コロナ なん j。 なんJ民「次亜塩素酸水むっちゃコロナに効くわぁ~!」NITE「ごめん、有効性確認出来ねンだわw」

【悲報】最近のなんJ民、ワニの話かコロナ現金給付か話しかしてない

コロナ なん j

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の

【朗報】なんJ民、未だにコロナ感染者なし!w|5chまとめのモネッス

コロナ なん j

6207• 557• 414• 18853• 1741• 496• 386• 794• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 873• 198• 107• 492• 235• 189• 1 過去ログ 990 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

【悲報】なんJ民、コロナに飽きてしまう「スレが伸びない模様」「国民は完全に飽きとる」「経済死ぬよりマシやろ」「油断して大量感染しそう」

コロナ なん j

新型コロナウイルスの影響で、結婚式場では挙式や披露宴を予定していた人たちからのキャンセルが続出している。 日本で6月に結婚式を予定していた世界的な歌手のケイティ・ペリーさんとハリウッド俳優のオーランド・ブルームさんカップルもあえなく延期した。 2人のような超セレブならともかく、一般の新郎新婦を悩ませているのが高額なキャンセル料だ。 新婦Aさん(29)は22日(2020年3月)に予定していた結婚式をいったんキャンセルし、延期することを決めた。 新型コロナを警戒した人たちから次々と連絡が来て、最終的に出席者の4分の1の約20人が欠席となってしまったからだ。 「会場がスカスカになってしまうし、笑顔でいられる自信がなくなってしまった。 結婚式に良いイメージが持てなくなってしまい、延期を決めた」とAさん。 ブライダル保険に入っていたが「自粛」には適用されず キャンセル料は60万円。 さらに、プチギフトのお菓子や日付入りのウェルカムボードにかかった40万円ほどの費用も無駄に。 身内の不幸や自然災害でキャンセルした時のためのブライダル保険に入っていたが、新型コロナウイルスのための自粛要請でのキャンセルには適用されないという。 4月に予定していたハワイへの新婚旅行もなくなった。 ハワイ州が、海外からの渡航者全員に2週間の隔離措置を実施すると発表したからだ。 「何もしないのにお金だけ出ていってしまう。 社会から嫌われているのかとか、結婚を祝福されていないのかとか考えてしまい、精神的につらいです」とAさんは話す。 一方で結婚式を行ったカップルもいる。 アルコール消毒やマスク着用など式場側の対策がしっかりとられていると判断し、結婚式を決行した。 欠席者の多くは高齢者で、全体の1割程度だったが、空席が目立たないように配慮されていたという。 新郎は「結果的にはみなさんに満足してもらえて良かったと思う」と話す。 しかし、今後参加者から感染者が出ないかが不安だ。 髙橋知典(弁護士)「日本政府の対応は『自粛要請』です。 それだと開催はできる。 開催できるのにしないということで主催者の負担になってしまう。 地震や台風などの天災ならばキャンセル料を取らないということになるのですが」 キャスターの立川志らく「とは言え、『コロナとの戦争だ』と言っていますし、天災となんら変わらないような気もしますが...

次の