グループホーム 川崎市中原区。 ツクイ武蔵中原グループホームの資料請求

デイサービスセンター中原(神奈川県川崎市 中原区、幸区)

グループホーム 川崎市中原区

川崎市の中央に位置する中原区は、横須賀線や東横線のような主要な鉄道や、幹線道路が通るため、交通面でとても恵まれています。 その点に加えて、市内に膨大な商業地を抱えている点も大きな魅力となっています。 ビジネスや買い物に不自由しないだけではなく、区内に広大なスポーツ会場や文化施設を有しており、娯楽の面でも優れた都市です。 引退後に、悠々自適の生活を送る場合にも、かなり適しているでしょう。 川崎市は、全体として人口が増え続けている都市ですが、中原区も住民が少しずつ増えています。 しかし、中原区でも高齢化は他人事ではありません。 少子化率には、2010年に10. 6%でした。 中原区には、有料老人ホームや高齢者専用住宅のような施設が、すでに数多ありますが、まだまだこれからも増えていくでしょう。 費用にこだわって施設を探すと、毎月の負担が少なめで済む施設がなかなか見つからない可能性がります。 ただし、まだ新しくて設備が優れた施設や、ホテルのように豪華な外観を持つ施設が多いことから、長期的な入居環境を考えて施設探しをする方は満足できるのではないでしょうか。 もちろん、特別養護老人ホームやグループホームなどを中心に探して、安い施設を探すことも可能です。 出典:川崎市中原区 2018年9月14日時点 交通アクセスや立地の良さなどにより、中原区の人口は増加し続けています。 2011年には23万4,732人だった総人口も、2017年には25万4,156人まで増加しました。 川崎市7区の中で最も人口が多い区です。 中原区の平均年齢は40. 9歳で、川崎市で最も低くなっています。 15歳から64歳までの生産年齢人口の割合も71. 65歳以上の高齢者人口は比較的少なく、高齢化率も15. しかし、高齢者の人口は毎年増加しているのが現状です。 2017年のデータを見ると、高齢者人口の中でも一人暮らしの高齢者が増えており、2010年から2015年にかけて1,464人増加しています。 2017年の将来人口推計によると、中原区の現役世代の生産年齢人口は2025年にピークを迎えると予測されています。 しかし、高齢者人口は2020年に4万人を超え、その後も増加し続けるようです。 中原区では、高齢化の波に合わせ、介護保険サービスや福祉サポートを充実させる取り組みを行っています。 中原区では、 介護保険サービスにおける要支援・要介護認定者も増加中で、2016年には6,412人、認定率は17. 要支援・要介護認定者の内訳を見ると、約3割が要支援1と要支援2で、比較的軽度の人が多い状況です。 要支援・要介護認定者を支えるため、川崎市の「かわさきいきいき長寿プラン」を中原区も推進しています。 需要の高い訪問介護や訪問看護といった介護保険サービスなどの充実を目指しています。 また、 認知症高齢者も増加の一途を辿っており、高齢者人口に占める認知症高齢者の割合は、2015年には15. 認知症高齢者やその家族や孤立しないよう、認知症サポーターの養成講座を開催しています。 認知症に理解ある区民を増やし、認知症高齢者を区全体でサポートする体制を整えています。 その他にも、高齢者の生活支援や外出サポート、おむつの支給などによる在宅介護支援を実施しており、内容は多彩です。 川崎市内在住の60歳以上の方なら誰でも無料で参加できる体操で、中原区内各地の「老人いこいの家」などで、毎週定期的に開催しています。 外出のきっかけづくりや、運動習慣の形成に一役買っています。 毎年秋に開催されている「なかはら福祉健康まつり」では、なかはらパンジー体操に加え、福祉体験ウォークラリーを実施しています。 福祉サービスや健康づくり活動を体験できるようにしています。 また、「かわさきスポーツパートナー」と連携し、各種スポーツ教室や総合型地域スポーツクラブを開催しています。 みんなでスポーツを楽しむことで、地域の活性化を図っています。 中原区の「川崎市とどろきアリーナ」では、大人向けの体操教室を開催中です。 骨盤エクササイズやストレッチ健康体操、ヨガ、太極拳を実施しており、500円で体験ができる「ワンコインレッスン」も行なっています。 さらに、健康寿命の延伸のためには病気予防も重要として、高齢者肺炎球菌予防接種やインフルエンザの予防接種を実施しています。 各種健康診査や、がん検診も行い、生活習慣病予防にも努めています。 介護保険サービスの「訪問リハビリテーション」では、理学療法士などが自宅でリハビリを実施しています。 リハビリをしたい高齢者に需要があります。 中原区社会福祉協議会にある「あんしんセンター」では、成年後見制度を推進中です。 認知症などで判断能力が十分でなくなっている高齢者を対象に、福祉サービスの利用手続き支援や、金銭管理の代行を行い、高齢者の生活を支えています。 「介護保険サービスの利用方法がわからない」「サービスの申し込みが難しくて諦めている」「お金の管理が不安になってきた」といった相談が可能です。 加えて、 生活費に困窮している高齢者世帯を対象に、資金の貸付相談を行っています。 条件が合えば、生活の安定を図るための資金を貸し付けてもらうことができます。 また、「中原老人福祉センター(中間いきいきセンター)」では、福祉活動や介護予防活動の実施とともに、60歳以上の高齢者を中心とした日常生活や健康の相談に乗っています。 介護予防活動がてらに相談できるのが魅力です。 さらに、中原区内に6ヵ所ほどある「地域包括支援センター」でも、各種相談に対応しています。 介護保険や人間関係、介護予防のことなど、相談内容は幅広く、いろいろな相談ができるのが魅力です。

次の

【川崎市中原区】グループホーム一覧

グループホーム 川崎市中原区

概要・アクセス 事業所概要 建築基準法及び消防法により自動火災通報装置、火災探知機、誘導灯、その他避難設備が整っております。 トイレは、車椅子対応1、洋式2で余裕を持たせたものとなっております。 個室は全室エアコンを完備しております。 外観 木造2階建ての施設で、木のぬくもりが感じられます。 南武線の武蔵中原駅より徒歩10~15分程にあります。 居室 ベットの方も和布団利用の方もあり、お好きな家具、小物でその人らしい暮らしをしています。 南武線武蔵中原駅からも近いことから、買い物などの日常生活には便利です。 閑静な住宅地で散歩コースにはお寺などもあります。 また交通アクセスも良いことから面会にも来られやすい環境にあります。 アクセス JR南武線武蔵中原駅下車、徒歩で約10~15分。 1階にはデイサービスセンター中原があります。

次の

川崎市中原区のグループホーム【介護のほんね】

グループホーム 川崎市中原区

川崎市の中央に位置する中原区は、横須賀線や東横線のような主要な鉄道や、幹線道路が通るため、交通面でとても恵まれています。 その点に加えて、市内に膨大な商業地を抱えている点も大きな魅力となっています。 ビジネスや買い物に不自由しないだけではなく、区内に広大なスポーツ会場や文化施設を有しており、娯楽の面でも優れた都市です。 引退後に、悠々自適の生活を送る場合にも、かなり適しているでしょう。 川崎市は、全体として人口が増え続けている都市ですが、中原区も住民が少しずつ増えています。 しかし、中原区でも高齢化は他人事ではありません。 少子化率には、2010年に10. 6%でした。 中原区には、有料老人ホームや高齢者専用住宅のような施設が、すでに数多ありますが、まだまだこれからも増えていくでしょう。 費用にこだわって施設を探すと、毎月の負担が少なめで済む施設がなかなか見つからない可能性がります。 ただし、まだ新しくて設備が優れた施設や、ホテルのように豪華な外観を持つ施設が多いことから、長期的な入居環境を考えて施設探しをする方は満足できるのではないでしょうか。 もちろん、特別養護老人ホームやグループホームなどを中心に探して、安い施設を探すことも可能です。 出典:川崎市中原区 2018年9月14日時点 交通アクセスや立地の良さなどにより、中原区の人口は増加し続けています。 2011年には23万4,732人だった総人口も、2017年には25万4,156人まで増加しました。 川崎市7区の中で最も人口が多い区です。 中原区の平均年齢は40. 9歳で、川崎市で最も低くなっています。 15歳から64歳までの生産年齢人口の割合も71. 65歳以上の高齢者人口は比較的少なく、高齢化率も15. しかし、高齢者の人口は毎年増加しているのが現状です。 2017年のデータを見ると、高齢者人口の中でも一人暮らしの高齢者が増えており、2010年から2015年にかけて1,464人増加しています。 2017年の将来人口推計によると、中原区の現役世代の生産年齢人口は2025年にピークを迎えると予測されています。 しかし、高齢者人口は2020年に4万人を超え、その後も増加し続けるようです。 中原区では、高齢化の波に合わせ、介護保険サービスや福祉サポートを充実させる取り組みを行っています。 中原区では、 介護保険サービスにおける要支援・要介護認定者も増加中で、2016年には6,412人、認定率は17. 要支援・要介護認定者の内訳を見ると、約3割が要支援1と要支援2で、比較的軽度の人が多い状況です。 要支援・要介護認定者を支えるため、川崎市の「かわさきいきいき長寿プラン」を中原区も推進しています。 需要の高い訪問介護や訪問看護といった介護保険サービスなどの充実を目指しています。 また、 認知症高齢者も増加の一途を辿っており、高齢者人口に占める認知症高齢者の割合は、2015年には15. 認知症高齢者やその家族や孤立しないよう、認知症サポーターの養成講座を開催しています。 認知症に理解ある区民を増やし、認知症高齢者を区全体でサポートする体制を整えています。 その他にも、高齢者の生活支援や外出サポート、おむつの支給などによる在宅介護支援を実施しており、内容は多彩です。 川崎市内在住の60歳以上の方なら誰でも無料で参加できる体操で、中原区内各地の「老人いこいの家」などで、毎週定期的に開催しています。 外出のきっかけづくりや、運動習慣の形成に一役買っています。 毎年秋に開催されている「なかはら福祉健康まつり」では、なかはらパンジー体操に加え、福祉体験ウォークラリーを実施しています。 福祉サービスや健康づくり活動を体験できるようにしています。 また、「かわさきスポーツパートナー」と連携し、各種スポーツ教室や総合型地域スポーツクラブを開催しています。 みんなでスポーツを楽しむことで、地域の活性化を図っています。 中原区の「川崎市とどろきアリーナ」では、大人向けの体操教室を開催中です。 骨盤エクササイズやストレッチ健康体操、ヨガ、太極拳を実施しており、500円で体験ができる「ワンコインレッスン」も行なっています。 さらに、健康寿命の延伸のためには病気予防も重要として、高齢者肺炎球菌予防接種やインフルエンザの予防接種を実施しています。 各種健康診査や、がん検診も行い、生活習慣病予防にも努めています。 介護保険サービスの「訪問リハビリテーション」では、理学療法士などが自宅でリハビリを実施しています。 リハビリをしたい高齢者に需要があります。 中原区社会福祉協議会にある「あんしんセンター」では、成年後見制度を推進中です。 認知症などで判断能力が十分でなくなっている高齢者を対象に、福祉サービスの利用手続き支援や、金銭管理の代行を行い、高齢者の生活を支えています。 「介護保険サービスの利用方法がわからない」「サービスの申し込みが難しくて諦めている」「お金の管理が不安になってきた」といった相談が可能です。 加えて、 生活費に困窮している高齢者世帯を対象に、資金の貸付相談を行っています。 条件が合えば、生活の安定を図るための資金を貸し付けてもらうことができます。 また、「中原老人福祉センター(中間いきいきセンター)」では、福祉活動や介護予防活動の実施とともに、60歳以上の高齢者を中心とした日常生活や健康の相談に乗っています。 介護予防活動がてらに相談できるのが魅力です。 さらに、中原区内に6ヵ所ほどある「地域包括支援センター」でも、各種相談に対応しています。 介護保険や人間関係、介護予防のことなど、相談内容は幅広く、いろいろな相談ができるのが魅力です。

次の