ニベア プレミアム ボディ ミルク。 【保湿力・香り・べたつきは?】ニベアのボディミルクシリーズ7種類を徹底比較!おすすめベスト3も発表♪

【ニベアのプレミアムボディミルク】あの人も使ってるアドバンスシリーズが販売終了?

ニベア プレミアム ボディ ミルク

ニベアのボディクリーム7種類を徹底比較! 今回比較したニベアのボディクリームはこちらの7種類。 おすすめの肌質 商品名 容量 参考価格 普通肌 ニベアマシュマロケアボディムースFシルキーフラワー 150g 948円 普通肌 ニベアマシュマロケアボディムースCヒーリングシトラス 150g 948円 超乾燥肌~普通肌 ニベアスキンミルクNさっぱり 200g 516円 乾燥肌 ニベアスキンミルクRクリーミィ 200g 516円 超乾燥肌~乾燥肌 ニベアスキンミルクAしっとり 200g 516円 超乾燥肌 ニベア薬用エクストラリペアボディミルク 200g 937円 超乾燥肌 ニベアプレミアムボディミルクアドバンスS 200g 818円 いずれも『ボディ用乳液』または『ボディ用ムース状乳液』として発売されています。 価格は販売されている店舗によって異なりますので、参考程度にしてくださいね! スポンサーリンク まずはベーシックなスキンミルク3種類から比較! まずはニベアのボディクリームの中でも最も定番商品の『スキンミルク』の3種類を順番にご紹介します! ニベアスキンミルクNさっぱり• 販売名:ニベアスキンミルクNさっぱり• おすすめの肌質:乾燥肌~普通肌• テクスチャー:さらっとしたミルク、さっぱりタイプ• うるおい持続成分:高保水型ヒアルロン酸• のちにご紹介するしっとりタイプと並んで、1年中店頭で購入できる ベーシックなボディクリームです。 個人的にニベアのクリームは大好きで良く使用していますが、この『スキンミルクNさっぱり』は、夏場のお風呂上がりに使用しても問題ないくらい、軽いつけ心地が特徴です。 テクスチャーは、ミルクという名がふさわしい、 みずみずしくて軽い質感です。 香りは定番のニベアの香り。 青缶やハンドクリームと同じ香りです。 変にフローラルやバラなどの香りがつけられていないので日常使いしやすく、男性にもおすすめです。 実際に腕に塗布してみました。 水分が多くて軽いので、 非常に伸びがいい! 太ももやヒップなどの面積が多い部分でも一度で塗り広げることができ、ストレスがありません。 テクスチャーが軽いことも使いやすい理由の1つですが、 つけたあとのべたつきがないのも嬉しいポイント。 夏場でも、お風呂あがりは肌の水分が蒸散してしまうので、実はボディケアは1年中行うのが基本。 余計や香りやべたつきもないので、 1年中使用しても問題ないくらい、使いやすいアイテムです。 シリーズの中でも最も低価格で販売されていることも、デイリーケアのアイテムにピッタリのポイントですね! おすすめの肌質としては乾燥肌~普通肌、と記載があるので、粉をふくほどの乾燥肌であれば、少し物足りないと感じるかもしれません。 冬は他のアイテムに切り替えるか、重ね塗りするのがよさそうですね。 ニベアスキンミルクAしっとり• 販売名:ニベアスキンミルクA• おすすめの肌質:超乾燥肌~乾燥肌• テクスチャー:コクのあるミルク、しっとりタイプ• うるおい持続成分:高保水型ヒアルロンサン• さきほどのさっぱりタイプよりも油分を含み、ボトルから出して手に取ると、 ぽってりとしたクリーム。 とはいえミルク、乳液に分類されているので、塗布するのには問題ないなめらかさです。 伸びの良さは問題ありませんが、さっぱりタイプに比べるとしっかりした塗り心地です。 付ける量が多すぎると、肌に白く残ってしまうため、少量ずつ伸ばすのがよさそうです。 しっかり肌に伸ばした後は、表面がうるおいと油分の膜で覆われた、被膜感が割としっかり感じられます。 特に、乾燥しやすいひじやひざの部分的なケアにはおすすめ。 その他、かかとにたっぷり塗って靴下を履いて寝れば、ツルツルのかかとになります。 夜の就寝前のみの使用でもいいかもしれませんね! ニベアスキンミルクRクリーミィ• 販売名:ニベアスキンミルクRクリーミィ• おすすめの肌質:乾燥肌• テクスチャー:とろけるようなミルク、クリーミィタイプ• うるおい持続成分:高保水型ヒアルロン酸• 先ほどまでの定番2商品は昔から販売されていましたが、このクリーミィタイプは比較的最近仲間入りした商品。 人間の皮脂とよく似た性質を持ち、肌なじみが良い植物性油脂の『シアバター』を配合しています。 テクスチャーは先ほどご紹介した しっとりタイプとさっぱりタイプのちょうど中間といえます。 軽すぎず、重すぎず。 しっとりタイプが重たいと感じることがあった私にとっては、理想のアイテム・・・!! 実際に腕に塗布してみると、まさに、さっぱりとしっとりのいいとこどり! 塗布しやすいなめらかなテクスチャーはそのままに、 保湿力はさっぱりタイプよりも感じられます。 かといって肌がべたつくこともなく、内側に水分が入ってやわらかくなったような感触です。 さっぱりタイプでは物足りない・・・ でもしっとりタイプはベタベタする・・・ という方にはぴったりです! 香りはさっぱり、しっとりタイプとほぼ同じですが、シアバターが入っているからか、若干香りの違いを感じましたが、そんなに主張する香りでもないので、男性の使用も問題なさそうです。 べたつかないのに保湿力はしっかりある、香りも主張しすぎないという点で、大満足です! ムースで保湿!?話題のムースタイプ2種類を比較! 2017年9月に発売された『ニベアマシュマロケアボディムースシリーズ』。 美容オイルの溶け込んだ炭酸泡で保湿ができるとあって、雑誌や各美容メディアで話題になっていました。 共通して配合されているのは『ホホバオイル』と『スウィートアーモンドオイル』。 加えて、肌を刺激して毛細血管のめぐりを良くし、血行促進が期待できる炭酸泡を採用しているそう。 使い心地が気になります! さっそく比較してみましょう!! ニベアマシュマロケアボディムースFシルキーフラワー• 販売名:ニベアマシュマロケアボディムースF• おすすめの肌質:普通肌• テクスチャー:炭酸泡• 保湿成分:ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル• うるおい成分:ヒアルロン酸• 香り:軽やかに可憐なシルキーフラワーの香り• スプレー缶に入っているので、ついつい上下にシェイクしてしまいがちですが、 裏面の注意書きを見ると、 「振らない」と書いてありました!ちゃんと見といてよかった・・・ 噴射口はこのようになっていて、そんなに力入らず、指一本で十分出すことができます。 ノズルも細いので、使いたい分だけ少量出すことも可能です! 泡は 濃厚で弾力のあるしっかりとした泡。 洗顔したら気持ちよさそう!なんて・・・ 腕に塗布していくと、泡はシュワシュワと消えていきます。 オイルが入っているせいか、 体温となじんで泡自体がやわらかくなり、肌に吸収されていくようなイメージです。 しっかり伸ばすと泡は完全になくなり、配合されているオイルを感じることができました。 さらに肌にすりこむようにしてなじませると、軽めのボディオイルを塗ったようなしっとり感が肌に残りました。 炭酸泡が肌に残ってべたついたり、塗布しづらいな、という感じは一切ありませんでした! ただ、 いちいち泡をぷしゅーっと出す行為自体が面倒になってしまいそう。 これまではずっとクリームでボディケアを行ってきたので、イマイチ慣れない部分があるのかもしれません。 そして、もう1点気になったのが『シルキーフラワー』の香りです。 フローラル系のふんわりやわらかい香りなのですが、少しきつめに感じました。 夜に塗布して、次の日の朝くらいならちょうど良いかもしれませんが、食事の場面でも気になってしまいそうなほど、しっかり香りが残ります。 香りについては意見が分かれそうですね。 ニベアマシュマロケアボディムースCヒーリングシトラス• 販売名:ニベアマシュマロケアボディムースC• おすすめの肌質:普通肌• テクスチャー:炭酸泡• 保湿成分:ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル• うるおい成分:ヒアルロン酸• 香り:心地よくおだやかなヒーリングシトラスの香り• 花王の公式ホームページの全成分表示によると、 2つのボディムースの成分に違いはないようでした。 好みの香りで選ぶのがよさそうですね! 先ほどと同じ、濃密な泡です。 うっかりスプレー缶を振ってしまわないように注意! 腕にのせたばかりだと泡がまだ形を残していますが・・・ しっかりなじませると泡はなくなり、配合されているオイルの成分を感じることができます。 オイルはべたつくことなく、しっとりしつつ、さっぱりした感触です。 先ほどの『シルキーフラワー』よりも香りは控えめ。 シトラスということもあって さわやかな香りです! 夏に使用する、ぱしゃぱしゃした液体デオドラントのような香りで、さっぱりしています。 甘ったるいに香りが苦手、という方はこちらの『ヒーリングシトラス』一択です! 箱に入ったニベア?特別なケアに使用したいボディミルク2種類も比較! ドラッグストアのニベアの棚を眺めていて気がついたのが、 「箱に入ったニベアがある!!」 ということ。 パッケージもなんだか肌によい効果が期待できそうなデザインです。 はじめにご紹介したニベアの定番シリーズよりも400円近くお高いこちらの2種類。 しっかり比較していきます! ニベアプレミアムボディミルクアドバンスS• 販売名:ニベアプレミアムボディミルクアドバンスS• おすすめの肌質:超乾燥肌• 保湿成分:コエンザイムQ10、グリセリン、植物性コラーゲンC• プレミアムモイスチャー成分:カモミールエキス、マジョラムエキス、グリセリルグルコシド• うるおい持続成分:高保水型ヒアルロン酸• 肌保護成分:アルファGルチン• 香り:気分もやすらぐ、上質でおだやかなカモミール&ローズの香り• これまでのクリームはすべて白かったのに比べ、こちらは少し黄色みがかかってます。 こちらの『プレミアムボディミルク』ほかのシリーズに比べ、保湿成分として配合されているものの種類が多いのが特徴。 さらに、肌にうるおいを与え、水分を肌内部で抱え込むだけではなく、光劣化した皮脂が引き起こすトラブルから肌を守ってくれるはたらきも期待できるそう。 うるおいを与える、水分を維持する、光のダメージから肌を守る、の3つが魅力のようです! 香りはローズに分類されると思いますが、いかにもローズ!というきつさはありません。 カモミールが配合されていることもあり、すっきりさとおだやかさがプラスされていますね。 高保湿をアピールしている割に、腕に塗布した感触は非常になめらかです。 スキンミルクしっとりタイプよりも軽く、するっとなじみます。 べたつきも感じられず、肌がしっとりやわらかくなりました。 かといって物足りないわけではなく、 一度塗りでしっかりうるおっています。 感触は軽いのに、高い保湿力を実感できるクリーム。 これまでこってりしたクリームを重ね塗りしてきた、超乾燥肌さんの救世主になるかもしれません! ニベア薬用エクストラリペアボディミルク• 販売名:ニベア薬用エクストラリペアボディミルク• おすすめの肌質:超乾燥肌• 薬効成分:グリチルリチン酸ジカリウム• 無香料、無着色• ボトルの裏には、 乾燥や加齢などによって減少する皮脂の働きを補いながら肌荒れ・粉ふきがちなはだにうるおいを与え、しっとりすこやかな肌に保つ薬用ドライスキン高保湿ミルク との記載がありました。 香料や着色料が配合されていないことから、 乾燥が進行し、かゆみや赤みを伴っているような、ダメージを受けた肌にも使える配慮がしてあるようですね! テクスチャーは非常に軽く、みずみずしい乳液タイプです。 香りもないので、なんだか病院で処方される乳液みたいだな、という印象。 腕に塗布すると、軽くてするする伸びていきます。 最初にご紹介した『スキンミルクNさっぱりタイプ』よりもさらっとしたつけ心地。 それでいて超乾燥肌向けって、大丈夫なの?と思いましたが、肌に塗りこんでいって驚きました。 軽やかなのに肌の表面にぴったり水分と油分の膜が張られているのがわかり、なおかつべたつきません。 無香料なので、香り付きのクリームに抵抗がある人でも問題なく使えて、 男性にもおすすめです。 軽いテクスチャーは、肌にダメージがある状態でも摩擦を加えないようにして塗布できる工夫なのかもしれません。 グリチルリチン酸の配合されているので、 赤みなどの炎症をやわらげる効果も期待できます。 欠点が見当たらないくらい使いやすく、 乾燥に悩んでいる人なら1度は試してほしいとおすすめできるボディミルクです!! 使用したからわかった!ニベアのボディミルクおすすめベスト3! 実際に7種類すべて使用してわかった、ニベアのボディミルクシリーズの おすすめベスト3を発表します!! 【第3位】ニベアスキンミルクRクリーミィ 定番のさっぱりタイプとしっとりタイプのいいとこどり! 1年中使えるデイリーボディケアアイテムをお探しなら、間違いなくコチラ! 【第2位】ニベアプレミアムボディミルクアドバンスS 高保湿でありながら軽いつけ心地は使いやすさバツグン。 うるおいを与えるだけでなく、肌をダメージから守ってくれるので、1歩先のボディケアが可能になります。 ボディクリームで香りを楽しみたい人にも、ローズとカモミールのバランスよい香りはおすすめできます! 【第1位】ニベア薬用エクストラリペアボディミルク 乾燥肌で悩んでいる人にはぜひ1度は使ってほしい!と大きな声でおすすめしたくなるアイテム。 軽やかでべたつかず、香りも邪魔にならないので、年齢や性別を問わず使えると思います。 医薬部外品であることも、乾燥でダメージを受けた肌にとっては安心して商品を選べる材料になりますね! スポンサーリンク まとめ ボディクリームといえばニベア。 保湿といえばニベア。 同じニベアにも配合成分や香りで使い心地が大きく異なることが分かりました。 商品選びで迷っている人にとって、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。 目的や肌質に合わせて、自分にピッタリのニベアボディミルクを選んでみてくださいね!.

次の

ニベアのボディクリームおすすめ人気ランキング10選【青缶・ボディミルクなど】

ニベア プレミアム ボディ ミルク

顔だけでなく、首筋・腕・足などの全身にもお使いいただけます。 引用元: ってQ&Aで回答 してるんだ。。 「プレミアムボディミルク」と 「スキンミルク」を比べてみても、 ・製品カテゴリでは同シリーズになる ・成分的にみても「顔に使わない方がいい成分」も追加されていない と思うので、 スキンミルクを顔に使っても いいのなら、 プレミアムボディミルクも顔に 使ってもいいんじゃないかな~ って隼人的には思うんだよ。。 引用元: としてるので、、 「体に使えたから大丈夫」 って考えるんじゃなくて、 様子をみながら使ってほしい って形だね。。 たしかに、 顔は、 体の中でも、皮膚が薄い 部分にあたるので、 体には使えたけど、 顔の肌には合わないって コトも考えられなくも ないからね。。 ニベア プレミアムボディミルク アドバンスの口コミ、スゴい…。。 プレミアムボディミルク アドバンスはアトピー肌に人気?。。 肌を潤す• 潤いをキープ• そこそこ低刺激 だと、使い方をキチンとすれば 悪くはないと思うんだけど、、 なんで、 「ニベア プレミアムボディミルク アドバンス」 が特別に そう言われるのか、、 っていう部分が見当たらなかったんだ。。 ただ、ウワサに なってるほどなので、 そういう実感をしたって 人が少なからずいるワケだから、、 アトピーっぽい体質で 悩んでいて、ボディミルクを 探してる人なら、 一度は試してみてもいいかもね。。 ただ、 パッチテストは しっかりと やった方が いいと思うよ。。 これは しかたのない トコロだと思うんだけどね。。 この、匂い、、 ワシには合わんじゃろ。。 」 ってなるのも、 しかたがないコトだと思うよ。。 ただ、香りについても、 「好き」「癒やされる」 「むしろ香りがいいので、コレが好き」 って人も たくさん いるので、、 これは 好みが分かれるって 問題だね。。 で、次に、 「保湿が少し物足りない」 「私には こってりしすぎてる」 って口コミもあったよ。。 これも やっぱり 肌質との 相性なので、しかたないよね。。 ちなみに、保湿としては 口コミをみる限り アドバンスの方が少し高めな 印象だね。。 あとは、 「肌に合わなかった…」 って口コミだね。。 とくに、 「アトピーにいいと聞いて 使ってみたけど、肌に 合わなかった…」 って口コミはパラパラと 見かけたよ。。 ニベア「プレミアムボディミルク」「アドバンス」の違いって?。。 で、今まで、 ・ニベア プレミアムボディミルク ・ニベア プレミアムボディミルク アドバンス を わりと一緒くたに して話してきたんだけど、、 「そもそも この2つって どういう違いがあるの?」 って思った人も多いかも、、 だね。。 コエンザイムQ10は、 有名な成分だよね。。 『コエンザイムQ10』は、強い抗酸化作用とエネルギー産生作用を併せ持った成分です。 引用元: 口から摂取するのも有効だし、 化粧品として肌に塗布しても 効果があるって言われてるよ。。 価格的には、Amazonの 実売価格でいうと、 約1. 45倍ってコトで わりと高くなるって 形だね。。 (あくまでも調査時の価格)。。

次の

プレミアムボディミルク ホワイトニング|ニベアの口コミ「「安定のニベア!¥1000以下でホワイトニ..」 by Hima(普通肌/20代前半)

ニベア プレミアム ボディ ミルク

まずはベーシックなものから始めてみたい方には、ニベアブランドが登場した当初から作り続けている「ニベアクリーム」、通称「青缶」がおすすめ。 硬めのホイップクリームのような、白くてこってりしたテクスチャで、保湿力が高いのが特徴です。 年齢・肌タイプを問わず使えるタイプなので、迷ったときにはこれを選んでおけば間違いないでしょう。 またオイルと混ぜてマッサージクリームにしたり、フェイスパックに使ったりと、使い方が多彩なのも魅力。 顔・体など総合的なケアに使いたい方にもおすすめです。 ただしその保湿力の高さから、 夏場はベタベタしてしまう可能性も。 季節に応じて使い分けたり、塗る量を調節したりと、工夫は必要になります。 日焼けによるしみ・そばかすを防ぎ、うるおいを与えて透明感があるみずみずしい肌に整えます。 安定型ビタミンCにより、紫外線にダメージを受けた肌をケアします。 さらに、べたつかないユキノシタエキス・オリーブ油が配合されており、さわると弾力のあるうるっと肌に…。 朝、メイクの前の肌や、首回りにもささっとつけておくと良さそう。 日焼け止めの前に手や足にも。 肌タイプ 普通肌 保湿成分 - うるおい成分 ユキノシタエキス、オリーブ油 香り レンジ&ベルガモットティー 紫外線対策 - 肌荒れ防止成分 - ニベアの中でも特に 乾燥肌に配慮したプレミアムシリーズから、保湿のほか、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐ効果が期待できる一本です。 ミルクタイプのテクスチャでつけやすく、保湿成分が肌のカサツキに立ち向かいます。 さっぱり柑橘+濃厚ローズという支持の高い二大アロマのコラボレーションです。 しかしなんといっても、 保湿しながらも、メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐという一石二鳥の効果がポイントでしょうか…。 楽してうるおいたい女性にはしあわせな1本ですね。 ボディミルクタイプで伸びが良く、1日の終わりにしっかりと全身に塗ると、アロマに包まれて、眠りごこちもよさそう。 ボディクリームの香りも重視する方にもおすすめです。 保湿成分にはコエンザイムQ10が入っており、うるおい成分には高保水型ヒアルロン酸が配合。 保湿を重視しているのでさらっとテクスチャの中でも、つけたあと 比較的もちっとする傾向にあります。 肌タイプ 乾燥肌 保湿成分 コエンザイムQ10 ユビキノン ・マリンコラーゲン うるおい成分 高保水型ヒアルロン酸 香り エンリッチ カモミール&ローズ 紫外線対策 - 肌荒れ防止成分 - ニベアのスキンミルクシリーズはいずれも 滑り心地の良いミルクタイプで、3種類発売されており、使用感で「さっぱり」「しっとり」「クリーミィ」のタイプ別に分類されています。 いずれも乾燥を防ぐアイテムですが、 クリーミィはさらっとした「さっぱり」と濃厚な「しっとり」のちょうど間をとる商品。 さっぱりだと物足りず、しっとりタイプはべたつきすぎるという方に選ばれています。 強すぎないマイルドな香りで、全身に使うとほのかに安らぎます。 ニベア商品の中でも中間にあっていいところどりをしているので、初心者ユーザーはこれから始めてみても良いですね。 肌タイプ 乾燥肌 保湿成分 シアバター、セラミドII配合、GG グリセリルグルコシド うるおい成分 高保水型ヒアルロン酸配合 香り - 紫外線対策 - 肌荒れ防止成分 - 上品なローズの香りが女性らしさを引き立ててくれるアイテム。 乾燥肌〜超乾燥肌向けのプレミアムボディミルクの中でも、香りの華やかなタイプです。 プレミアム ボディミルクシリーズは うるおいが長続きするのがポイントで、やさしい肌感をキープします。 シリーズには、モイスチャー、エンリッチ、ホワイトニング、リペアの4種類があり、それぞれに配合成分や香りが異なっています。 しっかりと保湿してくれるのに軽いつけ心地なのも嬉しいですね。

次の