遊戯王 ファリス。 【遊戯王】『V・HERO ファリス』が初動からジワジワ高騰!単純にHERO出張性能が高すぎる!|身内との遊戯王は加減が難しい

V・HERO ファリス(ヴィジョンヒーローファリス)カード情報・考察

遊戯王 ファリス

効果は 2つあり、それぞれ 1ターンに 1度使用できます。 1つ目は 手札からこのカード以外の「 HERO」モンスター 1体を捨てて発動でき、自身を手札から特殊召喚する効果。 2つ目は 自身の召喚・特殊召喚成功時に発動でき、デッキから自身と同名カード以外の「 V・ HERO」モンスター 1体を永続罠カード扱いで魔法&罠ゾーンに表側表示で置きます。 この効果の発動後ターン終了時まで 自分は「 HERO」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなります。 レベルは 5と高いものの、手札からは 自己特殊召喚効果を使って出すことが基本となるのでそこまで気になりません。 攻守もそこまで高くないため効果を使うために一時的にフィールドに出すという認識で良いかと思います。 1の効果は手札の 「 HERO」モンスター 1体をコストに自己特殊召喚できる効果になります。 レベル 3「 V・ HERO」モンスターのように墓地で効果を発動できるモンスターや墓地に送られた場合に発動できる効果を持つ 「 E・ HERO シャドー・ミスト」等をコストにすれば無駄がなくその後の展開に繋げられます。 2の効果は自身の召喚・特殊召喚時にデッキから 「 V・ HERO」モンスター 1体を魔法&罠ゾーンに置けるというものです。 自身の効果で魔法&罠ゾーンから特殊召喚できるレベル 3 「 V・ HERO」モンスターを使うのが基本であり、 「 V・ HERO ファリス」は 魔法&罠ゾーンから特殊召喚する際のリリースに使ってしまうと良いでしょう。 魔法&罠ゾーンに置く 「 V・ HERO」モンスターとしては、魔法&罠ゾーンから特殊召喚時にレベル 4以下の 「 V・ HERO」モンスターをリクルートできる 「 V・ HERO インクリース」が 最有力候補になり、フィールドのモンスター 1体攻撃力を半分にする 「 V・ HERO ポイズナー」も選択肢としては有りです。 スポンサーリンク 「V・HERO ファリス」と相性の良いカードは? 「 E・ HERO ソリッドマン」 召喚成功時に手札のレベル 4以下の 「 HERO」モンスター 1体を特殊召喚出来る効果、自身が魔法カードの効果で墓地へ送られた場合に墓地の自身以外の 「 HERO」モンスター 1体を守備表示で蘇生できる効果を持つ下級モンスターです。 「 HERO」デッキにおいてどちらの効果も非常に優秀なこのモンスターですが、 1の効果を使うにはこのカードに召喚権を割く必要があります。 「 V・ HERO ファリス」は自己特殊召喚効果を持っているため、 「 E・ HERO ソリッドマン」のための召喚権を温存しながら展開することが出来ます。 「 V・ HERO ファリス」を使用した展開ルートで 「 E・ HERO シャドー・ミスト」や「 X・ HERO クロスガイ」等を使うことで 「 E・ HERO ソリッドマン」をサーチすることは可能であり、 2の効果で墓地から蘇生するモンスターとしては効果にターン 1制限がない 「 E・ HERO エアーマン」を使うことでハンドアドバンテージを稼ぐことに繋がります。 スポンサーリンク 「 E・ HERO エアーマン」 召喚・特殊召喚成功時にこのカード以外の自分フィールドの 「 HERO」モンスターの数までフィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する効果かデッキから 「 HERO」モンスター 1体をサーチする効果の 2つの内どちらかを選んで適用できる下級モンスターです。 「 V・ HERO ファリス」はレベルが 5なため 「増援」でサーチできず、更に言えば 攻守もそれなりにあるため汎用カードでのサーチやリクルートがしにくいステータスをしています。 そのため 「 E・ HERO エアーマン」のような 「 HERO」モンスターのサーチ効果は 「 V・ HERO ファリス」を手札に引き込むための手段として使えます。 スポンサーリンク 「戦線復帰」 自分の墓地のモンスター 1体を守備表示で特殊召喚できる通常罠カードです。 「戦線復帰」に限らず、相手ターン中に (出来ればフリーチェーンで) 「 V・ HERO ファリス」を特殊召喚する手段となれるカードです。 前述したように 「 V・ HERO ファリス」の 2の効果は 「 V・ HERO インクリース」等と組み合わせることで高い展開力を期待できますが、 「 V・ HERO ファリス」の 2の効果を使用後ターン終了時まで エクストラデッキから特殊召喚できるモンスターが「 HERO」に限られてしまいます。 そこで 「 V・ HERO ファリス」を相手ターン中に特殊召喚して 2の効果を使い、制約を回避することで自分のターンになれば好きなモンスターを出せるようになります。 スポンサーリンク 「V・HERO ファリス」の評価と採用枚数は? 手札コストはあるものの、一部の 「 HERO」モンスターならメリットに変えられる上に特殊召喚後の 2の効果でも各種 「 V・ HERO」モンスターを駆使することで 更なる展開に繋げることが出来ます。 以上のことを踏まえると、 「 V・ HERO」をある程度採用した 「 HERO」デッキでは展開の起点として有用なモンスターと評価できます。 採用枚数は 「 V・ HERO インクリース」と併せた展開をテンプレとして使いたい場合は 「 V・ HERO インクリース」の採用枚数にもよりますが、 展開の起点ということを考えると素引きしやすいように 2枚は採用したい所でしょう。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

遊戯王 V・HERO ファリス

遊戯王 ファリス

まず最初にHEROデッキと水属性モンスターというのは切っても切れない縁というものがあります。 最古は 《E・HERO オーシャン》で《E・HERO エアーマン》を使い回してアドバンテージを取っていくオーシャンビートから始まり、次にそれまで既存のHEROビートというデッキに《E・HERO バブルマン》《ヒーロー・アライブ》を投入したエクシーズ主体のアライブHERO、8期中盤になり炎星デッキの台頭によってアライブHEROに 《マスク・チェンジ》を入れた現在のマスクHEROと言われているデッキの原型とも言える構築が流行します。 その後も 《旧神ノーデン》 《バハムート・シャーク》等のHEROと相性の良い水属性モンスターを駆使して定期的に環境に姿を現していました。 そして先月のデュエリストパック - レジェンドデュエリスト編6 -で新たな水属性HEROモンスターが登場しました。 1 :このカードが召喚に成功した時、 「E・HERO リキッドマン」以外の自分の墓地の レベル4以下の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :このカードが「HERO」融合モンスターの融合召喚の素材になり、 墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。 出典: 今回はこの新規カード《E・HERO リキッドマン》にスポットライトを当てていきたいと思います。 本来であればパックが発売して1週間以内にでもこういう記事を書くのがベストだと思うのですがこのカードを含むデュエリストパック - レジェンドデュエリスト編6 -の新規HEROを入れたデッキでCS優勝した事もあって先にそっちの解説をする都合上遅れてしまいました。 ただ発売から期間が経ったからこそ分かったこともあるので次の項目から《E・HERO リキッドマン》が登場したことにより、どうHEROデッキが変化したかを書いていきます。 今回は分かりやすいように現在トーナメントデッキとして存在している2種類のデッキタイプでの《E・HERO リキッドマン》について触れます。 《M・HERO ダークロウ》の出し方は 《フュージョン・デステニー》発動から《E・HERO シャドー・ミスト》と《D-HERO ディアボリックガイ》を落として《D・HERO デッドリーガイ》をss 《D-HERO ディアボリックガイ》効果で2体目をss、リンクして《X・HERO クロスガイ》をssしてD-HEROを蘇生 《X・HERO クロスガイ》効果でD-HEROをリリースして《E・HERO リキッドマン》をサーチ そのまま《E・HERO リキッドマン》を召喚して《E・HERO シャドー・ミスト》蘇生から 《マスク・チェンジ》をサーチ この 《フュージョン・デステニー》1枚で《M・HERO ダークロウ》を出せる動きが可能になった事で実質《ヒーロー・アライブ》が5枚体制となりました。 他にも《V・HERO ファリス》を絡めた展開で《V・HERO ヴァイオン》から《D-HERO ディアボリックガイ》を落として 《マスク・チェンジ》にアクセス出来ない時に《X・HERO クロスガイ》から《E・HERO リキッドマン》をサーチして融合素材に 《E・HERO サンライザー》をssして《E・HERO リキッドマン》効果をチェーン1、《E・HERO サンライザー》の効果をチェーン2で組む事によって 《灰流うらら》等をケアしながら 《マスク・チェンジ》ないし返しに備えた手札誘発を引きにいく事が出来ます。 メインギミックを回しているとかなりの勢いでデッキが減っていくので 《マスク・チェンジ》か手札誘発を引ける期待値が結構高くて《E・HERO リキッドマン》や《E・HERO ソリッドマン》の蘇生効果で 《マスク・チェンジ》にアクセス出来ない初手の場合は積極的に《E・HERO リキッドマン》のドロー効果を使って引きにいきます。 CSでも 《マスク・チェンジ》を引けて途中から《E・HERO アブソルートZero》を絡めた先攻展開に切り替えたり、手札誘発を引いて相手の動きを止めて勝ったりと以前に比べて疑似的に返しも強くなりました。 もし相手がワンキルをほとんどしてこないビート系である場合は《E・HERO サンライザー》からサーチした 《ミラクル・フュージョン》を撃つのは1ターン待って次のターンに墓地の《E・HERO リキッドマン》を素材にして撃てばもう1度ドロー効果が使えるので相手とのアドバンテージ差を付けてかつ 《マスク・チェンジ》や 《ハーピィの羽根帚》のようなパワーカードへのアクセスを狙いにいけます。 まず少し話がズレますが僕は9期初期から《M・HERO ダークロウ》率いるHEROストラクが出るまではテラナイトデッキを使っていました。 これは 《マスク・チェンジ》が絡んでいない《V・HERO ヴァイオン》単騎エンドが弱くて容易に返され次のターンに《M・HERO ダークロウ》を出している場合ではなくなる事が多くて没 次は去年の年末くらいに使用していた 《転生炎獣アルミラージ》 《星遺物を継ぐもの》を採用して《V・HERO ヴァイオン》から1ターンで《M・HERO ダークロウ》を狙いつつ返しで《E・HERO リキッドマン》を用意する構築を試す そこまで先攻での動きは悪いものではなかったが枠の都合上 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》や 《大捕り物》を減らしていたり《M・HERO ダークロウ》に特化させていたのもあって前の構築ではそこまで不利ではなかったサンダードラゴン相手の勝率がガクッと落ちる そもそも《V・HERO ヴァイオン》 《星遺物を継ぐもの》のギミックがランク4に向かう事が出来ない為、サンダードラゴン相手にかなり分が悪くなってしまう あとは前の構築だと先攻1ターン目でリンクは滅多にしないので《M・HERO ダイアン》のカモくらいでしか思っていなかった 《幻創龍ファンタズメイ》がこっちの先攻で出てくるので重くなる 特にサンダードラゴン相手の勝率が落ちるのは前の構築から変えて1番駄目な部分で本末転倒感を感じました。 ここら辺の理由から《E・HERO リキッドマン》に寄せた構築は環境に合っていないと判断 《E・HERO ソリッドマン》や 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》の枚数を元に戻しました それでもデッキを考えていて《E・HERO リキッドマン》を使う事を諦めきれない僕は次に《V・HERO ヴァイオン》に加えて 《おろかな埋葬》を入れます。 《おろかな埋葬》は《E・HERO シャドー・ミスト》を落として《E・HERO リキッドマン》をサーチ、そのまま召喚してランク4相手ターンに素材を外して2枚目の《E・HERO リキッドマン》をサーチして返しにもう1度《E・HERO シャドー・ミスト》蘇生から 《マスク・チェンジ》サーチという動きを1枚で可能なので理論上は悪くないカードです。 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》の枚数を3枚に戻したのもあって 《マスク・チェンジ》 《マスク・チェンジ・セカンド》 《簡易融合》と合わせて《M・HERO ダークロウ》ないしランク4という先攻での動きで《V・HERO ヴァイオン》が棒立ちになってターンを返す事も減りました。 これは意外と悪くないと思って調整を重ねていくと次に問題になるのは召喚権被りでした。 テラナイトの時の遊戯王はある程度罠で凌げたりして召喚権が被ったモンスターを消化していく事が出来ました。 ただ現代遊戯王は如何に環境が以前より低速化しているとはいえ未だに展開系のデッキが蔓延としていてビート系も1ターン跨ぐと一気にアドバンテージを突き放してきます。 こうなると手札で召喚権が被ってその1ターンの手札-1が致命的となります。 召喚権を使うモンスターは《V・HERO ヴァイオン》以外にも《E・HERO ソリッドマン》や《E・HERO エアーマン》もいるので《E・HERO リキッドマン》を増やせば増やすほど被りが多発してかつ初動にもならない《E・HERO リキッドマン》自身が事故要因となりがちになってしまいます。 テラナイトの下級はssされた時でも効果が発動するのでモンスターが被っても消化しやすいですがこっちは《E・HERO ソリッドマン》も《E・HERO リキッドマン》も効果が通常召喚にしか対応していないのでそうもいきません。 せめてどっちかがssにも対応していたら《E・HERO リキッドマン》の評価はかなり変わっていましたがその差がかなり勝敗に影響してくるレベルなので複数枚採用は厳しいと感じました。 僕の中では 《おろかな埋葬》を入れる場合は 《おろかな埋葬》を発動したターンに出す《E・HERO リキッドマン》と返しの《E・HERO リキッドマン》の最低2枚は必要だと思っていて《E・HERO リキッドマン》を複数枚採用する場合は初動で浮かないようにする為に《V・HERO ヴァイオン》のようなカードも複数枚必要となり《E・HERO リキッドマン》を意識するだけでメインの枠を圧迫し、その結果他のHEROとの兼ね合いが悪くなりデッキとしてのバランスがかなり悪くなりました。 1枚のカードの為に他に落として強いカードを入れてそれを素引きして事故札になっていまったら元も子もないです。 このように色々な構築やカードを試した結果《E・HERO リキッドマン》に重きを置いて使いたいという気持ちに完全に終止符を打ってサーチ先として1枚だけ採用するのがベストだという結論に至りました。 ・リキッドマンを活用しよう このまま否定的な感じで終わるのもあれなので最後に《E・HERO リキッドマン》を使った話を少しだけ《E・HERO リキッドマン》は効果が注目されがちですが水属性というのも勿論このカードが評価されるポイントの1つです。 上述している通り《E・HERO アブソルートZero》の素材として入れるE・HEROモンスターとして現状1番使いやすいというのもありますしマスクHEROであれば吊り上げ効果からそのまま 《深淵に潜む者》をssして自分フィールドの水属性モンスターの攻撃力を500ポイントアップ出来ます。 昔も《E・HERO バブルマン》や 《ブリキンギョ》で 《深淵に潜む者》の攻撃力を上げていたのが懐かしいですね。 実際にダークロウをリンク素材にするかはひとまず置いといて《E・HERO リキッドマン》を用いてメインギミックだけで昔のカードもかなり使いやすくなっているので大会などを考えないで手札誘発を入れない昔のエクシーズ全盛期の頃のHEROに近い動きを出来る構築を組んでみるのも良いと思います。 《クロシープ》のリンク先に 《簡易融合》から水属性融合モンスターをss、墓地から 《クロシープ》の素材にした《E・HERO リキッドマン》を蘇生して 《バハムート・シャーク》を出せますし水属性寄せのHEROはあの有名な《M・HERO ダークロウ》 《バハムート・シャーク》 《餅カエル》といった展開も普通に出来ると思うので中々楽しそうです。 こういう妨害を引き込みながら大型モンスターを立てられる動きは昔ながらの融合HEROを彷彿とさせて熱くなりますし、環境でも戦える可能性がありそうなのでそのうち僕も試してみたいと思っています。 《グラビティ・コントローラー》が出た事によって今は《E・HERO アブソルートZero》をssしてから好きなタイミングで 《サンダー・ボルト》を撃てるのも面白い変化です。 ・総括 ということで今回の記事はここまでとなります。 恐らくHEROは改訂で規制がかかることはないでしょうしなんなら緩和の可能性もあるので来期は更なる躍進を期待したいです。 そしてこれが今年最後のゲストライター記事だと思います。 今まででひっそりと田舎の片隅で記事を書き続けていた僕ですがこのように評価されて沢山の方に読んでもらえる場所で記事を書ける機会を設けてもらい感謝しています。 次の記事の予定は現状ないの5回目のゲストライター記事がいつになるのか(そもそもあるのか?)分かりませんがまた来年も何かしら良い記事をお届け出来たらいいなと思っています。 最後に改めて今年4つの記事のどれか1つでも読んでくれた方、本当にありがとうございました。 それでは少し早いですが良いお年を! 【前回の記事】.

次の

V・HEROファリス【展開の起点】

遊戯王 ファリス

dandeです。 今回は、5月18日発売予定の COLLECTION PACK -革命の決闘者編-に収録される《V・HEROファリス》を取り上げます。 ここにきて強化された【V・HERO】ですが、なかなかの展開力を持ったテーマになりました。 1 :手札からこのカード以外の「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。 このカードを手札からする。 2 :このカードが召喚・に成功した場合に発動できる。 デッキから「V・HERO ファリス」以外の「V・HERO」モンスター1体を選び、永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「HERO」モンスターしかEXデッキからできない。 1 効果で自身をSSし、 2 効果を発動してデッキから【V・HERO】をフィールドに置くことができます。 1 効果に必要な手札コストは、【HERO】であればなんでもいいので、墓地で効果が使える《シャドー・ミスト》や《D-HEROディアボリックガイ》などが理想でしょう。 もちろん【V・HERO】を墓地に送り、墓地効果に繋げるのも強いです。 【V・HERO の展開の起点】 《V・HEROファリス》の 2 効果でセットしたい【V・HERO】の筆頭は、 《V・HEROインクリース》です。 1 :自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。 墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 2 :このカードが永続罠カード扱いの場合、お互いのメインフェイズに、自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードをする。 3 :このカードが魔法&罠ゾーンからのに成功した場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の「V・HERO」モンスター1体をする。 2 効果で、《V・HEROファリス》をリリースすればSSでき、 3 効果でデッキから【V・HERO】をSSできます。 《V・HEROファリス》と並ぶ 【V・HERO】の展開の起点ですね。 《V・HEROインクリース》の効果でSSするモンスターの筆頭は、 《V・HEROヴァイオン》でしょう。 1 :このカードが召喚・に成功した場合に発動できる。 デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。 2 :1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。 デッキから「融合」1枚を手札に加える。 その強力な効果から様々な【HERO】デッキに採用されており、特に《D-HEROディアボリックガイ》との相性の良さは有名ですね。 もちろん【V・HERO】デッキにおいても、 1 効果で【V・HERO】を墓地に送ることで、墓地効果に繋げることができるので強力です。 【デッキ紹介】 後日、デッキ紹介記事を書きました。 やっぱり【HERO】はカードパワーが高い。 【まとめ】 今回判明した新規【V・HERO】は、 1枚1枚を見ると地味な印象ですが、《V・HEROファリス》《V・HEROインクリース》《V・HEROヴァイオン》を軸とした 連鎖的なが魅力で、構築によってはかなりの展開力が見込めそうです。 最後に注意点として、《V・HEROファリス》の 2 効果を発動した後は、EXデッキから【HERO】モンスターしかSSできない制約があります。 強力なリンクモンスター・ 《X・HEROクロスガイ》の効果を発動した後も、【HERO】しかSSできない制約があるので、あわせて注意したいところですね。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 2 :自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとカード名が異なる「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。 ではでは。 dandee.

次の