リーフィー シー ドラゴン。 魚類図鑑・リーフィーシードラゴン

やっぱり竜が好き!「竜」と「ドラゴン」の違いについて

リーフィー シー ドラゴン

標準和名 リーフィーシードラゴン 分 類 トゲウオ目・ヨウジウオ亜目・ヨウジウオ科・ヨウジウオ亜科 学 名 Phycodurus eques 英 名 Leafy sea dragon 分 布 オーストラリア 生息環境 沿岸の海藻の多い岩礁域など 全 長 30~35cm 程度 保護状況 国際自然保護連合 IUCN ・準絶滅危惧種 NT リーフィーシードラゴンは、ウエスタンオーストラリア州のジェラルドンから、ビクトリア州のメルボルン南西のベルリン半島辺りにかけてのオーストラリア南部に分布しているの海水魚で、海藻に擬態した、特徴的な体つきをしている。 口は筒状で、全身には複雑な突起(皮弁)があるが、この突起は皮膚が変化したもので、全体に海藻に擬態した体つきをしている。 また、体側には棘があり、胸びれは首の位置にある。 体色は、黄褐色や褐色、緑色などで、生息環境や餌の種類、幼老などによって変化があり、大きいものは40cmを超えると言われている。 リーフィーシードラゴンは、沿岸の海藻の多い岩礁域などに生息していて、水深30m辺りまで見られるが、浅いところに多く、水深15m辺りまでで多く見られる。 澄んだ水と、あまり光が差さないような場所を好み、単独やペアで生活している。 動きはゆっくりとしていて、小さな背びれや胸びれを使って泳ぐが、あまり遊泳することはない。 他のヨウジウオ科のものと同様、動物プランクトンやワーム類、小魚などを食べるが、獲物は、管になっている口で吸い込んで食べる。 繁殖期は10~3月頃で、雌は200個ほどの卵を産卵する。 タツノオトシゴなどと同様、雄には育児嚢があり、雌は雄の育児嚢に卵を運び入れる。 但し、この育児嚢はタツノオトシゴのような袋状ではなく、皮膚の襞の間にある窪みのようになっている。 卵は1ヶ月ほどで孵化するが、孵化は数日に渡って行われる。 孵化した仔魚はしばらくの間は育児脳の中で育てられ、全長2cm程になると泳ぎ出てくる。 1年程で20cm程度に成長し、1~2年で成熟すると言われている。 また、飼育下でのは7年程度とも言われている。 リーフィーシードラゴンは、農工業による水質汚染や沿岸の開発などによって生息地が減少し、個体数も減少している。 現在、国際自然保護連合 IUCN のレッドリストに NT として指定されているが、分布域が海岸線に沿うように限られている為、さらなる生息地の減少が心配されている。

次の

ウィーディ・シードラゴン

リーフィー シー ドラゴン

リーフィーシードラゴンの販売価格は? リーフィーシードラゴンは準絶滅危惧種に指定されているようで、販売している個体が異常に少なくなります。 ということは、販売価格もかなりお高くなる、ということです。 リーフィーシードラゴンの販売価格はなんと、100万円以上するそうです。 一般人にはとても手が出ませんね。 しかもこの100万円というのは安い方で、高いものだと300万円する個体もいるそうです。 水族館でないと購入できなさそうですね。 ちなみに、普通のタツノオトシゴは1万円程で購入できるようなので、どうしてもリーフィーシードラゴンを飼いたい方は、一度普通のタツノオトシゴを飼ってみるのもいいかもしれませんね。 Sponsored Link なぜリーフィーシードラゴンはこんなに高いの? リーフィーシードラゴンは準絶滅危惧種に指定されているので、捕獲できる時期や数が決まっているそうです。 リーフィーシードラゴンのブリーダーもほとんどいないようで、繁殖個体の数も少ないのも値段が高い原因のようです。 また、自然状態のものは輸送中にほとんど生き残ることができずに亡くなってしまう事が多いようです。 日本への輸入も制限されているようで、1年にオスメス合わせて3匹ほどしか入荷しないときもあるそうです。 まとめ いかがでしたか? ここでは、リーフィーシードラゴンの値段についてご紹介しました。 リーフィーシードラゴンは値段も高く、飼育もかなり難しいようなので、一般の人が家で飼育するのには向いていないようですね。 どうしても見たい場合は、水族館などに行く方がいいかもしれません。 Sponsored Link.

次の

やっぱり竜が好き!「竜」と「ドラゴン」の違いについて

リーフィー シー ドラゴン

リーフィーシードラゴンの販売価格は? リーフィーシードラゴンは準絶滅危惧種に指定されているようで、販売している個体が異常に少なくなります。 ということは、販売価格もかなりお高くなる、ということです。 リーフィーシードラゴンの販売価格はなんと、100万円以上するそうです。 一般人にはとても手が出ませんね。 しかもこの100万円というのは安い方で、高いものだと300万円する個体もいるそうです。 水族館でないと購入できなさそうですね。 ちなみに、普通のタツノオトシゴは1万円程で購入できるようなので、どうしてもリーフィーシードラゴンを飼いたい方は、一度普通のタツノオトシゴを飼ってみるのもいいかもしれませんね。 Sponsored Link なぜリーフィーシードラゴンはこんなに高いの? リーフィーシードラゴンは準絶滅危惧種に指定されているので、捕獲できる時期や数が決まっているそうです。 リーフィーシードラゴンのブリーダーもほとんどいないようで、繁殖個体の数も少ないのも値段が高い原因のようです。 また、自然状態のものは輸送中にほとんど生き残ることができずに亡くなってしまう事が多いようです。 日本への輸入も制限されているようで、1年にオスメス合わせて3匹ほどしか入荷しないときもあるそうです。 まとめ いかがでしたか? ここでは、リーフィーシードラゴンの値段についてご紹介しました。 リーフィーシードラゴンは値段も高く、飼育もかなり難しいようなので、一般の人が家で飼育するのには向いていないようですね。 どうしても見たい場合は、水族館などに行く方がいいかもしれません。 Sponsored Link.

次の