ポケモン 剣盾 エースバーン。 【ポケモン剣盾】夢御三家解禁されたので入手法。リベロエースバーンがやってきた

エースバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣盾 エースバーン

エースバーンの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお 特性 もうか HPが3分の1以下で ほのおタイプの技が1. とびひざげりを採用することでカビゴンやバンギラスなど、ほのお技だけでは倒しづらかったポケモンも突破しやすくなります。 性格は攻撃を上げるいじっぱりでも問題ありませんが、先制で攻撃しやすくなるようきが無難です。 おすすめ技構成 フレアドライブ 高火力のほのお技で命中が100なので外す心配がありません。 とびひざげり ノーマルやあくなど、ほのお技で対応し辛い敵に対して刺さりやすいです。 ふいうちを使う場合は相手の型からある程度技を読む必要があるので注意しましょう。 しねんのずつき アイアンヘッド タイプ補完として必要な場合は採用するのもいいでしょう。 基本的には素早さを活かして上から殴る型なので持ち物はいのちのたまで火力をアップさせるのがおすすめです。 しかし、耐久力が心もとないので、万が一素早さで負けても1度だけ耐えられるきあいのタスキ を持たせるかこらえるを覚えさせるのも一つの手です。 特性のもうかを活かしたい場合はHPが4分の1以下で火力が上がるチイラのみを持たせましょう。 命中が90ですが反動を受けません。 フレアドライブは命中が100ですが体力が削られてしまうので、 きあいのタスキを持たせる場合はかえんボールの方が安定でしょう。 とびひざげり 確定技 ほのおタイプの弱点であるいわタイプに刺さる格闘技です。 いかりのまえば 当たれば確実に体力を半分にすることができるので耐久の高いポケモンや相性の悪いポケモンに対してごり押しすることができます。 とんぼがえり ダメージを与えつつ他のポケモンに変更することができます。 ランクバトルでも技の採用率は高め。 エースバーンの対策・弱点 麻痺が有効 エースバーンは物理アタッカーとしての採用が多いため、行動を制限できる麻痺が非常に機能します。 ただし、エースバーンはほのおタイプのため、鬼火などによるやけどは効かないということは留意しておきましょう。 攻撃ダウンを活用しよう エースバーンは攻撃に特化しているため、攻撃をダウンさせる変化技が効果的です。 いかくであれば場に出しただけで攻撃を下げることができるので、相手の編成からエースバーンの順番を読んだ場合はうまく活用していきましょう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ギャラドス ・いかくによりAを下げられる ・たきのぼりで確1を取れる 水ロトム ・ハイドロポンプで確1を取れる ・一方的に有利を取れる ドヒドイデ ・水属性かつ防御が高いため技を受けやすい ・水技で弱点を突ける ヌオー ・耐久しつつダメージを与えられる ・エースバーンはヌオーへの有効打が少ない エースバーンの与ダメージ計算 フレアドライブ エースバーンの攻撃の個体値が31、努力値が252、もうか発動時のフレアドライブで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 とびひざげり エースバーンの努力値が252、持ち物がいのちのたま、特性がリベロでとびひざげりを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の

【ポケモン剣盾】チイラエースバーン&DS充電パッチラゴン【ランクマッチS1】:あみゅーずめんとぱーく地雷構築

ポケモン 剣盾 エースバーン

シーズン1、3桁目指してやってたけど終日4桁おじさんだった。 自分用のメモ書き程度に記事に残します。 ・エースバーンが苦手なドラパルトに強く、ダイマックスの恩恵を大きく受けることができ、 エースバーン、アーマーガア、ゴチルゼルへ展開が迅速にできる BSベースのバンギラス。 ・受けと攻めの役割を両立し、襷ドリュウズに対してエースバーンのとんぼがえりから 安定した交換先にもなり、単体としての詰め性能が強力な HBSアーマーガア。 ・エースバーンに繰り出されるドヒドイデ&ヌオー&トリトドン等を とんぼがえりから特性「かげふみ」でキャッチ、最低でも1:1交換する役割を持ち、 可能であれば1. 5体以上を崩す役割の HBSゴチルゼル。 ・カバルドン&ギャラドスへの牽制と拘りトリックによる崩しを意識した HB眼鏡ミトム。 ・各種ロトムに親を殺されたので各種ロトムに耐性が優秀な DSベースはりきりパッチラゴン。 これに加えて試験的に下記要素をパッチラゴンに盛り込んでみた。 かえんボールの火力が素晴らしく、化けの皮を外したミミッキュをワンパンできる火力。 環境に一定数いたS109のアイアントより早いのが偉い。 使い手の技量が試される構成でもあるが、 チイラ+最大火力起死回生で157-127FCロトムを砂ダメ込みで落とせたり、 火炎ボールが通らず格闘技が通るようなポケモンへの打点としてかなり優秀だった。 夢特性のリベロが待ち遠しいところだが、猛火+かえんボールの火力も捨てがたい。 ダイマックスさせることも多かったポケモンであり、 ダイナックルでAを上げてから制圧していくような動かし方や ダイバーンでかえんボールの火力を底上げ… 各対戦で使い方を盤面で判断し変えることができるのも魅力的なポケモンでした。 晴れ+チイラ+猛火+ダイバーンでダイマックストゲキッスが1匹飛ぶ。 5%耐え A177ギャラドスのダイストリーム確定耐え 岩石封じでS162ミミッキュ抜き 弱点保険発動後のがんせきふうじ2回で177-99ギャラドス、160-115トゲキッスを処理可能 タイマン性能抜群の弱点保険バンギラス がんせきふうじでS操作しながらアーマーガアやゴチルゼルへ展開しつつ、 裏が苦手とするドラパルトギャラドストゲキッスをタイマンで処理する役割を持たせていた。 ウオノラゴンがいない構築にはだいたい初手に投げてた気がします。 ダイマックスを切る判断が難しく、 特に上記3体と対面した対戦はその判断が直接勝敗に繋がることも数試合あったので S2に向けての改善箇所がまずここ。 それでもダイマックスの恩恵を大きく受けるポケモンではあるので 弱点保険片手に種族値の暴力を押し付けるのは今までのバンギラスで一番強いまである。 ダイマックス後のバンギラスをワンパンできるのは ハチマキエラがみのウオノラゴンかハチマキごりむちゅうヒヒダルマぐらい。 元々ダイジェットでS逆転から制圧していくアーマーガアは強いと思っていたので 最速が増えてきた現環境下では中途半端な構成になっているのは否めない。 ちょうはつも切っているので本来起点にできる範囲を狭めてはいるが それでも飛行・格闘の対応範囲が広く使用感は悪くなかった。 ボディプレスとちょうはつを変えてみるのもいいかもしれない。 エースバーンを通す為の崩し枠。 エースバーンをドヒドイデに一任しているような構築も多かったので 7世代のバシャゴチルのような動き方が8世代でもすることができた。 またこの構築はローブシンも重たく、 ダイマックスを切られるとゴチルゼルでもアーマーガアでも対処できないので ゴチルゼルでキャッチした試合はゴチルゼルにダイマックスを切る必要があった。 5%で落ちる カバルドンギャラドス誤魔化し枠 特に語ることもないがロトムとパッチラゴンがドリュウズやトリトドンを誘うので アーマーガアやゴチルゼルをセットで選出することが多かった。 ロトム種のボルトチェンジを一度キャッチできるのは偉いが、 キャッチした後、負荷をかけられるのがでんげきくちばしのみってのは微妙と考え、 はりきり派閥の人間です。 元々耐性ではロトムに強いのでダイマックス後も火力補正が乗るはりきりで採用。 現環境のパッチラゴンはAS極振りダイジェットがメジャーではあるが、 でんげきくちばしを打つ相手に対しては特性はりきりで十分火力は足りると考え、 特殊防御に大きく割き、強みである体制を活かしながら繰り出し回数を増やすことで 対応できるポケモンの範囲を広げることで従来のパッチラゴンとは違う動きを目指した。 またパッチラゴンミラーに全て敗北するSラインだったので極振りにするか、 最速バンギラスを意識せずSラインを落としじならし前提の調整にするのもあり。 ロマンがあり技が外れるのは美味しいので動画向けポケモンかもしれません。 見た目可愛いですし。 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 改善 ・鬼火ドラパルトの増加、ボディプレスを切ったアーマーガアの増加に伴い、 バンギラスを同じ配分ベースで特殊型にすることを検討、配分は決まっている。 ・アーマーガアは続投、無駄なA振りをD振りに変更し、ドラパルトの無振りだいもんじ意識。 ボディプレスとちょうはつを変えながら最終の技構成を決定する。 ・ゴチルゼルは素早さを捨て、耐久に振り切る。 ・エースバーン、水ロトムは続投で良いと思われる。

次の

【ポケモン剣盾】リベロエースバーンの対策を思いつく限り記載

ポケモン 剣盾 エースバーン

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 ダイナックルでAを上げて戦う Sの種族値119の速さを活かして戦う物理アタッカー。 Aが足りないと思った場合はダイナックルでAを上げながら戦おう。 技範囲が広い エースバーンは技の範囲が広く、炎以外にも、格闘、悪、エスパー、鋼、飛行技を覚える。 ダイマックス技を打ち分けて、能力を上げたり下げたりすることも可能。 ちょうはつも覚えているので受けポケモンとも戦える。 みがわり採用時はHPを調整 エースバーンにみがわりを採用する場合、HPの実数値を4の倍数以外したほうが良い。 4の倍数の場合は、みがわりを3回しか使用できなくなるためだ。 Hに4振ると4の倍数の156になるので気をつけよう。 ただし、チイラのみを持たせる場合は、4の倍数にして早期に効果発動を狙うことが多い。 補助技や変化技を打つ余裕があるので落ち着いて戦おう。 もうかは発動させないように HPはわずかになると発動するもうかで、 かえんボールの威力が上がってしまう。 中途半端に削りすぎないよう十分に気をつけよう。 みがわりチイラ型を警戒 みがわりを3回使い、チイラのみともうかを発動させて高火力で攻撃する型も多い。 単純に攻撃するだけでは思うツボなので、ちょうはつや先制技、状態異常などを駆使して立ち回ろう。 受けポケモンはちょうはつに注意 エースバーンは受け対策としてちょうはつを採用している可能性がある。 ちょうはつがなければ有利に戦えるが、使われた場合は厳しい戦いとなるので慎重に見極めよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の