西川 昌樹。 西川医院

【衝撃】ヤングダービーにも出走した西川昌希が電撃引退!?

西川 昌樹

西川 徹氏[にしかわ・とおる]氏 1982年生まれ。 2006年、プログラミングコンテスト世界大会に出場した仲間6人でプリファード・インフラストラクチャー(PFI)を設立、社長に就任。 07年東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程を修了。 14年3月、深層学習にフォーカスして事業に取り組むため、プリファード・ネットワークス(PFN)を設立。 社長に就任し、現在に至る。 趣味は声優の水樹奈々さんの追っかけ。 東京都出身。 37歳。 プリファード・ネットワークス(PFN)はAIの中核技術とされる深層学習に強みを持っていますね。 人間の脳の神経回路を模したこの技術に注目したのはなぜですか。 PFNを立ち上げる前に検索エンジンを開発する「プリファード・インフラストラクチャー(PFI)」という会社をやっていたのですが、そのとき、機械学習と呼ぶ技術に出合いました。 検索エンジンでは人が日常的に使う自然言語をコンピューターに処理させる技術が重要になります。 その処理に機械学習を使えば、データからルールを勝手に抽出してくれる。 私としては、これはプログラミングのパラダイムそのものを変えるんじゃないかと期待しました。 すると、今度は機械学習の中でも深層学習と呼ぶ技術が出てきた。 物体を認識する精度を一気に上げる手法でした。 これは何かすごいことが起きつつある。 そう感じたのです。 それが2014年のPFN設立につながった。 そのときは、もう絶対にこれしかないという確信があったんですか。 確信というか、それしかありませんでした。 当時、(あらゆるモノがネットにつながる)IoTがはやり始めていました。 データの種類が(人がネット上でやり取りするような)テキストデータだけでなく、機械が生み出すデータも増えていくようになったのです。 ただ、製造業のお客様は機械からデータを取る必要性は分かっていても、そのデータの生かし方に悩まれていた。 深層学習とIoT。 この2つの変化の波をうまく融合できたらチャンスに変えられる。 今までのゲームをひっくり返せるんじゃないかと思ったんです。

次の

【衝撃】ヤングダービーにも出走した西川昌希が電撃引退!?

西川 昌樹

発表によると、2人は共謀して、2019年1月22日~9月21日、全国10競走場で行われた18レースで不正な順位操作を計画。 レースの直前に西川容疑者が2、3着になるか、4着以下になるかを決めて実行した疑い。 増川容疑者は3連勝単式舟券を的中。 計3425万円の賄賂を現金と振り込みで西川容疑者に渡した疑いがある。 6艇が1周600メートルを3周するボートレースは、インコースが有利とされる。 逮捕容疑となった18レース中10レースは、西川容疑者が内側の1号艇で出走し、増川容疑者購入の舟券のオッズ(賭けの倍率)を高配当にしたとみられる。 最もオッズが高かったのは、19年3月のボートレース三国(福井県)の第12レースで396・5倍。 西川容疑者は1号艇で出走し、3着だった。 また名古屋地検特捜部は28日、19年7月2日、琵琶湖モーターボート競走場(大津市)であった二つのレースで、不正に順位を落とし、計300万円の賄賂をやりとりしたとして、両容疑者を同法違反の罪で起訴し、発表した。 関係者によると、増川容疑者は数百万円で複数の舟券を購入し、1千万円以上の利益があったという。 西川容疑者は09年に日本モーターボート競走会に登録。 日本モーターボート選手会三重支部に所属し、優勝は12回。 19年9月に引退した。 再逮捕を受け、同競走会は28日、「事件の全容が一刻も早く解明されるよう、引き続き全面的に捜査に協力する。 再発防止に全力で取り組んで参りたい」とコメントした。

次の

【衝撃】ヤングダービーにも出走した西川昌希が電撃引退!?

西川 昌樹

モーターボート競走会会長が記者会見 2020年1月15日、 西川昌希 にしかわまさき 元選手の逮捕を受けて 日本モーターボート競走会の 潮田政明会長が記者会見。 テレビカメラは入れなかったのかな。 探しても動画は見当たらなかった。 モーターボート競走会会長記者会見 概要 日時 令和2年1月15日 水 16:00~16:30 場所 笹川記念会館4階会議室 出席者 一般財団法人 日本モーターボート競走会 会長: 潮田政明 うしおだ まさあき 理事: 渡邉哲宏 わたなべ てつひろ 弁護士: 三浦雅生 みうら まさお 報道関係者 朝日新聞東京本社 1名 共同通信社 1名 スポーツニッポン新聞社 1名 日刊スポーツ新聞社 1名 日刊スポーツ新聞西日本 1名 報知新聞東京本社 1名 産経新聞東京本社 サンケイスポーツ 2名 デイリースポーツ 2名 中日新聞東京本社 4名 西日本新聞 西日本スポーツ 東京支社 1名 東京スポーツ新聞社 3名 タイムス出版社 ファイティングボートガイド 1名 ネプラス マクール 4名 ボートボーイ 1名 モーターボート競走会会長 潮田政明会見談話 競走会の潮田でございます。 本日は、お忙しい中を、お集まりいただきありがとうございます。 元選手の逮捕につきまして、お話をさせていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。 皆様方におかれましては、既に、ご承知のことと存じますが、去る1月8日に、元選手が親族と共謀し、出走したレースにおいて順位を操作した見返りに、現金を受け取ったことによる、モーターボート競走法違反容疑で逮捕されるという不祥事が発生しております。 1月8日に、名古屋地検特捜部より、元選手逮捕の連絡並びに捜査協力の依頼があり、現在、全面的に捜査協力しておりますとともに、一刻も早く全容が解明されることを望んでおります。 このたびの不祥事の発生につきまして、永年にわたりボートレースをご愛顧いただいております、お客さまの信頼を損ねたことに対しまして、誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。 私ども競走実施機関といたしましては、現在も、定期訓練や研修会におきまして、法令遵守の徹底を行っておりますが、今後はさらにモラルに関する指導の強化や、管理・検査体制の強化などを図り、二度とこのような不祥事を起こすことのないよう、再発防止に全力で取り組んでまいります。 先ほど申しましたように、現時点では、事件の全容が明らかになっていない状況でありますので、本日のご報告は、以上とさせていただきます。 …うん。 まだ全然聞きたい内容は聞けなかったね。 事件の全貌が明らかになった時にはまたちゃんと報告あるんだろうな。 更にこの内容について、詳細に検証し、具体的な対策を練っていきたいと思います。 更に、現在考えているのは、モラルに関する指導教育の強化、管理体制の強化、倫理規程の制定、また競技運営に関する内部監査の実施等を考えております。 更に、この項目以外にも新しい項目があると思います。 今後、全容が明らかになったところで、具体的な内容をご説明したいと思っております。 東京スポーツ新聞社 Q今回の事件は昨年の7月のことが取り上げられていたと思いますが、選手は9月に登録消除をしてインターネット等で噂にもなっていました。 匿名での通報もあったと聞いておりますが、その間の競走会の動きを教えてください。 A名古屋地検が捜査をしている段階ですので、捜査関係に関することはお答えできません。 Q記者会見は最短でおこなわれたということでよろしいでしょうか? Aなるべく早い時期に記者会見を実施したいと考えておりました。 元ボートレーサーの逮捕ということで、まずは皆さまにお知らせしなくてはいけないと、リリースを配信させていただきましたが、私が直接、記者会見でお話しなければならないという考えから、説明させて頂いております。 マクール Q逮捕された選手は競走場の中に通信機器を持ち込んで、外部とやりとりをして事件を起こしたと聞いていますが、今回はどのような形で持ち込んだのでしょうか? また、同様のことが起こらないためにも持ち込みに関して、どのような対策をとっていきますか? Aまず通信機器に関しては、捜査段階でありますのでお答えすることができません。 もし、持ち込んでいたとしたら金属探知機での対応や、私物検査の時間を拡大する等の対策を実施していきたいと考えております。 また、担当部署で検査体制の強化を現在検討しているところです。 Q今回の件は選手にも衝撃が広がっていると思いますが、選手の反応や選手会の対応を教えてください。 A選手会の対応の詳細は把握しておりませんが、選手会も大きな事案と受け止めて1600名の選手へ文書等で厳重に指導を行っています。 また、それ以外でも各地の競走会執行役員を通じて、改めて公正なレースを行うよう周知徹底を図っております。 東京中日スポーツ Q昔、整備規程違反等で多くの選手が引退したという事がありましたが、競走会としての受け止め方はどうでしょうか?衝撃度や危機感は、その時に匹敵するものでしょうか? A全容は明らかにされていませんが、それ以上(当時以上)の衝撃と受け止めております。 西川昌希 にしかわまさき 元選手の噂 Business Journalの記事から 某スポーツ紙の競艇担当記者が憤慨しながら語る。 なぜなら、業界の信用がなくなり舟券の売り上げが落ちるからです。 これは噂の域を出ませんが、西川は本業のボートで稼いだ賞金を1日で使い切るほどのギャンブル狂だったそうです。 借金が増えた結果、自分でレースを操作して高配当舟券を演出することを思いついたのかもしれません。 でも賞金そのままの方が大きく感じるけど…「もっと!!!」てなるのかな。 確かにさ、競艇やってる身からすると大きく当たった時の 快感と興奮は凄いし忘れられなくなる気持ちも分かるんだよ。 でもやっぱり度を越えると話変わってくるよね。 それにこちらにも身近に破綻してる人いるからwwww 彼な…生活よりギャンブル!!ってなったらほんと前の状態に戻すの大変だからね…!!! 話が逸れた。 西川昌希元選手逮捕の記事で、去年秋には親戚の口座には「 数億円の預金があった」らしいから、全レース折半してたとしたら 八百長レースは びわこだけなわけないよね。 余罪は多そう。 モーターボート競走会会長記者会見を見て思い出す ざーーっと内容読んだけど、スッキリはしない会見だったね。 まだ捜査中なこともあって言えないことは多いんだろうけど…記者会見を開いたっていう事実が重要なのかな。 東京スポーツ新聞社の「お問い合わせ」に関する質疑応答で「 それに該当する舟券を払い戻せるのか?」を見た瞬間に某サイゼリヤの ピザ1億万枚の画像思い出した。 「 レシートは無いけど僕の胃袋はおぼえてます」はネタサイトで見て笑ったw その人は結局レシートなくて返金してもらえなかったらしい。 その画像と共によく紹介されてる「西友の偽装肉返金事件」。 2002年らしい。 産地偽装って昔からあるんだね。 この事件は「 レシートなしでも返金対応」にした結果、そこの西友でお肉買ってない人まで群がって返金要求。 返金1,300万見込みのところ 5,000万円も支払うことになったそう。 と、西友の偽装牛肉の件じゃないけどさ、本場で投票してた人達は 舟券残ってないのが普通だし、 返金は難しいよね。 かと言って奇跡的に 当時の 舟券残してる人、 テレボートで買ってて証明出来る人だけ返金しますってなっても 炎上は避けられないよねぇ…。 びわこの他にもやってたならもっと古くまでレース遡ることになるし、やっぱり 返金は現実的に難しそう。 まずは捜査が進んで びわこの G3 イースタンヤング以外でどのくらい八百長レースしてたのか知りたい。 マクールの質疑応答で「 前検での私物検査の時間拡大」ていうのもいざ対応するとなると大変だよね。 1人の最低な選手の 逮捕によって、真摯にレースに向き合って高みを目指して、ファンの期待に応えてる選手にしわ寄せがいくことに一番腹が立つ。 逮捕のニュース流れた時、これで選手がちょっと調子が悪いと「八百長か!」ってヤジ飛ぶのかな…?とか考えたりしちゃったけど。 こないだ行った 多摩川ではそんなことなかった。 やっぱ ボートレースファンはその辺分かってるよね。 日々レース見てるからね。 競艇に 八百長あった…と知ってしまったけど、真剣な選手がほとんどだって分かってるし推しもいるし。 何よりまだ自力予想じゃプラス収支になってないし! 万舟も当てれてないし! 競艇離れたりしないよ!まだまだやるよ!w ちなみに自力で生んだマイナスは 競艇予想サイトでチャラにしてもらったw もカテゴリでまとめてるのでぜひ~ 予想が苦手でも丸乗っかりで OKだし初心者こそいいかも! あとは自力予想に限界感じた時と、お小遣い欲しい時ね…w 自力予想が不的中続き…賭けるからにはやっぱり的中させたい! そんな時は 予想のプロに頼るのが一番。 自分じゃ一生出来なかったであろう コロガシ成功までさせてもらったw 毎月順調に右肩上がり…でちょっと怖い。 そのうち大きくマイナス食う時も絶対あるだろうし、払戻しの半分は貯金に回すくらいの慎重さは忘れないw 2019年12月で 100万超え!!最高の締めくくりさせてもらった!! なので今年もめちゃめちゃ稼ぐよ~! 年金も宛てに出来ないし、 老後は2000万必要だって言うし、彼の分、そして病気や入院て考えたら絶対もっと必要だよね…苦笑 ギャンブル依存症に保険適応とかのニュースあったけど「そこじゃないよ!!!」っていう…w まず仕事1本でやっていけない現状がもうさ… 副業でもしないと厳しいのに会社が副業禁止してるっていうね…どこにも貯金出来る余裕なんかない苦笑 からやっちゃうよねー! 競艇の楽しさ知っちゃったし~! まだまだポンコツで万舟も自力予想では出したことないけどね! でももうエンジン音聞いてるだけで幸せだしいいw 最初はエンジン音だけだったけど、推し選手出来るとまた一気に熱入るよね…彼とは違う意味で 沼にハマってる感ある笑 自力予想と、プロの買い目にお世話になって、今年は余裕でプラス収支! そして今月もまた彼に言えないヘソクリ貯め込む日々w 彼の競艇廃人化が止まらなかったら、養う覚悟あるから稼げるだけ稼ぐよ!!!.

次の