デスクトップ アイコン 配置。 効率を上げるデスクトップ整理術!手順と押さえたいポイントを徹底解説

Windows 7:デスクトップのアイコンを好きな場所に移動できるようにするには

デスクトップ アイコン 配置

作業効率が下がる デスクトップ上に多数のファイルやフォルダーが散乱していると、必要なファイルを開く際に、多数のアイコンの中から目的のファイルを探さなければいけません。 デスクトップが乱雑になっていると無駄な時間を費やさなければならなくなり、作業効率が低下してしまいます。 PCの起動が遅くなる PCは起動時にデスクトップ上に保存されているファイルやフォルダーのデータを読み込み、それらのアイコンを表示させます。 ファイルやフォルダーの数が多くなるほど読み込まなければならないデータが多くなるため、その分、 PCの起動が遅くなります。 セキュリティ上の問題 ファイル名を見ただけで中身が推測できるようなファイルがデスクトップ上に保存されていると、デスクトップを見られただけで情報漏えいが起こる恐れがあります。 外出先でノート PCを開いて仕事をする場合、外部の人間がデスクトップ画面を目にしてしまうこともあるでしょう。 デスクトップ画面のファイル名から、インサイダー情報などの機密情報に該当するような情報が漏れてしまう可能性があるため、十分に注意する必要があります。 ミスにつながりやすい デスクトップ上に多数のアイコンが並んでいると、メールに添付するファイルを間違えるなどのミスが起こる可能性があります。 また、必要なファイルを不要なファイルと誤認して消去してしまったり、開くべきファイルを間違い、誤ったデータをもとに資料を作成してしまったりなどのミスも考えられます。 不要なファイルは削除する まず不要なものを捨てることが整理整頓の第一歩です。 確実に不要だと判断できるファイルは、ドラッグ&ドロップでゴミ箱に入れるか、消去するファイルをマウスで選択し「 Delete」キーを押してゴミ箱にいれましょう。 もし、誤って消去してしまっても、ファイルはいったんゴミ箱に入っただけです。 元に戻したい場合はゴミ箱の中で該当ファイルを選択し「元に戻す」をクリックすれば復元できます。 フォルダーは階層を作ることができるので、フォルダーの中に新しいフォルダーを作成することも可能です。 目的のファイルを見つけやすくするためのフォルダー名のつけ方については、後半であらためて詳しく解説します。 各ファイルをフォルダーに入れる 保存しておくべきだと判断したファイルを適切なフォルダーに格納していくことも大切です。 たとえば、取引先別のフォルダーを作り、それぞれの中に案件別、あるいは時期別などでフォルダーを作成しておくとファイルの整理整頓がしやすくなります。 自動整列/等間隔整理で見た目を整える 3階層のフォルダーとは、上の図のように、まず取引先ごとのフォルダーを作成し、その下にプロジェクトごとのフォルダー、さらに下の階層にそれぞれのデータ形式や日付ごとのフォルダーを作成するというイメージです。 それぞれのファイルは 3階層目のフォルダーに保存し、 1階層目や 2階層目のフォルダーにはファイルを格納しません。 また、 3階層よりもさらにフォルダーの分類を細分化していけば、ひとつのフォルダーあたりに格納されるファイル数は少なくなり、フォルダー内でファイルを探しやすくなるというメリットがあります。 しかし、目当てのフォルダーまで行きつく手間が増えるため、かえって非効率になる場合もあります。 このため、フォルダーの構成は 3階層を基本とするとよいでしょう。 進行中・対応済のものを分類する すでに報告済みの文書など使い終わったファイルや、取引先にメールを送信して連絡待ちのファイル、あるいは作成途中のファイルなどをそれぞれのフォルダーごとに分ける管理方法もあります。 フォルダー名は「完了済み」や「連絡待ち」、「作成中」などとするとよいでしょう。 現在抱えているタスクが一目瞭然になると、スケジュールの組み立てや優先順位の判断がしやすくなります。 一時保存用のフォルダーを作成する ファイルの中には一度使ってしまえば用が済んでしまうものや、どのフォルダーに格納するべきかすぐに判断ができないものもあるでしょう。 デスクトップを乱雑にさせないために、そうしたファイルは「一時保存フォルダー」を作成して格納しておきましょう。 ただし、一時保存のためのフォルダーは、用が済んだファイルをすぐに削除したり、完了済みのフォルダーに移動させたりなど常日ごろからの整理整頓が必要です。 メンテナンスを怠ると、一時保存フォルダー内のファイル数が膨れ上がり、かえって作業効率を下げてしまう恐れがあるので注意が必要です。 ファイルのデフォルトの保存先を変更する デスクトップにさまざまな種類、用途のファイルができてしまうのは、新たに作成したファイルの保存先として、とりあえずデスクトップを選んでしまうのが原因です。 Excelや Wordなど Officeソフトはデフォルトのファイルの保存先をあらかじめ設定できるようになっています。 ファイルの保存先を作成中フォルダーに変更しておき、新規作成したファイルをデスクトップに保存しない習慣をつけましょう。 検索しやすいフォルダー名・ファイル名にする フォルダー名やファイル名の設定に一工夫を加えると、視認性と検索性を向上させられます。 たとえば「進行中」という名前のフォルダーを作成するなら、フォルダー名の先頭に「 s」や「 p( progress)」など半角英数字 1文字を付け加えて「 s進行中」などとしましょう。 Windowsにはフォルダー内でキーボードのキーを押すと、対応するファイルやフォルダーが選択される検索機能が備わっています。 ファイルやフォルダーの名前の先頭に「 s」や「 p」などの半角英数字を加えておくと、対応するキーを押すだけでそのファイルを選択状態にできるショートカットキー機能が使えるようになります。 このようなショートカットキーを用いると、マウスを使わずにキーボードだけで素早い操作ができるようになります。 また、ファイル名の先頭に日付をいれておくと管理がしやすくなります。 同時に日付順で自動的にファイルが整列するようになります。 デスクトップ上にさまざまなファイルが乱雑に置かれていると、必要なファイルをすぐに見つけられなかったり、思わぬミスを誘発してしまったりする恐れがあります。 この記事ではファイルを整理整頓する意義と、具体的な手順を解説してきました。 デスクトップを整理整頓しておけば、作業効率もあがります。 このように自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる作業環境を整える習慣を身につけておけば、就職後の助けにもなるでしょう。 マンパワーグループでは、正式登録者の方を対象にという自宅で学習できるサービスを展開しています。 対人コミュニケーションについて学べるコースのほか、さまざまなビジネススキルコースや、ExcelやPowerPointなどのOAスキルコース、ITスキルコース、ビジネス英語などの語学コースもご用意しています。 ぜひ人気の講座を無料で受講してみてください。 また、充実した支援体制で求職者のサポートも行っており、さまざまな業界・職種の求人情報を提供しております。 これから就職・転職をお考えの方は、マンパワーグループで仕事探しを始めてみませんか?.

次の

デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する|Office|ヘルプの森

デスクトップ アイコン 配置

作業効率が下がる デスクトップ上に多数のファイルやフォルダーが散乱していると、必要なファイルを開く際に、多数のアイコンの中から目的のファイルを探さなければいけません。 デスクトップが乱雑になっていると無駄な時間を費やさなければならなくなり、作業効率が低下してしまいます。 PCの起動が遅くなる PCは起動時にデスクトップ上に保存されているファイルやフォルダーのデータを読み込み、それらのアイコンを表示させます。 ファイルやフォルダーの数が多くなるほど読み込まなければならないデータが多くなるため、その分、 PCの起動が遅くなります。 セキュリティ上の問題 ファイル名を見ただけで中身が推測できるようなファイルがデスクトップ上に保存されていると、デスクトップを見られただけで情報漏えいが起こる恐れがあります。 外出先でノート PCを開いて仕事をする場合、外部の人間がデスクトップ画面を目にしてしまうこともあるでしょう。 デスクトップ画面のファイル名から、インサイダー情報などの機密情報に該当するような情報が漏れてしまう可能性があるため、十分に注意する必要があります。 ミスにつながりやすい デスクトップ上に多数のアイコンが並んでいると、メールに添付するファイルを間違えるなどのミスが起こる可能性があります。 また、必要なファイルを不要なファイルと誤認して消去してしまったり、開くべきファイルを間違い、誤ったデータをもとに資料を作成してしまったりなどのミスも考えられます。 不要なファイルは削除する まず不要なものを捨てることが整理整頓の第一歩です。 確実に不要だと判断できるファイルは、ドラッグ&ドロップでゴミ箱に入れるか、消去するファイルをマウスで選択し「 Delete」キーを押してゴミ箱にいれましょう。 もし、誤って消去してしまっても、ファイルはいったんゴミ箱に入っただけです。 元に戻したい場合はゴミ箱の中で該当ファイルを選択し「元に戻す」をクリックすれば復元できます。 フォルダーは階層を作ることができるので、フォルダーの中に新しいフォルダーを作成することも可能です。 目的のファイルを見つけやすくするためのフォルダー名のつけ方については、後半であらためて詳しく解説します。 各ファイルをフォルダーに入れる 保存しておくべきだと判断したファイルを適切なフォルダーに格納していくことも大切です。 たとえば、取引先別のフォルダーを作り、それぞれの中に案件別、あるいは時期別などでフォルダーを作成しておくとファイルの整理整頓がしやすくなります。 自動整列/等間隔整理で見た目を整える 3階層のフォルダーとは、上の図のように、まず取引先ごとのフォルダーを作成し、その下にプロジェクトごとのフォルダー、さらに下の階層にそれぞれのデータ形式や日付ごとのフォルダーを作成するというイメージです。 それぞれのファイルは 3階層目のフォルダーに保存し、 1階層目や 2階層目のフォルダーにはファイルを格納しません。 また、 3階層よりもさらにフォルダーの分類を細分化していけば、ひとつのフォルダーあたりに格納されるファイル数は少なくなり、フォルダー内でファイルを探しやすくなるというメリットがあります。 しかし、目当てのフォルダーまで行きつく手間が増えるため、かえって非効率になる場合もあります。 このため、フォルダーの構成は 3階層を基本とするとよいでしょう。 進行中・対応済のものを分類する すでに報告済みの文書など使い終わったファイルや、取引先にメールを送信して連絡待ちのファイル、あるいは作成途中のファイルなどをそれぞれのフォルダーごとに分ける管理方法もあります。 フォルダー名は「完了済み」や「連絡待ち」、「作成中」などとするとよいでしょう。 現在抱えているタスクが一目瞭然になると、スケジュールの組み立てや優先順位の判断がしやすくなります。 一時保存用のフォルダーを作成する ファイルの中には一度使ってしまえば用が済んでしまうものや、どのフォルダーに格納するべきかすぐに判断ができないものもあるでしょう。 デスクトップを乱雑にさせないために、そうしたファイルは「一時保存フォルダー」を作成して格納しておきましょう。 ただし、一時保存のためのフォルダーは、用が済んだファイルをすぐに削除したり、完了済みのフォルダーに移動させたりなど常日ごろからの整理整頓が必要です。 メンテナンスを怠ると、一時保存フォルダー内のファイル数が膨れ上がり、かえって作業効率を下げてしまう恐れがあるので注意が必要です。 ファイルのデフォルトの保存先を変更する デスクトップにさまざまな種類、用途のファイルができてしまうのは、新たに作成したファイルの保存先として、とりあえずデスクトップを選んでしまうのが原因です。 Excelや Wordなど Officeソフトはデフォルトのファイルの保存先をあらかじめ設定できるようになっています。 ファイルの保存先を作成中フォルダーに変更しておき、新規作成したファイルをデスクトップに保存しない習慣をつけましょう。 検索しやすいフォルダー名・ファイル名にする フォルダー名やファイル名の設定に一工夫を加えると、視認性と検索性を向上させられます。 たとえば「進行中」という名前のフォルダーを作成するなら、フォルダー名の先頭に「 s」や「 p( progress)」など半角英数字 1文字を付け加えて「 s進行中」などとしましょう。 Windowsにはフォルダー内でキーボードのキーを押すと、対応するファイルやフォルダーが選択される検索機能が備わっています。 ファイルやフォルダーの名前の先頭に「 s」や「 p」などの半角英数字を加えておくと、対応するキーを押すだけでそのファイルを選択状態にできるショートカットキー機能が使えるようになります。 このようなショートカットキーを用いると、マウスを使わずにキーボードだけで素早い操作ができるようになります。 また、ファイル名の先頭に日付をいれておくと管理がしやすくなります。 同時に日付順で自動的にファイルが整列するようになります。 デスクトップ上にさまざまなファイルが乱雑に置かれていると、必要なファイルをすぐに見つけられなかったり、思わぬミスを誘発してしまったりする恐れがあります。 この記事ではファイルを整理整頓する意義と、具体的な手順を解説してきました。 デスクトップを整理整頓しておけば、作業効率もあがります。 このように自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる作業環境を整える習慣を身につけておけば、就職後の助けにもなるでしょう。 マンパワーグループでは、正式登録者の方を対象にという自宅で学習できるサービスを展開しています。 対人コミュニケーションについて学べるコースのほか、さまざまなビジネススキルコースや、ExcelやPowerPointなどのOAスキルコース、ITスキルコース、ビジネス英語などの語学コースもご用意しています。 ぜひ人気の講座を無料で受講してみてください。 また、充実した支援体制で求職者のサポートも行っており、さまざまな業界・職種の求人情報を提供しております。 これから就職・転職をお考えの方は、マンパワーグループで仕事探しを始めてみませんか?.

次の

効率を上げるデスクトップ整理術!手順と押さえたいポイントを徹底解説

デスクトップ アイコン 配置

スポンサーリンク No. ユーザーそれぞれ、デスクトップにあるアイコンを心地よいサイズや間隔にすることで、作業効率も上がります。 まず、アイコン サイズの簡単な変更方法は、次の2つです。 「Ctrl」キー+マウスのホイールを回転 右クリックの方法では、バージョンによって表示される項目が少し違います。 マウス ホイールの方法は、WindowsXPではありません。 次に、アイコン同士の間隔を変更したい場合や詳細設定を行う場合、次の場所に設定があります。 基本的に同じですが、バージョンにより、少し違いがあります。 まずWindows8以降のバージョンでは、いきなり残念ながら、下記の以前のバージョンのような簡単な設定がありません。 レジストリであればできるようですが、初心者向きではありませんので、別のヘルプ「」をご参照ください。 Windows7では、次のとおりです。 デスクトップの何もないところを右クリック-[個人設定]をクリックします。 [ウィンドウの色]をクリックします。 これで[ウィンドウの色とデザイン]ダイアログ ボックスが表示された場合は4に進みます。 ウィンドウ下にある[デザインの詳細設定]リンクをクリックします。 [ウィンドウの色とデザイン]ダイアログ ボックスの[指定する部分]で、[アイコンの間隔 縦 ]、[アイコンの間隔 横 ]、[アイコン]をそれぞれ選択し設定します。 設定後は[OK]をクリックして閉じます。 WindowsVistaは、Windows7とほぼ同じです。 デスクトップの何もないところを右クリック-[個人設定]をクリックします。 [ウィンドウの色とデザイン]をクリックします。 [デザインの設定]ダイアログ ボックスが表示された場合は4に進みます。 ウィンドウ下にある[詳細な色のオプションを設定するにはクラシック スタイルの[デザイン]プロパティを開きます]をクリックします。 [デザインの設定]ダイアログ ボックスの[詳細設定]ボタンをクリックします。 [デザインの詳細]ダイアログ ボックスの[指定する部分]で、[アイコンの間隔 縦 ]、[アイコンの間隔 横 ]、[アイコン]をそれぞれ選択し設定します。 設定後は[OK]をクリックして閉じます。 WindowsXPは、古いだけあってシンプルです。 デスクトップの何もないところを右クリック-[プロパティ]をクリックします。 [画面のプロパティ]ダイアログ ボックスの[詳細設定]ボタンをクリックします。 [デザインの詳細]ダイアログ ボックスの[指定する部分]で、[アイコンの間隔 縦 ]、[アイコンの間隔 横 ]、[アイコン]をそれぞれ選択し設定します。 設定後は[OK]をクリックして閉じます。

次の