中国 と 台湾 の 違い。 今だからこそ知っておきたい 中国と台湾の違い・共通点/言葉・文化・国籍・ネット環境…両者の違う4大ポイントを徹底解説

世界から見た日本と韓国、中国、台湾、インドの違い。アジア人が日本に来てショックだったこと

中国 と 台湾 の 違い

これは知り合いの台湾人から聞いた話。 友だち2人と計3人(全員が20代の女性)で日本を旅行していたとき、ホテルのロビーで中国語で会話をしていたら、男性の中国人観光客から「あなたたちは中国人?」と声をかけられる。 すると3人は「いいえ、違います!わたしたちは台湾人ですっ!」と言ってそれからは、彼に内容が分からないよう台湾語に切り替えて話をつづけた。 こんな感じで中国と台湾には、とても複雑な事情があるのだ。 ということで今回は、両者がどこがどう違うのか書いていこうと思う。 まずは大ざっぱに日本の歴史で例えてみよう。 幕末の戊辰戦争(1868年~)で旧幕府側が薩摩・長州藩らの新政府軍との戦闘に負けて、榎本武揚たちは北海道へと逃げのびた。 そして榎本たちはその地で「新政権(蝦夷共和国:えぞきょうわこく)」の「建国」を宣言。 新政府軍(のちの明治政府)を認められない榎本たちは、江戸幕府につながる自分たちこそが「日本の本当の支配者」と考えたのだろう。 さて「本当の日本」は、国際社会に対して日本を代表する政府は、新政府側か旧幕府側(蝦夷共和国)のどっちだろう? この場合の新政府側が中国で、蝦夷地共和国が台湾(中華民国)と考えてほしい。 「新政権」のメンバー 前列右が榎本武揚 前回、中国と台湾の複雑な関係から起きた問題(台湾問題)について書いた。 平昌五輪では、韓国のテレビ局が台北を「首都」と紹介したことで中国人が激怒する。 日本では安倍首相が台湾にあてたメッセージの中に「総統」という言葉があったことで、中国側から抗議を受けて「総統」を削除した。 これらの問題の背景には、「台湾は中国の領土であって、絶対に国ではない」という中国の絶対にゆずれない認識がある。 世界のあちこちで起きている台湾問題は、中国人の「ひとつの中国」という考え方から生まれると思っていい。 習近平国家主席も全人代(全国人民代表大会=国会)で、そのことを強調していた。 毎日新聞の記事(2018年3月20日) 台湾問題については「一切の分裂につながる企ては失敗し、歴史の懲罰を受ける」と述べ、「偉大な祖国のわずかな国土であっても引き裂かれることを容認しない」と強調。 全人代閉会 習氏「憲法を忠実に実行」 「党高政低」印象づけ でも、台湾をはじめ世界には、「台湾は中国の一部ではなくて、別の国」ととらえている人がいる。 前回も書いたけど、国際社会は一般的に、「台湾は中国の一部(ひとつの中国)」という中国政府の主張を認めている。 日本政府もそう。 今回はこんな複雑な中国と台湾の関係を、歴史をふり返りながら、できるだけわかりやすく説明しようと思う。 「マクドナルド」を中国では漢字でこう書く。 でも台湾では「賣當勞」と書く。 1911年の辛亥(しんがい)革命から話をはじめる。 辛亥革命とは、孫文が中国最後の王朝・清を倒して中華民国を建てた革命のこと。 このとき孫文は臨時大総統となって中華民国の建国が宣言された。 この中華民国の時代、孫文をトップとしてその下に蒋介石や毛沢東がいた。 孫文がつくった「黄埔(こうほ)軍官学校」では蒋介石(しょうかいせき)が校長、毛沢東は面接の試験官をしていた。 ちなみに、この学校の政治部主任をしていたのが周恩来。 このとき彼らはひとつだった。 でもこの後、中国国民党の蒋介石と中国共産党の毛沢東とのあいだで内戦が始まる。 中国に攻めてきた日本軍と戦うために、一時休戦したけど、日本がいなくなるとまた内戦がおこなわれた。 内戦(国共内戦) 日本降伏後に再開された国民党と共産党の戦争。 1946年7月から本格化した。 国民党はアメリカの支援を受けたが、腐敗や経済混乱で大衆の支持を失った。 一方、共産党は農村での土地改革で支持を広げた。 「世界史用語集 (山川出版)」 この内戦は、毛沢東(共産党)が勝利する。 大陸に居場所がなくなった蒋介石と国民党(=中華民国)は台湾へ移った。 国家の存亡をかけて残存する中華民国軍の兵力や国家・個人の財産などを続々と台湾に運び出し、最終的には12月に中央政府機構も台湾に移転して台北市を臨時首都とした。 蒋介石率いる国民党は台湾を支配して、ここに中華民国政府が成立する。 中華民国政府 1949 内戦に敗れて12月に台湾に逃れた蒋介石政権。 当初国連の代表権を持っていたが、1971年に中華人民共和国に移った。 88年に成立した李登輝国民党政権の下で民主化が進められた。 「世界史用語集 (山川出版)」 いまの日本で呼ばれる「台湾」とはこの中華民国政府のこと。 これを幕末の日本で例えると、薩長らの勢力(のちの明治政府)が中国で、江戸幕府勢力による新政権が台湾になる。 台湾のお札には「」が使われている。 辛亥革命がはじまった1911年が初年。 だから、中華民国暦89年とは西暦2000年のこと。 孫文の意思を引き継いだ中華民国(台湾)は1911年からはじまった、ということだろう。 上は国民党の蒋介石。 下は共産党の毛沢東。 中華民国政府ができた同じ年(1949年)10月に、毛沢東により中華人民共和国が建国された。 蒋介石たち国民党は自分たちこそが「本来の正しい中国」で、毛沢東(共産党)の中国は「間違った中国」と考えていた。 だから蒋介石たちはいつか中華人民共和国を倒して、中国を再び手に入れようとしていた。 同じことを毛沢東の中国も考えていた。 台湾を武力で制圧して、中国を完全にひとつにしようとしていた。 でも、1950年に朝鮮戦争がはじまったから、この計画は不可能になる。 でも、それは昔の話。 いまの台湾(中華民国政府)は武力統一なんて考えていない。 中国と台湾の力の差を考えたら、絶対にムリだから。 いまの世界では、国連も国際社会も日本政府も、「中国」と認めているのは大陸にある中華人民共和国のほう。 中華人民共和国が代表権のある中国で、台湾はその一部であるとみている。 これが台湾問題についての習近平国家主席の言葉につながる。 「一切の分裂につながる企ては失敗し、歴史の懲罰を受ける」 「偉大な祖国のわずかな国土であっても引き裂かれることを容認しない」 裏は日本統治時代の中心だった台湾総督府 いまは台湾政府が使っている。 先ほど説明文のなかに、「台北市を臨時首都とした」と書いてあった。 このとき蒋介石率いる国民党は、台北を「一時的な首都」として、本当の首都は南京だと考えていた。 友人の台湾人は学校で、「われわれの首都は南京です」と教わったという。 でも彼にはその感覚がない。 彼のなかでは、南京はどちらかというと外国の都市で、「われわれの首都」とはどうしても思えなかった。 そんないまの台湾人は、中国と台湾の関係についてどう思っているのか? ボクが話を聞いた限りでは、「現状維持」を望む人が一番多い。 台湾が中国と戦争をして統一することはあり得ない。 でも、台湾が中国にのみ込まれる(統一される)こともイヤ。 だから、「台湾が独立宣言をする必要はなく、中国と台湾の関係は今のままでいい」という意見をよく聞いた。 でも、台湾で会社を経営している台湾人は「もうすぐ台湾はなくなりますよ」と言う。 「いまの台湾では、中国の影響力がとても強いんです。 中国の経済力はすごいですから。 台湾の経済は中国なしではやっていけません。 台湾はこれから、経済的に中国に支配されていくでしょうね。 でもこればかりは、どうしてもようもありません」 武力を使わなくても、中国は内側から台湾(中華民国政府)を「中国化」して、「ひとつの中国」を完成することができるかもしれない。 おまけ 台湾の台北市に「国立故宮博物院」がある。 故宮は辛亥革命で倒した皇帝が住んでいたところで、故宮博物院では、そこにあった貴重なものが展示されている。 北京にも 故宮博物院があるのだけど、台北の故宮博物院のほうが充実している。 その理由は、内戦に敗れた蒋介石と国民党が台湾に移動するときに、価値の高いものを台湾に運んでしまったから。 「国立故宮博物院」のホームページから。 12月初頭、中央博物院理事会は集まりで協議し、最も優れた逸品を選び、台湾へ移すことを決定。 残りの文物は運輸条件が可能な限り、運搬を進めることとなりました。

次の

韓流と華流のドラマを比較!時代劇の違いが顕著?両者の特徴を解説!

中国 と 台湾 の 違い

2019年、日本を訪れた中国人は約959万人、台湾人は約489万人、香港人は約229万人にのぼりました。 これらの数字を合計すると約1,677万人となり、2019年の 約3,188万人のうち 約52%が 中国、台湾、香港出身であったと分かります。 このように、中国語圏からのが市場の半分を占める今日、業界における中国語対策は非常に重要な課題のひとつです。 交通機関や観光案内所などをはじめ、中国語に対応した施設は日を追うごとに増しています。 多くは「普通話」と呼ばれる中国語を「簡体字」を用いて表記しています。 この記事では、の多い 中国、台湾、香港に焦点を当て、それぞれの国で話されている中国語の違いについて解説します。 の出身国に合わせて適切な中国語を使い分けることで、より満足度の高い「おもてなし」につなげられるでしょう。 そもそも「中国語」とは? 中国語というと、中国や台湾で話されている言葉を意味します。 実は中国では公用語以外にも様々な言語が話されていますが、まずは中国と台湾の公用語となっている言語について整理します。 中国語は紀元前、甲骨文字の時代からの歴史を持つ伝統ある言語です。 漢字を軸とした言語体系が特徴で、日本語、韓国語、ベトナム語の3言語は、中国語の影響を受けた漢字文化圏を形成しています。 中国語は音の高さを区別します。 同じ音でも高さにより異なる意味として捉えられます。 たとえば、高く「マー」と発声すると「母」という意味、低く「マー」と発声すると「馬」という意味になります。 このような言語は「声調言語」と呼ばれ、タイ語、ベトナム語などもこのグループの言語です。 他にもさまざまな特徴のある中国語ですが、以下では最も特徴的な話者数の多さと方言・表記法の違いについて解説します。 世界一の話者数を持つ言語 「中国語」という単語を見ると「中国で話されている言語」のように思われがちですが、英語がイギリス以外の国でも話されているように、中国語も世界中の国々で話されています。 中国、香港、マカオ、台湾などの中国語圏だけでなく、マレーシア、シンガポールなどには多くの華僑が居住しており、他にも日本、アメリカ、カナダ、イギリスなどの国でも現地の華僑により中華街が形成され、日常的に中国語が使われています。 7つの中国の方言と、2つの文字 中国語と呼ばれる言語は一般的には中国や台湾の人の話す言語を指しますが、両者は厳密には異なり、前者は「普通話」後者は「台湾華語(国語)」という名前です。 また中国で話されている言語は非常に多く、これを「方言」といいます。 中国に存在する方言の分類には主に7つがあり、北方語、粵語、吳語、贛語、湘語、閩南語、客家語に分けられています。 これらの方言同士の違いは、日本語のなまりとは異なるもので、異なる方言同士で意思疎通を図ることは多くの場合難しくなっています。 中国の公用語である普通話や、台湾の公用語である台湾華語(国語)は北方語をベースにしたものであり、香港で話されているのは粵語に属する広東語の一方言です。 また、中国語には「繁体字」と「簡体字」と呼ばれる、2つの文字が存在します。 例えば日本語の新字体で「楽」と書く漢字は、繁体字では「樂」簡体字では「乐」と書きます。 繁体字は主に台湾や香港・マカオなどで用いられており、簡体字は主に中国大陸やマレーシア、シンガポールなどの華僑の間で用いられています。 普通話・台湾華語(国語)・広東語について 訪日中国人は主に普通話、訪日台湾人は主に台湾華語、訪日香港人・訪日マカオ人は主に広東語をそれぞれ話します。 台湾人や香港人・マカオ人は普通話を理解しますが、それぞれの言語を使い分けることでより良いおもてなしを提供できるでしょう。 ここでは普通話、台湾華語(国語)、広東語の特徴とそれぞれの違いについて整理します。 中華人民共和国の公用語「普通話」 中国の公用語は中国語ですが、中国語では「普通話」とも呼ばれています。 日本の中華料理屋でもよく見かける「チャーハン(炒飯)」「ラーメン(拉面)」「チンジャオロース(青椒肉糸)」などは全て普通話由来の単語です。 普通話の表記には簡体字が用いられています。 台湾の公用語「台湾華語」(国語) 台湾華語は台湾の公用語で「国語」とも呼ばれています。 台湾には他にも閩語の一種である台湾語や、客家語、そして原住民諸語などの言葉が話されていますが、台湾華語(国語)は台湾全土で通じる標準語です。 中国の普通話と、台湾で話される台湾華語(国語)は、イギリス英語とアメリカ英語の関係に似ています。 多くの単語や文法は共通していますが、一部同じものを異なる単語で表現しています。 台湾華語(国語)には、「榻榻米(たたみ)」「哇沙米(わさび)」「歐吉桑、歐巴桑(おじさん、おばさん)」など、日本語からの外来語が色濃く残っており、日常的に用いられていることも特徴の一つです。 台湾華語(国語)の発音は普通話と比べると舌を巻かずに発音する傾向があります。 同じ文法・単語を発話したとしても、いずれの地域で生活していたかや、言語を習得したのかを聞き分けられる場合も少なくありません。 台湾華語の表記には繁体字が用いられています。 香港の公用語と広東語 香港の公用語は、広東語の一方言である「香港語」です。 広東語は、中国の公的な場で使われている「普通話」とは発音もかなり違います。 表記には繁体字が用いられています。 たとえば「こんにちは」を意味する「你好」は「ニイハオ」ではなく「ネイホウ」、「日本」は「リーベン」ではなく「ヤップン」と発音します。 日本語の「シューマイ(燒賣)」「ワンタン(雲吞)」「ヤムチャ(飲茶)」などは全て広東語由来の単語です。 普通話・台湾華語(国語)・広東語を使い分けるコツ ここまで、北京語・台湾華語(国語)・広東語それぞれの特徴と違いを見てきましたが、実際に各国からのに対してそれぞれの言語を使い分ける場合、どのような対策を講じれば良いのでしょうか。 ここからは資料や看板などの「表記」と、接客において最も重要な「会話」の側面から、各言語をどのように使い分けるべきかを紹介します。 表記:繁体字と簡体字を併記した資料や看板を準備する 中国では繁体字での書籍は多くありません。 また、繁体字に慣れている文化圏の人の場合、簡体字を読むのにストレスを感じることがあります。 向けの資料を製作する際や看板などに中国語を表記する際は、繁体字と簡体字の両方を表記すると、いずれの訪日客にとっても印象の良いものとなるでしょう。 細かい単語の違いなどはありますが、多くの場合、同じ文章を繁体字・簡体字それぞれで記せば問題ありません。 各言語でコミュニケーションできる環境を整える 普通話と台湾華語の双方は意思の疎通、情報伝達に基本的に問題がありませんので、店舗などで中国人対応スタッフと台湾人対応スタッフを分けるメリットは大きくないでしょう。 香港からの旅行者の多くは、普通話や台湾華語も理解しますが、特に昨今の香港では中国に対する国民感情が悪化していることから、普通話で話しかけられると不快に思う香港人もいるようです。 訪日香港人向けの広東語の言語対応ができない場合には、英語でのコミュニケーションのほうが受け入れられやすいと考えられます。 ただし、店舗などで相手の出身国を探り当てることは容易ではありません。 などのでは、広東語を含めた多様な言語を出力できる機種もあります。 これらを上手く活用し接客の質向上を図るべきでしょう。 3つの中国語を使い分けて、ワンランク上のおもてなしを 業界にとって重要な中国語には 普通話・台湾華語(国語)・広東語の3種類があります。 それぞれの国からのに適切な中国語を選んでコミュニケーションを取ることで、相手に対する思いやりをより明確に伝えられます。 東京オリンピックの開催の折には中国、香港・マカオ、台湾からも多くの観光客が訪れると予想されていますが、まずは3つの中国語の違いをしっかりと把握し、ワンランク上の「おもてなし」を提供することで、日本に対してより良い印象を持ってもらえるでしょう。

次の

今さら聞けない 中国・台湾・香港の『中国語』の違いとは:3つの言語と7つの方言、2つの文字

中国 と 台湾 の 違い

韓流とは? 2000年代以降にアジアで起こった韓国娯楽文化の流行のことを指すのですが、日本では2003年から日本でも放送された韓国ドラマ『冬のソナタ』によって始まったとされています。 実際に冬のソナタが広く認知されたのは2004年に地上波にて再放送された際で、その後も何度も再放送され「冬ソナ」や「ヨン様」が流行語になるまでに浸透しました。 それまでにも韓国ドラマや映画は放送・上映されてはいましたがどれも低調で、映画にいたっては純愛ものや朝鮮半島問題などをテーマにしたものが多かった為日本では注目されていませんでした。 しかし、この「冬ソナ」ブーム以降は広く認識されることとなり、ドラマを始め映画、音楽、ファッション、料理、言語にいたるまで注目を集めました。 当初は熱狂的な一部のファンのみのブームの様な感もあり、韓流ファンとそうでない人との温度差がありましたが、その後のK-POPブームなどもあり現在では一時的なブームを超え一般的なものとなったと言えます。 日本人は元来勉強熱心でありオタク的要素も強いためか、「冬ソナ」以前のドラマ作品や、映画作品も注目された為DVDや特集雑誌なども飛ぶように売れ、ここまでの浸透を見せたのだと思われます。 個人的には、日本では2003年に公開された映画『猟奇的な彼女』によって韓国映画に触れることになり、その後も多くの映画を見るようになったのですが、当時は韓国ドラマを見る機会はなく映画のみを楽しんでいました。 同様に韓国ドラマだけ見る人、映画だけ見る人、K-POPだけ聴く人など、同じ韓流ファンでも一部ジャンルのみに興味を示した方も多くいた印象がありました。 現在は一時期ほどの韓流熱はありませんが、それはあまりにも一般化したためでもあり、レンタルショップや動画配信サービス、専門チャンネルなどではブーム当時より韓流コーナーが拡大しているのが実情です。 スポンサーリンク 華流とは? 一方華流とは香港・台湾・中国をはじめとする中華圏発の娯楽文化の流行のことを指します。 それはブルース・リーやジャッキー・チェン、テレサ・テンやジュディ・オングなどのカンフースターから女性歌手などの人気によるもので、ブームというより既に日本に根付いていたと言っても過言ではないでしょう。 70年代からのカンフー映画ブームや、その他香港映画も大流行し、香港スターも大人気を博していました。 しかし、そのころは華流という言葉では括られてはいなく、2001年に製作された台湾ドラマ『流星花園』が2003年にBSで放送され、2004年には地上波で放送し華流ブームの火付け役となりました。 この『流星花園』は日本の漫画「花より男子」をドラマ化したもので、世界的にも大ヒット。 このドラマの人気から日本で2005年にドラマ『花より男子』が制作されるに至った経緯があり、いわゆる逆輸入されたドラマと言えます。 F4の人気はすさまじくグループ自体の音楽、ドラマを含め、それぞれのソロ作品も人気となり、日本版のドラマも人気となったことから彼らの『流星花園』も大ブレイクする形となったのです。 このF4のブレイクにより様々な華流作品が日本でも流入することになります。 それは台湾お得意の日本のコミックを映像化した恋愛ドラマや、中国の武侠ドラマなどが華流を代表するジャンルといえます。 台湾ドラマファンの多くが女性なのに対して、武侠ドラマはカンフーや多才な武芸が見れるもので多くの男性ファンを獲得しました。 この武侠ドラマの人気には、2000年以降大ヒットしたチャウ・シンチーの『少林サッカー』や『カンフーハッスル』といった新しいカンフー映画や、チャン・イーモウ監督による『HERO』や『LOVERS』といったワイヤーアクションで魅せる歴史武侠映画の影響もあります。 その後は韓流ほどには広く知られていない華流ですが、ブームとしての名前が知られていないだけであって、映画ジャンルで言えばすでに定番であると言えます。 ドラマにいたっても前述の花より男子のように、台湾作品が韓国でドラマ化されることも多く、中国ドラマにいたっては韓国俳優が出演・主演する作品も度々みられるなど、広大な中国市場へ韓流が乗り出しているのが現在です。 その他にも世界の映画祭でも評価の高い台湾映画や、世界の映画監督などにも強い影響を与えてきた香港映画、そして巨大な市場を有しそのジャンルも幅広い中国映画など、まだまだ多くの可能性を見せるのが華流なんです。 スポンサーリンク 韓流と華流ドラマの違いとは? 先ほども記述したように、日本で華流というと「台湾ドラマ」を指すイメージがあります。 台湾ドラマは、韓国ドラマと比べると日本で見れる作品数が少なく、日本でも見れる一部の人気タイトルと比べることになるのですが、一時期の日本のコミックスのドラマ化版の様なラブコメばかりではなく、オリジナルの恋愛ドラマやラブコメは評価も高く、近年では中国製作による歴史大作ドラマや宮廷ドラマなども作られています。 台湾のドラマは日本や韓国よりも話数が多く、韓国ドラマの様なドロドロした展開や強烈な悪人が登場しないのが特徴で、どちらかというと日本のドラマに近い印象です。 物語の展開的に派手さはないですが、韓国ドラマが苦手な人からすれば非常に見やすい作品だと思います。 韓国ドラマは色んな要素を取り入れたジャンルミックスの作品が多く見られますが、台湾ドラマは恋愛ドラマかラブコメに特化したものが多く、例えばファンタジー要素やサスペンス要素などが入った恋愛ものなどは見かけません。 それは少女漫画などを映像化したものが多いこともありますが、韓国ドラマと比べると製作費が少ないのもあるのでしょう。 ただ、シンプルな話や細かいとこまで描く物語を見るのには適していて、ラストで怒涛の回収をかけて突然終わる韓国ドラマより丁寧に描かれている印象があるのが台湾ドラマです。 時代劇の違いが顕著? 近年は中国ドラマの様な歴史ドラマも作られていますが、これは中国・台湾の合作も多くそのレベルは韓国ドラマの比ではありません。 宮廷内のゴタゴタや、骨肉の争いの人間ドラマ、王や王子との恋愛話が多い韓国の歴史ドラマとは違い、製作費がハリウッド並みの中国の歴史ドラマや武侠ドラマは、超本格的格闘アクションや壮大な戦闘シーン、ハイレベルなワイヤーアクションなど、とんでもないものです。 そもそも韓国の歴史ドラマは中国ドラマの模倣的なところもあり、韓国的な悪女が登場するものや宮廷ドラマが見たいのではなければ、中国ドラマを見た方が絶対に満足できると思います。 三国志や水滸伝から、金庸(きんよう)による武侠小説のドラマ作品などは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の様な作品とも肩を並べるレベルです。 その主演俳優も世界的に活躍する人も多く、アジア全域数億人単位で視聴者がいる為、キャスティングの面でも有利に働くのだといえます。 ハリウッドのドラマも有名映画俳優が出演したり、世界的映画監督が製作したりするのも視聴者数が膨大に多いからですね。 それ等の点から考えると、日本で見れる華流ドラマが韓国ドラマと比べて圧倒的に少ないのが異常と言えるかもしれません。 まとめ 韓国、台湾、香港、中国とそれそれに特色があり、韓流と華流に分かれているのが現状ですが、韓国アイドルも韓国人だけでなく、中国人や日本人なども所属する多国籍グループが増えているように、映画やドラマに関しても細かく分ける必要はない時代が来ているんじゃないでしょうか。 映画やドラマ、漫画などは、日本の原作を台湾や韓国で映像化することも多く、反対に台湾や韓国の作品を日本でリメイクしたり、台湾の作品を韓国でリメイクしたりと、元がいい作品は国が変わっても通用することを証明してくれています。 この先、日本でもっとアジアの作品が広く受け入れられることを期待したいですね!.

次の