石器 時代 に 戻 してやる。 ムシャラフ・パキスタン大統領、衝撃発言?

オフレッサー

石器 時代 に 戻 してやる

,r'. :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. ヽ ,! ;:;:;:;:;:;. ゙i,. ' l,ィ'''ー、. ニ、ヽ. ;:;:;:;:;:;:;:;:::! 、ゝ、__ i i. 階級は上級大将で、装甲擲弾兵総監を務める陸戦・白兵戦の専門家。 2mを超える長身と筋骨隆々の体躯をもつ豪傑で、左頬には大きなレーザー火傷を負っている(消す事も可能だが、あえて残している)。 威圧的で粗野な言動が多く、性格も問題無いという訳ではないが決して単純や獰猛なだけの男ではなく、目上の人物には礼節を払う。 ゴールデンバウム期の軍人としては、下級貴族出身、かつ艦隊司令官でもないのに驚異的と言ってもよい出世をしているのもこのためであろう。 ただし、その残虐で野蛮なバーサーカーめいた戦いぶりは畏敬よりも悪評を集めており、英雄と評されるにはいささか難がある男でもある。 同じ下級貴族出身ののことは「の力による成り上がり」と見下しており、自分が実力で出世した事に絶大な自信を持っていることもあって一方的に敵視している。 腕っ節は全キャラクター中でも白眉で、特製の巨大トマホークを武器とする。 更に劇中では何らかの薬物を用いて、普通ならごく短時間が限度の装甲服着用を半日以上ぶっ通しで続ける体力も持つ。 ラインハルトには「石器時代の勇者 」と揶揄されたが、単純に強いからこそ、一騎打ちはおろか人数による力押しも通用しない強敵である。 帝国内戦ではラインハルトへの敵対心もあって門閥貴族連合軍に加わり、レンテンベルグ要塞の守備隊長として戦う。 その規格外の戦闘能力をもって、要塞制圧を命じられたとの兵達を次々と血祭りに上げたが、「制圧済みの下層から落とし穴を掘る」という罠にはまり捕縛される。 姉を馬鹿にされて怒り心頭のラインハルトに処刑されかかるが、の献策によって部下達は全員処刑の上で無傷で送還され、そのためにに裏切りの疑いをかけられてしまう。 最期は無実を訴えて暴れ、ブラウンシュヴァイクの命を受けたに処刑された。 主な作品• - 朱亥役。 - ヨーロッパ戦線で補充された下士官(少尉)で歴戦の歩兵。 - 本人役。 幼年学校時代のやる夫とを鍛え上げ、優秀な帝国軍人に仕上げる。 正確には「オフレッサーは勇者だ、ただし石器時代のな」と評している。 関連項目• - 主君。 - 同盟側の白兵戦の達人。 直接相まみえた事はない。 - ネタAAがいくつかある。

次の

ボロロン速報 : 「事実上石器時代に戻る」北朝鮮による「電磁パルス攻撃」の恐怖 2ch「理論上はね」「電磁バルス攻撃」「北朝鮮の現在か」

石器 時代 に 戻 してやる

経歴 [ ] 1906年11月15日で放浪者の父と教師の母のもと6人兄弟の長男として生まれた。 父親の先祖はフランス人である。 在学中にを修了。 大学を中退しに入る。 1928年、航空士官候補生として軍へ進む。 テキサス州ケリーフィールドでパイロットの訓練を受け、1929年10月に予備役で少尉拝命。 1930年1月、正規任官。 ミシガン州セルフリッジフィールドの第27戦闘飛行隊(the 27th Pursuit Squadron)に着任。 1937年に爆撃機に転科するまでは戦闘機パイロットとして任務に就いた。 1938年、南アメリカへ向かう初の編隊飛行に参加した。 第二次世界大戦 [ ] 欧州戦線 [ ] アメリカがへ参戦するとルメイは南大西洋からアフリカ、北大西洋からイギリスへの空路を開いた。 1942年に第305爆撃隊を組織、訓練し、ヨーロッパで戦闘する部隊を指導した。 ヨーロッパの作戦でB-17の爆撃隊によるフォーメーションや爆撃技術を改良する。 これらの基本的な手順や技術は後に太平洋で活躍するにも適用された。 9月から5月までにおいて傘下で航空軍として同隊の指揮を執り、のちに第4爆撃航空団を率い、1943年9月に同航空団が第3航空師団に再編成されたときにはの爆撃の功績によりに昇進、その最初の司令となり、3月にはに昇進した。 ドイツ本土への爆撃に赴く搭乗員に対し「君が爆弾を投下し、そのことで何かの思いに責め苛まれたとしよう。 そんなときはきっと、何トンもの瓦礫がベッドに眠る子供の上に崩れてきたとか、身体中を炎に包まれ『ママ、ママ』と泣き叫ぶ三歳の少女の悲しい視線を、一瞬思い浮かべてしまっているに違いない。 正気を保ち、国家が君に希望する任務を全うしたいのなら、そんなものは忘れることだ」と言い聞かせたこともある。 などを駆使して効率的な爆撃作戦の研究をした・助教授は、第二次世界大戦時の爆撃任務における高い任務中止率に関する報告書に「指揮官の一人にカーティス・ルメイというB-24部隊を指揮する大佐がいた。 彼は私が戦中に出会った者の中で最も優れた戦闘指揮官だった。 しかし彼は、異常に好戦的で、多くの人が残忍だとさえ思った。 ルメイは(爆撃機の空爆任務の中断率に関する調査で、高い中止率の原因は隊員が撃墜を恐れてこじつけの理由で任務放棄しているに過ぎないと結論づけたマクナマラの)報告書を受けた後、命令をだした。 『これから全ての任務において自分が先陣の爆撃機に搭乗する。 今後は出撃した全ての爆撃機が攻撃目標まで到達する。 これを成し遂げないものは全員軍法会議にかけ処分する』。 任務中止率は瞬く間に低下した。 彼はそういう類の指揮官だった。 」と記している。 対日戦 [ ] 空襲を受ける東京市街(1945年5月25日) 1944年、ルメイはたちからB-29の操縦法を学んだ課程の終わりに「この飛行機で戦争に勝てるぞ」と予言している。 1944年8月20日、の ()に司令部を置く司令官に赴任、同じ連合国イギリスやと共同で行う対日作戦として、中華民国のに設けられた基地からの爆撃に携わった。 ルメイは中国北部を実効支配していたと交渉し、物資と引き換えに中国北部に気象観測所を設置させて定期的に情報提供させた。 この情報は中国からの爆撃で役に立ち、ルメイは後にマリアナに移ってからも毛沢東から情報を得ていた。 の実効支配する中国南部と同じようなB-29の飛行場の建設も毛沢東はルメイに提案していた。 ルメイは精密爆撃の技術改良に力を入れ飛行機工場を目標にした昼間精密爆撃で成果を上げていった。 1944年10月25日に大村第21海軍航空廠を目視で爆撃させその大半を破壊した。 第21爆撃集団司令がよくて14%の精度だったのに対しルメイは41%を目標300メートル以内の高精度で投下している。 またルメイはハンセルと違い兵站上の難問にも対処しなければならなかったが、空襲成果を上回り、全く言いわけをせず、延期もなく、問題を解決していった。 隷下の司令官に赴任。 アメリカ陸軍航空軍司令官はルメイが中国から行った高い精度の精密爆撃の腕を買い、1944年11月13日の時点でルメイの異動を検討していた。 1944年12月9日、ルメイに対して「B-29ならどんな飛行機も成し遂げられなかったすばらしい爆撃を遂行できると思っていたがあなたこそそれを実証できる人間だ」と手紙を送った。 アーノルドは中国からの爆撃をやめさせてルメイをマリアナに合流させると、1945年1月20日にルメイを司令官に任命した。 3月10日、を指揮。 ルメイの独創性は進入高度の変更にあった。 従来は高度8500mから9500mの昼間爆撃を行っていたが、高度1500mから3000mに変更した。 理由はまず、により機体が進まなかったり正確に狙っても爆弾が流されたりする影響をさけることにより、エンジン負荷軽減で燃料を節約し多くの爆弾を積載できる、爆撃の命中精度が上げられるなどの効果が期待できる。 また、低空であれば雲の影響をあまり受けずに地上を視認できるため、作戦計画への天候の影響の減衰、命中精度の上昇、目標地区への着弾密度の上昇が期待できる。 しかし低空では敵の迎撃機、対空砲があるため夜間爆撃にした。 また機銃、弾薬、機銃手をB-29から取り除き一機当たり爆弾を200キロ増やせるようにした。 また飛行法を低空単直列にし先頭の投下誘導機の着弾火炎から後続機が目標地点を把握しやすいようにした。 ルメイの変更に乗員は恐怖したが、結果的にB-29の損害は軽微であった。 誘導機を務めたトム・パワー参謀長は「まるで大草原の野火のように燃え広がっている。 地上砲火は散発的。 戦闘機の反撃なし」と実況報告した。 3時間で、日本は死者行方不明含め10万人以上、被災者100万人以上、約6平方マイル内で25万戸の家屋が焼失した。 一方、ルメイの部隊は325機中14機を損失した。 ルメイが東京空襲に成功すると3月10日にアーノルドは「おめでとう。 この任務で君の部下はどんなことでもやってのける度胸があることを証明した」とメッセージを送る。 またルメイに「空軍は太平洋戦争に主要な貢献をなしうる機会を手にした」と賛辞を送った。 戦後、ルメイは「我々は東京を焼いたとき、たくさんの女子どもを殺していることを知っていた。 やらなければならなかったのだ。 は、東京や大阪、名古屋等の大都市を焼き払った後は、やなどの地方の中小都市 も対象となった。 これらの空襲は日本国民を震え上がらせ、日本側から「鬼畜ルメイ」「皆殺しのルメイ」とされた。 戦後ルメイは日本爆撃に道徳的な考慮は影響したかと質問され、「当時日本人を殺すことについてたいして悩みはしなかった。 私が頭を悩ませていたのは戦争を終わらせることだった」「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。 軍人は誰でも自分の行為の道徳的側面を多少は考えるものだ。 だが、戦争は全て道徳に反するものなのだ」と答えた。 日本本土爆撃に関して、ルメイは人道に反することを知りつつも、戦争における必要性を優先し、現場で効果的な戦術を考案し実行した責任がある。 しかし爆撃は航空軍司令官に命じられた任務であり、ルメイの役割が誇大に語られる傾向がある。 ルメイの就任でB-29の攻撃法が夜間中心に変わったが、都市爆撃の枠組みは、統合参謀本部の決定、焼夷弾攻撃の準備、東京や名古屋でのハンセルによる無差別爆撃の試行など、ルメイ就任前から進められていた。 1945年5月、原爆投下部隊である第509混成部隊が準備を終えて、ルメイの部隊に移動してきた。 ルメイは投下部隊の要望を最優先事項として便宜を図るように命令されていた。 当時ルメイは空襲に絶対的な自信を持っていたため、が必要とは考えていなかった。 指揮官の大佐が立案した原爆投下命令書草案をもとに、8月2日、ティベッツらはルメイ司令部で細目の決定を行った。 ルメイは「京都は大した軍事的目標ではない。 神社みたいなものがいっぱいあるだけだ。 一方で多くの軍隊と軍需工場があるには賛成した。 その後、ルメイはティベッツが作成した草案をほぼそのまま命令書第13号としてティベッツに渡した。 1945年8月15日終戦。 9月20日、記者会見でルメイは「戦争はソ連の参戦がなくても、原爆がなくても、二週間以内に終わっていたでしょう。 原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えている。 しかし晩年の1988年には、著書で「原爆を使用せずに戦争を終わらせることができたとしても、私は、原爆投下は、賢明な決定だったと思います。 なぜなら原爆投下が降伏交渉を早めたのです」と語り、原爆投下は、上陸作戦前に日本を降伏させ、百万のアメリカ兵の命を救ったというの公式説明を支持している。 終戦後、ルメイは北海道からシカゴまでノンストップ記録でB-29を操縦して帰国した。 冷戦 [ ] 戦後、航空資材軍団司令本部に着任。 国防総省で初代の研究開発航空副参謀長を務める。 開発の責任者としてを指揮、当時の主力機であるボーイング爆撃機や、世界初の超音速爆撃機である爆撃機の後継機となる超音速爆撃機の開発を指揮する。 1947年10月、ドイツ・にある米軍航空欧州本部(現・)の指揮官を拝命(この直前の9月、陸軍航空軍は正式に独立し現在の となった)。 1948年帰国後、新設される戦略空軍を想定し、ネブラスカ州オファット空軍基地本部を設立する。 1949年から1957年まで、司令を務めた。 においてアメリカ空軍は大きな役割を果たした。 ルメイは「我々は朝鮮の北でも南でも全ての都市を炎上させた。 我々は100万以上の民間人を殺し数百万人以上を家から追い払った」と語った。 1957年7月空軍副参謀長。 1957年11月11日 による無給油連続飛行世界記録樹立を指揮し、年度優秀パイロットに贈られるを受賞している。 1961年7月空軍参謀総長となり、1965年2月に空軍を退役するまでつとめた。 勃発時、ルメイら空軍首脳部は圧倒的な兵力でソ連を屈服させることが可能であると確信し、空爆を大統領に提案したが却下された。 、日本に返還されたばかりの(旧・ジョンソン基地)で、をから授与された。 理由は日本の育成に協力があったためである。 12月4日のの閣議で決定された。 叙勲は、浦がルメイを航空自衛隊創立10周年式典に招待したことを発端としたの調査、審査に基づく国際慣例による佐藤内閣の決定であることが明かされている。 推薦は防衛庁長官と外務大臣の連名で行われる。 防衛庁から首相、へ叙勲が適当であるという説明があった。 勲一等旭日章という種類の選定は大将という階級から慣例に基づいたものである。 ルメイがや原爆投下を行った部隊の指揮官だったことから授与に対し批判も大きく、現在でも「勲章は返還するべきである」と唱える者も居る。 当時、日本社会党、原水爆禁止団体、被爆者などから国民感情として納得できないという声が上がった。 国会でも叙勲に対し疑問視する声があった。 東京大空襲や原爆から叙勲は不適切ではないかという質問に佐藤は「今はアメリカと友好関係にあり、功績があるならば過去は過去として功に報いるのが当然、大国の民とはいつまでもとらわれず今後の関係、功績を考えて処置していくべきもの」と答える。 小泉は「功績と戦時の事情は別個に考えるもの。 防衛庁の調査でも当時ルメイは原爆投下の直接部隊の責任者ではなく、原爆投下はトルーマン大統領が直接指揮したものである」と説明している。 佐藤もそれらを理由に決定を変える意思はないと表明した。 ルメイは12月7日に防衛庁で小泉を訪問予定であった が、当日は事務次官三輪良雄が代理で面会している。 後年『 東京大空襲』(1978年3月9日 初回放送)でのの取材で戦争責任についての問いにルメイはその勲章を見せた。 政権時代のから本格化したでは、空軍参謀総長の任にあり、「(北)ベトナムをに戻してやる」と豪語しを推進した。 政権下で1965年2月7日から北爆が開始された。 1965年2月に退役。 1968年ベトナム戦争の推進、人種差別的政策を掲げた前知事大統領候補とともに American Independent Party の副大統領候補として出馬するが落選した。 1970年12月14日テニアンの福祉、生活向上への優れた功績でテニアン島民から表彰状を受賞した。 イギリス首相チャーチルからもらったイギリス空軍殊勲十字章が自慢だった。 1990年10月1日没。 注 [ ]• 戦後、前任者の准将はルメイとの交代は精密爆撃から無差別爆撃への政策転換の結果と話したが、実際はハンセルのころから無差別爆撃の準備を進めており、実験的に実行もしており、無差別爆撃の方針についてルメイは基本的にハンセルの戦術を踏襲している。 一方で1945年1月3日アーノルドの参謀総長で民家焼夷攻撃論者の ()少将の名古屋空襲でによる無差別攻撃を命じたにも拘らず、ハンセルは従来の攻撃に重点を置き、焼夷弾爆撃は一部の機体に試行的に実施させたに過ぎなかったことが、ルメイへの交替を決心させる契機となったという意見もある。 ルメイも当初は工場爆撃を主とする考え方に与する立場であったが、ノースタッドの命令を忠実に実行する意思は持っていた• この点は時のとでの盟主だったやを壊滅させ、南部人を震え上がらせた、同じ出身で北軍のの戦争の考え方を踏襲している。 ただし、陸上の物流の主役であったを始めとするに対してはルメイの他陸軍航空隊が明確に主目標に据えたことは殆ど無く、組織的な鉄道網攻撃として実施したのは1945年8月15日の岩国機関区に対する爆撃が唯一であった。 また、第21爆撃集団は当時日本国内で数地区に集中していたへの集中爆撃も実施しなかった。 浦は返礼として翌年から勲章を授与されている• この叙勲は様々な俗説を生んだ。 米国の無差別殺戮に謝罪も賠償も要求しないことを形にしろとが要求したとする説。 官房長官が小泉防衛長官と叙勲決定を主導したとする説。 前首相が叙勲決定を行ったとする説。 元航空幕僚長の参議院議員が推薦などを行ったとする説。 しかし、推薦、選考、決定、全ては行政(内閣)で行われ、池田や源田は参加していない。 脚注 [ ]• レイバーネット公式ホームページ• 2012年12月12日時点のよりアーカイブ。 2013年6月19日閲覧。 アメリカ空軍公式サイト• ドイツ空襲の意見を聞かれて - E・バートレット・カー著・大谷勲訳『戦略・東京大空襲』• ドキュメンタリーを撮った ()監督による引用。 The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara, Documentary Film, 2003「One of the commanders was Curtis LeMay—Colonel in command of a B-24 group. He was the finest combat commander of any service I came across in war. But he was extraordinarily belligerent, many thought brutal. He got the report. He issued an order. He said, 'I will be in the lead plane on every mission. Any plane that takes off will go over the target, or the crew will be court-martialed. ' The abort rate dropped overnight. Now that's the kind of commander he was. Haulman, Chapter Over the Hump to Matterhorn p. NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社136頁• 青木慶一「国鉄運賃問題の一考察」『政策月報』1966年4月 (『大東亜戦争史』第10章を参照して述べられている。 NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社142頁• 空襲については中山伊佐男著『ルメイ・最後の空襲』桂書房に詳しい。 服部卓四郎は著書『大東亜戦争史』第10章で「米空軍が鉄道に対する本格的攻撃を延引したことは、日本のために真に僥倖であった。 巨大な兵力と、の展開が出来たのも、戦時産業活動で国民生活を辛うじて支え得たのも、実にそのためであった。 戦後になってからは、米空軍のこの戦略的過失を鋭く指摘している」と述べている• 青木慶一「国鉄運賃問題の一考察」『政策月報』1966年4月• 『原爆の秘密「国内篇」昭和天皇は知っていた』成甲書房117頁• 鈴木敏明『原爆正当化のアメリカと「従軍慰安婦」謝罪の日本』展転社17頁• 「昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁」、総理府賞勲局監修『栄典事務手続き 第4次改定版』96-97頁• 「昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁」、昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号• 昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁• 昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号、昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号など• 昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号• 高山正之『変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き』• 『軍縮問題資料』308号2006年7月43頁• 国立公文書館「(外国人叙勲)アメリカ合衆国空軍大将カーチス・イー・ルメイへ勲一等に叙し旭日大綬章を贈与するについて」請求番号分館-01-039-00・平3総00673100件名番号007、作成部局賞勲局年月日昭和39年12月04日• 2012年12月12日時点のよりアーカイブ。 2013年6月19日閲覧。 軍職 先代: 第5代:1961年 - 1965年 次代: ().

次の

カーチス・ルメイとは (カーチスルメイとは) [単語記事]

石器 時代 に 戻 してやる

「まあまあ、パパったら随分と懐かしい話をしてるのね」 ムーミンママは洗濯物を取り込んでくるとパパとムーミンたちに飲み物を出してきました。 「ああ、私がママと出逢った頃だね」 穏やかな雰囲気になるパパとママの姿を気にせず子供たちはジュースを飲んでいます。 「ママのクッキー美味しいね」 お皿のお菓子をもりもりと口に運ぶスニフ。 おやおや、そんなに慌てて食べると喉を詰まらせてしまいますよ。 「おい、スニフ。 一人で全部食べるなよ」 ムーミンは放っておくと完食しそうなスニフを一発ぶん殴って注意をしました。 スナフキンは我関せずとマイペースです。 「ぶたなくても良いじゃないか。 わかってるよムーミン」 そんな子供たちの様子をムーミンパパは懐かしい日々に重ねて見ていました。 「本日未明、ゲルマニア大使の死亡を確認した。 検死によると、夜食のラザニアの食べ過ぎで喉を詰まらせたらしい」 ヴァリエール公爵と婦人を前にマザリーニは淡々と告げました。 時刻は深夜。 グリフォンを飛ばしてまで呼び寄せたにしては、いささか下らない事件です。 宮廷は魑魅魍魎の徘徊する世界です。 権力闘争で政敵を葬ってきたヴァリエール公爵はその言葉を鵜呑みにはしませんでした。 「その程度の事で、枢機卿がわざわざ私達を呼び出すとは思えん。 本題に入っていただきたい」 大使の遺体はゲルマニア本国に戻されます。 外交上の儀礼として、それには同行者が必要です。 勿論、それは名目で、目的は他にもありました。 「殿下はゲルマニアを石器時代に戻す事をお望みだ。 使者には公爵の三女、ルイズ嬢にお願いしたいとの思し召しである」 マザリーニはアンリエッタをいつまでも子供だと思っていましたが、ゲルマニアに対する仕置きを考えて自分は耄碌したと痛感しました。 経済封鎖でお茶を濁すほど甘くは無く、最初からゲルマニアを滅ぼす考えでした。 「私の可愛いルイズをゲルマニアにやるだと」 ヴァリエール公爵家にとっては因縁ある敵地。 ルイズが害される危険は高く、公爵は顔を真っ赤にして激怒しました。 ですがマザリーニは平然としています。 「貴方、落ち着いてください」 カリーヌは冷静に夫を諌めますが、眼光は鋭くマザリーニから視線を離しませんでした。 「開戦は決定事項であり、戦後処理としてはゲルマニア皇帝アルブレヒト三世の退位とゲルマニアの解体、連合国による分割統治で合意している。 だがその前に形だけでも交渉はしておきたい。 護衛はグリフォン隊隊長のジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドが命じられている」 「ワルド子爵か……」 含みのある表情を浮かべる公爵に、マザリーニはたたみかけます。 「ルイズ嬢の婚約者だそうだな。 公爵も安心できる相手であろう?」 ヴァリエール公爵がルイズの婚約相手に家柄でワルド子爵を選んだのは御しやすいと考えての事です。 個人としてはそこまで評価はしていませんでした。 トリステインやアルビオン、ガリアの様に古くから伝統の続く国は、王が君臨し貴族が支え、民は従うと言うのが本来の仕組みです。 ですがゲルマニアのような成り上がりものの国から見れば、貴族の平民に対する扱いは農奴と言う物扱いで過酷を極めると言う感じです。 全部が全部、そんな事をしていれば反乱勢力も多そうな物ですが、反王制派な人たちにはその辺りの現実が軽くスルーされていました。 悪い王族を倒して平民を解放する。 人は生まれによって差別される者ではない。 才能が全て。 上に立つ者として最低限の能力すらない王族、貴族は、統治者の地位に相応しくはない。 その理念に共感したワルド子爵は、ゲルマニアと繋がる 裏切り者 ダブルクロス でした。 アルビオンの反乱勢力との繋がりもゲルマニアの指令あってのことです。 ゲルマニアは亜人を呼び出したアンリエッタ王女かルイズのどちらかを虚無の使い手と考えていました。 でもアンリエッタは普通に魔法が使えます。 ルイズの方が潜在的魔力も大きく可能性は高かったのです。 そして今回、子爵に与えられた指令はルイズとムーミンを捕らえる事でした。 ですがワルドは忘れていました。 アンリエッタ王女の使い魔、フレドリクソンが王立魔法研究所の協力で建造した空石に頼らない空飛ぶ船「空のオーケストラ号」が艤装を終えて竣工しました。 これから空のオーケストラ号、初の乗客である遺体とルイズ一行を乗せてゲルマニアに向かいます。 アンリエッタの後ろで親指を立ててサムズアップするフレドリクソンにムーミンは頷きました。 使い魔同士の交流に咳払いをして水をさす人が居ました。 「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールを、トリステイン王国特使に任命する」 鳥の骨と呼ばれるマザリーニ枢機卿の手から任命状をルイズは受けとりました。 王宮で貴族が参列する中の任命式でアンリエッタ直属の女官の地位を預けられ、特使に任命されたのです。 「始祖ブリミルのご加護が貴女にあらんことを」 護衛はワルドの他にもムーミンが居ました。 それだけで心配はいりません。 「頼んだぞムーミン」と公爵の言葉に頷くムーミン。 両親に評価されている事を主人として嬉しく思うルイズです。 見送りに来ていた才人は「俺はついていかなくて良いのかな?」とシエスタに尋ねました。 才人の言葉に従者の自覚が出来てきたのか、或はルイズに異性として興味があるのかと考えてにやりとするシエスタは「才人さん、御嬢様と貴方は身分が違います。 道ならぬ恋はいけませんよ」とくねくねしながら注意しました。 「何を言ってるんですか」と訝しげな表情を浮かべた才人は、単にルイズが女の子だから心配したのです。 さて、ルイズが両親と別れを惜しんでいると、ワルドがムーミンに話しかけてきました。 「久しぶりだね使い魔君。 ムーミンと言ったかな」 しかしムーミンはワルドを覚えていません。 正式に会ったのは一回、しかも食事に夢中でした。 記憶に残るはずもありません。 「うん?」 ただ、何となく嫌な感じがしました。 エレオノールが来ていれば何かに気付いたかもしれません。 ワルドはムーミンのぼんやりとした態度に、オーク鬼等の亜人は知能が低い事を思い出して気にも止めませんでした。 どこまでも青い空を風に吹かれながら船は進んでいきます。 雲の上は晴れ渡り気持ちの良い天気で、航海は順調です。 え、空でも航海と言うのかですって? お船が基準なのですからそのままです。 遺体はブランデーに浸されて固定化の魔法がかけられていました。 なので引き渡す以外に気を配る必要はありません。 「ルイズ」 居室にルイズの姿が見えない事からワルドは甲板に出ました。 「あ、ワルド様」 くすくす笑いながらムーミンを膝枕して耳掃除をしてあげていたルイズが顔を上げました。 起き上がろうとしないムーミンの態度は人型なだけにワルドを不快な気分にさせます。 猫や犬ならそうでもなかったのでしょう。 これが嫉妬と言う気持ちでした。 (亜人の分際で!) 頬をひくつかせてワルドは近付きました。 「使い魔君、楽しんでる所で悪いんだが君の力を見せてくれないか?」 「今、忙しいので後で良いかな?」 ムーミンに悪意は無かったのですが、ワルドは激怒しました。 いずれは妻となる婚約者の使い魔。 自分より格下の存在です。 身分制度のある階級社会で、態度と言葉遣いは最悪です。 「相手を見て物を言え。 君がルイズの使い魔であっても後悔させてやる。 絶対だ」 ワルドの言葉にムーミンは「何怒ってるの」と惚けた視線を向けました。 ルイズは婚約者の豹変に目を丸くしていました。 亜人の知能が低い事はワルドも知っていましたが、そんな事は綺麗さっぱりと忘却の彼方へ飛んでいました。 ワルドは冷静さを失っています。 ルイズの膝の上に居るムーミンに「死ね、この野郎」とばかりに斬りかかってきました。 「おお怖いね。 凄いびびってきた」 そう言いながらムーミンは、ルイズを抱き上げてマストの見張り台まで軽々とジャンプしました。 ルイズはムーミンにそっと下ろされると手すりから身を乗り出して、下に居るワルドに声をかけて争いを止めようとしました。 「ワルド様、止めてください」 ルイズの言葉にワルドは頭を振って断ります。 「ルイズ、君の為に僕が使い魔に礼儀と言う物を教えてあげよう。 なあに、ゲームをするだけさ」 他のグリフォン隊隊員は、隊長であるワルドに加勢しようとマストを囲みました。 「止めておけ、トラブルはごめんだ」 「ちょっと、ムーミン止めなさいよ!」 役者になりきったムーミンの台詞ですが、この場合は完全に逆効果です。 明確な敵意とワルドの殺意を受けてムーミンは動きました。 短く息を吐き、先ずはワルドの腰巾着を叩きます。 魔法の攻撃を放たれる前に打つべし、と殴打しました。 「ぐぇ!」 こめかみを殴られてふらつく所を、捻り上げて杖を持つ手首を折りました。 続けて胸を蹴りあげます。 勢いで倒れた敵の背後に回り首を両手でへし折った手際は見事です。 力を失い人形の様に崩れ落ちる様を全員が唖然と見ていました。 喧嘩を吹っ掛けたのはワルド達ですが、まさか死者が出るとは考えていませんでした。 ムーミンは何でも無いように尻尾の毛並みを直し始めました。 その姿に怒りは一気に沸騰します。 「この豚が!」残るグリフォン隊員は、仲間を殺され怒りの声を上げて向かって来ますがムーミンは容赦をしません。 あえてお腹でぼよん、と敵の攻撃を受け止めました。 「ちょいな!」 金的を蹴りあげられた男は悲鳴を上げました。 「でゅるわぁあああああ、ぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅる、わっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ」 悲鳴をあげる敵に「いいぱんちだったよ」と声をかけました。 そして顎を殴り気絶させました。

次の