サイズ アウト おむつ。 重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法|ベビーカレンダーのベビーニュース

重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法|ベビーカレンダーのベビーニュース

サイズ アウト おむつ

おむつのサイズ!サイズアップの目安を赤ちゃんの年齢別に紹介! 2019年11月7日 こそだてハック 赤ちゃんのおむつは、生まれてからおむつを卒業するまで毎日何枚も使うもの。 しかし、ママやパパが知らないうちに、いつの間にかサイズアウトしていたなんてことは珍しくありません。 どのタイミングでサイズアップすればいいのか、きっかけがわからず悩むママも多いですよね。 そこで今回は、赤ちゃんのおむつのサイズの目安や、サイズアップのタイミングなどをご紹介します。 おむつのサイズは体重で決めるの?新生児は? 赤ちゃんのおむつは、大きく分けると、新生児用・S・M・L・ビッグの5サイズが基本です。 月齢ではなく、外袋に記載されているサイズ表の体重を目安に選んであげてくださいね。 細かいサイズ設定はメーカーによって異なり、最近は新生児用でも少し小さめのサイズや、「ビッグより大きいサイズ」など、赤ちゃんの体格に合わせて、よりぴったりなもの(漏れないもの)が選べるよう、種類が増えてきています。 また、テープタイプとパンツタイプの2種類があり、ねんねの頃はテープ、赤ちゃんが動けるようになるとパンツタイプに切り替えます。 以下に、テープ・パンツタイプ含め、おむつのサイズを赤ちゃんのおおよその月齢に合わせてご紹介します。 サイズ選びの参考にしてみてくださいね。 メーカーによっては記載のサイズがない場合もあります。 関連記事 おむつのサイズアップの目安は? SサイズからMサイズにサイズアップするのは生後3ヶ月くらいのケースが多いですが、MサイズからLサイズへ移行する月齢には個人差があります。 M~Lサイズに関しては、おむつメーカー各社が明示している体重の指標も幅広く、この層にいる赤ちゃんのママは特にサイズアップのタイミングを難しく感じてしまうかもしれませんね。 おむつのサイズアップの目安は、必ずしも体重や月齢だけが指標ではありません。 これらの他に、以下の点もおむつのサイズ切り替えの目安として知っておきましょう。 体型の変化でおむつがフィットしない テープタイプのおむつの場合には、テープを貼る場所に目盛りがつけられています。 一番外側の目盛りにテープがくるようになってきたら、腹囲が大きくなってきた証拠。 腹囲に対しておむつの大きさが足りず、背中側に隙間ができるのもチェックポイントですよ。 パンツタイプの場合には、太ももやウエストに赤みが出たり、ゴム跡が残っていたりすると、おむつがきつくなった合図です。 おむつのウエスト部分がおへそより下にきた場合は、股下が足りていない状態です。 これらが見られるようになったら、おむつを一段階サイズアップしましょう。 おしっこやうんちが増える・漏れる おしっこやうんちの量が増えて漏れるようになったら、おむつの吸水する容量が不足してきた証拠です。 吸水量を上げるためにも、おむつをサイズアップしましょう。 また、新生児や低月齢の赤ちゃんはうんちが水っぽいため、新生児用やSサイズのおむつには、ゆるいうんちをガードする機能がついているものもあります。 うんちが固まってきたら次のサイズに移行できる目安ですよ。 関連記事 パンツタイプのおむつはいつから使う? 赤ちゃんのおむつは、初めはテープタイプを使い、赤ちゃんが成長したらパンツタイプに切り替える、というのが基本の流れです。 パンツタイプに切り替える目安は、つかまり立ちやハイハイをはじめて、おむつ替えのときにじっとしていられなくなる頃。 パンツタイプにすれば、赤ちゃんがハイハイで逃げまわっても後ろからさっと履かせることができすし、立ったままでもおむつを履かせられるようになります。 テープタイプは基本的にねんねの時期と考えましょう。 体が柔らかく、自分から意図的に体を動かすことができない時期に、ママがおむつ替えしやすい仕様になっています。 テープタイプの時期はうんち漏れが多いので、しっかりフィットするようテープでサイズ調節できるのが特徴です。

次の

おむつのサイズアップのタイミングとサイズアウト時の使い道とは?

サイズ アウト おむつ

生まれたばかりの赤ちゃんのおむつなら、迷わず新生児用サイズを選びますよね。 でも、赤ちゃんは日々成長しているので、気付けばおむつのサイズが合わなくなっていた…ということも。 サイズの合わないおむつだと、モレの原因になったり、赤ちゃんが窮屈な思いをしてぐずったりすることもあります。 さらに、多くのママが悩む「テープタイプからパンツタイプへの切り替え」もあり、赤ちゃんにぴったりサイズのおむつを選ぶのも意外とタイミングが難しいもの。 そこで、おむつのサイズアップに関する情報をチェック!おむつのサイズアップのタイミングや目安を把握しておけば、「おむつのサイズが合わない!」と慌てず、ぴったりサイズのおむつの準備ができて、赤ちゃんが動きやすく、快適に過ごせるおむつをはかせてあげられます。 新生児の頃は、おむつ替えを頻繁に行う必要があり1日の使用枚数が多いので、大量にまとめ買いをするというママも多いようです。 しかし上記の目安にもあるように、新生児サイズのおむつの使用期間は、生後約1ヵ月くらいと、思いの他短いもの。 おむつがサイズアウトしてムダにならないよう、特に新生児サイズのまとめ買いは控える方が無難でしょう。 新生児以降のサイズも、むやみに1サイズをまとめ買いするのではなく、赤ちゃんの成長を見ながら、上手に買い足していきましょう。 赤ちゃんがいると、急に買い物に出かけるのは難しいので、おむつのストックを途切れさせないようにまとめ買いしがちですが、そんな時は自宅で注文して翌日には商品が届くネットショップを上手に活用するのもオススメです。

次の

おむつサイズ徹底比較!サイズアップとおむつかぶれの悩み解決法!

サイズ アウト おむつ

上の子の成長はゆっくりでしたが、下の子はごく標準的な成長ペース。 上の子のときの経験上、まだ当分このサイズだろうと買い置きしていた紙おむつが思ったよりも早くサイズアウトしてしまい、余ってしまいました。 どうしたものかと思っていましたが、意外な場面で役に立ちました。 自宅トイレでトラブル発生 ある日、上の子がお気に入りのおもちゃをうっかりトイレに落としてしまいました。 突然のことにパニックになったのか、なぜか水を流してしまったらしく、おもちゃは見えない位置に……。 意を決して手を入れてもどうしても取れません。 諦めて業者に連絡をしました。 ところが、あと10分ほどで業者が来るというときに、上の子が「おしっこ出る!」と言い出したのです。 トイレは使えない、おまるもない! そのころ、おむつがはずれていた上の子。 しかし、これからおもちゃを取ってもらおうというトイレでおしっこをさせるわけにはいきません。 トイレトレーニング中はおまるも使っていたのですが、すでに処分してしまいました。 ど、どうしよう……。 そのとき、下の子のサイズアウトした紙おむつがあったことを思い出しました。 上の子は「もう赤ちゃんじゃないのに!」と嫌そうでしたが、今回は緊急事態。 なんとかおむつをあてて難を逃れました。 意外と役立つ! 余ったおむつ おもちゃをトイレに持っていき、落とした上に水を流してしまうなんていうトラブルはわが家くらいかもしれませんが、急にトイレが故障することはどんなご家庭でもあり得るのではないでしょうか。 サイズアウトしたおむつも、念のため保管しておくと、意外な機会に活用できるかもしれません。 わが家ではその後、お盆などの渋滞に備えて、車にもおむつを数枚常備しています。 トイレの故障時や車の渋滞時のほか、万一の災害の際には非常用トイレ代わりにもなるかも。 サイズアウトしたおむつも、便利な活用法がいろいろとありそうです。 著者:奥田美紀 二児の母。 IT企業にてSE・プログラマーとしてシステム開発やWEBサイト運用等をおこなう。 夫の転勤や子育てのために退職し、現在は妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。 ベビーカレンダー編集部.

次の