マイクラ カメ。 マイクラ日記 #73【カメの繁殖に挑戦!卵を産ませて村で育てる】

【マイクラ】カメのウロコの入手方法と使い方【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ カメ

カメについての詳細情報 カメは1. 13アップデートにより追加された友好MOBです。 マイクラのMOBとしては意外と珍しい 水中と陸上の両方で活動するMOB。 カメなので陸上での動きは遅いですが、水中だとそこそこ速いです。 見た目としては、高さはあまりないですが、幅があり平べったい感じで全体的に緑色。 大人のカメと子供のカメが存在し、大人は上から見ると1ブロック分くらいの大きさがありますが子供は大人の3分の1程度の大きさしかなく、注意して見ないと見落としてしまうほどに小さいです。 また、カメを倒すと海草をドロップすることがあります。 海草は1. 13アップデート以降に読み込んだ範囲であればいくらでも自生しているので容易に入手することができますし、カメを倒すことで得られる経験値もごくわずかなものなので、 カメを倒すメリットはほとんどありません。 カメの見つけ方 カメは砂浜にスポーンするので、 海岸に沿って歩くように探すのが最も良いと思います。 カメの繁殖手順を解説 カメを繁殖させるにはいくつかの手順を踏む必要があります。 まずは、あるお互いが近くにいるカメ2匹に海草を与えます。 カメは海草を手にしたプレイヤーについていくので、その修正を利用して2匹のカメを一か所に集めましょう。 ちなみに水中には2種類の植物が存在しますが、いくつも連なっているのがコンブで、 大きくても2ブロック分の高さしかないのが海草です。 コンブはカメに対して効果を発揮しないので注意してください。 海草は陸上に生えている雑草と同じく ハサミを使って採取する必要があります。 海草を2匹のカメに与えるとラブモードになりわずかの経験値を得られます。 そして片方のカメは砂を掘り卵を産む準備をします。 このとき、カメは自分のスポーンした位置をホームロケーションとして記憶しており、その位置まで戻ってその付近の砂を掘り卵を産む準備をします。 砂を掘り終えると、その場所に1~4個の卵を産みます。 何個の卵を産んだにしても、1ブロックの空間に産み落とします。 カメの卵は、長い時間をかけて孵化していきますが、その間に破壊したりアイテムとして回収したりすることができます。 [ad ad-2] またカメの卵はプレイヤーや大量のMOB、防具立て、落下中のブロックなどが一定時間卵の上に存在すると割れてしまいます。 割れた場合は単純に消失してしまうので注意しましょう。 ゾンビや村人ゾンビ、ハスク、ゾンビピッグマンなどのゾンビ系のMOBは積極的にカメの卵を破壊しようとします。 卵の孵化には長い時間を必要とするので、それらの脅威から卵を守る対策 フェンスで囲む、沸き潰しをするなど を行う必要ありです。 しばらく待って卵が孵化すると、とても小さなカメの子供が生まれます。 カワイイです。 しかしゾンビ系のMOB、スケルトン系のMOB、そして野生のヤマネコと野生のオオカミは子供のカメを見つけると襲撃する性質がるので注意が必要。 特にスケルトンが厄介で、フェンスで囲むだけでは弓矢による攻撃でダメージを与えることができてしまいます。 襲撃されるのは子供のカメだけで、大人のカメには攻撃しません。 一切のダメージを受けないようにするためには、卵を最初から隙間の無いブロックで閉ざした空間に閉じ込め、そこを光源で照らしてMOBが湧かないようにして、卵からの孵化及び大人への成長を待つ必要があります。 また、カメの子供は大人に成長した際に、カメのウロコを落とします。 これは、頭に装着できる防具となる「 カメの甲羅」をクラフトするための素材になります。 カメを好きな場所で産卵させる方法 前述のとおり、カメは自身がスポーンした場所をホームロケーションとして覚えており、この場所付近で産卵を行います。 なのでカメを好きな場所で産卵させるにはホームロケーションを産卵させたい場所にする必要がありますが、野生のカメに関してはホームロケーションを別の場所に移すことができません。 そのような場合はいったん野生のカメに卵を産ませ、 その卵をアイテムとして回収し、ホームロケーションとして定めたい場所に回収した卵を設置して孵化させる必要があります。 卵から孵化したカメは孵化した場所をホームロケーションとして認識し、そのカメが大人になったらそこに卵を産むので好きな場所で産卵させることができます。 設置された カメの卵をアイテムとして回収するためにはシルクタッチがエンチャントされたツールで破壊する必要があります。 普通に壊してしまうとそのまま消失してしまうので注意しましょう。 まとめ 今回はマインクラフトにおけるカメの繁殖に付いて解説してきました! 内容をまとめます。

次の

【マイクラ】カメとは?繁殖方法や卵の回収の仕方など基本4つを解説

マイクラ カメ

『Aquatic Update』により、マインクラフトの海は鮮やかに彩られた世界になります。 今回のアプデはJavaEditionとBedrockEdition(スマホや家庭用ゲーム機用)両方に実装されるとのこと。 サンゴやカラフルな魚など魅力的な要素が盛りだくさんですが、今回はその中でも新モブの『カメ(turtle)』について徹底解説していきましょう!• カメの基本ステータス 体力 30 大きさ 大人: 高さ:0. 4ブロック 幅:1. 2ブロック 子供: 高さ:0. 12ブロック 幅:0. 36ブロック スポーン条件 砂浜 ドロップアイテム 海草 ボウル(Java版のみ) カメは友好的なモブなのでこちらを噛みついて攻撃してくる、なんてことはありません。 カメのスポーン場所 カメは 海辺や砂浜、または海に複数の群れで生息しています。 カメを探すときは、まずは海を探して海岸沿いに歩いていくと良いでしょう! アップデートにより海のバイオームが5種類に分けられましたが、全ての海のバイオームでスポーンするようなので安心ですね。 カメはすべての海のバイオームでスポーンする カメのドロップ品 ドロップ品は海草のみ カメを倒すと、主にカメの繁殖で使う 海草を1~2個ドロップすることがあります。 それ以外のドロップ品は無く、体力がハート15個と多く倒しづらいので、あまり倒す意味はありませんね。 海草は海の海底に生えていたり、水中で骨粉を使うと生やすことができるのでわざわざカメを倒して手に入れるような物でもありません。 Java版限定:ボウル Java版限定で、なぜか雷でカメを倒したときに「ボウル」をドロップします。 バグではないようですが、一体なぜなんでしょうか・・・。 カメには乗れない カメと言えば、浦島太郎のようにカメに乗れるのかな?と期待してしまいますが、どうやら マイクラのカメに乗ることはできないようです。 少し残念ですね・・・。 水中での移動方法が泳ぎしかないので、今後何か追加されてほしいな、とパイセンは思っています。 カメはリードにつなげない カメはリードを使って引っ張ることはできません。 連れて帰る時は ボートを使うか、海草で誘導すると良いでしょう。 スポンサーリンク カメの繁殖方法 繁殖には海草を使用 カメの誘導や繁殖には 『海草』を使います。 海草は凍った海以外の海底に生えていたり、水中のブロックに骨粉を使うことで生えてきます。 骨粉を使うブロックは何でも良いようです。 海草の回収にはハサミを使います。 ハサミ以外で壊すと何も出ないので注意! 繁殖に成功すると卵を産む 2匹のカメに海草を右クリックで与えると、ほかの動物のようにハートを出しながら繁殖モードになります。 すると2匹のうちの片方のカメが砂を掘り、卵を1~4個産み付けます。 この卵はシルクタッチ付きのツールで回収可能です。 カメは自分が生まれた場所に卵を産もうとするので、家につれて帰って繁殖、というのはできないので注意です! また、砂ブロックの上でしか卵は産めないため、亀の近くには砂ブロックを設置しましょう。 カメを繁殖させたい時は見つけた場所で海草を与えるのがベストです。 拠点でカメを繁殖させる方法もありますが、それは。 孵化するまでゾンビから卵を守ろう 卵は約40分で孵化して子供が生まれますが、それまで卵を守る必要があります。 カメの卵にプレイヤーやモンスター、動物などが乗ると卵が割れてしまいます。 2個以上の卵がある場合は数秒に1個ずつ壊れてしまいます。 そして厄介なことにゾンビ、ドラウンド、ゾンビピッグマンなどの ゾンビ系はカメの卵を踏みつけて壊そうとしてきます。 せっかく産んだ卵をそのまま放置していたらゾンビたちに割られてしまうので、ブロックやフェンスなどで囲みましょう! もちろんプレイヤー自身も踏まないように気を付けましょうね。 孵化してからも大変。 子供のカメを守ろう 卵が割られることなく 約40分ほど経過すると、卵がかえって子供のカメが生まれます。 これで安心・・・、と思いきやここからも大変。 ゾンビ系やスケルトン系、野生のヤマネコとオオカミは子供のカメを攻撃しようとします。 卵の時から周りをフェンスで囲んでいれば、ゾンビやヤマネコなどから攻撃されることはありません。 が、やっかいなのが遠距離攻撃をする スケルトンやドラウンド。 彼らは弓矢や新武器『トライデント』を持っているとガンガン子供のカメを攻撃してきます。 子供のカメが生まれたらカメの家を作ると良いでしょう。 そうすると安全に大きくなるまで成長できます。 つまり、海草を10個使えばあっという間に大人のカメに! 子供カメのための防壁や家を作るのがめんどくさい方は海草を使うのもオススメですね。 スポンサーリンク 『カメのウロコ』で防具『カメの甲羅』を作ろう 子供のカメが大人のカメに成長すると、同時に新アイテム『カメのウロコ』を1個ドロップします。 このカメのウロコを5個使い、防具のヘルメットを作る時と同じように並べると、『カメの甲羅(こうら)』をクラフトできます。 カメの甲羅は頭の防具として使うことができ、 鉄のヘルメットと同じ防御力を持ちます。 もちろん普通の防具と同じようにエンチャントもすることができるので忘れずエンチャントしておきましょう。 そしてカメの甲羅を装着し、水の中に入ると『 10秒間水中呼吸』が付与されます。 水中から出ると効果時間はリセットされるので、実質 『水中にいられる時間が10秒延長される』ということになります。 何も装備していない状態だと15秒しか水中にいられないのでこれは嬉しい! ポーション醸造やエンチャントが整っていない環境なら、この効果は重宝しそうです! 繁殖方法もカンタンなのでぜひとも欲しい防具ですね。 カメの甲羅のレベル30エンチャントを105回やり、どの効果が付きやすいか調べてみました。 カメの甲羅で『タートルマスターのポーション』を作ろう カメのウロコからカメの甲羅を作り、それを奇妙なポーションに加えると 『タートルマスターのポーション』を作ることができます。 まさにカメのような鈍足さと頑丈さを再現したようなポーションですね。 また、タートルマスターのポーションにレッドストーンを加えると効果時間が2倍の40秒間に増えます。 カメを家に連れて繁殖させたい場合は 先ほども書いたように、カメは 自分が生まれた場所にしか卵を産みません。 なので、自分の拠点にカメを連れてきて繁殖させることはできない・・・?!と思いがちです。 しかし、カメの卵は『シルクタッチ付きのツール』で回収可能なので、 カメが産んだ卵を回収し、拠点へ持ち帰ることができます! そして持ち帰った卵は拠点の安全な場所の 砂の上に設置しましょう。 砂の上でないと卵は孵化しません。 一度回収した卵も設置して待てば子供のカメが生まれます! そして拠点内で生まれたカメは、そのカメが生まれた場所に卵を産み付けるので、拠点内でのカメの繁殖も可能となっています。 これで簡単に拠点内でカメの繁殖が可能になるので、カメのウロコをたくさんゲットしましょう! まとめ 以上、新モブ『カメ』の解説でした! 繁殖方法が特殊で少し手間がかかりますが、その分カメからのプレゼント『カメのウロコ』で便利な道具が作れます! 特にカメの甲羅は鉄防具並みの防御力に加えて、水中呼吸の効果も付与されるのでぜひとも作りたいところ・・・! 幸い繁殖自体は海草だけで低コストなので、どんどんカメの繁殖にチャレンジしてみましょう! hollys-command-lecture.

次の

【マイクラ統合版】カメの繁殖方法とポーションの作り方!【PE/スイッチ】

マイクラ カメ

カメを村に連れて帰る! まずはカメを捕まえに行きます。 カメはリードでは繋げないので、捕まえる方法は2つ。 カメのえさとなる「海草」を使っておびき寄せるという一般的な方法と、個人的によく使ってる ボートに乗せて運搬する方法です。 海草を使って誘導して連れて行くのは時間的に長くなってしまうので、今回はサクッと終わらせるためにボートに強制的に乗せて村へ連れてこようと思います。 ということでカメを見つける旅に出ました。 ボートで海を走り回って、カメを探して回ります。 カメを見つけやすいように暗視のポーションを飲んで海中を見やすくしておきます。 カメをしばらく探し回りますが…全然いませんね。 笑 イルカやイカはたくさんいるのにカメは全然いません。 近くにはいなそうなので、仕方なく遠くまで行ってみると、 カメが3匹固まってスポーンしている場所を発見しました! すっげえ!! 始めて見る光景です。 穴掘りが終わると、卵が砂の上に出現しました! これがカメの繁殖なんですね! 今までの羊や牛などの繁殖の仕方とは違って、帰巣本能もあるし穴を掘る演出もあってリアルです。 神秘的な産卵を見せてくれました。 帰巣本能もすごくて、この砂浜にいると別のカメもたまに帰ってくるんですよね。 この卵がここで孵化すると生まれたカメもこの砂浜に卵を産みに帰ってしまうので、 村にカメを定期的に帰らせたいなら村に卵をもっていかないといけません。 そんな時に役に立つのが「シルクタッチ」のエンチャント効果の付いたアイテム。 カメの卵は普通に壊してしまうと割れてしまうらしいんですが、 エンチャント効果が付いたアイテムならカメの卵を回収できるそうです。 ちょうどエンチャントのツルハシを持っていたので、エンチャントのツルハシでアイテム化してみると回収することができました! 卵を回収できたので村に帰って砂浜に置いて様子を見ていきましょう。 卵が孵化するまで様子を見てみる 村の砂浜に卵を置いてみました。 緑色の模様が可愛いですね!これは2個分の卵なんですが、最大で4個まで1マスに置くことができるみたいです。 卵に変化が起きるまで、気長に待ってみます。 調べたところによると、 カメの卵は3段階の変化があるらしく、小さなヒビが入り、大きなヒビが入り、カメが生まれるそうです。 卵に変化が起きるタイミングも決まっているらしく、 変化が起こるのは夜明け直前らしい。 必ず夜明け前に変化が起きるかというとそうではなく、 変化が起きるか起きないかはランダムらしいです。 ゾンビやドラウンドなどのモンスターが卵を攻撃しに来るらしいので、卵を見守りながら夜明け前まで待機してみると… 緑色のキラキラが出て卵に小さめのヒビが入りました! 近くで見るとこんな感じ。 ちなみに 夜にベッドで寝ると全くヒビは入らなかったので、卵を早く孵化させたければ夜明け前までは起きていた方が良いかもしれません。 2日目の夜明け前は何も変化が起きず、3日目の夜明け前。 もう一段階のヒビが入りました! もうすぐ産まれそうです。 楽しみ。 4日目の夜明け前は何も変化が起きず、5日目の夜明け前。 卵が破裂して2匹の子亀が誕生しました!おめでとうございます。 子亀を近くで見てみると本当に小さいです。 それでもカメなんですよね。

次の