長居 昆虫。 特別展「昆虫」2019大阪の初日レポート!展示内容からグッズや図録の紹介まで

長居公園 昆虫展に1人で20代男がいってきた感想

長居 昆虫

特別展昆虫 内覧会 2019年7月13日から大阪で特別展昆虫が開催されます。 その前日である12日には内覧会が行われました。 特別展昆虫の「フリーパス」を購入すると内覧会に参加することができることを知って、5000円のフリーパスを買って参加してきました! 特別展「昆虫」2019大阪!初日レポ!展示内容からグッズや図録の紹介まで ブログ:特別展「昆虫」!!フリーパスの引換券を申し込みました! この記事は ・イベントの基本情報 ・会場への行き方 ・内覧会の様子と東京展との違い を中心に書いています。 この記事は昆虫大好き昆虫写真家「村松佳優」が書きました 村松が更新している昆虫ギャラリー図鑑Webサイト「ムシミル」で昆虫の写真も見ていってください。 トップページへ イベントの内容 2018年に東京で開催された時には44万人を超える人が見に行った人気のイベントです。 私が見に行った時には、入場するのに整理券を配布されていてその人気ぶりに驚きました。 そのイベントが大阪にやってくると聞いた時にはワクワクが止まりませんでした! イベントの基本情報です。 ・イベント名称 特別展「昆虫」 ・場所 大阪市立自然史博物館ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階) 〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL:06-6697-6221 FAX:06-6697-6225 最寄は地下鉄の「長居駅」が良いと思います。 詳しくはサイトで確認してください。 ・期間 2019年 7月13日(土)~9月29日(日) 休館日:7月16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月19日(月)、26日(月)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火) ・時間 9:30~17:00 (入場は16:30まで) ・料金 【前売券】大人¥1,200 高大生¥600 【当日券】大人¥1,400 高大生¥800 中学生以下は無料です! 特別展「昆虫」の内覧会に向けて出発! 地下鉄を使って「長居」駅へ 特別展昆虫は地下鉄「長居駅」を降りたところにある長居公園の中の「大阪市立自然史博物館」で開催されています! 私は大阪在住ですので、大阪メトロの御堂筋線で長居駅まで乗換なしです。 (厳密には「緑地公園駅」は北大阪急行ですが気にしない) 他県から来られた方だと「JR大阪」から大阪メトロ「御堂筋線の梅田駅」へ乗り換えて来られる方が多いのではないかと思います。 大阪駅からは徒歩で乗り換えることができ、赤い駅のマークが御堂筋線の印なのでそんなに迷わずに行けると思います。 梅田駅に到着したら「なかもず方面」行きへ乗車するとずーっと南下していって約22分で「長居駅」に到着です。 10分に1本以上の地下鉄が走っていますので、乗り換えのタイミングはそんなに気にしなくて大丈夫です。 地下鉄の表。 梅田と長居の位置関係だが、表作りの関係で斜めになっているけど、実際にはずっと南下していくだけ。 長居駅の「長居公園」に到着! 長居駅に着くと「3番出口」から公園にあがります! そこからは公園の中へ右側の道なんとなく進んでいけばノボリや案内が出ているので「大阪市立自然史博物館」までは迷わずに行くことができると思います。 駅のロッカー 3番出口に向かって改札を出て右側には駅のロッカーも設置されています。 あいていたら利用するのも手ですね! 3番出口から階段かエスカレーターを登ると長居公園に出てきます。 地図だと左下から出てくるので、そこから右の方面にまっすぐ進んでいくと「青色で囲んだあたり」が会場です。 オレンジ色の「ヤンマーフィールド長居」の裏辺りに正門がありますよ! コンビニがあります 少し進むとコンビニがあります。 園内には自動販売機などもたくさんありますが、暑い日も多いでしょうし水分補給もかねて何か買っていくのにちょうどよいです。 コンビニがあるので水分補給などに利用してください。 少し進むと看板があります 少し進むと看板があります!公園につくと会場までの道のりには看板やノボリが設置されているのでわかりやすいです。 ここから後650mで到着ですね! 駅を出てからだと、会場までは子供の足でも15~20分位見ておけば到着できそうです。 道なりにたくさんのノボリ! 特別展昆虫のノボリが公園にはたくさんたっていましたよ! ここを左に進んでいくと正門に着くようです。 大阪市立自然史博物館の正門 ここがどうやら正門ですが、右の方から入っていくみたいですね! ちょっと進んで右を見てみると、こっちの入口から入るようです。 特別展昆虫のイベントスケジュール イベントのスケジュールが出ていました!特別展昆虫のイベントの他に、大阪市立自然史博物館でやっているイベントもたくさんありますね。 内覧会受付の紙が貼ってあるのでこっちで間違いないようです。 特別展昆虫はこんな緑のたくさんある場所でやるのが雰囲気的には合っている気がします。 ちょっとワクワクしてきましたね! 園内でクマバチと遭遇 会場に入る前にクマバチがお出迎え!可愛いですね!自然がたくさんあって気持ちの良い場所です。 特別展昆虫は2階で開催! 中に入ると1階に受付を発見!と思ったけど、ここは別の受付だったようで、2階の入り口で受付をするみたいです。 館内に入ると、綺麗な階段があるのでここから二階に上がっていきます。 内覧会の様子 内覧会は2時半から受付で案内されていたのですが、少し早めに着いたのにもうたくさんの人が入場していました。 全部で3種類のデザインがあったが、アカスジキンカメムシとシタベニハゴロモの2種類にした。 フリーパスを購入するとスタンプカードがもらえる。 ラジオ体操みたいにハンコがもらえるけど、毎日はちょっと・・・。 会場に入るとおなじみの巨大昆虫!! 巨大ミツバチ!! 巨大なミツバチ!!内覧会はすいていて撮影もしやすいですね。 右側に見える大きなカメラはどこかの報道の方でしょうか。 香川照之さんが出演する「音声ガイド」 香川照之さんが出演している音声ガイドが内覧会から使うことができたので、さっそく借りてしっかりと聞いてきました! 「ちょえ~っ!!」の掛け声がTV番組の「昆虫すごいぜ!」でお馴染みだったのでとても楽しく聞けますし、展示の内容をもっと深く知ることができるので借りて見て回るのがおすすめですね! 番号を押すだけで音声が流れるので使い方は簡単。 ちなみに 音声ガイドのレンタルは500円です。 ギャラリートーク ギャラリートークでは学芸員の松本吏樹郎さんが展示について全体的に説明しながら回っていきました。 見どころや、資料にはないような話なども織り交ぜながらで音声ガイドと合わせてとても楽しかったです。 入ってすぐにあったミツバチの模型についても色んなお話をしてくださいました。 反対側は花粉団子付き ミツバチは花に潜ってミツを集めますが、体には毛がたくさん生えていて花粉なども付きやすいです。 そして、足を使って器用に花粉を集めていくのですが、後ろ脚はパカっと割れたような構造になっています。 そこの部分でこそぎ落とすように花粉を集めていくのだそうです。 そうやって花粉をこそいでいくと、もう一つの画像のように花粉が丸く集まってきて花粉団子になるのです。 それがわかりやすいようにこの巨大ミツバチの模型は右と左で花粉団子と、花粉無しとわけて制作されているんですね! 会場に入ったら、まずはこの模型を見て楽しんでください! 東京展と比べてどうか? 東京展は会場になった「国立博物館」が広かったこともあるのですが、大阪の方は全体的に規模が縮小しています。 見どころポイントは押さえていますが、ボリュームは東京のほうがやはり凄かったです。 関西近辺の昆虫 しかし、大阪での展示ならではの部分もしっかりと工夫されていました! 「2-2さまざまな環境に住む昆虫」では、東京の時には関東近辺の昆虫が展示されていましたが、大阪展では関西近辺の昆虫に変更されています。 関東と関西では少し見られる昆虫も違うので、違いがわかると面白いです。 最近話題になっている昆虫で「ヒラズゲンセイ」などが展示されていますが、この昆虫は関東では見られないので東京ではなかったのではないでしょうか。 ヒラズゲンセイなど関西で見られる昆虫の標本 大阪ならではのコレクション「宝塚昆虫館標本」 他には「5-4コレクションを構成する」では自然史博物館に収蔵されている標本のコレクションから一部を展示しているので、ここにも違いが出ていると思います。 一際気になったのは「宝塚昆虫館標本」のコレクションです。 宝塚昆虫館は1939年に開館し1968年に閉館しました。 失われた標本も多いようですが大阪市立自然史博物館に移管されて保存されているものが今回たくさん展示されています。 その中には100年近く昔の標本なども残されているので、戦前に採集されていた標本が残っている事自体にも驚きました。 昔の関西の昆虫の生態系を想像することができて面白い展示だと思います。 日本初公開!絶滅目の昆虫! 大昔に絶滅してしまった「アリエノプテラ目」の昆虫が琥珀の中に入った状態で発見されました。 東京展の図録にも載っているので、パネルなどで資料は展示されていたと思いますが「日本初公開!」ということなので実物が展示されているのは今回が初めてになります。 ちょっとドキドキしますね! 学名に「Dolichomitus flavicrus」と名付けられた。 和名はまだついてないようだ。 とても楽しんだ「特別展昆虫 内覧会」 レセプションパーティみたいなものもあるのかと思っていましたが、そういうのではなくギャラリートークも展示を全体的に見て回るものだったので、普通に特別展昆虫を楽しんできました。 内覧会で招待人数も限られているおかげでゆっくり、じっくりと展示を楽しむことができたのでフリーパスを購入したかいもあったというものです。 東京展よりもボリュームが減っているといっても、それでもかなりの見ごたえのある展示と、その内容の濃さがあるのでまた何回かは期間中に行きたいと思っています。 というか内覧会は前日になるので、初日も行きます! 昆虫好きな方や、昆虫に興味を持っているお子さんのいる方はぜひ足を運んでください。 とても楽しめる内容になっています。 特別展昆虫大阪の関連記事 特別展「昆虫」2019大阪!初日レポ!展示内容からグッズや図録の紹介まで.

次の

【長居公園】アクセス・営業時間・料金情報

長居 昆虫

大阪の自然の歴史を凝縮した、楽しく学べるスポット 「大阪市立自然史博物館」。 大阪市立自然史博物館ってどんなところ? 大阪市立自然史博物館は、長居公園の中にある、自然史系の専門博物館です。 7haの広さを誇る大阪を代表する総合公園です。 太古の大阪の地形や、縄文・弥生時代から現代までの人と自然の関わり等が展示・解説されており、大阪府下で見つかった生き物の化石や標本など貴重なコレクションを見ることが出来ます。 大阪市立自然史博物館の入口には、ナガスクジラ(大きい方)と マッコウクジラ(小さい方・左)、ザトウクジラ(小さい方・右)の骨格標本が! 壮観です。 それぞれの展示を見に行ってみましょう! ナウマンホール 館内入ってすぐ、 ナウマンゾウと ヤベオオツノジカの復元模型が出迎えてくれます。 すごい迫力です!! ナウマンゾウは、2万年前まで日本列島に住んでいたゾウで、大阪平野の地下の地層からもナウマンゾウの足跡や歯の化石が見つかっています。 大阪にも、こんな大きい動物が住んでいたんですね、、 本物の サヌカイト( 讃岐石) を手で触ることが出来ます。 打製石器や磨製石器に加工して使われていた石で、ツルツルしていました。 こちらの大きな切り株は、 ダグラスモミ。 古代舟「なみはや」を建設するために切り出された木の根元部分で、アメリカ・オレゴン州、カスケード山中にて切り出されたそうです。 樹齢を示す年輪は、なんと約500年分もあるんですよ! 第1展示室『身近な自然』 第1展示室には、町、村、里山など、私たちの身の回りの自然が展示されています。 それぞれのブースには、身の回りの風景の中に隠れる様々な自然についての説明が書かれています。 スライドショーには JavaScript が必要です。 意外にも、街中にキノコが生えていたり、たくさんの虫が暮らしていたり、、 さらにゴキブリの秘密まで!こんな大きなゴキブリがいたら怖いなぁ。 その他にも、大阪の地形や街、自然環境に関連した展示が沢山あります。 大阪に住み着く外来生物、ヌートリア(左)と、アライグマ(右)の姿も。 どちらも見た目は可愛いですが、特定外来生物として農作物や生態系に被害を与えるものとされています。 第2展示室『地球と生命の歴史』 続いては一気に昔にタイムスリップ! 第2展示室では日本列島、そして地球の生い立ちとそこに現れた生き物の歴史を辿ります。 展示室に入ると、大きな骨格標本が出迎えてくれます!! ティラノサウルスの頭骨と共に。 鋭い歯が多くて、強そうな顔ですね! スライドショーには JavaScript が必要です。 こちらの化石は、左も右も デスモスチルスという動物の化石。 でも、なんだか形が違います。 その理由は、、今と昔では骨格から復元されていた姿勢に違いがあったからなんです! 同じ骨からどんな姿形が想像されていたのか??是非、現地に行って確かめてみて下さい! こちらは、アパトサウルス(プロントサウルス)の足跡。 私の足の20倍くらいある??是非、足を入れて比べてみて下さい。 地球の誕生(46億年前)から最近?(2億年前)までの年表も。 地球上の各時代に、どういった動植物が生息していたかの説明も丁寧にされています。 とっても見ごたえのある展示室!歴史が深いです、、 第3展示室『生命の進化』 第3展示室のテーマは「生命の進化」です。 現在、200万~300万種の生物が暮らす地球。 わたしたちに馴染みのある 霊長類や海の生物、虫など、色々な生き物のくらしやその進化について紹介されています。 スライドショーには JavaScript が必要です。 ハンガーで作られた鳥の巣(左)や、色々な種類のカモ(右)など、動植物の興味深い展示も。 こちらは、大阪府内に生息する哺乳類です。 ツキノワグマやニホンジカまで住んでいるのにはびっくり!! 大阪の自然や動物を知れる、地元密着型の展示室。 コインロッカー コインロッカーがあるので、大きな荷物があっても安心です。 ミュージアムショップ内には、自然や動植物にちなんだ書籍もたくさん並んでいました!興味深いものばかり、、 是非、立ち寄ってみて下さいね。 長居植物園 同じ長居公園の中にある長居植物園は、24. 2haある、緑に囲まれた都会のオアシスです。 ツバキ園やバラ園など11の専門園や、大花壇もあり、季節の花々を1年を通して楽しむことが出来ますよ。 数万点あるという、昆虫標本がずらり! ひとつひとつ見ていたら、1週間くらいかかりそうです。 昆虫好きな方も、そうでない方も、是非足を運んでみて下さい。

次の

園内ガイド|長居公園

長居 昆虫

昆虫展に1人で20代男がいってきた感想 わりと楽しかったです。 ただ大前提として、生き物、昆虫が好きな方限定です。 私は昆虫が小さいころから変わらずに好きだったので、楽しめました。 入口は画像のように大きな昆虫達が並んでいます。 他にも大きい昆虫が5匹くらいいました。 これをすぎるとあとは標本コーナーです。 これはほんの一部ですが、凄かったです。 蝶の標本だけで、300匹くらいいたんじゃないかな? とりあえず圧倒的でした。 世界中の昆虫の標本が見れるので、中にはあまりの大きさに驚いた昆虫もいました。 標本の横に雑学が、漫画や動画なので置いてあり「へえ~~~なるほど!」と思うものが多かったです。 例えば、 「蟻を抱きしめて、体に蟻の匂いを着け蟻の巣で生活する虫は、長時間たつと蟻の臭いが消えて蟻に敵だとばれる。 」 文で書くとわかりにくいですが、このような物が大きく漫画形式で壁に飾ってあります。 なので一人で楽しめるはずです。 殆どが子連れ 殆どが子連れです。 私みたいに一人で来ている人は、白髪のカメラを持ったガチ勢っぽいおじさんくらいでした。 私は一人であまり楽しめないほうなので、それが嫌でしたね。 入口が分かりにくかった。 昆虫展は、長居公園にある 大阪自然博物館 というところの2階にあります 2階です 私は昆虫展の入り口はどこですか?とお姉さんにきくと 近くを指さしてこちらですと。 (私が行った方の横の通路が入口だった) そして私は普通に階段を降り、大阪自然博物館の入り口に戻りました。 お姉さんは、私が違うところに行っているのが分かっていたはずなのにそのまま放置したのです。 凄い暇そうなのに。。。 少し腹が立ちました。。。 長居公園にプールがあるので、子連れの方はお勧め 9時00分~20時30分 最終入場 20時00分 子ども(6歳以上16歳未満) 150円 大人(16歳以上65歳未満) 400円 高齢者 65歳以上 150円 しってました?長居公園ってセブンイレブンもあるし、プールもあるんです。 昆虫展の後プールなんか良いと思いますよ。 そうしている家族が多かったです。 ただ、あくまで家族向けっぽいので 私みたいなのが一人で入ると、親御さんが「あやしいい・・わが子を守らなければ・・」 みたいな余計なストレスを書けていはいけないので、入らないほうがいいかもしれません。 この近くに食べログ1位の安いたこ焼き屋がある 全然昆虫展とは関係ないんですが 私たこ焼き大好きなんです。 で、昆虫展の近くに食べログ1位を取ったたこ焼き屋があるので紹介します。 住所 大阪府 大阪市住吉区長居東4-6-8 最寄り駅 地下鉄御堂筋線・長居駅。 道順 5番出口、西へ30m。 徒歩約10秒。 ここです。 私は正直、もっと美味しいたこ焼き屋を知っているのでめっちゃうまい!とは思わなかったです。 ただ、ここの店のたこ焼を一番美味しいと思う人が多いので食べログ1位です。 私は美味しいと思いませんでしたが、きっと多数の人は美味しいと感じるはずです。 安いですし、いってみてください。 250円で食べられますよ。

次の