• 【軍人】• (あだち)【曖昧さ回避】• (あだち)【曖昧さ回避】• あたちあ [ ]• (あだちあきお)【調教師】• (あだちあきこ)【ゴールボール選手】• (あだちあきもり)【鎌倉幕府の御家人】• (あだちあきら)【歌手】• (あだちあけみ)【声優】 あたちい [ ]• (あだちいくつね)【農学者】• (あだちいっぺい)【教育者】• (あだちいりやでいりぐち)【首都高速道路】• (あだちいわお)【画家】• あたちう [ ]• (あだちうじ)【氏族】• (あだちうじ)【氏族】 あたちえ [ ]• (あだちえいざぶろう)【プロデューサー】• (あだちえいじ)【法学者】• (あだちえいじ)【工学者】• (あだちえいじろう)【医師】• (あだちえき)【】• (あだちえつじろう)【実業家】 あたちお [ ]• (あだちおさむ)【サッカー選手】• (あだちおさむ)【俳優】• (あだちおだいえき)【】 あたちか [ ]• (あだちかおる)【】• (あだちがくえん)【曖昧さ回避】• (あだちがくえんちゅうがっこうこうとうがっこう)【東京都】• (あだちかげもり)【鎌倉】• (あだちかずひろ)【哲学者】• (あだちかつみ)【放送作家・随筆家】• (あだちかなえ)【競艇選手】• (あだちがはら)【漫画作品】• (あだちかりん)【タレント】• (あだちかん)【軍医・衛生学者】 あたちき [ ]• (あだちきたゆうびんきょく)【東京都の郵便局】• (あだちきよつね)【平安時代の人物】• (あだちぎんこう)【浮世絵師】• (あだちぎんこう)【私立銀行】 あたちく [ ]• (あだちく)【】• (あだちくみ)【ギタリスト】• (あだちくやくしょ)【東京都】• (あだちくりつあおいちゅうがっこう)• (あだちくりつあやせしょうがっこう)• (あだちくりついこうしょうがっこう)• (あだちくりついこうちゅうがっこう)• (あだちくりついりやちゅうがっこう)• (あだちくりつおおやたしょうがっこう)• (あだちくりつおきもとおうぎがくえん)• (あだちくりつおこ)【お笑い芸人】• (あだちくりつかみぬまたちゅうがっこう)• (あだちくりつかめだしょうがっこう)• (あだちくりつきたさんやしょうがっこう)• (あだちくりつきょうどはくぶつかん)【東京都】• (あだちくりつくりはらしょうがっこう)• (あだちくりつごたんのしょうがっこう)• (あだちくりつさのとしょかん)【東京都の図書館】• (あだちくりつしかはまちゅうがっこう)• (あだちくりつじょうとうとしょかん)【東京都の図書館】• (あだちくりつせんじゅあおばちゅうがっこう)• (あだちくりつせんじゅさくらつつみちゅうがっこう)• (あだちくりつだいいちちゅうがっこう)• (あだちくりつだいきゅうちゅうがっこう)• (あだちくりつだいじゅういちちゅうがっこう)• (あだちくりつだいじゅうにちゅうがっこう)• (あだちくりつだいじゅうよんちゅうがっこう)• (あだちくりつだいにちゅうがっこう)【廃校】• (あだちくりつだいよんちゅうがっこう)• (あだちくりつだいろくちゅうがっこう)• (あだちくりつたけのつかちゅうがっこう)• (あだちくりつたけのづかとしょかん)【東京都の図書館】• (あだちくりつちゅうおうとしょかん)【東京都の図書館】• (あだちくりつとうわとしょかん)【東京都の図書館】• (あだちくりつとしょかん)【東京都】• (あだちくりつなかがわしょうがっこう)• (あだちくりつなかがわひがししょうがっこう)• (あだちくりつなかしまねしょうがっこう)• (あだちくりつながとしょうがっこう)• (あだちくりつにしあらいしょうがっこう)• (あだちくりつにしあらいだいいちしょうがっこう)• (あだちくりつにしあらいだいにしょうがっこう)• (あだちくりつにしあらいちゅうがっこう)• (あだちくりつにしいこうしょうがっこう)• (あだちくりつひがしあやせしょうがっこう)• (あだちくりつひがしあやせちゅうがっこう)• (あだちくりつひがしふちえしょうがっこう)• (あだちくれんぞくごうとうさつじんじけん)【2002-2003年】• (あだちぐん)【】• (あだちぐん)【】 あたちけ [ ]• 【漫画家】• (あだちけんいち)【小説家】• (あだちけんいちろう)【政治家】• (あだちげんいちろう)【画家・作家・登山家】• (あだちけんき)【政治学者】• (あだちけんじ)【官僚】• (あだちけんぞう)【政治家】• (あだちけんぞう)【裁判官】• (あだちけんたろう)【芸人】 あたちこ [ ]• (あだちこうとうがっこう)【曖昧さ回避】• (あだちごろう)【選手】 あたちさ [ ]• (あだちさだゆき)【サッカー選手】• (あだちさとし)【演出家】• (あだちさん)【福岡県の山】 あたちし [ ]• (あだちし)【氏族】• (あだちし)【氏族】• (あだちしげたろう)【政治家】• (あだちしげのぶ)【戦国武将】• (あだちしてぃおーけすとら)• (あだちしのぶ)【声優】• (あだちしほり)【お笑い芸人】• (あだちしゅういち)【曖昧さ回避】• (あだちじゅうろく)【軍人】• (あだちじゅん)【教育学者】• (あだちじゅん)【漫画家】• (あだちしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (あだちしょうけい)【歴史学者】• (あだちしょうぼうしょ)【東京消防庁】• (あだちしん)【脚本家】• (あだちしんご)【アニメーター】• (あだちしんじ)【空手家】• (あだちじんじゃ)【】• (あだちしんや)【政治家】 あたちす [ ]• (あだちすえお)【】 あたちせ [ ]• (あだちせい)• (あだちせいさくじょ)【企業】• (あだちせいじろう)【官僚】• (あだちせいや)【水球選手】• (あだちせいわしんようきんこ)• (あだちぜんこう)【実業家】 あたちそ [ ]• (あだちそう)【ジャーナリスト】 あたちた [ ]• (あだちだい)【タレント】• (あだちたかかげ)【鎌倉時代の武士】• (あだちたかとし)【サッカー選手】• (あだちたかひで)【声優】• (あだちたかふみ)【漫画家】• (あだちただお)【文学者】• (あだちただし)【実業家】• (あだちたつお)【実業家】• (あだちたもつ)【実業家】 あたちち [ ]• (あだちちか)【小説家】• (あだちちほうこういきぎょうせいくみあい)【一部事務組合】• (あだちちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (あだちちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (あだちちょうか)【】• (あだちちょうしゅん)【医学者】• (あだちちよの)【鎌倉時代の人物】 あたちつ [ ]• (あだちつとむ)【】• (あだちつなゆき)【官僚】• (あだちでいりぐち)【北九州高速道路】• (あだちてつ)【漫画家】• (あだちてつろう)【俳優】 あたちと [ ]• (あだちとうこ)【華道家】• (あだちとうさぶろう)【海軍軍人】• (あだちとおもと)【鎌倉御家人】• 【漫画家】• (あだちときあき)【鎌倉時代の武士】• (あだちときなが)【鎌倉時代の武士】• (あだちときもり)【鎌倉時代の武士】• (あだちとく)【軍人】• (あだちとくろう)【政治家】• (あだちとしこ)【教育者】• (あだちとしつな)【官僚】• (あだちとしまさ)【囲碁棋士】• (あだち-)【小説】• (あだちとしや)【野球選手】• (あだちとも)【声優】• (あだちともじろう)【野球選手】• (あだちともひこ)【経済学者】• (あだちともひろ)【ピアニスト】• (あだちともみ)【音楽家】• (あだちともや)【陸上選手】• (あだちとろく)【軍人】 あたちな [ ]• (あだちなおこ)【脚本家】• (あだちなおと)【声優】• (あだちなおひさ)【俳優】• (あだちながかげ)【鎌倉時代の武士】• (あだちながやす)【鎌倉時代の武士】 あたちに [ ]• (あだちにしゆうびんきょく)【東京都の郵便局】 あたちの [ ]• (あだちののうぎょうきょうどうくみあい)• (あだちのはなび)【花火大会】• (あだちのぶあきら)【天文学者】• (あだちのりお)【数学者】• (あだちのりこ)【ロシア研究家】• (あだちのりゆき)【作家】 あたちは [ ]• (あだちばし)【福島県の橋】• (あだちはたぞう)【軍人】• (あだちはらけんじ)【サッカー選手】• (あだちはるひこ)【ラジオパーソナリティ】 あたちひ [ ]• (あだちびじゅつかん)【島根県】• (あだちひでや)【】• (あだちひろあき)【司法書士】• (あだちひろかず)【俳優】 あたちふ [ ]• (あだちぶんたろう)【解剖学者】 あたちほ [ ]• (あだちほぎまちゅうけいきょく) あたちま [ ]• (あだちまさお)【映画監督・テロリスト】• (あだちまさかつ)【】• (あだちまさかつ)【法学者】• (あだちまさし)【農学者】• (あだちまさし)【弁護士・政治家】• (あだちまさや)【俳優】• (あだちまち)【福島県・現二本松市】• (あだちまち)【曖昧】• (あだちまつじろう)【官吏】• (あだちまみ)【英文学者】• (あだちまみ)【AV女優】• (あだちまり)【ジャーナリスト】• (あだちまり)【声優】• (あだちまりこ)【トライアスロン選手】 あたちみ [ ]• (あだちみか)【子役】• (あだちみく)【AV女優】• (あだちみつひろ)【野球選手】• (あだちみつる)【漫画家】• (あだちみなこ)【作曲家】• (あだちみねいちろう)【】• (あだちみのる)【政治家】• (あだちみほ)【カヌー選手】• (あだちみほ)【競艇選手】 あたちむ [ ]• (あだちむねかげ)【鎌倉時代中期の武将】• (あだちもといち)【放送作家】• (あだちもとひろ)【経済学者】• (あだちもりなが)【鎌倉御家人】• (あだちもりむね)【鎌倉時代の武士】 あたちや [ ]• (あだちやすし)【アメリカ史学者・翻訳家】• (あだちやすし)【政治家】• (あだちやすしげ)【安土桃山-江戸時代の武士】• (あだちやすむね)【江戸時代・士族】• (あだちやすもり)【鎌倉御家人】• (あだちやま)【福岡県の山】 あたちゆ [ ]• (あだちゆうき)【競艇選手】• (あだちゆうじ)【ギタリスト】• (あだちゆうすけ)【サッカー指導者】• (あだちゆうすけ)【子役】• (あだちゆうと)【俳優・タレント・モデル】• (あだちゆうびんきょく)【東京都の郵便局】• (あだちゆきお)【政治学者】• (あだちゆみ)【】• (あだちゆみ)【シンクロナイズドスイミング選手】• (あだちゆり)【タレント】• (あだちゆりえ)【アイスホッケー選手】• (あだちよう)【小説家】• (あだちよしかげ)【鎌倉御家人】• (あだちよりかげ)【鎌倉時代の武士】 あたちら [ ] あたちり [ ]• (あだちりえこ)【タレント】• (あだちりか)【女優】• (あだちりきや)【フリーライター】• (あだちりゅうこう)【】• (あだちりょう)【サッカー選手】• (あだちりょういち)【野球選手】• (あだちりょうへい)【政治家】 あたちる [ ]• (あだちるみ)【バレーボール選手】 あたちれ [ ]• (あだちれい)【】• (あだちれいな)【ファッションモデル・女優】 あたちろ [ ]• (あだちろくべえ)【戦国武将】 あたちわ [ ]• (あだちわたる)【野球選手】•

次の

Wikipedia:索引 あたち

あだち せい わ しんきん

H2 ~あらすじ~ 主人公の国見比呂は県大会優勝の好投手でしたが、ヤブ医者からドクターストップを受け野球部のない千川高校に入学します。 その後ヤブ医者の診断がガセだったとわかり、野球部のない高校に野球部をつくり甲子園を目指します。 一方幼馴染の橘英雄は名門校で甲子園を目指します。 そして橘英雄の恋人が比呂の幼馴染の雨宮ひかりでした。 仲が良かった3人ですが、次第に比呂はヒカリへの思いに気づき始めます。 野球としてのライバルであり、親友の橘英雄。 その彼女が雨宮ひかり。 国見比呂は橘英雄を超えられるのか?またひかりは幼馴染の比呂と恋人の英雄どちらを選ぶのか?いまだに根強い人気を誇る傑作野球漫画です。 1位 タッチ タッチ ~あらすじ~ 主人公の上杉達也は何をやっても続かない、怠惰な高校生でした。 一方双子の弟の和也は成績優秀スポーツ万能の優等生。 そして二人には幼馴染の朝倉南がおり、和也は南に恋をしています。 しかし南が好きなのは、怠惰であるも根は優しい達也でした。 南のために何も頑張っていない達也は、頑張る和也に対して引け目を感じて南の気持ちに応えることができずにいました。 そんな中和也が交通事故にあって死んでしまいます。 和也の亡きあと、達也は本気で甲子園を目指します。 以上があだち充先生の面白い漫画ランキングです! 多少(いや結構かも)私の好みとかも入っています。 しかし人気ランクでもほぼこの順位通りになると思いますので、もしよければ是非読んでみてください。 現在は「MIX」という漫画が連載されており、タッチのその後の世界ということでタッチファンにはたまらない作品になっています。 MIXを読んでみたくなった方は、電子書籍の から配信されていますのでチェックしてみてください。

次の

新近性?親近性?(記憶)

あだち せい わ しんきん

A ベストアンサー たとえば人の顔を見る時に ボトムアップ処理:目や口といったパーツを組み合わせた結果,1つの顔を見る,というタイプ トップダウン処理:最初に顔の全体の雰囲気があって,そのあとにどういう眼をしている,とか,口の形がどうか,という細かい部分に注意を向けていく,というタイプ ボトム・アップは,一つ一つのパーツを組み合わせて全体を構成するような情報処理で,トップ・ダウンはまず全体がなんであるか,あるいは事前に人間が持っている知識・経験をもとに情報処理を行っていきます。 別の例でいえば,一つ一つの部品があって,それを組み合わせて全体を作っていると考える(レゴなどで車や飛行機などを作るような感じ)のがボトム・アップ処理で,丸太から仏像などを彫刻等で掘り出す感じの処理がトップダウン処理です。 A ベストアンサー 鏡映描写の実験では、鏡映描写の現象そのものを取り扱っているというよりは、学習の問題をテーマとしていると考えられます。 したがって、学習心理学の文献・図書や、心理学の教科書の学習心理学の章が、まず基本的には参考になると思います。 鏡映描写は、「知覚運動学習」の一種として用いられていますので、この「知覚運動学習」について書かれた部分や、また、利き手と非利き手との間での「転移」についても扱っていると思いますので、「学習の転移」について触れられたところもご覧ください。 さらに、心理学実験法に関するテキストなどでも、このテーマはたいてい触れられていますので、そうした図書もご覧になってください。 これらの図書には、参考文献もあげられていると思います。 Q こんにちは。 学校の課題ですので、こちらで相談するのもどうかと思ったのですが、どうしてもレポートを書き出すことが出来ず、明日で提出であせっています。 大学生にもなって恥ずかしいとは思うのですが、ヒントをいただけないでしょうか? レポートは認知的葛藤についてです。 先々週やったストループ効果の実験で、それについて、序論と方法のレポート提出です。 方法は出来上がったのですが、どうしても序論がかけません。 と、いうのも、何を調べるためにストループ効果の実験を行ったのか全くわからないのです。 自分でも馬鹿だとは思うのですが、先生に「この実験をやりますー。 」といわれたのでやった。 という感じです。 小学生並みですね。 この実験の目的は、レポートの書き方を学ぶためなのですが、序論にレポートの書き方を学ぶため。 とはかけません。 教科書を読めば分かるだろうと安易に考えていたら、教科書には実験方法しか書いてありませんでした・・・・・・・。 友人に相談しても、やはり序論で行き詰って明日提出は厳しいという感じらしいです。 どうしても提出したいので、ヒントをいただけませんか? 日常で、ストループ効果を利用している物なども、教えてくださると嬉しいです。 認知的葛藤のレポートなので、ストループだけについて書いてもいけないだろうし・・・・・レポートを舐めてました。 自業自得なので何とか切り抜けたいです。 ストループ効果の実験には、何の意味があるのでしょうか? こんにちは。 学校の課題ですので、こちらで相談するのもどうかと思ったのですが、どうしてもレポートを書き出すことが出来ず、明日で提出であせっています。 大学生にもなって恥ずかしいとは思うのですが、ヒントをいただけないでしょうか? レポートは認知的葛藤についてです。 先々週やったストループ効果の実験で、それについて、序論と方法のレポート提出です。 方法は出来上がったのですが、どうしても序論がかけません。 と、いうのも、何を調べるためにストループ効果の実験を行ったのか... A ベストアンサー こんにちは。 本日が提出日のようなので、これが間に合うかどうか不安なのですが、同じような悩みを持っていたものとしては、答えてあげたい、と思って書かせていただきます。 私自身もストループ効果に関する実験を行い、レポートを書く機会がありました。 やはりfeelmysoulさんと同じように、先生がやるといったからやるといった感じで、実験とレポートに慣れることが授業の目的でしたね。 私のときは、とりあえず序論には、 ストループ効果とは何ぞや、 いったい誰がそれを発見したのか、 どんな先行研究があり、そこではどんな結果が出ているか、 この3点をまず書き、実際にストループ効果は起こるものなのかを追試するという形でまとめたのを覚えています。 元々目的があってしたことではないと、なかなか日常から例を引っ張ってくるのは難しいものだと思うので(ストループ効果が)。 こういう形でも私の時は大丈夫だったのですが。 あとは、実験前に先生が何かを言っていたら、それも盛り込むとか。 ストループ効果の実験の意味、に対する回答ではないのですが、序論を書く上での参考にでもしてみてください。 それでは、レポートがうまくまとまるといいですね。 こんにちは。 本日が提出日のようなので、これが間に合うかどうか不安なのですが、同じような悩みを持っていたものとしては、答えてあげたい、と思って書かせていただきます。 私自身もストループ効果に関する実験を行い、レポートを書く機会がありました。 やはりfeelmysoulさんと同じように、先生がやるといったからやるといった感じで、実験とレポートに慣れることが授業の目的でしたね。 私のときは、とりあえず序論には、 ストループ効果とは何ぞや、 いったい誰がそれを発見したのか、 どんな先... A ベストアンサー 再度こんばんは。 なので、わかる範囲でできる範囲のアドバイス。 心理学実験では、独立変数と呼ばれるものを操作することによって、その変数が、知覚や記憶のような人間の特性にどのような影響を与えるかについて検討します。 その際に、独立変数の他に実験結果に影響すると考えられる変数を、影響しないように統制するのが、実験を組み立てる際に重要となってきます。 その統制方法のひとつがカウンターバランスです。 たとえば先行研究でカウンターバランスをとっていなかったとしたら、「その実験結果は、独立変数以外の変数の影響なんじゃないの?」という批判がでてくるでしょう。 そこで次の実験で、独立変数以外の変数について影響がでなくなるようにカウンターバランスをとってみて、それでもやはり課題の成績や反応時間などに条件間で差がでたなら、さて、どう考えればよいでしょうか? 先行研究の結果と同じになった場合でも、論文やレポートの考察で述べるべきは多くあります。 「先行研究と同じになりました、仮説が支持されました、めでたしめでたし」として何も書かないのはマズいということ。 再度こんばんは。 Q ミュラー・リヤーの錯視について勉強しているのですが,錯視量について教えてください. 矢羽のついている方を標準刺激(10. 0cm),単なる直線を比較刺激として,直線が標準刺激の長さと同じに見えたときの長さを測った時,7cmだったとします.このように10. 0cmより短く見えた場合,錯視量は3. 0cmと表すのでしょうか?それとも-3. 0cmと表すのでしょうか? どちらで表すかによって,たくさんデータをとった時に平均を出そうとすると変わってきてしまうのではないかと思うのですが・・・.たとえば,錯視量が-3. 0cm,4. 0cm,-2. 0cmだと平均は-0. 3cmで,3. 0cm,4. 0cm,2. 0cmだと平均は3. 0cmですよね. たぶん錯視がおこったかどうかだけを考えると後者の例だと思うのですが,これだけだと10. 0cmより長く見えたのか短く見えたのかわかりませんよね・・・. どなたかよいアドバイスをください,お願いします. A ベストアンサー おはようございます(こんばんは)。 ご質問の錯視量測定について、私なりの回答を書いてみますが、 もし大学の先生の指示や教科書などと異なっていたりする場合は そちらのほうに従ってくださいな。 この主観的等価点となる長さから、 標準刺激の物理的長さ(10. 0cm)を引くことにより、 「錯視量」を求めます。 なので、物理的長さの10. 0cmよりも短く見えたという場合は 「錯視量」はマイナスの数値となります。 主観的等価点の長さが、物理的な長さである10. 0cmよりも 長くなるか短くなるかのどちらかしかないという条件なら 別に符号は考えなくてもよいでしょうけど、 一般的なミュラー・リヤー錯視の実験では この主観的等価点の長さは設定した条件(独立変数)によって、 標準刺激の物理的長さ(10. 0cm)よりも長くも短くもなり得る。 (10. 5cmとなったり9. 0cmとなったりしますよね) ここで錯視量の符号が重要となってくるわけです。 ご自身で書いている通り、プラス・マイナスを混ぜてしまっては 長く見えたのか短く見えたのかわかりませんから。 錯視が生じたかどうかは、プラス・マイナスにかかわらず 錯視量の絶対値をみればわかりますので、別に問題はありません。 おはようございます(こんばんは)。 ご質問の錯視量測定について、私なりの回答を書いてみますが、 もし大学の先生の指示や教科書などと異なっていたりする場合は そちらのほうに従ってくださいな。 Q はじめて質問をします。 もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。 心理学を勉強しているのですが、タイトルの件でわからなくて困っています。 方向付け課題の実験で、「『はい』という判断を行った項目のほうがよく記憶されていた。 」というものです。 私の疑問は以下の2点です。 ・実際に「はい」という判断を行った項目のほうがよく記憶されるのか? ・なぜ、「はい」という判断を行った項目のほうがよく記憶されるのか?何か、推論などがあるのか? 心理学を勉強し始めたばかりということもあり、いろいろ調べているのですが、わかりません。 疑問に思ったら、なかなか先に進めなくなってしまいました。 どうぞ、よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 Craik, F. 1975. Depth of processing and the retention of words in episodic memory. Journal of Experimental Psychology: General, 104, 268-294. 「意味的処理のような深い処理のされた英単語のほうが再認しやすい」という実験の結果から、記憶の処理水準モデルを支持した有名な論文ではあるのですが、 その一方で、上記の論文では、 「Yesと答える条件とNoと答える条件で、反応の潜時(latency)、つまり答えるまでにかかった時間あまり差がなかったけれども、英単語を再認できた割合はYesと答える条件のほうが高かった。 また、再生条件では差は減少した」 という結果が得られています。 frogJさんの疑問の出所はわかりませんが、実験結果のグラフを見ればもっともの疑問であり、記憶システムを考えるうえで、わりと重要なポイントなのかもしれません。 ・反応するまでの時間(潜時)で差があまり無かったということは,Yesの場合でもNoの場合でも、処理するまでにかかる時間は同じ?? ・英単語の想起でも、再生の場合と再認の場合では差の生じ方が異なることから、記憶の、特に想起のシステムに何か関係しているのか? ・etc. こんばんは。 Craik, F. 1975. Depth of processing and the retention of words in episodic memory. Journal of Experimental Psychology: General, 104, 268-294. 「意味的処理のような深... A ベストアンサー まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。 心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。 これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。 ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。 さらにその上で、意識はこれらの心的要素の結合によって構成されるものと考えました。 つまり、当時、発展が見られた化学を一つのモデルとして、元素を発見し、その元素の結びつきで意識を説明しようというものです。 これに対して、心(意識)は、生物学的欲求を充足するために現れた有機体の、環境に対する適応の手段の一つの形態であると考え、そのような心的活動の目的ないし意識の効用を明らかにすることが心理学の第一課題であると主張する立場が、機能主義です。 機能主義は、英語でいえば、functionalismですが、function、つまり働きとしての心を捉えようという考え方といってよいかも知れません。 機能主義は、こういう考え方ですから、要素を発見し、その結びつきで心(意識)を説明しようとする構成主義とは、対立したわけです。 機能主義は、進化論と強く結びついたプラグマティズムの哲学が背景にあり,19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカを中心に発達したものです。 構成主義の方は、1930年代に入ると、この考え方は対象の意味や機能、主体の能動的側面をあまり考慮しない、一つの要素還元主義として、構成主義が研究手法として用いていた内観報告とともに、機能主義、行動主義、ゲシュタルト心理学等から批判され衰退していってしまったのです。 以上、まだややこしいかも知れませんが、参考までに。 まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。 心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。 これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。 ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。 さらに... この場合は、質問項目が選択肢すら選ぶものだったり、1から5の数字を選ぶものだったりするなら、質問が要因で、それに対する回答の選択肢・選んだ数値が水準ということになります。 参考URLにGoogleで「分散分析 要因 水準」をキーワードにして検索して一番上に来たものを入れときました。 interq. html A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の