とき と うむ いちろう 死。 【鬼滅の刃】霞柱・時任 無一郎(ときとうむいちろう)の強さの秘密。日の呼吸の使い手との関係は?

【鬼滅の刃】179話ネタバレ!玄弥と時透無一郎が死亡確定!マジで?

とき と うむ いちろう 死

鬼滅の刃 179話 あらすじ 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 140,集英社. タイトルは「兄を想い弟を想い」。 一見、 黒死牟のためのタイトルなのかと思ったのですが、よく考えてみると• 縁壱と 巌勝(黒死牟)• 玄弥と 実弥• 無一郎と 有一郎 と、今回の黒死牟戦に選ばれた鬼殺隊メンバー それぞれにも当てはまる、意味深いタイトルなのかなと想いました。 もしかしてこのメンバーって、そのための采配でもあったのか…? そうだとしたら呼世晴先生、とてもすごい。 恐ろしい…。 179話の主な登場人物 鬼殺隊士側 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい 不死川実弥 しなずがわさねみ 時透無一郎 ときとうむいちろう 不死川玄弥 しなずがわげんや 敵側 黒死牟 こくしぼう 黒死牟は消滅。 それでも攻撃をやめない実弥 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 142,集英社. 戦いが終わっても、攻撃をやめない 実弥。 黒死牟に弟の 玄弥を 体を縦に真っ二つにされたことへの怒りから、絶えず 黒死牟に攻撃を続けていました。 しかし、まさか 失血により意識を失いながらも攻撃を続けているとは。 その姿に、さすがの 悲鳴嶼も驚きを隠せません。 体が真っ二つでも、まだ息のある玄弥 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 143,集英社. 黒死牟の一部を食っていたため、一時的に鬼化していた 玄弥。 そのため体が縦に真っ二つの状態でも、まだ息がある模様。 しかし、取り込んだ鬼の力も出血により抜けていってしまうため、鬼化の効力も薄れていきます。 玄弥の命の終わりは近い…。 そんなひどい状態であるにもかかわらず、 無一郎や 実弥の心配する 玄弥。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 144,集英社. 玄弥の命の終わりを悟った 悲鳴嶼は、 意識を失ったままの 実弥を 玄弥の近くへ連れていき、二人に最後の時間を作ります。 そして 悲鳴嶼は、今度は 無一郎の元へ急ぎます。 無一郎も絶望的な状況 無一郎も、 黒死牟によって胴体を真っ二つにされています。 完全に致命傷です。 悲鳴嶼は、致命傷を負いながらも 黒死牟に一矢報いた 無一郎と 玄弥に、「お前たちのおかげで勝てた」と感謝と尊敬の念を述べます。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 145,集英社. そして 悲鳴嶼は「必ず無惨を倒して 其方 そちらに行く」と、 無一郎に伝えました。 メモ 悲鳴嶼は、 痣者 あざものである上に27歳のため寿命は間近です。 なので 無一郎に「 其方 そちらに行く(=自分もすぐに後を追う)」と伝えたのでしょう。 無一郎の双子の兄「有一郎」が… 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 146,集英社. 無一郎の命が尽きかけたその瞬間、 双子の兄・有一郎が涙を流しながら、必死の思いで 無一郎の心の中に呼びかけます。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 147,集英社. こっちに来るな。 無一郎は「どうして頑張ったのに、褒めてくれないの?」と涙を流します。 しかし 有一郎は「どうして?こっちが聞きたい」と言葉を返します。 有一郎は、たとえ仲間を捨ててでも、逃げてでも弟の 無一郎に生きていてほしかったのです。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 148,集英社. 「こんなところで死んでどうするんだ?これじゃ無駄死にだ」 「こんなんじゃ何のためにお前が生まれたのか分からない」 と、 有一郎は告げます。 一方、 無一郎は 大事な仲間だから見捨てて逃げられないと伝えます。 そして、 有一郎の「何のためにお前が生まれたのか分からない」という言葉に対して… 「そんなのちゃんと自分で分かってる」 「幸せになるために生まれてきた」 と返しました。 つらいことや苦しいこともあったけど、楽しい日々を送ることができた。 仲間が出来て楽しかった。 目の前のことから逃げず、目を逸らさなかった。 大好きな仲間のために命をかけたことを後悔なんてしてない。 だから、無駄死にだなんて言わないで欲しい。 他の誰になら、なんて言われてもいい。 でも、 兄さん(有一郎)だけは、そんな風に言わないでと…言葉を続けます。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 151,集英社. もちろん、 無一郎の想いは…兄の 有一郎には分かっていました。 目の前のことから逃げず、目を逸らさず、仲間のために命をかけること。 兄の 有一郎は、もちろん分かっているのです。 それでも。 それでもただ… 無一郎に生きていて欲しかったのです。 まるで鬼のように体が崩れる玄弥 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 153,集英社. 意識を取り戻した 実弥。 それと同時に、 玄弥の体が まるで鬼のように崩れていくのに気が付きます。 おそらくこれが鬼食いの代償のようです。 「大丈夫だ」「なんとかしてやる」 「兄ちゃんがどうにかしてやる」 そういって 玄弥を励ますも、 玄弥自身は命の終わりに気づいているのでしょう。 過去に 鬼になった母親を殺した 実弥を責めてしまったことを、謝罪し始めます。 そして、迷惑をかけてしまってごめんと伝えました。 さらに、 という言葉を 実弥に伝えます。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 156,集英社. 実弥の悲痛な叫び。 それも虚しく… 玄弥の体は 兄に対する感謝の言葉を最後に、跡形もなく塵となって消えていってしまいました。 泣き崩れる 実弥。 しかし、その姿を見た 悲鳴嶼は自分を…そして 実弥を奮い立たせます。 「 無惨を倒すまで終わりではない」と。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 158,集英社. あらすじここまで。 個人的な感想と考察 ああ。 やっぱり、 無一郎と 玄弥はダメだったか…。 完全に致命傷なのは分かっていたので、もうダメだろうなと思う反面…もしかしたら鬼化している 玄弥だけでも助かるかな?なんて思っていましたが…悲しいですね。 『週刊少年ジャンプ』 2019年43号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第175話,集英社. とても優しくそして他人思いな 無一郎と 玄弥の、若すぎる死。 そして 有一郎と 実弥の思い。 悲しみをこらえ、己と他人を奮い立たせる 悲鳴嶼。 今週の鬼滅の刃は熱すぎます。 この感想を書いてるだけでも、涙が出そうでした。 もうね。 鬼滅ファンで、今週の話見て涙腺緩まないやついる? 己の死を覚悟し、命を賭けて戦っていた若き二人 『週刊少年ジャンプ』 2019年41号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第173話,集英社. 無一郎は、最初に たった一人で 黒死牟に出会ってしまったことも災いし、いきなり深手を負ってしまいました。 初見の敵のうえ、味方もいない。 しかも相手は十二鬼月最強の鬼。 この状況では、 深手を負ってもしょうがないと思います。 片腕を切られ、胴を刀で串刺しにされ… それでも逃げずに戦い、さらには胴体を真っ二つにされても尚、 黒死牟の首を切るチャンスを作り出せる…。 無一郎、かっこよすぎる。 『週刊少年ジャンプ』 2019年40号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第172話,集英社. そして 玄弥も、 黒死牟の体の一部を 自分自身の回復のためではなく、 味方を助けるために使いました。 柱でもなく呼吸も使えない 玄弥にとっては、 黒死牟戦での この攻めの姿勢は非常に勇気のいる行動だったでしょう。 黒死牟の体の一部を食ったことにより、強力な鬼の力を得た玄弥は 黒死牟戦で大活躍しましたね。 玄弥の血鬼術による足止めも、 黒死牟を倒す強力な武器となりました。 無一郎も玄弥も、魅力的なキャラすぎるから余計に悲しい どちらのキャラも、初期のイメージは 非常に 悪かったと思います。 過去の大怪我による記憶喪失のため、自分の 優しく他人思いな性格すらも忘れてただけ。 基本良い子。 ふたりとも、とっても他人思いで良い子だからこそ、土壇場で仲間を見捨てず、逃げずに戦う。 相手が遥か格上の強敵であっても、 自分が致命傷を負っても逃げずに戦うその姿は、とてもかっこよかったですね。 そんな姿に、 悲鳴嶼も深い感謝と尊敬の念を持ちながら…二人の最後を看取りました。 悲鳴嶼と 実弥は、さらに強い意思で 無惨に立ち向かうでしょう。 実は弟が大大大好きだった実弥 『週刊少年ジャンプ』 2019年34号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第166話,集英社. 黒死牟戦でようやく出てきた、 玄弥に対する本当の気持ち。 しかし、以前は 玄弥に対して 「弟なんかじゃねェ」と面と向かって言ったり、才能が無いから鬼殺隊やめろと言ったり、挙句の果てには 目潰しまで再起不能にしようとしていた 実弥。 この人、なんでこんなに怒ってるの…? と思う読者も多かったと思います。 『鬼滅の刃』 15巻 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第133話,p. 172,集英社. しかし、これらの行動はすべて理由がありました。 その理由は 玄弥が 鬼殺隊になり危険な目にあって欲しくなかっただけだから…という。 不器用すぎます笑 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 154,集英社. 不器用だけど、人一倍弟思いな 実弥。 玄弥の死に際でしか、弟に対する本当の気持ちを、本当の感情を伝えることができなかった…。 だからこそ、今週の 玄弥とのお別れの場面は読者の心に深く刺さったと思います。 『週刊少年ジャンプ』 2019年47号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第179話,p. 154,集英社. 鬼食いの代償として、 玄弥は死後に塵になってしまいました。 玄弥にとっては覚悟の上の鬼食いだったとは思いますが…。 まさか体が消えてしまうと思ってなかったので、 玄弥の消滅はあまりにも悲しい結末でした。 悲鳴嶼の命も長くない 『週刊少年ジャンプ』 2019年38号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第170話,集英社. 黒死牟も言っていましたが、痣者は25歳を超えると 寿命で死にます。 というか 悲鳴嶼はすでに27歳だそうです。 なので、痣を出したら一日で死ぬ模様。 しかし 悲鳴嶼は覚悟の上で痣者になっていると 黒死牟に対して明言しています。 寿命で死ぬことを恐れていません。 ですので、悲鳴嶼が寿命で死んで悲しい!と思うのは、覚悟を決めた彼に対する侮辱になるかもしれませんので悲しむのはやめておきます笑 それよりも、無惨討伐まで寿命が間に合うのかが心配です。 ただでさえ強いのに「透き通る世界」まで見えている現状では… 悲鳴嶼はホントに最強の人ではないでしょうか。 せめて無惨の討伐を終えるまでは生き残っててほしい! 無惨のもとに向かう、残りの鬼殺隊メンバーは? しのぶ、無一郎、玄弥が死んでしまった現状、他に戦えそうなのはこのメンバーです。 この中で一番元気そうなのは 伊之助。 この人すぐ元気になるなあ笑 カナヲは片目をほぼ失明してるみたいなので、どれだけ戦力になるかは不明。 また全力を出せば、残った目も失明してしまいそう…。 善逸は、師匠の仇討ちが終わったため 本気モードが解除されてしまってます。 いつもの ヘタレ善逸に戻ってしまってるので戦力外通告か。 でも、また無限列車編や遊郭編のときみたいに 眠りっぱなしになれば活躍できそうですが笑 そして鳴女と交戦中の 甘露寺と 伊黒も元気そうです。 三味線ベベベンのせいでひたすら疲れてはいそうですが、傷を負ってる様子はありません。 『週刊少年ジャンプ』 2019年32号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第164話,集英社. というか、鳴女戦は他の十二鬼月戦に比べて ギャグ度が高すぎます。 ほかと温度差ありすぎ(笑) また 愈史郎も 珠世の指示により、鬼殺隊に変装して 善逸の治療をしたり、術により 産屋敷輝利哉の「眼」となり戦況の把握に一役買ったり、色々サポート中。 戦闘面よりサポート面が優れているであろう 愈史郎が、無惨のもとまで合流するのかは不明。 というか、 珠世が無惨を押さえつけている場面が、もう30話以上前のこと。 なので 無惨がどうなっているのか忘れそうになっていましたが…。 『週刊少年ジャンプ』 2019年34号 ,吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第146話,集英社. 珠世がまだ 無惨を抑えつづけてられているかどうか… 心配です。 「人間に戻す薬」は、どれだけ効果があるのか。 それを 分解してる描写があるので、時間が経てば経つほど、勝ち目が薄くなっていくであろう現状。 しかし、無惨に取り込まれそうな悲惨な姿の 珠世の姿を見たら… 愈史郎がめっちゃくちゃにブチギレそうなんだけど。 どうなってしまうのか、ちょっと想像がつかないですね。 最後に 黒死牟戦が終わり、各状況に一息ついた感があります。 ( 鳴女戦はどうなってる?笑) ここから、生き残ったメンバーがそれぞれ 無惨の元に集結するでしょう。 でも、無限城の中って太陽の光が届かないみたいだから…まずは 無限城を操る鳴女を先に始末しない限りは、 無惨を倒すことも難しいでしょう。 それだと次は本格的に 鳴女戦かな?! あとは、そろそろ 伊黒小芭内の過去の掘り下げも来そうです。 楽しみ。 来週も気になりますね!それでは。

次の

「鬼滅の刃」花澤香菜、杉田智和、鈴村健一、関智一、日野聡らが鬼殺隊“柱”に : ニュース

とき と うむ いちろう 死

柱に2ヶ月で登りつめた天才剣士 時透は日の呼吸の使い手の子孫であり、刀の才覚に恵まれた血統です。 生まれ持った血統と並外れた鍛錬により、短くとも2年はかかると言われる柱に、約2ヶ月で登りつめます。 無一郎の来歴・活躍 刀鍛冶の里編 縁壱零式を使った訓練のため、刀鍛冶の里を訪れていた無一郎。 極秘な土地である里には平和な空気が流れていましたが、突如 上弦の鬼「玉壺」「半天狗」が襲来。 その場にいた炭治郎、甘露寺蜜璃、玄弥とともに戦いに挑みます。 しかし切れ味の悪い刀で戦ったことにより、水獄壺に閉じ込められてしまいます。 死を覚悟した無一郎でしたが、土壇場で小鉄が無一郎を命がけで救助。 小鉄の行動をきっかけに失った記憶を取り戻し、 痣を発現して玉壺の単騎撃破に成功します。 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 無一郎は無限城内で、祖先である黒死牟と対峙。 上弦の鬼である黒死牟に、仲間3人と共に立ち向かう玄弥ですが、呼吸と血気術の両方を扱う黒死牟に、圧倒されてしまいます。 しかし、土壇場で 無一郎の刀が赫刀化し黒死牟を攻撃。 大きな隙を作り出し、首を切断するチャンスを作り出すのでした。 激闘の末、無一郎は亡くなってしまいます。 主役級キャラクターの紹介記事 無一郎オリジナルの技。 高速移動と低速移動を繰り返し、敵を撹乱させた隙に、鬼の首を切断します。 時透の過去と記憶 木こりの家庭に生まれる 無一郎は、八王子に住む杣人 木こり の家庭に生まれます。 木を切る仕事を手伝いながら、双子の兄「有一郎」を含めた4人で暮らしていました。 両親が死に兄と2人暮らしに しかしある日、母が肺炎にかかり亡くなってしまいます。 一方で父は、肺炎を治すために薬草を取りに行った際、崖から転落して死亡。 10歳で、兄と2人暮らしになります。 冷たい言葉を使う兄との生活は、息が詰まるようでした。 突如訪れる兄の死 11歳になった頃、2人は夜に鬼に襲われます。 鬼により有一郎の腕が切断され、怒りに我を忘れた無一郎は、朝日が登るまで鬼の頭を潰し続けました。 鬼を倒した後、這うように家に戻った無一郎が見たのは、瀕死の兄の姿。 意識がほぼない有一郎は「 無一郎の無は無限の無なんだ」という言葉を最後に残し、息を引き取ります。 鬼への憎悪から鬼殺隊へ 体を動かせない無一郎は死の淵を見ますが、運良く産屋敷一族に保護されます。 しかし 最愛の兄が死んだことで、記憶を失います。 一方で鬼に対する怒り・憎悪は、体に深く刻み込まれており、忘れることはありませんでした。 こうして無一郎は、鬼殺隊入隊を決意するのです。 時透推しになるエピソード2選 先祖「黒死牟」との激戦 無一郎は、上弦の壱「黒死牟」との戦いで亡くなります。 無一郎の祖先である黒死牟は、柱3人と玄弥に対しても互角以上に戦う、まさに最高峰の鬼でした。 黒死牟との激戦の中で、無一郎は透き通る世界と赫刀を発現。 首を克服した黒死牟に致命傷を与えますが、その過程で両腕・片足・胴体を切断されてしまいます。 最終的に黒死牟を倒すことができますが、それの代償として無一郎は息を引き取るのです。 あの世で兄「有一郎」と再会 14歳で生涯を終えた無一郎は、あの世で兄「有一郎」と再会。 しかし兄から告げられたのは「こっちに来るな、戻れ」という言葉でした。 兄が無一郎を拒絶したようにも解釈できますが、無一郎を傷つけるためではなく「無一郎に長く生きて欲しかった」という愛情から出た言葉だったのです。 「幸せな人生だった」と告げる 一方で無一郎は、頑張ったことを兄が褒めてくれないことに困惑します。 仲間のために命をかけ、逃げずに戦ったことを後悔していません。 「無駄死にだ」と兄に辛い言葉をかけられながらも、家族・鬼殺隊の仲間と過ごした時間を思い出しながら「自分は幸せだった」と兄に告げます。 イチョウが降り注ぐ中最後を迎える 無一郎が無駄死ではないことは、有一郎も心の底で理解していました。 しかし深い愛情ゆえに厳しい言葉を使ってしまった有一郎。 無限の可能性を秘めた無一郎に、誰よりも生きて欲しいと願っていたのです。 涙を流しながら「ごめん…。 だけど無一郎だけは死なないで欲しかったんだ」と伝えます。 そして最後は「長寿」という花言葉を持つイチョウが降り注ぐ中、2人が抱き合うシーンで幕を閉じます。 現代にて転生者が登場 現代編にて、転生者と思われる人物が登場。 再び双子として生まれ変わり、有一郎と共にベビーカーの中で仲良く眠る姿が描かれています。 現代編の子孫・転生者について 過去が明らかになる14巻 無一郎の初登場巻は6巻。 そして14巻では、無一郎が記憶を失った理由・過去、上弦との戦いが描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃14巻を読むことができます。 無一郎について詳しく知りたい方は、以下のリンクから14巻を無料で読みましょう! 時透の担当声優・プロフィール 声優は河西健吾さん 時透無一郎の声を担当されたのは「河西健吾」さんです。 慎重勇者のマッシュや転生したらスライムだった件のゲルミュッドなどを演じられています。 プロフィール 名前 時透無一郎 階級 霞柱(かすみばしら) 誕生日 8月8日 身長 160cm 体重 56kg 出身地 (東京都 八王子 景信山) 趣味 紙切り、折り紙 好きなもの ふろふき大根 登場人物の現在の生存状況はこちら 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

「鬼滅の刃」花澤香菜、杉田智和、鈴村健一、関智一、日野聡らが鬼殺隊“柱”に : ニュース

とき と うむ いちろう 死

(鬼滅の刃140話 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では 「鬼滅の刃最強ランキング」を徹底的に考察してみたいと思います上弦の鬼の強さは「柱3人分」とされますが、あくまで過去の話。 現在の柱の強さはこの法則には当てはまらないはず。 果たして、『鬼滅の刃』で誰が一番強いのか? 実はラスボスの鬼舞辻無惨が最強キャラではなかった? ちなみに、村田やといった明らかにネタキャラは割愛してます。 現在は育手の鱗滝左近次の強さは元水柱だけあって強そうですが、あまり戦闘シーンがないのでやはり割愛。 産屋敷輝哉や珠世といったキャラも同様に割愛。 鳴女…鬼滅の刃最強ランク23位 まず鬼滅の刃 強さランク23位は「鳴女(なきめ)」。 十二鬼月の一人にして、上弦の4。 鳴女は巨大な1つ目の鬼。 愛用する琵琶をかき鳴らし、無限城の空間全て支配する血鬼術を使用。 柱であっても容易に鳴女に近付くことは不可能。 また索敵能力に優れており、最終的に産屋敷輝哉を発見したのも鳴女でした。 鬼舞辻無惨も一目を置く。 ただし、鳴女の純粋な戦闘力は下弦の鬼クラスか。 無限城以外の舞台では、空間を操る血鬼術は効果を発揮できない。 実際、愈史郎相手に為す術もなく操られるなど、やはり一度間合いに入り込まれると為す術がない。 下手すると、「一般的な異能の鬼程度」の戦闘力に留まる可能性もありそう。 少なくとも、前任者の上弦の4・半天狗ほどの強さはない。 ちなみに上弦の鬼のメンバー一覧は別途記事もご参照ください。 上弦の鬼のモデルや由来なども既に考察してます。 獪岳…鬼滅の刃最強ランク22位 続いての鬼滅の刃 強さランク22位は「獪岳(かいがく)」。 十二鬼月の一人にして、妓夫太郎の後釜に座った上弦の6。 獪岳はもともと我妻善逸の先輩剣士。 師匠の元雷柱のおじいちゃんに目をかけられていたものの、我妻善逸が嫌いで離脱。 最終的に上弦の1・黒死牟によって半ば強制的に鬼と化す。 実は岩柱・悲鳴嶼行冥の寺にいた子供でもありました。 獪岳は雷の呼吸を体得した元剣士だけあって、実力は本物。 それなりに強くなければ鬼舞辻無惨も上弦の鬼には含めないはず。 ただし、最終的に雷の呼吸を極めた我妻善逸によって瞬殺されてしまう。 完全な噛ませ犬キャラでした。 我妻善逸の強さをどう評価するかによって判断が分かれそうですが、それでも歴代の上弦の鬼の中では弱い部類に入りそう。 嘴平伊之助…鬼滅の刃最強ランク21位 続いて鬼滅の刃 強さランキング21位は「嘴平伊之助(はしひらいのすけ)」。 鬼滅の刃主人公の竈門炭治郎たちと共に鬼殺隊に入った同期。 いつもイノシシの被り物をかぶってるものの、実際のルックスは美少年そのもの。 嘴平伊之助は天性の「身体能力の高さ」が魅力。 鬼殺隊の隊員をフルボッコして刀を奪って、育手も介さない選別参加の後に入隊した破天荒な過去は、まさに嘴平伊之助の強さの裏返しでもある。 場当たり的な行動も結果オーライということも多く、まさに野生の勘。 敵からしたら嘴平伊之助の行動は不可解すぎて読めない。 人間でありながら鬼並みの嗅覚を誇り、これぞ野生の戦い方は唯一無二。 穴ぼこの刀も殺傷力を高めてくれてる。 既に上弦の2・童磨を撃破するなど、実績は十分。 ただし、嘴平伊之助の呼吸法は「獣(けだもの)の呼吸」。 霞の呼吸の派生型。 霞は風の呼吸の派生型でもあるので、まさに派生の派生。 独自で編み出した完全オリジナルですが、基本の呼吸の使い手と比べると強さは見劣り。 オツムの弱さも最強ランクではややマイナス。 栗花落カナヲ…鬼滅の刃最強ランク20位 続いて鬼滅の刃 最強ランク20位は「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」。 栗花落カナヲは、蟲柱・胡蝶しのぶの継子。 鬼滅の刃主人公の竈門炭治郎たちと共に鬼殺隊に入った同期。 当初は心がぽっかり空いた人形のような性格でしたが、炭治郎に恋したことで性格は激変。 まともな人間に成長。 栗花落カナヲは「花の呼吸」の使い手。 水の派生型ではありますが、胡蝶しのぶの蟲の呼吸が花から派生してることを踏まえると決して弱くはない。 「継子(柱の直弟子)」という点で考えても、嘴平伊之助よりも才能面で上回るか。 例えば、上弦の2・童磨は「師匠の胡蝶しのぶを上回る」と栗花落カナヲの強さを評価。 竈門炭治郎も「柱の人たちに近い匂い」と評価し、実際、身体能力でも男の炭治郎たちに見劣りせず。 性別が女性という点でも強さランクで不利な側面も少なくないですが、栗花落カナヲの強さは「ほぼ柱と同じ」と考えて良さそう。 ただし、師匠である胡蝶しのぶと比べると経験値や判断力で見劣りし、強さランクではやや後塵を拝するか。 胡蝶しのぶ…鬼滅の刃最強ランク19位 続いて鬼滅の刃 強さランク19位は「胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)」。 胡蝶しのぶは柱の中にあって、鬼の首を切れない唯一のキャラクター。 柱には所属してるものの、鬼殺隊全体でも身体能力で見劣り。 本人も自らの弱さを自覚しており、冨岡義勇にスリーパーホールドされた場面などが好例。 また強さランクでは「女性」というだけで不利に働く。 胡蝶しのぶは「姉の死」という強いトラウマも抱えており、メンタル面でも不安要素を残す。 蟲の呼吸も派生の派生。 胡蝶しのぶにシンプルに殴り合う強さはない。 一方、胡蝶しのぶには「毒」という強烈な武器を持つ。 しかも一瞬触れるだけで、ほとんどの鬼を殺せる最強の猛毒。 また胡蝶しのぶの突きは柱でも最速。 四方八方にうねる高速の動きは上弦の2・童磨ですら読めない。 これはほとんどの鬼に「毒を確実に与える」ことが可能という裏返し。 胡蝶しのぶの単体での強さは知れてますが、対鬼全般を駆逐することに関しては無類の強さを誇りそう。 もちろん上弦の鬼を倒せる力があるかどうかまでは疑わしい。 毒で全て倒せるなら剣術など不要。 (鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社) ただし、最終的に蟲柱・胡蝶しのぶは上弦の2・童磨を倒す。 自分の肉体をほぼ毒状態して、胡蝶しのぶは敢えて童磨に自ら食われる。 剣の切っ先に付けた毒程度では死ななかったものの、約40kg以上の毒をまるまる摂取してしまうと上弦の鬼でもさすがに死亡。 そのため「捨て身のカウンター」という点でも、ある意味鬼滅の刃最強キャラ。 『HUNTERxHUNTER』のが最後は毒で死亡したように、下手すると胡蝶しのぶの牙は鬼舞辻無惨すら届き得たか。 宇髄天元…鬼滅の刃最強ランク18位 続いて鬼滅の刃 強さランキング18位は「宇髄天元(うずいてんげん)」。 宇髄天元は「二刀流」と「爆発する太刀筋」が強みのキャラクター。 元忍者だけあって、柱の中でも圧倒的なスピードを誇る。 また敵の攻撃動作や戦闘パターンを分析するなど意外と頭脳派。 まさにスキのない強さを誇ります。 宇髄天元は上弦の6・妓夫太郎を最初の方に倒した柱。 竈門炭治郎たちの協力や左手と左目を失うなど犠牲は多かったものの、宇髄天元の功績は100年以上ぶりの快挙。 妓夫太郎は既に7人の柱を倒しており、決して弱くはない。 ただし、上弦の鬼を倒したのは100年ぶりの快挙はあくまで当時の話。 既に『鬼滅の刃』のストーリーが終盤を迎えた今、改めて強さランキングを考察し直すとさほどの戦果ではない。 (鬼滅の刃97話 吾峠呼世晴/集英社) また伊黒小芭内の「たかが上弦の6との戦いで…」というセリフを鵜呑みにする限り、宇髄天元は柱の中でもそこまで強くないと考察できます。 宇髄自身の自虐的な発言も含めて、「上弦の6相手に苦戦した」と解釈したほうが自然かも。 今回の鬼滅の刃強さランキングでマイナス評価にそこまで働くとまでは言いませんが、伸びしろたっぷりの我妻善逸や嘴平伊之助の強さと比べると、宇髄天元の実力はそこまで抜きん出てることはなさそうです。 ちなみに柱メンバー一覧も別途ご覧ください。 我妻善逸…鬼滅の刃最強ランク17位 続いて鬼滅の刃 最強ランク17位は「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」。 主人公・竈門炭治郎と共に鬼殺隊に入った同期。 女性に対する執着がすさまじい。 その割に鬼滅の刃の読者受け抜群。 意外と母性をくすぐるキャラクター。 我妻善逸は元雷柱の祖父を持つ剣士。 呼吸法は「雷の呼吸」。 基本の呼吸だけあって王道に強い。 一方、必殺技が一つしか持ってないものの、それは雷の呼吸をマスターする上では必須の技。 実は強みでしかない。 そして、曲がりなりにも上弦の6・獪岳に一人で勝利してることも強さランクでは高評価。 難ありの性格も含めて評価は難しいものの、我妻善逸の強さは嘴平伊之助よりも強く、上弦の鬼や柱の下位キャラクターの強さに匹敵するぐらいと予想してみる。 全体で見ると決して弱くはないですが、他のキャラを置いてけぼりにするほど抜きん出てもいないレベル。 妓夫太郎…鬼滅の刃最強ランク16位 続いて鬼滅の刃 強さランキング16位は「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」。 十二鬼月の一人。 妹・堕姫と共にツーマンセルのような戦い方を得意としていた上弦の6。 単独での評価ではなく、妹・堕姫を含めた上での強さだったはず。 妓夫太郎の武器は2本の巨大ガマ。 回転力を生かした攻撃が脅威。 お腹は極端に凹んでおり、致命傷を与えることが困難。 回避力が地味に高い。 またカマには毒が塗られるなど隙がない。 妹・堕姫も着物の帯による鋭い攻撃は広範囲。 ただし、他の上弦の鬼と比べると攻撃範囲は広くない。 特殊能力や攻撃の威力もやや見劣り。 堕姫が足を引っ張ってた部分はあるものの、それでも他の上弦の鬼が一人で複数の柱と戦ってたことを踏まえると実力不足の側面は否めない。 鬼舞辻無惨は割と好みの部下だったようですが、妓夫太郎の強さは上弦の中でも下位ランクと順当に評価できそう。 玉壺…鬼滅の刃最強ランク15位 続いて鬼滅の刃 最強ランキング15位は「玉壺(ぎょっこ)」。 十二鬼月の一人にして、上弦の5。 玉壺は普段は壺に入っており、一見するとランプの精のような鬼。 壺からは巨大なタコや爆発する大量の金魚など多彩な武器を具現化。 壺も瞬間移動できるなど汎用性が高い。 またひ弱そうな見た目ですが、本当の姿は巨大なマッチョ魚人。 玉壺の戦闘力は無難に高い上、手に触れたものを全て魚に変えることも可能。 大量の水を操って敵を閉じ込めて溺死させるなど、先程の妓夫太郎と比べると攻撃の厚みは歴然。 ただし、霞柱・時透無一郎相手に敗北。 上弦の鬼は柱3人分の強さと言われてる。 現状だと柱一人に負けた上弦の鬼は玉壺だけ。 結果だけ見ると、妓夫太郎の強さと割といい勝負か。 時透無一郎…鬼滅の刃最強ランク14位 続いて鬼滅の刃 強さランキング14位は「時透無一郎(ときとうむいちろう)」。 時透無一郎は柱の中でもぶっちぎりの天才剣士。 実際、時透無一郎は「刀を握ってわずか2ヶ月で柱に入った天才」と評価するのは前述の宇髄天元。 主人公・炭治郎ですら、鬼殺隊に入るだけでも「一年半」の時間を要したことを踏まえるといかに強いかが分かるはず。 霞の呼吸は風の派生型ではありますが、後に始まりの呼吸とも言われる「日の呼吸」を生み出した継国家の子孫であることが判明。 これこそが無一郎の先天的な強さの源だった。 まさに少年ジャンプ漫画にありがちな「チビキャラほど強い」という法則を地で行くキャラクター。 宇髄天元が上弦の6を倒すだけでも一苦労したのに、時透無一郎は上弦の5・玉壺を一人で撃破したことからも明白。 ただし、時透無一郎の強さも絶対ではありません。 既に上弦の1・黒死牟に瞬殺されるなど、才能だけで勝ち上がってきた故に全体的に「経験値不足」という評価がなされてる模様。 少なくとも作者はそう判断してるっぽい。 時透無一郎は柱に入隊したのは異例の早さだったものの、これは裏返すと「柱として活動する戦闘経験を積む機会がは少なかった」という裏返し。 実際、時透無一郎はまだ14歳。 身体能力の面でも風柱・不死川実弥たちより見劣りするのも成長期の最中だから? そのため時透無一郎は「若さゆえの弱点や未熟さ」が強さランキングでは足を引っ張ります。 甘露寺蜜璃…鬼滅の刃最強ランク13位 続いて鬼滅の刃 強さランキング13位は「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」。 甘露寺蜜璃は「超絶筋肉体質」という天賦の才を持ち合わせる。 「」でも上位の金隆山康隆のそれと同じで、甘露寺蜜璃の筋肉の密度がこう見えて常人の8倍以上。 例えば、甘露寺はわずか1歳2ヶ月の頃に、15kgの漬物石を軽々と持ち上げた過去もある生まれ持ってのハイパー筋肉体質。 この圧倒的な筋肉量を維持するために、甘露寺は幼い頃でも相撲取り3人分の食事を取ることもしばしば。 甘露寺は常人であれば木っ端微塵にされてしまう敵の攻撃であっても、強靭な肉体を硬直させることで致命傷を防ぐ。 蟲柱・胡蝶しのぶと違って、女性という性別は一切マイナスに働かず。 こう見えて男性以上にタフネス。 (鬼滅の刃123話 吾峠呼世晴/集英社) そして、甘露寺蜜里の武器は「ムチのようにしなる刀」。 極めて薄く柔いように成形。 非常に柔らかくてしなやかに動く関節の可動域の広さも手伝って、刀の動きはまさに美しく、しなる。 もはや相手の攻撃すら、華麗にいなす。 怪音といった目に見えない攻撃すら、相殺して断ち切ることも可能。 まさに攻撃は最大の防御。 ムチのようにしなる刀のリーチの長さも強みであり、必殺技の初速は宇髄天元も超える。 刀の扱い方を間違えば自分の肉体も傷付けてしまうが、そこは甘露寺の繊細な操作と動体視力でクリア。 恋する乙女最強説、ここに爆誕。 上弦の4・半天狗(厳密には憎珀天)相手でも、そこそこ一人で健闘。 ただし、甘露寺蜜璃は「オツムの弱さ」が難。 判断を間違えて、致命的なミスを起こすこともしばしば。 女性特有の第六感でカバーできるものの限界がある。 また鬼舞辻無惨戦でも真っ先に垂れたのもマイナス評価。 結果的にめちゃんこ最強に覚醒することはありませんでした。 伊黒小芭内…鬼滅の刃最強ランク12位 続いて鬼滅の刃 強さランキング12位は「伊黒小芭内(いぐろおばない)」。 伊黒小芭内は音柱・宇髄天元に謎の上から目線で接するなど、これを額面通りに受け取るのであれば二人の実力差は歴然のはず。 戦闘シーンは多くないものの、鬼舞辻無惨相手にもそれなりに健闘してる。 蛇の呼吸は水の派生型ですが、太刀筋は蛇のように掴みきれないのが強み。 それでいて正確無比。 飼い蛇の鏑丸も敵の動きを察知する能力に長けており、伊黒小芭内は攻防の両面で隙がない。 握力だけで日輪刀を赫刀にするなど、伊黒小芭内の身体能力は高そう。 実力はほぼ甘露寺蜜璃と同程度と仮定した場合、判断力の高さや冷静さ、経験値の豊富さといった総合的な強さで、伊黒小芭内が甘露寺を上回りそう。 半天狗…鬼滅の刃最強ランク11位 続いて鬼滅の刃 強さランキング11位は「半天狗(はんてんぐ)」。 十二鬼月の一人にして、上弦の4。 半天狗は自らの分身を大量に生み出す血鬼術の使い手。 しかし、それぞれの分身鬼は単体でもめちゃんこ強い。 強風や音波を操るなど、各々の能力も実に多彩。 『ドラゴンボール』で例えると、まさにセルが大量に生み出すセルジュニア。 その中でも分身鬼を全て合体させた憎珀天(ぞうはくてん)がめちゃんこ強い。 しかも、半天狗は追い込まれれば追い込まれるほど、強力な分身鬼を新たに作ることができる。 能力的には意外とチート。 本体の半天狗のサイズは非常に小さいものの、炭治郎が首を切れなかったほど硬い。 最期は太陽光を浴びて死亡したことを考えたら、当時の柱で勝てるキャラクターは少なかった裏返し。 上弦の3・猗窩座の強さと比べても全く遜色ないか。 竈門炭治郎…鬼滅の刃最強ランク10位 続いて鬼滅の刃 最強ランク10位は「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」。 みんな大好き『鬼滅の刃』の主人公。 竈門炭治郎は主人公だけあって「伸びしろ」はトップクラス。 当初から最強の剣士・継国縁壱と何度も姿が重ね合わせられ、「日の呼吸」の技も最終的に体得。 潜在的な強さは生存してるキャラクターの中では最強と評価して良さそう。 竈門炭治郎の強みは「闘気のなさ」。 鬼にすら同情心を抱く心の優しさは、相手に「殺気」を悟られない強みがある。 まさに無我の境地。 上弦の3・猗窩座ですら辿り着けなかった「それ」を活かして首を切り落とした。 少なくとも、炭治郎の強さは柱クラスと考察できそう。 やはり鬼滅の刃の主人公だけあって、竈門炭治郎は速度、腕力、判断力などバランスの良い強さがある。 ただし、鬼舞辻無惨戦を見る限り、竈門炭治郎の最終的な強さは「あくまでそこそこ強い柱並」に留まりそう。 冨岡義勇…鬼滅の刃最強ランク9位 続いて鬼滅の刃 強さランキング9位は「冨岡義勇(とみおかぎゆう)」。 冨岡義勇は嘴平伊之助に「一太刀の威力が違う。 天と地ほど差がある」と言わしめたスピードとパワーは圧倒的。 伊黒小芭内の片腕をグイッと持ち上げるなど、他の柱と比べてもフィジカルも無難に強そう。 呼吸法も王道の「水の呼吸」も強さランクでは評価。 『ハンターハンター』でいうカイトのような存在として炭治郎を何度も救ってきた。 炭治郎は継子ではないものの、それだけ冨岡義勇の強さが裏打ちされてるからこそ。 ただし、冨岡義勇は意外とメンタル面の弱さも露呈。 柱まで上り詰めてるくせに、鬼殺隊に入るまでの経緯で錆兎にコンプレックスを抱いてる。 炭治郎に対して「生殺与奪の権を他人に握らせるな」と豪語してたにも関わらず、土壇場で気の弱さも見せる。 また上弦の3・猗窩座戦を見ても、冨岡義勇は大きく吹き飛ばされるなど、炭治郎と連携してた割に煉獄杏寿郎より苦戦していたイメージ。 例えば、猗窩座の最終奥義の破壊殺・滅式が出されるタイミングが煉獄より遅かった印象。 ただし、炭治郎に追い抜かれたと判断できる描写もないため、このあたりの強さランクに落ち着きそう。 また不死川実弥と戦った時はほぼ互角でした。 なので、ここらへんのキャラクターの強さの差はほとんどあるようでないと評価してみる。 煉獄杏寿郎…鬼滅の刃最強ランク8位 続いて鬼滅の刃 強さランキング8位は「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」。 煉獄杏寿郎は王道の「炎の呼吸」の使い手。 炎はいつの時代の柱にも存在。 煉獄の性格は非常にクセのあるキャラでしたが、正統派に強い。 煉獄杏寿郎が死んだとき、他の柱たちに驚かれたほど。 おそらく柱の中でも実力上位キャラ。 上弦の鬼の強さは「最低でも柱3人分」と言われる中、上弦の3・猗窩座に一人で健闘。 直前には車両の脱線を自力で食い止めて負傷していた中、炭治郎の身を案じながらの戦いを強いられた状態で上弦の3を追い詰めた実力は本物。 明らかに水柱・冨岡義勇よりも状況は不利だったにも関わらず、猗窩座戦で健闘していた事実を強さランクでは評価してみる。 とはいえ、無間列車編では下弦の1の気配すら気付かないなど割とチョンボも。 また煉獄杏寿郎は死亡キャラのためネガティブにもポジティブにもあれこれ考察できてしまうのが難しいんですが、少なくとも「死亡(敗北)してしまってる事実」は重い。 後述する継国縁壱とは状況は異なります。 猗窩座…鬼滅の刃最強ランク7位 続いて鬼滅の刃 最強ランキング7位は「猗窩座(あかざ)」。 十二鬼月にして、上弦の3。 猗窩座はとにかく体術に優れた鬼。 一切の武器は所有しないものの、「拳」という武器で倒せない敵は存在しない。 上弦の鬼の上位ランクを長らく守り続けてきた強さは本物。 また猗窩座の好戦的な性格も強さランクでは高評価。 一方、猗窩座は鬼のくせに「女」を食べてこなかったことでも知られます。 人間時代の過去が強く影響してるものの、女の肉体は栄養価が高い。 強い鬼ほど女性を多く食べてる傾向があるため、猗窩座の強さには自ずと限界が見られました。 鬼舞辻無惨は叱責しなかった気になりますが、猗窩座はポテンシャル最強でしたが早々に上弦の2・童磨に追い抜かれるなど弱みも見せます。 不死川実弥…鬼滅の刃最強ランク6位 続いて鬼滅の刃 強さランキング6位は「不死川実弥(しなずがわさねみ)」。 (鬼滅の刃167話 吾峠呼世晴/集英社) また不死川実弥の 血は「鬼を酔わせる特殊能力(稀血)」を持つ。 今回の強さランキングでは当初「ダメージを負った裏返し」と不死川実弥の体の無数の傷を当初マイナスに評価してましたが、結果的に敵を幻惑させるための罠でもあった。 さながらよろしく意図的に付けたような傷。 むしろ「特殊能力分」を改めて鬼滅の刃強さランクでは高評価。 また斬られても斬られても倒れないなど、不死川実弥の耐久力も異常に高いことも判明。 最終的に上弦の1・黒死牟を倒したことも強さランクで評価。 時透といった他の柱との実力差は想像以上に歴然。 後述する最強の悲鳴嶼とタッグを組んでた事実を踏まえると、それに匹敵する強さがありそう。 悲鳴嶼行冥…鬼滅の刃最強ランク5位 続いて鬼滅の刃 強さランキング5位は「悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)」。 (鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) 悲鳴嶼行冥は文句なく最強の柱。 とにかくフィジカルが最強。 殴りもスピードも群を抜く。 上弦の鬼・最強の黒死牟にして「300年ぶり」と言わしめた強さは本物。 何の修行も受けてないにも関わらず、柱に入る前は鬼を素手ゴロで倒せたほど。 悲鳴嶼の呼吸法も「岩」と王道。 19歳で柱に入って8年が経過し、経験値も十分。 それでいて鬼に匹敵する成長速度も併せ持つ。 盲目というハンディキャップは背負うものの、心の目で他人を見通す力に長けるためマイナス面はなし。 お館様の産屋敷輝哉の訃報を聞いても動揺は見せないなど、数々の苦難を乗り越えてきたが故のメンタルの強さも魅力。 バトル面では躊躇なく敵を屠れる冷酷さと判断力の高さを強さランキングでは評価。 しかも、鬼に匹敵する成長速度を持つ上、他者との連携も取れる協調性の高さも見せつける。 また悲鳴嶼が持つ鉄球や鎖といった武器は、それぞれ「太陽光を吸収した純度が高い鋼鉄」でできてる。 そのため上弦の鬼最強の黒死牟ですら、悲鳴嶼の武器を壊すことは不可能。 鬼舞辻無惨のトドメを刺す役割を担わされるなど、産屋敷輝哉の信頼も絶大。 それは悲鳴嶼の強さがあってこそ。 まさに悲鳴嶼行冥は文句なく最強。 この最強の悲鳴嶼とタッグを組んでた事実を踏まえると、前述の不死川実弥は割と抜きん出て強いと考えて良さそう。 童磨…鬼滅の刃最強ランク4位 続いて鬼滅の刃 最強ランキング4位は「童磨(どうま)」。 十二鬼月。 上弦の2。 童磨は猗窩座を抜いて上弦の2に君臨し続けてる鬼。 性格はひょうひょうと掴みどころがないが、反比例するように戦闘力は高い。 鋼鉄の2つの扇を武器の切れ味は凄まじく、同時に扇は盾として使用することも可能。 童磨は宗教の教祖という立場を利用し、人間の女性を大量に食べ続けてきたことも強み。 本来はそこまでポテンシャルの差に違いはないと思うんですが、この違いが猗窩座の身体能力と差が生まれた最大の要因か。 とりわけ「冷気」を扱う血鬼術が厄介。 少しでも吸い込めば肺に致命的なダメージを負ってしまう冷気を広範囲に噴射。 また戦闘力が童磨本人とほぼ変わらない氷の分身を無尽蔵に生み出すことができ、まさに半天狗の上位互換。 最終的に蟲柱・胡蝶しのぶの毒で倒されてしまうものの、遠距離近距離まで幅広く対応し、自らの分身で敵の戦力をあらかじめ削げるなど弱点は一切ないどころか、総合力の面では最強クラス。 一対一で勝てる柱はいないか。 黒死牟…鬼滅の刃最強ランク3位 続いて鬼滅の刃 強さランキング3位は「黒死牟(こくしぼう)」。 十二鬼月。 上弦の1。 黒死牟は400年ほど前に存在した鬼殺隊の剣士。 人間時代の名前は継国厳勝。 痣が発現するなど剣士としての才覚を発揮し、双子の弟の継国縁壱は日の呼吸を体得した最強の剣士。 黒死牟が人間だった当時、「我らに匹敵する実力者がいない」と語っていたことから察するに当時の柱の中でも強かったと考察できます。 弟・継国縁壱には遥かに劣っていたものの、この血筋を引いた剣士が鬼化して弱いはずがない。 黒死牟の強みは「剣士」としての能力。 剣はいかようにも変幻し、いくら折られても血鬼術で何度も再生。 月の呼吸は攻撃範囲は非常に広大。 大地を引き裂く斬撃が縦横無尽に飛び回る。 岩柱・悲鳴嶼と風柱・不死川がタッグを組んでも劣勢なほど。 霞柱・時透は全く歯が立たずにフルボッコ。 「他の上弦の鬼とは比べ物にならないほど強い」とは、まさに時透の評価。 不死川の弟などあらゆる犠牲を払って、ようやく倒せたほど。 やはり「一対一」の戦いを考えた場合、黒死牟は『鬼滅の刃』でも頭ひとつふたつ抜きん出て強いはず。 鬼舞辻無惨…鬼滅の刃最強ランク2位 続いての鬼滅の刃 最強ランク2位は「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」。 鬼舞辻無惨とは、全ての鬼の始祖。 まさに『鬼滅の刃』のラスボス。 前述の上弦の鬼などは無惨の血を摂取して鬼化し、無惨の血を大量に摂取するほど強くなる。 つまり、これは鬼舞辻無惨の強さは「全キャラの比ではないほど最強」という裏返し。 鬼舞辻無惨からはいわゆる「超えられない壁」が存在します。 もちろん黒死牟とそれ以外のキャラにも超えられない壁が薄っすらと存在しましたが、鬼舞辻無惨の壁は山脈並みに高い。 本来は弱点となるはずの脳ミソや心臓が複数存在し、常に体内で移動させて致命傷を避けてる。 また吸引能力を伴う複数の触手でムチのように攻撃し、それは同時に強力な防御壁の機能も伴う。 もはや近付くだけで困難。 身体能力、スピード、攻撃力、頭脳のあらゆる面で誰も勝てない。 しかも鬼舞辻無惨は命に対する執着心は凄まじく、仮に負けそうな相手であれば容赦なく生き延びる。 これは「勝つためであれば手段選ばず」という狡猾さの裏返し。 抜群に頭脳は切れるものの、勝ち方に美しさに求めない強さもある。 実際、珠世と胡蝶しのぶが作った「9000年老化させる薬」など大量に使うことで、ようやく柱勢は勝負になったレベル。 しかも、そこまで無残を老化させても誰一人として有利な戦いを持ち込めたキャラはいなかった。 まさに『鬼滅の刃』のラスボスとして相応しい最強っぷりでした。 継国縁壱…鬼滅の刃最強ランク1位 最後の鬼滅の刃 強さランキング1位は「継国縁壱(つぎくによりいち)」。 継国縁壱とは400年前に存在した謎の剣士。 前述の黒死牟の双子の弟。 生まれた瞬間から痣が現れていただけあって身体能力が図抜けており、始まりの呼吸である日の呼吸を体現したのも継国縁壱。 まさに「今日の柱」の開祖。 痣が現れると5年前後で死亡するとされる中、継国縁壱は80年以上も生きのびる。 実質的な寿命の濃さは400年500年では足らない。 生命力の面では無惨に見劣りしそうですが、それでも継国縁壱は初邂逅時に無惨を瞬殺。 実は、継国縁壱の性格は非常に温厚。 そのため一見すると殺意のない姿に、鬼舞辻無惨は油断。 殺気を発しないことはバトルではメリットでしかない。 また継国縁壱の愛刀も強い。 この愛刀は太陽光に近い特徴を持つ赫刀。 この斬撃で傷つけられた無惨の細胞は瞬時に再生できず、ダメージは400年後も残るほど。 柱たちが死を間際にして赫刀を発現させてるものの、あくまで一時的。 伊黒小芭内は赫刀にするだけで酸欠になり、継国縁壱の赫刀がもたらす斬撃には遥かに及ばない。 そして、最終的にその場から逃亡を試みた無惨は、自らの肉体を1800ほど飛び散らさせるものの、継国縁壱は即座に1500ほど切り落としてしまう。 状況判断能力や剣士としての腕前など異次元レベルに強い。 もはや強いエピソードしかない。 (鬼滅の刃195話 吾峠呼世晴/集英社) 実際、 鬼舞辻無惨にして「本当の化け物は継国縁壱。 私ではない」と問答無用で評価させるほど。 他にも「当然だ。 【あんなもの】がそうそう生まれてなるものか」といった負け惜しみのような発言からも、いかに最強なのかが伝わるはず。 だから、鬼舞辻無惨と継国縁壱との間にも「超えられない壁」が存在します。 太陽光に浴びて死なない点も含めると、継国縁壱が名実ともに鬼滅の刃最強キャラクター。 もし継国縁壱に勝つるキャラクターがいるとしたら、やはり無惨の細胞を全て吸収した鬼化炭治郎ぐらいですが、炭治郎は最終的に鬼化することはなかったので、今回の鬼滅の刃強さランキングでは割愛してます。

次の