鼻うがい ストロー。 鼻うがいのやり方とコツ・回数/鼻づまり・蓄膿・副鼻腔炎の洗浄効果

鼻うがいは副鼻腔炎(蓄膿症)に効果あり?安全なやり方はどうやる?

鼻うがい ストロー

安住紳一郎さんがの中で風邪予防についてトーク。 しっかりした手洗いと鼻うがいについて話していました。 (安住紳一郎)そしてインフルエンザがもうすでに流行っているということです。 過去2番目ぐらいの速さということですね。 注意をしていただきたいと思います。 みなさんは風邪の予防などはなにか、これをやっているというのはありますか? まあだいたいしっかりやっている人はひかないんですよね。 そうなんですよね。 なので毎年早め早めで……ということですね。 私は4年ぐらい前から「しっかり手洗いをする」ということを心がけて乗り切っておりますけども。 (中澤有美子)ほう。 (安住紳一郎)「うがいよりも手洗いなんじゃないか」というね、なにかの生活情報番組に感化されまして。 まあ、正しく言いますと『荒川強啓デイ・キャッチ!』に感化されたわけですけども。 いまはもうね、番組自体がなくなりましたが……荒川強啓さんの番組を聞いて「ああ、そうなんだ!」と思ってね。 すっかりね。 (中澤有美子)ここで生きているんですね。 (安住紳一郎)そうですね。 まあ「生きている」という言い方をするとそれはそれでちょっとね、あれですよ? (中澤有美子)フフフ、「基本のき」? 30秒から1分かけて手洗いをする (安住紳一郎)そうですね。 30秒から1分ぐらい手洗いをするっていうね、そういうことをやっていますけども。 意外にできないですからね。 (中澤有美子)へー! 私は鼻うがいっていうのをはじめました。 (安住紳一郎)ありますね。 鼻うがい。 (中澤有美子)塩を溶かすとしみないっていう。 それが発見でしたね。 (安住紳一郎)生理用食塩水的なね。 真水でうがいをすると、鼻がツーンとしちゃいますもんね。 (中澤有美子)すごい涙が出るんですけども。 いい具合に溶かすのも目分量で覚えたので。 (安住紳一郎)そうですか。 (中澤有美子)タピオカを吸い込む用の太いストローがちょうどよくて。 それを利用してですね、やっております。 (安住紳一郎)それを片方の鼻の穴の中に入れて。 (中澤有美子)そうそう。 (安住紳一郎)それで反対側の穴を指で押さえて。 そしてそれを吸うという。 (中澤有美子)うん。 すっきりします。 (安住紳一郎)すると、あれですか? 生理用食塩水的なものが鼻から入って鼻奥へ……。 (中澤有美子)鼻奥を通り、それを口から出すかな? まあ、逆からも出てきますけども。 (安住紳一郎)へー。 あと、ちょっとぬるま湯にするとより、しみませんよね。 (中澤有美子)いいですね。 そうですね。 慣れるとクセになったりするみたいですよ。 ただね、あまりにもその洗面台でのビジュアルが美しくないというね。 鼻から吸って口からものを出している感じとかですね、片鼻からストローで吸っている姿はなにかの中毒症状みたいなことにも見えますしね。 (中澤有美子)フフフ、1人でやるものですね。 (安住紳一郎)あと、注意しないと鼻の粘膜の弱い方は少し傷んでしまう場合があるのでお気をつけいただきたいですが。 (中澤有美子)そうなんですね。 (安住紳一郎)私は小さい時、蓄膿症だったもので。 蓄膿症の患者さんがよくやるんですけども。 片鼻からそれこそぬるま湯の生理用食塩水をシャワーのように鼻の穴の奥にめがけて出すんですね。 それで逆の鼻から中に溜まっているものを出すということで。 それをずっと鼻洗浄っていうものを3分ぐらいやるんですよね。 (中澤有美子)それは、耳鼻科で? 小さい頃、蓄膿症でよく鼻うがいをしていた (安住紳一郎)耳鼻科で。 耳鼻咽喉科でそういうことをやっているところが当時、あったんですよね。 それで蓄膿持ちの人たちの間では結構噂になっていて。 「あれが気持ちいい」っていうことで。 ただ、小さい幼稚園児とか小学生にとっては苦痛以外の何物でもないですからね。 (中澤有美子)そうですね。 (安住紳一郎)なんか懐かしいなと思って。 なので私も鼻うがい、比較的上手にできるんですよ。 本当にびっくりするぐらい上手にできるんですよね。 (中澤有美子)そうですか。 へー! (安住紳一郎)右の鼻の穴から吸って左の鼻の穴からシャーッ!って流れたり。 美しく出てきますよ。 まっすぐ出てきますから。 もう上唇とかに触れることなくシャーッ!って出てきますから。 (中澤有美子)アハハハハハハハッ! (安住紳一郎)結構ね、しっかりと量を入れるとシャーッ!って出るんですよ。 ただ、ちょっと喉奥の微妙な口蓋の上げ下げみたいなものはコツが必要ですけどね。 (中澤有美子)へー! ああ、すいません。 そんな達人の前で。 (安住紳一郎)いえいえ。 もう自由自在で。 右の鼻の穴から入れて左穴出しもできるし、口出しもできるし。 一瞬、目出しっていうのもできますよ。 (中澤有美子)アハハハハハハハッ! (安住紳一郎)ほんのちょっとね。 痛いからやらないけど。 痛いからやらないけど。 「これをやったら目から出るな」って。 (中澤有美子)「ここを塞げば目から……」みたいな。 (安住紳一郎)そうそう。 「クックッ!」みたいなね。 (中澤有美子)フフフ(笑)。 (安住紳一郎)いろいろとね、ありますよ。 結構ね、鼻詰まりが治ったりしますので。 ただちょっとね、慣れないと……本当に粘膜を傷つける恐れがあるみたいなので。 気をつけてくださいね。 やりすぎは何事もよくありませんね。 <書き起こしおわり>.

次の

鼻うがいは花粉症に効果的?やり方や注意点について

鼻うがい ストロー

鼻うがいの主な効果について 鼻うがいを実践するうえで 気をつけることがあるとすれば うがいする際に使用するのは 冷たい水道水などではなく ぬるめの生理食塩水(約1%の食塩水)を 使用するということです。 この生理食塩水で 鼻の中を洗う、というわけですね。 生理食塩水なら、体液の浸透圧に近いので あの鼻に来る嫌な痛みが出ないわけですね。 鼻の中を生理食塩水で洗浄することで 鼻の中に付着しているホコリや菌 それに花粉などのアレルギー物質を 洗い流す事ができます。 鼻の中の菌類を生理食塩水で全部洗い流し スッキリさせることが鼻うがいの目的なわけです ではその鼻うがい、どういう風に 行うといいのでしょうか? 「Sponsored link」 鼻うがいのやり方について 「鼻うがいに必要なもの」 ・一度煮沸して肌より ちょっと温かいくらいのぬるま湯 300c ・食塩 2. 7g ・口の太いストロー (ない場合は急須などで代用可能です) 「やり方の手順」 1・ぬるま湯に食塩を加え 濃度0. 鼻うがいを行う際の注意点とポイント 正しい方法で行えば スッキリする鼻うがいですけど やり方や注意点を間違えると危ないです。 「規定濃度の生理食塩水を使用する」 さっき書きましたけど 濃度0. 使用する水はミネラルウォーターか 煮沸消毒した水を使いましょう。 温度も人肌より少し暖かいくらいが ちょうどいいです。 「鼻うがいの後に鼻を強くかまない」 鼻うがいの後に鼻を強くかむのは 鼻うがいの時の水が耳に入り 中耳炎になる可能性があるので注意が必要です。 つまりは鼻をかむ前に 洗浄液を出せばいいのですが 方法としては以下のとおりやるといいでしょう。 ・洗浄したらまずまっすぐ立つ ・親指で軽く上に なっていた方の鼻を押さえ・・ ・下になっていた方の 鼻から息を出し ・息と一緒に残っている 洗浄液を出します(鼻をかむ要領で ・反対側の鼻も同じように行う と、まあこんな感じですね。 「鼻うがい中に唾液や洗浄液を飲み込まない」 鼻うがいの最中に唾液、洗浄液などを飲み込むと その際に耳に水が入り、これも 「中耳炎」の 可能性が出てくるので注意が必要です。 「鼻血が出たばかりの時は鼻うがいをしない」 鼻血が出る、という事は鼻の粘膜が 傷ついているということなので 細菌が入ってきたりしやすく 炎症を起こしやすくなっています なので鼻うがいは控えておきましょう。 「お風呂場でやるとやりやすいです」 鼻うがいの際周囲が汚れる事を 気にしなくていいですし 体も温まっているので花粉や細菌なども 出しやすくなっています。 なのでお風呂場で実践するのはオススメですね。 今回のまとめ 鼻の中をスッキリさせる鼻うがいのやり方や 注意点などについて書いていきました。 正しいやり方で実践していけば 蓄膿症などの症状も良くなっていくと 友人から聞いて今回取り上げてみました。 蓄膿症、花粉症などにお悩みの方は試してみて 損はないと思います。 ただ、しっかり 注意点などは守って 実践しましょう。 そんなわけで今回はこのあたりで失礼しますね。 ではでは、また次回に~ 「Sponsored link」.

次の

花粉症 「鼻うがい」は効果があります!

鼻うがい ストロー

鼻うがいを水道水ですると危険な理由 日本の水道水はきちんと消毒がされているので、普通に飲むのは全く問題ないですよね。 しかし、 鼻うがいの場合だと水道水を使用するのはNGです。 水道水には細菌や微生物が含まれており、飲んだ時は胃の中で胃酸が溶かしてくれるので問題ありませんが、鼻うがいは鼻の粘膜に直接影響します。 細菌が体に入り込んで脳炎を起こす危険まであります。 また、残留塩素で鼻の粘膜を傷つけるという可能性もあります。 鼻の粘膜に傷がついてしまうと、急性の鼻の炎症やアレルギー性鼻炎が悪化してしまうこともあります。 ただ、今回1度だけ水道水で鼻うがいを行ってしまっただけであればそれほど心配はいりません。 安心してください。 相当危険なケースは非常に稀です。 毎日水道水で鼻うがいを続けるということをしない限り大丈夫なので、次回からはこの後紹介する正しい方法で鼻うがいを行って下さい。 水道水を使って鼻うがい液を作る方法 鼻うがいには水道水はNGだとお伝えしましたが、沸騰させた水道水であれば使用していいです。 やかんなどを使って最低10分くらいは沸騰させて下さい。 そして、沸騰させた水道水を1度冷まし、生理食塩水を作ります。 生理食塩水は0. 9%の食塩水のことで、鼻に入っても痛くない理由は、人間の体の体液とほぼ同じ濃度だからです。 分量は、1リットルの水に対して9g塩を溶かします。 殺菌が繁殖してしまう可能性があるので出来るだけ作り置きはしない方が良いです。 ペットボトルを使うと、塩を入れて振ることが出来るので作りやすいと思います。 正しい鼻うがいの方法 ・生理食塩水 ・コップまたは洗面器 以上のものを準備します。 まだ慣れていない時は洗面器の方がやりやすいと思います。 洗面器で鼻うがいを行う方法 1.洗面器に生理食塩水を溜めます。 2.片方の鼻を押さえ、もう片方の鼻から食塩水を吸います。 3.上を向き、口の方に食塩水を流します。 4.口から食塩水を出します。 ( 飲み込まないように注意) 5.両方の鼻でそれぞれ2~3回繰り返します。 慣れないうちは口から水を出すのが難しい場合もあるので、そのまま鼻から出してもOKです。 Sponsored Link 上を向きすぎない 鼻から吸い込んだ後、口の方に流す為に上を向きますが、この時大きく上を向いてしまうと 食塩水が耳に入ってしまい、中耳炎になってしまう場合があります。 前かがみになって吸い込み、上を向く時は少し斜めに上を向きます。 水を吸い込んでいる時につばを飲み込まない これも、 耳の方に食塩水が入り込んでしまうことがあり、中耳炎の恐れがあるので注意しましょう。 1日1~2回で十分 やりすぎは鼻の粘膜を傷つけてしまうので良くないです。 1日1~2回くらいにしておきましょう。 1回の鼻うがいでは2~3回吸い込んで出すのを繰り返してぬるぬるした感じがなくなるまで行います。 終わってすぐに強く鼻をかまない 軽くなら大丈夫ですが、鼻の奥に食塩水が残っている状態で強く鼻をかんでしまうと、これも 耳の方に食塩水が入り込む原因となり、中耳炎になる原因となってしまいます。 鼻うがいが終わったら、前かがみになって頭を左右に傾けて出来るだけ鼻の奥に食塩水が残らないようにします。 鼻づまりや喉に痛みがある時はしない 鼻づまりがひどい時や喉に痛みがある時はしない方が良いです。 鼻うがいの効果は? 鼻うがいについて紹介してきましたが、そもそも鼻うがいにはどんな効果があるのでしょうか? 花粉やほこりを洗い流す 鼻の中に付着している花粉やほこりを洗い流してくれるので、アレルギー対策になります。 ばい菌やウイルス対策 風邪などの原因となるウイルスは喉の奥の上咽頭(じょういんとう)に付着して炎症を起こします。 鼻うがいではこの上咽頭についたものを洗い流せるので風邪予防の効果が期待できます。 鼻水や鼻づまり(軽いもの)の解消 軽い鼻水や鼻づまりは、鼻うがいをすると鼻をかむよりすっきりします。 蓄膿(ちくのう)症の予防、症状の改善 蓄膿症(副鼻腔炎ともいいます)は、目の間や頬などにある「副鼻腔」という空洞に膿が溜まってしまう病気です。 風邪や花粉などのアレルギーが原因で炎症を起こしてしまい、ねばねばとした鼻水や鼻づまり、場合によっては頭痛も起こります。 鼻うがいで鼻水や鼻づまりを解消することで、蓄膿症になるのを防いだり症状をましにする効果が期待できます。 まとめ 鼻うがいは真水や水道水をそのまま使うのは痛いですし、粘膜を傷つけたり脳炎になってしまう危険性があるとのことでした。 ですが、1度沸騰させれば水道水でも鼻うがいは可能ですし、塩を用意すれば簡単に生理食塩水も作れます。 最初はちょっと勇気がいりますが、慣れると本当にすっきりするのでハマります! やりすぎには注意ですが、鼻水や鼻づまりに悩んでいる方は正しいやり方で是非やってみて下さい。

次の