男性 イラスト。 男性器

男性人物の無料イラスト 898種類

男性 イラスト

イケメンを描いてみよう! 女性なら誰でも大好きなイケメンキャラクター。 アイドル、学生、サラリーマン、王子様など、イケメンと一言で表現してもその定義は幅広くなっています。 また男性キャラは女性キャラに比べて顔つき、体格も幅広いバリエーションがありますので、描きにくいという人も多いかもしれません。 そこで今回は、「女性とは違う体つき、顔つき」「ガチムチすぎず、すらっとしたタイプの」「若い男性」をイケメンと定義して、その描き方を見てみましょう。 ~イケメンの顔の描き方~ まずは女性との顔つきのちがいを把握しよう 男性を描くときに一番わかりやすい描き方のポイントは、ずばり「 女性とどう違うか」を意識することです。 女性に比べて男性はこう、と意識して描くことで、自然と男性らしい顔つきを描くことができます(体を描く場合も同様です)。 それでは具体的に見てみます。 基本的に面長で、丸ければその分少年っぽい顔つきになります。 また、顎のラインが女性はシャープなのに比べて、男性はしっかりと顎を描きます。 また目の大きさも男女では差がでます。 目の描き方の違いが男性と女性の一番大きな違いになるでしょう。 女性は目の大きさが際立つので、眉毛は控えめです。 角度によっては喉仏の凹凸も描きます。 目尻のラインが耳のてっぺんにくるくらいがアタリになります。 髪のボリュームが大きいほうがその分輪郭が小さく見えるので少年らしく、ボリュームが少ないほうが年齢高めの男性になります。 女性らしい男性キャラクターも漫画やアニメにはよく出てきますが、これらの違いは男女の根本的な違いになりますので、「男性」である以上、上記のポイントを押さえて描き分けるとよいでしょう。 男女の違いを把握したうえで、男性の顔を描いてみよう それでは実際に男性の顔を描いてみましょう。 斜め角度の顔が立体感を出しやすいので、今回は斜め顔の描き方を解説していきます。 楕円を描いて、目の位置のアタリになる横線と顔を左右対称に分ける縦線を入れます。 このときのアタリ線は直線ではなく、円の丸みに沿った線をいれます、これによって頭部の立体感を意識しながら顔を描くことができます。 頬から顎にかけてのラインはややシャープになるようにいれます。 頭部の輪郭は奥行きを出すために耳の後ろにまわりこむように描きます。 大事なのは目鼻口の配置のバランスと、それぞれのパーツの大きさです。 バランスをとりやすい描き方は、まず鼻をアタリ縦線のライン上に描きます。 目は顔の角度によって左右の大きさ、幅が変わってきますが、デジタルソフトで描く場合は、目だけ別レイヤーに描いて、位置をずらしながらバランスを見るのもひとつの手だと思います。 口は大きめに。 目を描くときは、丸目ではなく横長の長方形に収まる形で描きます。 また、アイラインを濃いめに入れることで目力を出すことができます。 まつ毛を描くとより女性的なイケメンにすることができます。 二重のラインを入れるとさらに目を強調できますので、イケメンなら是非二重ラインを描きましょう。 Tゾーンを空けること、鼻からのラインをつなげて描くといい位置に描けます。 さらにおでこのスペースを作ることにもなります。 男性は特に短髪キャラが多いので、アップの髪を描くこともあるでしょう。 生え際をしっかり意識して前髪、横髪を描きます。 輪郭のラインを大きく覆うように髪を描きます。 1パターン描けたらあとは微差を付けて違うキャラを描いてみよう 一人男性が描けるようになったら、目の形や眉の形、髪型を変えていろんなタイプのイケメンを描いてみましょう。 少し若い男性を描きたい場合は、同じ輪郭のまま、目と鼻の位置を少し下げます(口の位置は変えません。 顎とのバランスがあるためです)。 髪のボリューム感はそのままにします。 目の形でいろんなタイプの男性を描き分けることができます。 吊り目、たれ目、アイラインをしっかりいれますが、どの目も目尻のラインを長めにして、横長の長方形の形にします。 短髪キャラやアップの髪型は、生え際のアタリを描いてから、実際に髪の生え際を描いていくといいでしょう。 おでこのスペースが狭くなりすぎないように注意です。 また、髪を描くときはとくに顔の丸みを意識して描いていきます。 横顔の場合がわかりやすいですが、つむじの位置を決めて、そこから放射線に髪のラインを描いていくと、丸みを出せるようになります。 ~イケメンのからだの描き方~ 全体のバランスを把握しよう 次に、体を描いてみましょう。 体についても、顔と同様に「女性との違い」を意識すると男性らしく描くポイントが見えてくるはずです。 男性は長方形のシルエットですが、女性は三角形を3つくっつけたようなシルエットになります。 女性のウェストがくびれているのが大きな違いで、男性は細目の人でもくびれはほとんどなく、ストンとしたラインになります。 女性は胸よりもお尻のほうが大きめに描き、男性は胸とお尻は同じくらいか、若い男性の場合はお尻のほうが小さめのきゅっとした小尻にするとよいですね。 5~6. 5頭身前後ですが、男性は6. 5~7. 5頭身くらいあるとすらっとしたイケメンを描くことができます。 しかし女性とは違い細かな筋肉の盛り上がりが見えます。 女性のほうがなだらかな曲線がメインであるのに対し、男性は直線的に描きます。 首・肩を描いてみよう 男女の違いを確認できたら、早速描いてみましょう。 まずは顔に首・肩を描いていきます。 肩幅についてですが、狭いとバランスが崩れるため、頭身を伸ばすことができません。 また、男らしさがでないとも言えます。 ある程度の肩幅は男性らしさを出すのに重要です。 肩幅を広くすればするほど体格が大きくなります。 首の太さも同様で、細すぎると女性的になってしまうので注意です。 首は円筒ですが、肩との接続部分には筋肉がついており、そのふくらみをかくと立体感がでます。 喉仏は男性らしさを出すポイントなので、しっかり主張します。 描き方としては、まずは凹凸のない女性のようなラインを描き、そこに骨や筋肉のラインや凹凸をつけ加えていくのがわかりやすいでしょう。 骨はとくに鎖骨・胸鎖乳突筋のライン、筋肉は僧帽筋、三角筋を意識して描きます。 胴体・腕 肩が描けたら、次は胴体・腕を描いていきましょう。 女性とは違い、筋肉がついた胴体を描きます。 凹凸が少ないと少年っぽい体つきになります。 慣れるまでは首・肩と同様に凹凸のないからだから、筋肉を盛っていくのもいいでしょう。 先にへその位置を決めておくと、腹筋も描きやすいですね。 下半身 最後に下半身を描いていきます。 男性の足はすらっと長めの足を描きます。 膝上と膝下の長さについては、実際の人間はほぼ1:1ですが、漫画キャラクターの場合、膝下のほうが長いとすらっとした印象のイケメンになります。 外側のラインはなだらかな曲線、内側のラインは筋肉やひざなどのためしっかり凹凸ができます。 足首は両側に骨の出っ張りができます。 簡単に描ける男らしさを増すポイント 男性の顔と体が描けるようになれば、あと一息です。 実際にイラストを描くときには、棒立ちだと魅力も半減してしまいます。 かっこいいポーズでイケメン感を演出しましょう。 そのときに、男性らしいポイントをしっかり描き入れると、かっこよさもアップします。 ・骨を出っ張らせる部分 鎖骨、手足、腰骨、肩甲骨などを意識すると一気に男らしさがアップします。 とくに服で隠れない、露出している部分は骨の角ばった感じを描きましょう。 ・筋肉 すべての筋肉を把握して描くのは大変ですが、イケメンを描くときにポイントになる筋肉だけでも描けるとそれっぽく見せることができます。 特に上腕二頭筋、腹筋の盛り上がりを描けるようになると、男性らしさが増します。 ・ポージング 動きのあるポーズ、とくに手を使ったポーズや、角度をつけたポーズなどを描くと、かっこよく見せることができます。 慣れてきたら遠近のあるポーズ、アオリやフカンのポーズにも挑戦してみましょう。 ~最後に~ いかがでしたか? ひとりを描けるようになれば、肩幅を変えて身長を伸ばしてみたり、筋肉をもっとつけてみたり、逆に華奢な体つきにしてみたり……いろんな男性を描き分けられるようになります。 髪型や目などと組み合わせて、無限のイケメンを作り出してみてください! (執筆・イラスト:ときお) (制作:株式会社ビーコム).

次の

男性器

男性 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER3「キャラ別の色気表現」より、若く美形な男性キャラクターを描く際のコツを抜粋して紹介します。 少し足長にする、目を大きくするなどによって、より身近な憧れの対象としてのキャラクターを描くことができます。 顔だけではない美形男子の美のポイント 美形男子の特徴 美形男子という一つのキャラに仕上げる場合、顔はもちろん、スタイルや服装、小物に至るまでダサいと思われないことが最低の条件。 そのため、流行を追いすぎるのは危険です。 はやり廃りのサイクルが激しい現代だけに、最新流行に沿って描くと、翌年にはダサいと思われる可能性もあります。 顔、髪型、ファッションをはじめ、オーソドックスなラインやデザインを基本に描くとよいでしょう。 そのための5つの美形ポイントを紹介します。 ポイント1:髪型 基本はややボリュームが出る髪型で、ウェーブを付けると繊細でソフトな印象になります。 若々しいソフトな印象を与えたいならゆるふわ系のマッシュなど、キャラの年齢に合わせてイメージに近い髪型を選びましょう。 ポイント2:顔と表情 顔は少女漫画風であれば、目や口は大きく、鼻はすっきり、面長で眉が細い中性的な印象。 スポーツ漫画であれば濃い傾向で、眉は濃く、目鼻立ちがくっきりしています。 ポイント3:服装 服装は、流行を追いすぎず、カジュアルでオーソドックスなスタイルが無難。 顔やスタイルがよければシンプルな服装にしたほうがかえって美しさが際立ちます。 体に合ったサイズ、パンツの丈の長さなどは、ファッション誌を参考にして描きましょう。 ポイント4:仕草 袖から覗く腕や手の仕草に男の色気を感じる女性は多く、男性特有の手付きや仕草を取り入れることでより魅力的な絵に仕上がります。 ポイント5:足元 「オシャレは足元から」といわれるように、ファッショナブルな男性を描くのであれば、足元にこだわりを持って描きましょう。 足についてはパンツのシルエットや靴選び、足首をどう見せるかがポイントになります。 美形な顔に合わせる「髪型」 近年、髪型はとても細分化しています。 メインキャラはオーソドックス、サブキャラはより個性的な髪型やカラーにするなどで、各キャラクターを印象付けることも可能です。 ここでは、美形男子系で見られる髪型をいくつか紹介します。 ソフトモヒカン 上へ毛先を立てた髪が特徴。 サイドを刈り上げるとモヒカンになります。 サブキャラに多く、快活な印象を受けます。 金や赤や緑などに色塗りすることで、さらに個性が強調されます。 ゆるふわのショートミディアム 少女漫画などのメインキャラクターに多い髪型で、甘く、やさしい印象。 毛先のハネで軽さを出しています。 美しくも男らしい「顔と表情」 美形男子を描くうえで、やはりキャラクターの顔の魅力を最大限に引き出すことが大切。 「清潔感」「男らしさ」「美しさ」「かわいらしさ」などがポイントとなります。 かわいい系 弟系の美男子を描く場合、美形男子に「かわいい」「幼い」要素を足す必要があります。 目や鼻、眉などの一部を変えるだけでもイメージが大きく変わりますが、全体的にフェミニン化(女性らしく)しすぎると、男性的な魅力が損なわれますので注意しましょう。 目を丸く大きく、眉を細くすると幼い印象になります。 垂れ目にするとよりかわいい印象です• 鼻は小さく描くことでかわいらしさが増します。 鼻翼(びよく、小鼻のこと)を描かないのがコツです• 輪郭を直線と鋭角なラインで構成すると、男性らしさが残ります。 逆に曲線中心に描くと、子どもっぽく、女性っぽい印象になります• 首を細くすると女性っぽくなりますが首筋のラインや喉仏を強調することで男らしさを残すことができます エラと喉仏がポイント。 ここを直線的に強調することで男性らしさが増します。 逆にこのラインをなめらかにするとフェミニン化されます。 いろいろな表情を付けよう 美形男子の顔で喜怒哀楽を表現する時、笑顔はさわやかに描けるのですが、怒りや哀しみの表現は崩した顔を描かなくてはならないので注意が必要です。 怒り 怒りを覚えると眉間に力が入ってシワが発生します。 眉頭(まゆがしら)が下がるとともに眉尻(まゆじり)が上がり、逆「ハの字」のような形状になります。 また口元にも力が入り、「への字」型になる傾向です。 喜びが眉間の筋肉を開放して眉頭を押し上げるのに対し、怒りの場合は収縮によって眉間にシワが寄ります• 口角を下げるだけで怒りを表すことができます 哀しみ 男性の哀しみをかっこよく描くポイントは、感情をぐっと押し殺すこと。 女性や子どもの哀しみが放出される(声を出して泣く、感情をあらわにする)のに対し、感情を自制しようとする中で涙がこぼれても、時にはそれがかっこよく見えます。 感情を抑えようとするため、顔が俯き加減になったり、手や指も内向きになります• 眉間にシワが寄り、目も閉じ気味になり、場合によっては涙を流すことも• 口角も下がります。 唇を一文字にするのではなく、端に空間を作ることで、唇の中心部により力が込められていることになり、強い怒りや哀しみを表すことができます 「服装」は清潔感が大切 服装や小物を描く場合、注意する点は三つ。 一つ目は、服装や小物の合わせ方。 ニつ目は、ラインの出し方とバランス。 三つ目は、シワや小物の立体感の描き方。 年齢や性格に合ったものを選び、不自然な着こなしに見えないように描きましょう。 スーツ スーツは、美形男子の主要アイテム。 さわやか系はすっきりとしたツーピース、まじめ系であれば、かっちりとしたスリーピース、チャラい系はイタリアンスーツなど、キャラに合ったものを選んで描きましょう。 メガネは形や素材、デザインもさまざま。 キャラクターのイメージに合わせてチョイスします• オシャレの基本は、体にフィットした服装を選ぶこと。 描くうえでも、肩、袖、裾などのフィットした感じに注意します 「仕草」による色気表現 女性がセクシーさを感じる男性の仕草に、たとえば「髪をかき上げる」「メガネの縁を指先で上げる」などがあります。 指先の動きに知性ややさしさを感じるわけです。 髪をかき上げる 男性の無骨な指や指先での自然な振る舞いを表現して、セクシーさを強調しましょう。 ポイントは、無骨でありながら動きにしなやかさがあること。 関節の曲がりや指先の向きなどにもこだわりを持って描きましょう。 美形男子をより魅力的に見せるには、髪の流れや毛先の描写にもこだわりたいです• 顔を少し傾けて描くことで、表情もソフトな印象になります メガネを押し上げる メガネの縁に触れる仕草も女性が男性の色気を感じるシーンの一つ。 まっすぐに伸びた無骨な中指、軽く握られた薬指や小指のバランスをうまくとらえて描くことがポイントです。

次の

男性器

男性 イラスト

イケメンを描いてみよう! 女性なら誰でも大好きなイケメンキャラクター。 アイドル、学生、サラリーマン、王子様など、イケメンと一言で表現してもその定義は幅広くなっています。 また男性キャラは女性キャラに比べて顔つき、体格も幅広いバリエーションがありますので、描きにくいという人も多いかもしれません。 そこで今回は、「女性とは違う体つき、顔つき」「ガチムチすぎず、すらっとしたタイプの」「若い男性」をイケメンと定義して、その描き方を見てみましょう。 ~イケメンの顔の描き方~ まずは女性との顔つきのちがいを把握しよう 男性を描くときに一番わかりやすい描き方のポイントは、ずばり「 女性とどう違うか」を意識することです。 女性に比べて男性はこう、と意識して描くことで、自然と男性らしい顔つきを描くことができます(体を描く場合も同様です)。 それでは具体的に見てみます。 基本的に面長で、丸ければその分少年っぽい顔つきになります。 また、顎のラインが女性はシャープなのに比べて、男性はしっかりと顎を描きます。 また目の大きさも男女では差がでます。 目の描き方の違いが男性と女性の一番大きな違いになるでしょう。 女性は目の大きさが際立つので、眉毛は控えめです。 角度によっては喉仏の凹凸も描きます。 目尻のラインが耳のてっぺんにくるくらいがアタリになります。 髪のボリュームが大きいほうがその分輪郭が小さく見えるので少年らしく、ボリュームが少ないほうが年齢高めの男性になります。 女性らしい男性キャラクターも漫画やアニメにはよく出てきますが、これらの違いは男女の根本的な違いになりますので、「男性」である以上、上記のポイントを押さえて描き分けるとよいでしょう。 男女の違いを把握したうえで、男性の顔を描いてみよう それでは実際に男性の顔を描いてみましょう。 斜め角度の顔が立体感を出しやすいので、今回は斜め顔の描き方を解説していきます。 楕円を描いて、目の位置のアタリになる横線と顔を左右対称に分ける縦線を入れます。 このときのアタリ線は直線ではなく、円の丸みに沿った線をいれます、これによって頭部の立体感を意識しながら顔を描くことができます。 頬から顎にかけてのラインはややシャープになるようにいれます。 頭部の輪郭は奥行きを出すために耳の後ろにまわりこむように描きます。 大事なのは目鼻口の配置のバランスと、それぞれのパーツの大きさです。 バランスをとりやすい描き方は、まず鼻をアタリ縦線のライン上に描きます。 目は顔の角度によって左右の大きさ、幅が変わってきますが、デジタルソフトで描く場合は、目だけ別レイヤーに描いて、位置をずらしながらバランスを見るのもひとつの手だと思います。 口は大きめに。 目を描くときは、丸目ではなく横長の長方形に収まる形で描きます。 また、アイラインを濃いめに入れることで目力を出すことができます。 まつ毛を描くとより女性的なイケメンにすることができます。 二重のラインを入れるとさらに目を強調できますので、イケメンなら是非二重ラインを描きましょう。 Tゾーンを空けること、鼻からのラインをつなげて描くといい位置に描けます。 さらにおでこのスペースを作ることにもなります。 男性は特に短髪キャラが多いので、アップの髪を描くこともあるでしょう。 生え際をしっかり意識して前髪、横髪を描きます。 輪郭のラインを大きく覆うように髪を描きます。 1パターン描けたらあとは微差を付けて違うキャラを描いてみよう 一人男性が描けるようになったら、目の形や眉の形、髪型を変えていろんなタイプのイケメンを描いてみましょう。 少し若い男性を描きたい場合は、同じ輪郭のまま、目と鼻の位置を少し下げます(口の位置は変えません。 顎とのバランスがあるためです)。 髪のボリューム感はそのままにします。 目の形でいろんなタイプの男性を描き分けることができます。 吊り目、たれ目、アイラインをしっかりいれますが、どの目も目尻のラインを長めにして、横長の長方形の形にします。 短髪キャラやアップの髪型は、生え際のアタリを描いてから、実際に髪の生え際を描いていくといいでしょう。 おでこのスペースが狭くなりすぎないように注意です。 また、髪を描くときはとくに顔の丸みを意識して描いていきます。 横顔の場合がわかりやすいですが、つむじの位置を決めて、そこから放射線に髪のラインを描いていくと、丸みを出せるようになります。 ~イケメンのからだの描き方~ 全体のバランスを把握しよう 次に、体を描いてみましょう。 体についても、顔と同様に「女性との違い」を意識すると男性らしく描くポイントが見えてくるはずです。 男性は長方形のシルエットですが、女性は三角形を3つくっつけたようなシルエットになります。 女性のウェストがくびれているのが大きな違いで、男性は細目の人でもくびれはほとんどなく、ストンとしたラインになります。 女性は胸よりもお尻のほうが大きめに描き、男性は胸とお尻は同じくらいか、若い男性の場合はお尻のほうが小さめのきゅっとした小尻にするとよいですね。 5~6. 5頭身前後ですが、男性は6. 5~7. 5頭身くらいあるとすらっとしたイケメンを描くことができます。 しかし女性とは違い細かな筋肉の盛り上がりが見えます。 女性のほうがなだらかな曲線がメインであるのに対し、男性は直線的に描きます。 首・肩を描いてみよう 男女の違いを確認できたら、早速描いてみましょう。 まずは顔に首・肩を描いていきます。 肩幅についてですが、狭いとバランスが崩れるため、頭身を伸ばすことができません。 また、男らしさがでないとも言えます。 ある程度の肩幅は男性らしさを出すのに重要です。 肩幅を広くすればするほど体格が大きくなります。 首の太さも同様で、細すぎると女性的になってしまうので注意です。 首は円筒ですが、肩との接続部分には筋肉がついており、そのふくらみをかくと立体感がでます。 喉仏は男性らしさを出すポイントなので、しっかり主張します。 描き方としては、まずは凹凸のない女性のようなラインを描き、そこに骨や筋肉のラインや凹凸をつけ加えていくのがわかりやすいでしょう。 骨はとくに鎖骨・胸鎖乳突筋のライン、筋肉は僧帽筋、三角筋を意識して描きます。 胴体・腕 肩が描けたら、次は胴体・腕を描いていきましょう。 女性とは違い、筋肉がついた胴体を描きます。 凹凸が少ないと少年っぽい体つきになります。 慣れるまでは首・肩と同様に凹凸のないからだから、筋肉を盛っていくのもいいでしょう。 先にへその位置を決めておくと、腹筋も描きやすいですね。 下半身 最後に下半身を描いていきます。 男性の足はすらっと長めの足を描きます。 膝上と膝下の長さについては、実際の人間はほぼ1:1ですが、漫画キャラクターの場合、膝下のほうが長いとすらっとした印象のイケメンになります。 外側のラインはなだらかな曲線、内側のラインは筋肉やひざなどのためしっかり凹凸ができます。 足首は両側に骨の出っ張りができます。 簡単に描ける男らしさを増すポイント 男性の顔と体が描けるようになれば、あと一息です。 実際にイラストを描くときには、棒立ちだと魅力も半減してしまいます。 かっこいいポーズでイケメン感を演出しましょう。 そのときに、男性らしいポイントをしっかり描き入れると、かっこよさもアップします。 ・骨を出っ張らせる部分 鎖骨、手足、腰骨、肩甲骨などを意識すると一気に男らしさがアップします。 とくに服で隠れない、露出している部分は骨の角ばった感じを描きましょう。 ・筋肉 すべての筋肉を把握して描くのは大変ですが、イケメンを描くときにポイントになる筋肉だけでも描けるとそれっぽく見せることができます。 特に上腕二頭筋、腹筋の盛り上がりを描けるようになると、男性らしさが増します。 ・ポージング 動きのあるポーズ、とくに手を使ったポーズや、角度をつけたポーズなどを描くと、かっこよく見せることができます。 慣れてきたら遠近のあるポーズ、アオリやフカンのポーズにも挑戦してみましょう。 ~最後に~ いかがでしたか? ひとりを描けるようになれば、肩幅を変えて身長を伸ばしてみたり、筋肉をもっとつけてみたり、逆に華奢な体つきにしてみたり……いろんな男性を描き分けられるようになります。 髪型や目などと組み合わせて、無限のイケメンを作り出してみてください! (執筆・イラスト:ときお) (制作:株式会社ビーコム).

次の