お に よ めちゃ ねる。 株式会社アムタス

株式会社アムタス

お に よ めちゃ ねる

アムタスはインフォコム株式会社の ネットビジネス事業が分社化され誕生しました。 医療機関や一般企業、通信事業者に向けて システムインテグレーションなどのサービスを提供するインフォコム株式会社は、 言わば「社会から求められるサービスを提供する会社」です。 そしてアムタスは「生活者から求められるサービスを提供する会社」 この違いこそ独自の会社として当社が設立された契機であり趣意です。 ひと言で「生活者から求められるサービス」と言っても その実像は漠然としています。 「アムタスが求められること」「アムタスにしかできないこと」 「アムタスがやりたいこと」を徹底的に突き詰め、 世の中に向けてアムタスが提供すべき 「生活者から求められるサービス」の本質を定義しお伝えしてまいります。 WEB企画制作 伊藤奈都 Natsu Ito サイトと共に成長していけるように新しい技術・デザインへのチャレンジをし、ユーザーの使い心地をもっと高めていきたいです。 営業 今出聡 Satoshi Imade メンバー全員が妥協せず日々チャレンジしています。 出版社様をはじめ多くの方々のご協力に感謝しています。 サービス企画 篠原浩二 Koji Shinohara 特集ページなどを作り、漫画をより魅力的に紹介できるように日々楽しみながら仕事をしています。 事業開発 菅﨑葵 Aoi Sugasaki 漫画作品に関わっている全ての方々の思いを込めて、世界に日本の漫画を広めていきます。 営業 傍島明 Akira Sobajima 出版社様から作品をご納品頂き、より充実した楽しい電子書店を目指しています。 アナリスト 高木紀世孝 Kiyotaka Takagi 各分野のプロフェッショナルと共に、成長し続ける大規模なトラフィックと向き合う毎日はチャレンジングで充実しています。 サービス企画 田中栄太郎 Eitaro Tanaka お客様にワクワクしてもらえるようなサービスを目指してメンバーと共にチャレンジの日々です。 電子書籍制作 中野蘭 Ran Nakano 自分の企画した漫画が、狙い通りヒットしたときにとてもやりがいを感じます。 サービス企画 二階堂貴子 Takako Nikaido やってみたいことがあったら「やりたい!」と声を上げる。 それが仕事の楽しさにつながります。 運用 濵﨑賢二 Kenji Hamasaki お客様に楽しく・安心してご利用頂ける様、日々のコンテンツ登録を安全且つスピード感を持ってメンバー一同頑張っています。 めちゃコミック事業本部長 平田晋三 Shinzo Hirata お客様に信頼されるサービス、組織運営を心掛けています。 現状に満足することなく日々進化し続けたいと思います。 事業開発 平野俊介 Shunsuke Hirano アジア圏や英語圏だけでなく、世界中に日本の漫画を配信してきたいと思っています。 WEB企画制作 松本郷平 Kyohei Matsumoto メンバー全員が自信と誇りをもって働ける、常に進化を続けるWEBサービスにしていきたいです。 システム 南陽樹 Yoki Minami 知識や経験だけではなく、素直に正しいと判断した選択を積み重ねてきたという自覚が、「Enterを押す勇気」を与えてくれると思います。 電子書籍制作 宮川有里 Yuri Miyakawa 漫画家に広く執筆の場を提供し、魂のこもった作品を最速でめちゃコミックユーザーにお届けしています。 代表取締役社長 山下正樹 Masaki Yamashita 個性的なメンバーだから、特長あるサービスとして進化し続けています。 もっとお客様も社員も楽しんでほしい!• プロモーション 吉井美有 Miyu Yoshii 「めちゃコミック知ってるよ」が最高の褒め言葉。

次の

長濱ねる、欅坂46・けやき坂46両グループを経験した唯一の存在「欅坂46はクールなイメージ、けやき坂46はハッピーオーラ」

お に よ めちゃ ねる

ソロ写真集『ここから』が発行部数18万部を突破したアイドルグループ・欅坂46の長濱ねる。 2015年、彼女は一度、欅坂46の最終審査当日に、母親の反対で実家の長崎に連れ戻されたが、家に帰ってきても泣き続ける娘を見て、父親が運営スタッフに相談して、遅れて加入したという経歴を持つ。 両グループを知る長濱が自身の活動を振り返りながら、それぞれの違いと魅力を語る。 長濱ねるインタビュー• 』(テレビ東京)の収録で「けやき坂46が結成します」と聞きました。 「どういうグループなんだろう?」とか「いまは 自分は一人だけど今後、新しい子が加入するのかな?」って不安もあったり。 けやき坂46としてのコンセプトを教えてください。 長濱ねる コンセプトについては、(けやき坂46の1期生)みんなと一番悩んだとこでもあるんです。 「自分たちはどういうグループなんだろう?」って。 欅坂46との違いを見せるべきなのか、それとも同じグループなので、色を崩してはしてはいけないんじゃないか…って。 みんなでもがいてと言うか、手探りでやっていったんですけど…。 1曲、2曲、3曲と曲をいただくにつれて、明るい曲やポップな音楽が多くて。 ちょっとずつかわいらしさや、笑顔の振り付けで女の子らしさを出したり、盛り上がる曲が私たちの役割なのかなと少しずつ思うようになりました。 それをけやき坂46では「ハッピーオーラ」と呼んで、モットーにしています。 みんないろんな面を持っているんです。 私たちの曲はダンサーのTAKAHIRO先生が振り付けをしていただいていて、歌詞を伝えることに重きを置いてパフォーマンスを指導してくださいます。 欅坂46は何か壁や迷いにぶつかっているときに一緒に共感して寄り添う曲、ちょっとクールでメッセージ性が強い曲が多くあって、曲に合わせて笑わないようにするときもあります。 けやき坂46は励ます曲や恋愛ソングが多くて、パフォーマンスも自然に笑顔で伝えたり。 でも、大事なのは「曲の世界を伝える」ということなので、同じかなと思います。 そこで両グループで、お互いに高め合っていくような関係ですか? 長濱ねる そうです。 私は、今のけやき坂46の活躍を見ると素直にすごい嬉しいです。 途中まででしたけど、一緒にお仕事を一つずつやっていったみんなを見ているので、単独でアルバムをリリースしたり、ツアーをしていることがすごく嬉しくて。 欅坂46のメンバーとも「けやき坂46がすごいから自分たちも頑張らなきゃ」と話して、お互い刺激になっています。 ライバルとはちょっと違うけど、個々のグループを高め合う仲間。 これからも切磋琢磨しあっていきたいって思っていました! 母親に実家に連れ戻された過去も この道を「1回も後悔したことないです」• 長濱ねる 母がすごく心配してくれていたからなんです。 でも、今は応援してくれたり、心配してくれます。 自分もちょっと大人になって、私の悩んだり、苦しんだりする気持ちに、手を差し伸べてくれたのかなって。 その時は本当にすべて初めての経験で、オーディションを受けたことも、東京に一人で行ったことも初めての経験だったので、「連れ戻される」と聞いたときは反抗しなかったんです。 自分で悟ったというか、あきらめたというか。 それまで自分の想像するレール通りに進んでいたので、「うまく神様が元に戻すような人生になってるんだな」って。 応援してくれていて、父も母もライブに来てファンになってくれました。 父は毎日メールを送ってくれて優しいです。 母も教育ママみたいな感じではなくて、私のことを第一に考えてくれてます。 東京に出て、改めて自分が育ってきた環境って幸せでありがたいことなんだって実感します。 1回も後悔したことないです。 レッスンに参加できないと一人欠けるとダンスのフォーメーションも複雑なので、全員に関わってくるので…。 欅坂46専任という役割をいただいたからには、誠意をもって欅坂46で頑張ることが一番いいんじゃないかなと心掛けています。 一人でもメンバーがいないとしっくりこないんです。 でも、しっくりこない、うまくいかないではダメで、その時を見に来てくださっている方にいいものをお届けたいっていう気持ちがあります。 平手は末っ子で最年少なんですけど、どれだけの責任やプレッシャーを背負ってもらっていたのかな、って。 自分たちがいかに頼っていたのか、改めて気づいた部分もあります。 坂道AKB(AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46からなるグループ)でセンターを1回やらせていただいたんですけど、必要以上に孤独に感じて…周りは自分のことを何とも思ってないし、「自分はうまくできてないんじゃないか」と必要以上に心配になって…。 平手は今まですべてのシングルをセンターやってくれて、今の欅坂46のイメージを作り出してきてくれたので、素直に尊敬します。 しゃべる子が多いし、面白い! 楽曲もユニットによっていろんな色があるので楽しいし、けやき坂46もライブを見てほしいです。 おとぎ話を一冊読むようなファンタジックな演出や展開があるんです。 長濱ねる けやき坂46のメンバーともよく話して、「一緒に踊りたいよね」と話していました。 でも、お互いに違う道を進むと決めていて、「そう簡単には一緒に踊れないんだろうな」っていう気持ちもあったりして。 こうやって七夕で一緒に踊る機会を頂けたのはすごい嬉しくて、メンバーとハイタッチしました(笑)。 けやき坂46 『期待していない自分』PV.

次の

増刊グランドジャンプめちゃ最新号の内容|集英社グランドジャンプ公式サイト

お に よ めちゃ ねる

アムタスはインフォコム株式会社の ネットビジネス事業が分社化され誕生しました。 医療機関や一般企業、通信事業者に向けて システムインテグレーションなどのサービスを提供するインフォコム株式会社は、 言わば「社会から求められるサービスを提供する会社」です。 そしてアムタスは「生活者から求められるサービスを提供する会社」 この違いこそ独自の会社として当社が設立された契機であり趣意です。 ひと言で「生活者から求められるサービス」と言っても その実像は漠然としています。 「アムタスが求められること」「アムタスにしかできないこと」 「アムタスがやりたいこと」を徹底的に突き詰め、 世の中に向けてアムタスが提供すべき 「生活者から求められるサービス」の本質を定義しお伝えしてまいります。 WEB企画制作 伊藤奈都 Natsu Ito サイトと共に成長していけるように新しい技術・デザインへのチャレンジをし、ユーザーの使い心地をもっと高めていきたいです。 営業 今出聡 Satoshi Imade メンバー全員が妥協せず日々チャレンジしています。 出版社様をはじめ多くの方々のご協力に感謝しています。 サービス企画 篠原浩二 Koji Shinohara 特集ページなどを作り、漫画をより魅力的に紹介できるように日々楽しみながら仕事をしています。 事業開発 菅﨑葵 Aoi Sugasaki 漫画作品に関わっている全ての方々の思いを込めて、世界に日本の漫画を広めていきます。 営業 傍島明 Akira Sobajima 出版社様から作品をご納品頂き、より充実した楽しい電子書店を目指しています。 アナリスト 高木紀世孝 Kiyotaka Takagi 各分野のプロフェッショナルと共に、成長し続ける大規模なトラフィックと向き合う毎日はチャレンジングで充実しています。 サービス企画 田中栄太郎 Eitaro Tanaka お客様にワクワクしてもらえるようなサービスを目指してメンバーと共にチャレンジの日々です。 電子書籍制作 中野蘭 Ran Nakano 自分の企画した漫画が、狙い通りヒットしたときにとてもやりがいを感じます。 サービス企画 二階堂貴子 Takako Nikaido やってみたいことがあったら「やりたい!」と声を上げる。 それが仕事の楽しさにつながります。 運用 濵﨑賢二 Kenji Hamasaki お客様に楽しく・安心してご利用頂ける様、日々のコンテンツ登録を安全且つスピード感を持ってメンバー一同頑張っています。 めちゃコミック事業本部長 平田晋三 Shinzo Hirata お客様に信頼されるサービス、組織運営を心掛けています。 現状に満足することなく日々進化し続けたいと思います。 事業開発 平野俊介 Shunsuke Hirano アジア圏や英語圏だけでなく、世界中に日本の漫画を配信してきたいと思っています。 WEB企画制作 松本郷平 Kyohei Matsumoto メンバー全員が自信と誇りをもって働ける、常に進化を続けるWEBサービスにしていきたいです。 システム 南陽樹 Yoki Minami 知識や経験だけではなく、素直に正しいと判断した選択を積み重ねてきたという自覚が、「Enterを押す勇気」を与えてくれると思います。 電子書籍制作 宮川有里 Yuri Miyakawa 漫画家に広く執筆の場を提供し、魂のこもった作品を最速でめちゃコミックユーザーにお届けしています。 代表取締役社長 山下正樹 Masaki Yamashita 個性的なメンバーだから、特長あるサービスとして進化し続けています。 もっとお客様も社員も楽しんでほしい!• プロモーション 吉井美有 Miyu Yoshii 「めちゃコミック知ってるよ」が最高の褒め言葉。

次の