パーマン 最終 回。 パーマン最終回 ~みつ夫は宇宙へ留学をする~

幻の70年代アイドル・星野スミレは、好きな人と再会できたのだろうか?

パーマン 最終 回

DVDで「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」を見て、他の人の感想が気になったので調べていたら、この話が「ドラえもん」の最終回デマと関連づけて語られているサイトをいくつか見つけた。 そこで正しい判断をしてもらうため、「さよなら僕のボロット」のあらすじを記しておく。 最近調子が悪いボロット。 だめ夫の父で制作者のはげ照博士は、ボロットを精密検査に見せたところ、金属疲労で一週間後には壊れてしまうと言われてしまう。 はげ照は結果を隠そうとするが、ボロットは知ってしまい、自分に何が出来るか悩む。 そんな時、だめ夫が逆上がりができなくて笑われているところを見、だめ夫に逆上がりをさせようと決意する。 はげ照はボロットを直そうと研究室にこもって研究するが、うまくいかない。 だめ夫は体育で逆上がりのテストをすると言われボロットと特訓するがうまくいかず、つい「何をやってもためなんだからもういいよ」とボロットに言ってしまう。 それを聞いたボロットはだめ夫を平手打ちし、「その態度がだめなんだ」と諭す。 だめ夫はそのまま走り去るが、思い直して一人で特訓する。 ボロットは最後の力を振り絞って蹴り上げ用の踏みきり台を作り、二人は協力して特訓する。 その甲斐あって見事逆上がりテストは合格。 しかし、ボロットは置き手紙を残して家出していた。 置き手紙の内容はだめ夫や皆に感謝する内容で、真相を父から聞かされただめ夫はボロットを探しにいく。 だが、ボロットを見つけた時には手遅れで、皆に見守られて息を引き取る。 ボロットにすがりついて大泣きするだめ夫。 その涙で金属がコーティングされたようになり、ボロットは復活する。 なお、話はそのままエンドロールではなく、丸出一家の夕食風景を見ながら「ボロットさん、ありがとう」とだめ夫の母の遺影が語りかけるというエンディング。 ちなみにこのアニメの放送日は1992/9/26である。

次の

藤子アニメレビュー 旧パーマン最終回(その2) : 藤子系ブログ。―Futaride hitori 第2期

パーマン 最終 回

管理人近況 京都で生活中。 の続きです。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ ミツ夫を呼び出したのはスーパーマン バードマン だった。 しかし、スーパーマンに様々に説得されるもミツ夫の決心は固く、ミツ夫はパーマンセットも返してしまう。 夕焼けとミツ夫の影。 寝ているミツ夫の前に再度スーパーマンが現れ、パーマンセットをミツ夫に渡して去っていく。 バッジが鳴るも、バッジを布団に来るんで寝続けるミツ夫。 出動のため2号~5号がやって来るが、押し入れに籠もるミツ夫を呼び出そうと大騒ぎ。 大きな音に怒るミツ夫の家族。 パーマンたちは退散。 再び床につくミツ夫。 しかし、雪崩に苦しむ人々のことが頭から離れない。 回想シーンはなぜか 実写映像になっています。 困っている人々を放っておくことができなかったミツ夫。 窓から飛び出すとスーパーマンが待っていた。 スーパーマンと話し、ミツ夫はパーマンとして出動する。 夜空を飛ぶ1号。 このあたりで主題歌『ぼくらのパーマン』が流れ、そのままエンディングへ。 エンディングは最終回用特別に作られたもので、映画のように テロップが下からスクロールしてくるものです。 この形態で放送したアニメとしては日本初かもしれません。 ポルトガル版はフィルム段階でEDの途中で尻切れになっています。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上でモノクロ版『パーマン』・最終話のレビューを終わりたいと思います。 画像のキャプチャ、貼り付けが面倒なのでもうやりません…。 パー子がマスクを脱いだ姿をミツ夫に見せる最終回Aパート『 パー子という名の女の子』、ほか少ないですがモノクロ作品の紹介も今後予定していますのでご期待下さい。 横浜にある では、 第43回『狙われたパーマンの巻』・『パーマン基地計画の巻』、さらにモノクロ版『怪物くん』の第18回『不思議な人形の巻』・『悪魔の人形つかいの巻』も見ることができるそうです。 近場の方は一度行かれてみてはいかがでしょうか…? では次回。

次の

「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」解説: パーマニアの日々

パーマン 最終 回

管理人近況 京都で生活中。 の続きです。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ ミツ夫を呼び出したのはスーパーマン バードマン だった。 しかし、スーパーマンに様々に説得されるもミツ夫の決心は固く、ミツ夫はパーマンセットも返してしまう。 夕焼けとミツ夫の影。 寝ているミツ夫の前に再度スーパーマンが現れ、パーマンセットをミツ夫に渡して去っていく。 バッジが鳴るも、バッジを布団に来るんで寝続けるミツ夫。 出動のため2号~5号がやって来るが、押し入れに籠もるミツ夫を呼び出そうと大騒ぎ。 大きな音に怒るミツ夫の家族。 パーマンたちは退散。 再び床につくミツ夫。 しかし、雪崩に苦しむ人々のことが頭から離れない。 回想シーンはなぜか 実写映像になっています。 困っている人々を放っておくことができなかったミツ夫。 窓から飛び出すとスーパーマンが待っていた。 スーパーマンと話し、ミツ夫はパーマンとして出動する。 夜空を飛ぶ1号。 このあたりで主題歌『ぼくらのパーマン』が流れ、そのままエンディングへ。 エンディングは最終回用特別に作られたもので、映画のように テロップが下からスクロールしてくるものです。 この形態で放送したアニメとしては日本初かもしれません。 ポルトガル版はフィルム段階でEDの途中で尻切れになっています。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上でモノクロ版『パーマン』・最終話のレビューを終わりたいと思います。 画像のキャプチャ、貼り付けが面倒なのでもうやりません…。 パー子がマスクを脱いだ姿をミツ夫に見せる最終回Aパート『 パー子という名の女の子』、ほか少ないですがモノクロ作品の紹介も今後予定していますのでご期待下さい。 横浜にある では、 第43回『狙われたパーマンの巻』・『パーマン基地計画の巻』、さらにモノクロ版『怪物くん』の第18回『不思議な人形の巻』・『悪魔の人形つかいの巻』も見ることができるそうです。 近場の方は一度行かれてみてはいかがでしょうか…? では次回。

次の