妊娠 検査 薬 コラ。 妊娠検査薬10種類を比較!当ブログおすすめ超フライング検査薬と選び方のコツ

妊娠検査薬の間違いってあるの?濃い場合の可能性は?

妊娠 検査 薬 コラ

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表! 2020年4月6日 こそだてハック 妊娠検査薬の使い方はとても簡単ですが、その分説明書を読まず、いつから使えるのか確認せずに使ってしまう人が多いものです。 妊娠検査薬は、適切な時期やタイミングで使わないと正しい結果を得られない場合があるため、注意が必要です。 そこで今回は、妊娠検査薬が使える時期はいつからなのか、タイミングと注意点、先輩ママたちの体験談もあわせてご紹介します。 妊娠検査薬の仕組みは? 妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応する仕組みとなっています。 ただ、人によっては、これよりも早い時期に使っても陽性反応が出ることがあります。 しかし、このなかには妊娠検査薬に染み込んだ水分が蒸発するときに、濃縮された尿の成分が線となって残る「蒸発線」を見間違えた人が含まれている可能性もあります。 そのため、「生理予定日の1週間後以降」より前の判定は、あくまでも参考程度に考えましょう。 正確な結果を知るためには必ず、判定可能な時期である「生理開始予定日の1週間後以降」に妊娠検査薬を使うようにしてくださいね。 生理不順の場合 生理周期が一定ではない女性は、生理がいつから来る予定なのかが分かりにくいため、妊娠検査薬が使える時期がいつからなのかもわからなくて困ってしまうかもしれませんね。 関連記事 妊娠検査薬をいつから使うか、タイミングの注意点 妊娠を待ち望んでいる人は「早く妊娠しているかどうか知りたい」という一心で、いつから使えるのか確認せず、判定可能な時期よりも前に検査をしてしまいがちです。 しかし、まだhCG濃度が低い時期に妊娠検査薬を使うと、判定窓に現れる線が薄く、正しい判定結果を得られないこともあるので注意が必要です。 また、妊娠検査薬をいつから使うか確認せず、時期が早すぎて陽性反応が出なかった場合、「実は妊娠していたのに、検査薬の陰性結果を鵜呑みにして、飲酒や薬の服用をしてしまった」ということもありえます。 はっきりしない結果にやきもきしたり、生まれてくる赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼしたりしないよう、妊娠の可能性があるときは飲酒や薬の服用を控えて、生理開始予定日の1週間後以降という決められた時期に妊娠検査薬を使いましょう。 妊娠をしている場合、生理予定日前頃から妊娠超初期症状といった体の変化を感じる女性もいるようです。 妊娠の可能性がある場合は、自分の体調にも気をつけてみてくださいね。 関連記事 陰性 ・妊娠していない ・妊娠超初期で、まだ検出可能なhCG濃度に達していない ・水分の摂り過ぎなどで一時的に尿のhCG濃度が薄い ・生理周期の計算を間違えている できるだけ早くに妊娠検査薬を使いたいならいつから? 最近は、通常の妊娠検査薬よりも感度の高い「早期妊娠検査薬」も販売されています。 早期妊娠検査薬がいつから使えるのかというと、「生理開始予定日の5日前」や「生理開始予定日」といった、通常の妊娠検査薬よりも早い時期からです。 商品によっていつから使えるか、時期は異なるので、各商品に付いている説明書に従って使用しましょう。 ただし、使える時期が早い分、早期妊娠検査薬は通常の妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点は、覚えておいてくださいね。 関連記事 妊娠検査薬がいつから反応するかを知って、正しく使おう 妊娠してるかも?と思うと、「いつから妊娠検査薬を使えるのだろう?すぐに検査して確かめたい」と思いますよね。 しかし先述のように、妊娠検査薬で判定ができる時期がいつからかというと、生理予定日の1週間後からです。 この時期はすでに妊娠初期のため、妊娠している場合、胎児にとって大切な時期です。 妊娠している可能性があるかどうかを正しく知るために、妊娠検査薬は使用時期をきちんと守って使いましょう。 また、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使って陽性が出た場合は、早めに病院を受診し、妊娠確定の診断をしてもらいましょう。 はじめて妊娠検査薬を使うという人は、以下の記事を参考に商品を選んでみてくださいね。

次の

妊娠検査薬で妊娠判定が出来るのはなぜ? —hCGについて—|東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部

妊娠 検査 薬 コラ

妊娠検査薬は以下の点を踏まえて、選ぶといいでしょう。 検査可能時期で選ぶ• 判定結果の見やすさから選ぶ 検査結果の正確性が気になる! という人もいると思いますが、 妊娠検査薬はどれも正確性が高く99%以上なので正確性で選ぶ必要はありません。 検査可能時期で選ぶ 妊娠検査薬は• 生理予定日の1週間後から使用できる通常タイプ• 生理予定日頃から使用できる早期タイプ の2種類があります。 通常タイプは「生理が遅れている」と感じたタイミングで使用可能で、ドラッグストアや薬局・コンビニなど比較的どこでも購入できます。 一方、早期タイプは生理予定日の前から検査が可能で、いち早く妊娠を確認したい場合に使用する製品です。 早期タイプの妊娠検査薬は薬剤師のいるドラッグストアや、薬局でのみ購入が可能となっています。 判定結果の見やすさから選ぶ 妊娠検査薬の表示方法はアナログタイプとデジタルタイプの2種類があります。 アナログタイプ 一般的に販売されている妊娠検査薬のほとんどはアナログタイプです。 アナログタイプの妊娠検査薬は 線が出るかどうかで陽性陰性を判別します。 妊娠している場合 陽性 は線が表示され、妊娠していない場合 陰性 はなにも表示されません。 線が出たが薄くて判断に困る、という場合は日にちを空けて再検査を行うことでハッキリとした結果が得られることがあります。 コンビニやドラッグストアなど販売店が多く、比較的安価で購入することが可能です。 デジタルタイプ デジタルタイプはアナログタイプに比べ、陽性と陰性で表示されるマークが違うので検査結果がはっきりわかります。 アナログタイプでは線の濃淡で検査結果に悩む場合がありますが、そのような心配がないのが特徴です。 また、 デジタルタイプはアナログタイプに比べると価格が高いです。 表示結果は一定時間が経過すると消えてしまうので、検査後はすぐに結果を確認するようにしましょう。 妊娠検査薬を使用する際の注意点 妊娠検査薬を使用する際には以下の点に注意して使用しましょう。 保管方法• 採尿方法• 結果によっては再度の検査・診察をすること 保管方法 妊娠検査薬は箱の中で個別包装をされています。 開封は検査直前に行ってください。 開封後に長時間放置してしまうと、正しい結果を得ることができなくなる場合があります。 また、妊娠検査薬には使用期限があるので必ず期限内の妊娠検査薬を使用して検査を行うようにしてください。 採尿方法 妊娠検査薬は妊娠初期に出る尿の中のhCG濃度を測って検査を行います。 そのため、採尿の仕方に誤りがあると、正しい検査結果が表示されない可能性があります。 妊娠検査薬の使用方法をよく読み、正しく尿を妊娠検査薬にかけるようにしてください。 排尿を開始してから何秒後に何秒間かけなければならないかなど、取扱説明書をよく確認しましょう。 結果によっては再度の検査・診察をすること 検査で陰性が出ても1週間以上たっても生理が来ないようであれば、再度検査を行ってみましょう。 検査のタイミングによっては妊娠していても尿中のhCG濃度が少なく、正しい検査結果が出ないこともあります。 また、婦人科疾患など別の要因によって生理に影響が出ている可能性もあるので陰性でも体に異常を感じたら医療機関の受診をおすすめします。 おすすめの妊娠検査薬ランキング8選 1位 オムロン 妊娠検査薬 クリアブルー• まとめ 妊娠検査薬を利用する際のポイントをまとめてみました• 妊娠検査薬はどれを選んでも正確性は変わらない• 妊娠検査薬は検査可能時期と表示方法で選ぶ• 妊娠検査薬を使用する際は、使用方法・保管方法に注意をする• 検査が陰性でも生理が来なければ、再検査・受診を検討する 妊娠しているかどうかは、判明するまでドキドキしますよね。 焦る気持ちはわかりますが、使用方法を守り、正しい検査結果が得られるように十分注意した上で妊娠検査を行いましょう。 また、妊娠検査薬の結果は99%正確とは言え、100%ではありません。 生理が来なかったり、妊娠の初期症状が表われたら早めに産婦人科や婦人科の受診を検討してみてください。

次の

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表!

妊娠 検査 薬 コラ

パッと読める目次• 妊娠検査薬で濃い陽性反応があっても間違いかもしれない? <陽性反応自体は間違ってはいない> 妊娠検査薬は受精卵が子宮内膜に着床すると分泌される 「hCGホルモン」に反応する検査薬です。 体内にhCGホルモンがあるかどうかを調べる検査なので、妊娠検査薬で濃い陽性反応がでたら、その反応が間違いである可能性はほぼ考えられません。 hCGホルモンは、基本的には妊娠しないと分泌されたり、体内にとどまることはありません。 そのため、妊娠検査薬で濃い陽性反応がでたのに間違いである可能性はほぼないのです。 しかし日を改めて再検査してみると、陽性反応が薄くなっている、陰性反応に変わったということがあります。 濃い陽性反応から変化する原因がいくつかあります。 詳しくは次の項目でご紹介します。 <正常な妊娠ではない可能性> 妊娠検査薬で濃い陽性反応がでても、それが正常な妊娠かどうかは医師の診察を受けないとわかりません。 陽性反応がでたということは受精卵が着床したということなのですが、その後に問題がある場合があります。 主な異常妊娠には子宮外妊娠と胞状奇胎があります ・子宮外妊娠 本来であれば子宮内膜のどこかに着床するはずが 卵管や卵巣、子宮頚管などに着床してしまうことをいいます。 受精卵がそのまま成長することは難しく、流産や激しい痛みをともなう卵管破裂などをおこす可能性があるため、手術で取り除くことになります。 ・胞状奇胎 受精卵の染色体や細胞分裂に異常があり、着床して 胎盤の組織を作るときに異常に増殖してしまうことをいいます。 この時期の細胞増殖のスピードはもともと速いのですが、さらに増殖スピードが速くいろんな場所に散らばって増殖しようとします。 hCGホルモンの値が高くなるのも早く、通常の妊娠検査薬では正確に判断できないので、経膣エコーと血液検査で詳しく判断することになります。 その後は流産や中絶と同じように手術が行われます。 どちらの場合も受精・着床があったため、hCGホルモンは分泌されて妊娠検査薬が陽性反応をしめしたので、間違いではありません。 妊娠検査薬の陽性反応は、濃いままである可能性が高いです。 <化学的流産の可能性> 妊娠検査薬で濃い陽性反応がでたのでちゃんと妊娠できたと思っていても、何日か経って再検査してみると、反応が薄くなっていたり陰性に変わっていたりすることがあります。 この場合は化学的流産になってしまった可能性があります。 妊娠したことは間違いないのですが、成長し続けることができなかったためにおこります。 病院で検査する前に流産してしまうので、 結果的に妊娠していなかったという判断になります。 流産したことで、着床していた組織がはがれていってhCGホルモンの分泌も止まっていくので、妊娠検査薬の反応は鈍くなっていきます。 妊娠検査薬で陽性がでたけど、これが間違いってあるの? <hCGホルモンに反応しているので間違いではない> 妊娠検査薬が陽性反応をしめすのは、hCGホルモンが分泌されているときだけだとご説明しました。 このため「この判定が間違いってあるの?」という疑問に答えると、 ほぼ間違いはないのです。 けれども陽性反応がでても間違いってあるじゃないか、と思ってしまう原因がいくつかあります。 それが、hCGホルモンの分泌に異常があった場合です。 <hCGホルモン分泌が止まる原因> 病院に行く前に妊娠検査薬の陽性反応が薄くなった、陰性に変わった場合には化学的流産になってしまった可能性が考えられます。 化学的流産になれば受精卵の細胞分裂はとまり、次の生理をおこすためにはがれおちていって、やがては生理がおこります。 そのため医師に妊娠していないことをつげられると、妊娠検査薬にも間違いってあるじゃないかと思ってしまいます。 妊娠検査薬の間違いではないものの、検査したタイミングによっては結果が変わっていき、どの判定が正しいのか混乱してしまうことがあります。 <hCGホルモンが分泌される妊娠以外の原因> hCGホルモンは基本的には妊娠によって分泌されるのですが、妊娠が終了した後や病気などによっても分泌される場合があります。 ・hCGホルモン注射 不妊治療をしていて排卵後にホルモンを補う必要がある人が妊娠検査薬を使う場合、注射後にある程度の期間をあける必要があります。 妊娠検査薬は、自分の体から分泌されたhCGホルモンか注射によるものなのかは判断できません。 そのため妊娠していなくても陽性反応がでてしまいます。 期間をあけずに検査して間違いってあるんだと思うことがないように、注射の影響をうけなくなる時期まで待ちましょう。 ・がん 卵巣がんや肺がんなどの腫瘍ができている場合にも、hCGホルモンが多く分泌されます。 腫瘍マーカーという、がんなどの悪性腫瘍が体内にあるか調べる検査の項目の中にもhCGが含まれています。 この場合、妊娠もしている可能性があり詳しく検査する必要があります。 血液検査などの精密検査を受けて異常がないか調べられます。 ・流産・中絶後 流産や中絶手術後で日が浅いと、妊娠検査薬で陽性反応がでることがあります。 次の生理が起こるまでは完全に組織が排出されずにhCGホルモンが分泌されることがあります。 このときに妊娠検査薬を使うと、陽性反応がでて間違いってあるのだろうかと考えてしまうかもしれません。 妊娠検査薬で陽性がでても40 歳以上だと間違った反応がでる? <更年期には生理が乱れてくる> 40歳代後半になると更年期にさしかかり、女性だと排卵が終わりに近づくため生理に変化があらわれます。 個人差はありますが、生理周期・経血の量や色、生理開始から終わるまでの日数が変わってきます。 この時期に妊娠検査薬を使ったところ、陽性反応がでて間違いかもしれないと思う場合があります。 <閉経後に出るホルモンが影響> 閉経するとエストロゲンの生産量がとても少なくなり、その急激なホルモンバランスの乱れを補おうとして hCGホルモンに似た構造のホルモンが分泌されます。 そのため妊娠検査薬を使って陽性がでたので病院で見てもらったところ、妊娠していなくて間違いだったと思う可能性があります。 しかし細菌の妊娠検査薬は、hCGホルモンにだけ反応するように性能が向上しているので、40歳を超えて更年期だから何かが原因で間違いの反応がでる、という可能性はほぼありません。 <40歳以上でも妊娠していれば陽性反応は正しくでる> 40歳を過ぎ、更年期や閉経後に妊娠検査薬が陽性反応をしめしたからといって、必ずしも間違いではないとご説明しました。 40歳を過ぎていても排卵が起こっていれば妊娠する可能性はあります。 妊娠していればhCGホルモンが分泌されるしくみに年齢は関係ないので、妊娠検査薬は間違いではなく正しい陽性反応がでます。 40歳を過ぎたから正しい判定ができない、妊娠できないということではありません。 生理が乱れてくる場合が多く、 妊娠との判断が自分では難しくなってくるので、心配なことがあれば医師に相談するのがいいでしょう。

次の