坂口 拓。 坂口拓がキングダムで人気!引退理由やアウトデラックス動画はある?

坂口拓の経歴がすごい!身長などのプロフィールや学歴(高校・大学)も調べてみた!

坂口 拓

速すぎて動きが見えん! 恐るべし、坂口拓……! 劇中で坂口拓が演じる左慈が初めて剣を振るったとき、私は思わず前のめりになった。 このシーンで坂口拓は3人を斬殺するのだが、それを一呼吸でやってのけるのだ。 身震いがする思いだった。 『キングダム』(2019年)は同名漫画を実写化した作品だ。 古代中国を舞台に、天下の大将軍を目指す信(山崎賢人)と、後に秦の始皇帝になるえい政(吉沢亮)の活躍を描く大河アクションである。 原作は今の時点で50巻を超える長期連載であり、しかも現在も連載中だ。 今回の映画版では、信が戦いに身を投じる決意を固め、えい政が反乱を起こした義弟と対決する初期部分に焦点を当てている。 そして今回の主な悪役として登場するのが、坂口拓が演じる左慈だ。 誰もが認める剣の達人だが、息を吐くように人を斬る危険人物である。 この役に坂口拓はバッチリはまっていたし、何より、この映画の大ボスとして坂口拓を見ることができたことが本当に嬉しい。 ここからは完全な1坂口拓ファンの感想になってしまうが、彼の経歴は決して平坦ではない。 主演デビュー作『VERSUS ヴァーサス』(2001年)は、低予算ながら壮絶なアクションが話題となった。 同作の監督を務めた北村龍平はハリウッドに進出し、アクション監督を担当した下村勇二も、今や日本のアクション映画界に欠かせない人物となっている。 そもそも『キングダム』のアクション監督も下村勇二だ。 その一方、坂口拓はアクション・スターとして確かなポテンシャルを持ちながら、ちょうど時代的に国産のアクション映画があまり活発でなかったせいか、一時期は俳優を引退してしまった。 『VERSUS』時代からのファンとしては、この事実だけでも嬉しい。 ちなみに坂口拓は、私が街中で見かけた2人の芸能人のうちの1人でもある。 完全なプライベートの時間だっただろうに、浮かれる私に笑顔で接してくれたのをシッカリ覚えている(もう1人は小沢仁志さんだが、あまりに怖くて話しかけられなかった)。 『キングダム』の監督である佐藤信介は、人体が吹っ飛びまくる『アイアムアヒーロー』(2016年)、新宿で空中戦を繰り広げた『いぬやしき』(2018年)、駅前の街を破壊した『BLEACH』(2018年)といった、「このシーンに有り金を全部突っ込みます!」という一点突破型の映画を作るタイプだ。 今回もアクション的にはクライマックスの城攻めに全てを賭けている。 長澤まさみはアクロバットなアクションで大暴れ、吉沢亮も流れるような動きで人を斬りまくる。 当然、主演の山崎賢人も絶叫しながら剣を手に大暴れするのだが……。 坂口拓は剣を持って現れるなり、観客を一気に素へ戻すほどの強さを見せつける。 他の出演者たちも全員奮闘しているのだが、それでも明らかに坂口拓の動きが頭一つ抜けているのだ。 まさにアクション・スターの面目躍如である。

次の

【24時間テレビ 嵐にしやがれ 気配斬り対決】本番直前に段取りを変えた坂口拓!?司会、スタッフを大いにざわつかせた舞台裏ブログ

坂口 拓

人物 [ ] で、主にのとして活動している。 『』『』『』など、も演じることが多い。 時には 匠馬敏郎名義でクレジットされることがある。 出演 [ ] 映画 [ ]• (2003年) - ゼロス• (2003年) - 佐敷三蔵• 怪奇穴人間(2004年) - 原案兼務• (2005年) - 土蜘蛛• (2005年) - 大阪ホープ会のリーダー• (2005年) - 夜叉丸• (2006年)• (2007年) -• 監督・脚本兼務• (2008年)• みっちゃん」(2009年)• (2009年) - 黄泉山豪• 監督・脚本兼務• men's egg Drummers(2011年)• 手鼻三吉と2(トゥワイス)志郎が往く(2012年) - 主演:手鼻三吉• (2013年) - 佐々木• 大阪蛇道 Snake of Violence(2015年)- ケンジ• MAX THE MOVIE(2016年) - 坂口役(匠馬敏郎名義)• レッド・ブレイド(2018年12月15日)- 才蔵役• (2019年) - 左慈 役• 爆裂魔神少女 バーストマシンガール(2019年) - マツカタ役 テレビドラマ [ ]• (2005年、)• (2007年、)伊勢崎図書之助• (2008年、NHK)• 第11-最終話(2009年、)• (2009年、TBS)• (2009年、TBS)• (2012年、TBS)• (2012年、) - 御堂宏樹• (2017年4月 - 、) - 虎井清十郎 ゲーム [ ]• (2013年、) - カッシスワーム• 仮面ライダー バトライド・ウォーII(2014年、PS3・) - カッシスワーム 演出等 [ ] 出演作は省略。 映画(作品) [ ]• (2009年1月31日、監督:園子温) - アクションデザイン• 鎧 サムライゾンビ(2009年) 監督• 小出むきだし(2010年) - 脚本・監修• ヤクザガール(2010年) -• (2011年) - アクションデザイン• (2012年1月14日) - アクション監督• 2013年、TBS (匠馬敏郎名義)• (2014年) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2015年) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2015年、) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2015年7月11日公開) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2016年) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2017年) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2017年6月16日 )(2017年) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2017年) - アクション監修(匠馬敏郎名義)• (2017年) - アクション監修(匠馬敏郎名義)• ファイナルライフ-明日、君が消えても-(2017年9月8日配信開始、全12話、) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2017年) - アクション監督• 「」(2018年4月6日) - アクション監督(匠馬敏郎名義)• (2018年、) - アクション監督(匠馬敏郎名義• 下忍 赤い影(2019年10月4日公開) - アクション監修• 下忍 青い影(2019年11月15日公開) - アクション監修 脚注 [ ] [].

次の

山﨑賢人、初の時代劇で坂口拓と激突!

坂口 拓

坂口拓のアクションを堪能し、クサイ台詞にニヤリとし、大塚明夫でテンションを上げる作品です。 その合間合間の味付けに有名な俳優が起用されています。 いしだ壱成、篠田麻里子 AKB48)、斎藤工、加藤雅也 どなたも出番は10分もないんじゃないかな?でもそれがいい! 坂口拓との出会いは北村龍平監督の「VERSUS」という映画が出会いです。 2000年の映画だったと思います。 当時の自分は高校生ということもあってカッコイイアクションとクサイ台詞回しには心が躍りました。 それから15年以上の時が経ち、30歳も超えたころに久々にこの「RE:BORN」という映画を観て 「あぁ、やっぱり自分はこういう映画好きだな!」と改めて実感。 観る人を選ぶ作品かもしれませんが、是非オススメしたい一品です! ちなみに声優好きな人であれば見ても損はしないと思いますよ。 今回役者としてもいい味を出している大塚明夫さんですが、この方は超ベテラン声優さんです。 (声優好きで知らない人はいないと思う) 有名どころでいうとゲーム「メタルギアソリッド」シリーズのスネーク役やアニメだと「攻殻機動隊」のバトー、 「Fate」のイスカンダルや最近だと「バキ」の範馬勇次郎などなど。 映画の吹き替えなら「沈黙シリーズ」でお馴染みのスティーブン・セガールの吹き替えはほとんどこの方がされています。 良ければ映画の中で声を聴いて「おお!」となってみて下さい。 実際に格闘術の講師をしている人物をアドバイザーとして起用したこともあってか、アクションはスピーディで迫力があり、見ごたえ十分。 主人公が使う格闘術は、他には類を見ないような独特のスタイルの格闘術でしたが、逆にそれがいい意味で主人公の不気味さや異質さから来る強さを醸し出しているように感じました。 ただ、ストーリーと演出については少々難があるかと。 主人公と一緒に暮らす少女に対する態度だとか、唐突に出てくる協力者とか…あと、先に記述した格闘術の講師を、準メインのキャラクターに据えてしまったのは流石にどうかと。 演技の素人感が凄い…。 出す事自体を悪いとは言いませんが、せめて無口に淡々と主人公を狙う最強の刺客程度にとどめていた方が良かったんではないかと。 あと、自分は本編を見る前に設定を知ってしまったのですが、所謂「厨二病」感があります…調べればでてきますが、本編を視聴してから設定を見ることをオススメします 総評としては、「ストーリーはとりあえず置いといて、アクションを見る為の映画」と言う感じです。 本当に申し訳ない言い方で恐縮ですが、単に「作ってみたいイメージを映像化してつなぎ合わせただけ」で、どこにもストーリーらしいストーリーが見当たりません。 本当に残念です。 有名な俳優さんも出ていますが、ぶっちゃけ黒歴史になってしまったのではないでしょうか?2時間を無駄にしてしまって正直後悔しています。 今後同様の映画製作にチャレンジする方へやってはいけない演出を箇条書きにしておきます。 1.画面が暗い 2.ナレーションと説明ゼリフが長い 3.台詞の音量が小さい 4.効果音とBGMの音量がデカい 5.作戦行動中にブリーフィングは絶対しない 6.専門用語が画面と合っていない 7.台詞に酔っていて画面の演出・演技が追いついていない 8.索敵陣形がデタラメ 9.回想シーン・イメージカットが多い 10.ストーリーに寄与しないイメージビデオ的なカットが多い 11.子供の横で喫煙(食事中も) 12.町中で歩きタバコ 13.長すぎる格闘シーンが現実味を奪い、サバイバルゲームに見える 全部やめて下さい。 どれか一つでも該当したらC級映画の仲間入り、興行も失敗する事間違いなしです。

次の