全く やる気 が 起き ない。 やる気が出ない時にやる気を出す14の方法

何もやる気が起きない時におすすめの対処法と改善しない時に気を付けたい注意事項

全く やる気 が 起き ない

やる気が出ない原因とは? そもそも、なぜやる気が出ないのでしょうか? それは… ドーパミン 不足 ドーパミンとは、脳内の神経伝達物質。 「やる気」と「ワクワク」の源です。 ドーパミンがうまく放出されていないから…• やる気が出ない• ワクワクしない という現象が起こってしまう。 だったら、ドーパミンを増やしてあげればいい! 次に、ドーパミンを効果的に増やす2つの方法をご紹介します。 「やる気が出ない」2つの対処法 「ドーパミンを増やす方法」 というキーワードでネット検索すると… 『笑う』・ 『ときめく』などの方法が出てくると思います。 しかーし! 「どうしても、笑えない」 「全然、ときめかない」 だから、困っているんですよね。 これからご紹介する方法は… 「やる気が出ない」を 根本的に解決する方法でもあります。 なぜ「褒める」と伸びるのか? 褒められると… 脳内にドーパミンが放出され 「やる気が出てくる」からです。 なので、 ドーパミンを増やしたかったら 「人から褒められる」のが一番! なのですが… 残念ながら、大人になるとなかなか褒めてもらえません。 「最近、褒められた記憶がないなぁ」という人も少なくないはずです。 だったら、どうしたら良いのでしょうか? 自分で自分を褒めてあげればいいのです! 不思議なことに、 自分で自分を褒めていると 「やる気」が戻ってきます。 徐々に「やる気」が出てきて、早ければ数日で改善するはずです。 そのためには、とにかく たくさん自分を褒めること。 「残さず食べて偉い!」 「満員電車で毎日通勤。 オレって頑張ってるよなぁ~」 「毎朝子どものお弁当作り。 わたしって偉い!」 どんなに些細なことでもいいので、一日に10回も20回も自分を褒める。 褒める回数が多ければ多いほど「やる気の回復」も早くなります。 さらに、自分を褒めることの効果は「やる気の回復」だけではありません。 いわゆる自己暗示にかかり 「オレって立派だよなぁ」と思えるようになってくる。 つまり 「自分に自信が持てるようになる」のです。 早くて1週間、遅い人でも1ヶ月程度。 自分を褒めまくっていれば… 自分のことを好きになり 「等身大の自分」に自信が出てくる。 「自信」が出てくると、どうなるのか? これまた、 ドーパミンが出やすくなります! チャレンジ精神が出てきて、ワクワクするからです。 自分で自分を褒めていれば… ドーパミン不足に悩まされることがなくなり、「やる気が出ない」の根本的な解決につながるのです。 これは、 「蛇口をひねれば、水が出る」 のと同じことです。 しかし、水道局に水道を止められていたらどうでしょう? 水は出ませんよね。 ドーパミン水道局の役割をしているのが 運動です。 運動不足になると… ドーパミンをはじめ「心のバランス」に必要な神経伝達物質の分泌量が減少します。 そうなると、 どうあがいても「明るく」なれないし「自信」も持てないのです。 心のバランスを保つために必要な運動量は… 週4日、1日30分以上。 かなりハードルが高いのですが… これに近づけるよう、まずは 「運動習慣」を持つことが肝心。 おすすめは、ウォーキングや水泳です。 やる気が出ないのまとめ 「全然やる気が出ない」というときは…• 自分で自分を褒める• 運動 この2つを習慣にすることで、 徐々にやる気が出てくるし「再発防止」にもつながるはずです。 また、自分に 「自信」を持てるようになるので… チャレンジ精神が旺盛になり、顔つきもイキイキとしてきます。 つまり、 魅力的な人になれるのです。 「自分を褒める」ことに慣れていない人は、最初は違和感を感じるかもしれませんが、気にすることなく続けてみてくださいね。 それから… もしも、 「1ヵ月以上続けても変化がない」 というのであれば、 『心の病』の可能性があります。 精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックなどの病院で受診することをお勧めします。 ちなみに、いい病院選びのコツは 「ホッとする先生」。 診察室に入ったときに「ホッとする」ような先生が、あなたにとって一番いい先生です。

次の

やる気が出ない原因が判明!脳のやる気スイッチを押す5つの方法

全く やる気 が 起き ない

やる気が起きない時の原因 そもそも人間はなぜやる気が 起こらないのでしょうか? やる気が起こらない原因について 書いていきましょう。 そもそもやる気というのは 脳の神経伝達物質からの影響で やる気につながっていくと言われています。 つまり、その逆でやる気が起きない。 何事も成し遂げようとする気持ちに なれないというのは 脳からの神経伝達物質が影響を すると言われています。 神経伝達物質とは、 神経細胞(ニューロン)と呼ばれている 細胞で他の神経細胞に興奮または 抑制を伝える化学伝達物質で、 アセチルコリンやドーパミン、 ノルアドレナリンなどがあります。 このような神経伝達物質の バランスが崩れてしまっていて、 やる気が起こらない、 なんか面倒くさいという思考に なってしまいます。 そのため、やる気を出したいという 思いがある場合には 神経細胞のバランスを整えると 効果も高いと言われていますね。 特にセロトニンの働きは重要といわれていて、 セロトニンの分泌量が減ることにより、 神経物質のバランスが崩れてしまうため やる気にも大きな影響があるそうです。 やる気が出ない病気もある? そうか。 やる気が出ないのは神経細胞が原因ならば 神経細胞のバランスを整えればよいのかと 思っていたのですが、 実はそれではなかなか 解決をしないこともあるようです。 実はやる気が出ないのは、 神経細胞のバランスの乱れでもなく、 ただ単にさぼっているわけでもなく、 病気の可能性もあります。 うつ病 一番多いのは うつ病という症状です。 うつ病の定義は 「不眠や食欲不振などの症状が 2週間以上継続して続く状態のこと」 となっていますね。 うつ病の原因とされているのは、 心身の疲労やストレスなどがあげられます。 初期症状として「やる気がでない」 というのがあります。 これは脳の神経物質であるセロトニンが 不足をするため、 脳内でもやる気が起こらないような症状に なるケースがあります。 その結果、うれしいなどの 感情の喪失や悲壮感などにかられ やる気が起こらないという 原因になることもあります。 自律神経失調症 自律神経失調症も同じように やる気が起こらないと言われることがあります。 精神的なストレスや過労などが 原因となっていて、 交感神経と副交感神経のバランス が崩れることにより だるさなどの全身的な症状がでると 言われています。 イライラしたり、やる気が 起こらなかったりすることが多くなります。 更年期障害 更年期障害は女性だけでなく、 男性にも起こる病気なのですが ホルモンのバランスが崩れることにより 心や身体のバランスが崩れてしまい 不調が出てくるといわれています。 なんかやる気が起こらないと思っていたら、 実は 更年期障害になっていたという 場合もありますね。 実は症状がうつ病に近いことから、 精神的な病かと思っていたら 更年期障害だったということもあります。 更年期障害もうつ病と同様に 心の病になることが多く、疲れやすい、 身体がだるい、やる気が起こらないと いう症状があげられます。 そのため、やる気が起こらないなと 思ったら実は更年期障害だったと いうこともあり得ますね。 やる気が起こらないときの対処法 やる気が起きない時に どうやればやる気が起きるのかの 対処法について書いていきましょう。 思い切って休息にしてみる やる気が起こらないときに なんとなくがんばっていても あまりよい結果は生まれせん。 それならばいっその事 すべて手を止めてしまうという方法が おすすめです。 やる気がでない原因はもちろん 脳内神経の働きの影響はあるのですが、 それ以外にも気持ちも面もあると思います。 その気持ち面を埋めるためにも 休息をとるということは とても重要だといえます。 カフェでゆっくりと 珈琲を飲んでも良いですし、 読書タイムにしても良いでしょう。 もちろん、一人旅へ出かけたり 友人らとお出かけをしても良いです。 やる気が起きない時や、 なんとなく疲れている、 しんどいというときに頑張っても 良い結果は生まれませんので 思い切って休息をするという 勇気を持つようにしてみましょう。 睡眠不足の可能性 やる気が起きないという時な 睡眠不足が原因かもしれません。 睡眠は体の調子を整えたり、 ホルモンバランスを整える働きを もっています。 しかし、仕事が忙しい、 家事に追われている、 ついつい夜更かしをしてしまうなど 何らかの原因があって 日ごろから睡眠不足になっている方も 多いことでしょう。 もちろん一日程度ならばまだよいのですが、 継続して睡眠不足になると 体内時計がくるってしまい、 脳内の物質のバランスを整える セロトニンの分泌がへってしまいます。 その結果 日常のやる気が出ないと いうことにつながってしまいますね。 睡眠不足が原因で やる気が起きない時の対処法としては、 まずは毎日規則正しい生活に戻すと いうことを意識していきましょう。 人間の体は朝起きて、夜には寝る。 こんな当たり前の 仕組みになっているのですが、 夜更かしをするとそのリズムも 崩れてしまうこととなりますので 毎日寝る時間を決めて、 朝には起きるようにしましょう。 実は朝起きてから 日光を浴びることはとても大事です。 太陽の光を浴びることにより 体内時計をリセットすることにも つながります。 また、脳からのセロトニンが分泌されることで、 寝るときに必要なメラトニンという 体内物質も分泌されることになり、 スムーズに眠ることができます。 夜更かしをやめて生活を整えることで 睡眠も安定をしてきますので、 まずは整えていきなしょう。 夜寝つきが悪いという方は 太陽を浴びる時間が少ない可能性もありますが、 それでも眠れないという方は 寝る前にお風呂に入って体を温めるなどの 方法を活用しましょう。 簡単な目標を決めて達成をしてみる やる気が出ないというときには 簡単な目標設定を行ってクリアすることを 続けていきましょう。 例えば、3日間朝早く起きてトイレ掃除をする、 仕事場の机の上を整理整頓して きれいにしておくなど 誰でもできることでもかまいませんので 継続して続けてみてください。 簡単な目標設定でも達成をすることが できると嬉しいものですし、 達成感もあるのでやる気もでてきます。 仕事の場合だと完成をさせなければ ならない仕事の工程を分割していきましょう。 達成目標を小さくしておくことで、 その都度達成感を得られます。 もし、やる気がなかなか出ないなと いうときは目標を小さくして 気持ちを落ちつけていきましょう。 自分にご褒美をつくってみる やる気が出ない時は ご褒美を 作ってみましょう。 仕事をしているならば、 先ほどのように目標を作って 達成できたらお菓子を買えるなどの 小さなものでも良いですし、 ずっとほしかったバッグを 大きな目標を達成したら 購入するなどやる気が出るように 自分から意図的にもっていきましょう。 もちろん頻繁にすると、 ご褒美という感覚もなくなって しまいますので 適度に抑えておきましょうね。 毎日楽しみの時間を作る 夜家に帰るとケーキを食べられる、 大好きな俳優が出ている ドラマを録画しており今日見るなど 自分にとって 楽しみになるような 内容のものはおすすめです。 仕事や学校でやる気が出ない時や、 取り組むのに時間がかかる、 全く集中ができないときには いつでもかまいませんので 楽しみになるようなものを つくっておきましょう。 友人と話をする やる気が出ないときは気持ちを 切り替えることや 遊びの時間も大事となりますので、 友人と一緒に食事にいったり、 カフェにいってゆっくりを話を したりしましょう。 仕事や勉強でやる気が出ないときは なおさら違う環境や知り合いと 話をすることにより気持ちも変わるので、 やる気が戻ってくるかもしれません。 運動をしてリフレッシュしてみる 運動不足になると、 血の流れも悪くなり結果的に 疲れてしまったり、 やる気が出なかったりします。 そんなときには 運動をして 体も心もリフレッシュしてみましょう。 運動不足は体にとって 良い影響は少ないため、 日ごろから運動をしていない人は 簡単なことでもいいので 取り入れてみましょう。 例えば、ウォーキングや ランニングはもちろんですが、 学生の頃にしていた人ならば そのスポーツでもよいと思います。 テニス、サッカー、フットサル、 野球などなんでもよいので やる気が出ないときはもちろんですが 日ごろから体を動かすことを 意識してみましょう。 音楽をかけてみる 運動もしたいし、 ご褒美のものも買いたいけれども 時間がないよという方の場合は 音楽で気持ちを リフレッシュさせてみましょう。 やる気が出ないときは誰にでもありますが、 たとえやる気はなくても やらなければならないいんですよね。 そんな時にはイヤホンをして テンションの上がる曲でも 好きなアーティストでもいいですし、 日本語しかわからないけれど 英語の歌を聴いても良いです。 音楽の力を借りて気持ちを リフレッシュさせてみてください。 本を読む やる気が起きないときには、 本を読んで気持ちの切り替えをしましょう。 例えば、やる気が出てくるような 有名人の自叙伝でもよいですし、 小説でもなんでも構いません。 少しの時間でも本を読んで 気持ちのやる気を引き出してみましょう。 やる気が起きないときは 誰にでもあります。 サラリーマンなら仕事、 学生ならば勉強、 主婦ならば家事など やる気が起きなくてもしなくては ならないことも多いと思いますので、 そんな時にはここで紹介をした方法を 実践してみてくださいね。

次の

やる気が出ない時にやる気を出す14の方法

全く やる気 が 起き ない

心をリラックスさせることが何もやる気が起きない時の対処法 なぜか何もやる気が起きない時は、心が疲れ切っている場合が多いです。 日々の仕事や家事や育児などに追われる毎日が、心を徐々にすり減らしています。 毎日のことだと自覚がないかもしれませんが、いつの間にか疲れ切っていることは珍しくありません。 そんな時は無理してやる気を出そうとするのではなく、 心をリラックスさせるように意識することがその対処法です。 心がリラックスすれば、やる気が自然とわいてきますよね。 その具体的な対処法を、いくつか紹介します。 昼寝をして心をリラックスさせる 何もやる気が起きないのですから、体を動かしたりするのはとても億劫ですよね。 それなら無理に体を動かそうとはせず、そのまま昼寝してしまうのも立派な対処法の1つです。 家族のためにと頑張って仕事をしていたり、家事や育児に励んでいたりする人は、夜間の睡眠だけでは足りないぐらい心が疲労しているものです。 そのような状態ではやる気が失われていき、 ある日突然糸が切れたかのように動きたくなくなります。 そんな時は無理に動こうとはせず、昼寝をして心をリラックスさせるのがおすすめの対処法です。 仕事中だと昼寝はできませんが、自宅にいる時ならできますよね。 仕事で疲れている人の場合は仕事の休みの日に、昼寝をしてみるとやる気が戻ってきます。 昼寝の時間があまり長くなってしまうと夜に眠れなくなりますので、30分ぐらいにとどめておくのが良いかもしれません。 体も心も疲れている時は、リラックスするために昼寝をするとリフレッシュできます。 座っていてもできる娯楽を行う 今は特に体を動かすことなく、座っていてもできる娯楽がたくさんありますよね。 何もやる気が起きない時は、それらの娯楽に興じて気分を変えるのもおすすめの対処法です。 何もやる気が起きないのですから、そんな娯楽に興じることすら面倒に思えてしまうかもしれません。 ですが今は座っていてもできる娯楽がたくさんあるので、先のことはあまり考えずまずやってみましょう。 1番簡単なのは、テレビをつけてザッピングすることです。 テレビから流れてくる情報を、ただ聞き流しているだけでも心が刺激されますよね。 ボーっと見ているだけでも構わないので、気分転換だと思って見てみると良いです。 Amazonビデオなどを見ることが出来る人は気になるタイトルをどんどん見てみるのも良いでしょう。 仕事や家事などで毎日忙しくしている人は、ゆっくりテレビを見る余裕すらないかもしれません。 ただテレビを見るだけですが、それがリラックスのきっかけになる可能性は十分あります。 またテレビを見る以外では、本や雑誌を読む、ゲームをする、音楽を聴く、動画を視聴するなども、基本的に座ってできる娯楽の数々ですよね。 これらの娯楽でどれか1つでも興味を持てそうなら、リラックスするために行ってみるのがおすすめです。 やる気が戻ってきやすいです。 自然の中に身を置いてリラックス 何もやる気が起きない時の対処法でおすすめなのは、自然の中に身を置いてリラックスすることです。 家の近くに緑のある公園があれば、そこへ行ってみるとだいぶリラックスできます。 何もやる気が起きない時は近所の公園に行くことすら大変に思えてしまうかもしれませんが、自然のエネルギーをもらうとかなりリラックスできます。 また公園では子どもたちが元気に遊んでいることも珍しくありませんので、その光景をただ目にするのも悪くありません。 子どもたちの元気な姿は、心に活力を与えてくれます。 疲れ切って何もやる気が起きない時は、なるべく自然に触れるようにしましょう。 「何もやる気が起きない時の対処法は決して無理をしないこと。 」 何もやる気が起きない時の対処法としてとても大事なのは、決して無理をしないことです。 何もやる気が起きない時は、無理に何かをやろうとしてもなかなか思い通りにいきません。 その状態で無理に行動を起こせば、もっとやる気が失せてしまう可能性があります。 そうなると泥沼ですので、無理をすることなく体も心も休ませるようにするのがおすすめの対処法です。 自分の状況を見つめ直すチャンス 何もやる気が起きない時は無理をせず、自分の状況を見つめ直すチャンスだと思ったほうが良いです。 何もやる気が起きないぐらい毎日を精一杯生きてきた人は、自分の状況を改めて見つめ直すチャンスが少なかったはずです。 もしも家族のために頑張ってきた人なら、自分のことを 振り返る余裕を持てていないことが多いです。 何もやる気が起きない時はそんな突っ走って生きることに疲れてしまっている証拠ですので、無理をするのはよくありません。 そこで自分のことを振り返ってみて、考えるチャンスがきたと前向きにとらえます。 無理に行動を起こさず、今の状況を見つめ直していきます。 そうすることで、自分の気持ちが整理できます。 この対処法を行えば、やる気が戻ってきてもおかしくありません。 何もやる気が起きないなら家族の誰かに甘えてもいい 自分で無理をしない分誰かを頼ろうとするのも、何もやる気が起きない時の対処法です。 何でも自分でやろうとしてしまう人は家族の中で重宝されるぐらい優秀だったりしますが、その分一人で抱え込んでしまいがちです。 できてしまう分、他の家族に任せられないと考えてしまう一面があります。 そこで何もやる気が起きない対処法としておすすめしたいのが、家族の誰かに甘えることです。 それができるなら苦労はしないと考えてしまうものですが、あえて弱音を吐けば家族の誰かが優しく手をさしのべてくれるかもしれません。 何もやる気が起きないぐらい頑張っていることに他の家族がはっきりと気付けば、きっと力になってくれるはずです。 家族の誰かに甘えようとすることは、決して恥ずかしいことではありません。 対処法としてはオーソドックスですが、何もやる気が起きないくらい疲弊している時は、誰かに甘えてもいいのです。 自分へのご褒美を買う 何もやる気が起きない時は、自分へのご褒美が足りていない状態だといえます。 ですからその対処法として効果的なのは、自分へのご褒美を買うことです。 人間は現金なところがあり、ご褒美という形で自分を褒めてあげると途端にやる気になったりします。 自分へのいたわりは、甘やかしているのとは違いますよね。 何もやる気が起きないぐらい 日々一生懸命に生きているなら、そのみかえりを求めるのは当然です。 その気持ちまで抑え込んでしまったがゆえに、何もやる気が起きないのかもしれません。 自分へのご褒美に何か買うことを考え出せば、気分が自然と高揚してきます。 それがやる気の第一歩になることは珍しくありませんので、何もやる気が起きない時の対処法としては悪くありません。 スマホやパソコンを使ってご褒美に何を買うのか調べるのは、とても楽しいものです。 そうすれば心の状態が徐々に改善されていきます。 日頃、やりがいを見返りとして自分を奮い立たせている人も少しくらいは自分にご褒美をあげてみても良いと思いますよ。 何もやる気が起きない時の改善・対処法は自分を責めないこと 責任感の強い人ほど、何もやる気が起きない時は自分を責めてしまいがちです。 何もやる気が起きない自分はダメだと思ってしまい、その思考が頭の中でループします。 ですがそれでは余計にやる気を失うばかりですので逆効果です。 自分を責めることをしてはいけないです。 友人と会って自分を責める気持ちを忘れてしまう 気心の知れた友人と会うことで、自分を責める気持ちを忘れられます。 とても気心の知れた友人なら、何もやる気が起きないような心理状態でも会いやすいはずです。 友人と会うことで、自分とは違った考え方を直に知ることができますよね。 そうすることで自分を責める気持ちは薄れていきますし、何もやる気が起きないことを思い切って相談するのも、良い意味での気持ちの変化につながります。 自分を責める気持ちを忘れてしまう対処法として、友人と会うのは効果的です。 家族と積極的にコミュニケーションを取って大切にされていることを実感 家族と積極的にコミュニケーションを取れば、大切にされていることを実感できますよね。 実感できれば、自分を責める気持ちはなくなっていきます。 何もやる気が起きない時は、どうしても一人で抱え込んでしまいがちですよね。 その結果自己嫌悪に陥ってしまうなど、一人で悶々とすることがどうしても多いです。 それでは自分を責める気持ちが止まらなくてしまいますので、人間関係の基本である家族と積極的にコミュニケーションを取り、大切にされていることを実感すると心が前向きになれます。 何もやる気が起きない時の対処法はさまざま なぜか何もやる気が起きない時の対処法はさまざまですので、これらの対処法を試せば何もやる気が起きない状態から脱せられるかもしれません。 ただ仮に何もやる気が起きない状態が続いたとしても、それで自分を責め続けるのはよくないです。 責任感が強い人ほどそのような思考に陥りやすいですが、何もやる気が起きないのは心が疲れ切っている場合が多いです。 そのような状態で無理に動こうとしても空回りするだけですので、焦らずゆっくりと対処していくことが大事です。 今はスピード社会ですので、時間に追われた生活をしている人は少なくありません。 そのせいでいろいろと悩んでしまいがちですし、何もやる気が起きない状態になってしまうこともあります。 ですがそうなっても自分を責めるのではなくさまざまな対処法を行うことが、心の状態を好転させるためによく意識したいことです。 パートナーがまったくやる気を失ってしまったら 「最近、妻がご飯を作ってくれなくなった…」「以前は元気だったのに、妻の気分が沈んでいて話もしてくれない…」そんな、夫婦間の悩みを抱えていませんか? 「なんとかしてくれ!」と妻にキツく当たってしまって、険悪なムードになる日々を繰り返してしまったり…周りの人に相談しようにも、なんだか情けなくて、こんなこと誰にも相談できませんよね。 特に、結婚当初は上手くいっていたのに、なぜだか最近になって上手くいかなくなった場合には、要注意です。 そんな時は必ず、何か原因があるはずです。 でも、どうすればいいのかわからない…そんな場合は、まず以下の方法を試してみてください。 なぜ何もやる気が起こらないのか聞いてみる 夫婦間の悩みは、ちょっとしたすれ違いから始まってしまうこともあります。 この方法で、少しでもあなたたち夫婦の悩みが改善されれば幸いです。 まずは優しく、聞いてみてください。 もしかしたら奥さんには、何かに不満があるのかもしれません。 それは自分に対してなのか、社会に対してなのか、それともあなたに対してなのかもしれません。 でも、ただ改善して欲しいことを要求するのではいけませんよ。 まずは冷静に、相手の言うことにゆっくりと耳を傾けてみてください。 最後に奥さんと話し合ったのはいつでしょうか。 もしかすると、忙しくて会話する暇もなかったりはしませんか? 奥さんがどうして何もやる気が起きない状態になってしまったのか、きっと途方に暮れてわからない状態なのではないかなと思います。 あなたもあなたで、何かに不満を抱えているから、奥さんに優しくなれないのかもしれません。 思い当たることはあるでしょうか?もしかしたら、意外なところに問題の原因が見つかるかもしれませんよ。 原因があるなら一緒に改善する 例えば、奥さんが家事と仕事をどちらもしていて、精神的にも体力的にも疲れているのかもしれません。 もしその場合は、、子どもさんがいる場合はベビーシッター等にお願いするのも良いですね。 もし奥さんが、あなたの行動に不満があるのなら、できる限り改善してあげましょう。 「なんで俺ばっかり!」と思うかもしれませんが、結婚した当初を思い出してみてください。 夫婦というのは、助け合うものです。 どちらかが辛い時は、支え合うのが夫婦です。 あなたが過去に辛かった時、奥さんは何もしてくれませんでしたか?きっとこれまでは、助け合っていたんじゃないかなと思います。 もしも過去を思い返してみて、何一つ良いことが思い出せなかった場合は、その夫婦生活はすでに破綻しているのかもしれません。 ですがそんな方は、ごく少数派だと思います。 奥さんが辛そうだから、そんな彼女を見る自分が辛いから。 ほとんどの方は、この現状を何とかしたいと考えているのだと思います。 しかし、場合によっては「話し合い」では解決できないこともあります。 可能性の一つとしては、「病気」も視野に入れないといけません。 2週間以上改善が見られない場合 2週間以上改善が見られない場合、もしかしたら奥さんは「非定型うつ病」かもしれません。 色々試してみて、一向に症状が改善されない場合は、非定型うつ病の可能性もあります。 「うつ病」というのは有名な病名ですが、「非定型うつ病」という言葉はあまり耳にしたことがないかもしれません。 これは主に20代〜30代の女性に起こる症状で、よくあるうつ病の症状とは少し異なります。 そのため、奥さんが病気ではなく、単なる甘えのように映ってしまっている場合もあります。 「もしも病気だったら?」というのは可能性の一つですが、万が一の場合もあります。 その時は、以下の項目をチェックしてみてください。 もしかすると、あなたの奥さんにも当てはまるかもしれません。 非定型うつ病って?改善へどう進むべきか 簡易的ですが、非定型うつ病のチェックリストを作成してみました。 もちろんこれで確実に病気かどうかの判断はできませんが、参考にしてみてくださいね。 気分が落ち込んでいても、楽しいことがあると元気になる。 10時間以上眠ったのに、まだ寝足りない気がする。 朝方は気分が良くても、夕方になると気分が不安定になる。 (過眠気味になる)• 何かとよく食べるようになる。 (過食気味になる)• 常にイライラするようになる。 いくつ当てはまりましたか?これらの症状が表れているようなら、非定型うつ病の可能性があります。 非定型うつ病は、何か楽しいこと、望ましいことがあると、気分がよくなります。 普通のうつ病 定型うつ病 では、何があっても元気が出ないのに対し、出来事に反応して気分が明るくなるのが大きな特徴です。 その他、下表にあるように、タ方になると調子が悪くなる、過食や過眠ぎみになる、などの傾向もみられます。 引用元:医療法人和楽会() このように非定型うつ病は、一見するとうつ病ではないような症状が特徴です。 過食や過眠が目立つことで、「本人が甘えているような」言動が目立ちます。 なので家族や夫婦などの場合、「以前はできていたのに、最近になって何もやる気が起きないように見える」状態が目についてしまうのです。 これではなかなか、病気のせいだと気づくことができませんよね。 最近では、ネットで簡単に情報を調べられるようになりました。 幸か不幸か、それにより、素人でも簡単に病気について知ることができてしまいます。 もしあなたが「うつ病」だけを知っていて、「非定型うつ病」について知らない場合、あなたの中では奥さんは「ただの甘えた人」という認識で止まってしまう可能性があります。 それは怖いことですよね。 そうならないためにも、常に色々な可能性を模索してみてください。 今回は、その一部である「非定型うつ病」について説明していきます。 ですが、他のことが原因となっている場合もあるので、あくまで参考程度にしてみてくださいね。 どんな人がなりやすいの? 主に、20代〜30代の女性に多く症状が現れます。 幼い頃から人の顔色をうかがったり、良い子であることを目標にしてきた、優しい人に多い傾向があります。 さらに 家庭環境が複雑だったり、人間関係で恐怖心を覚えるような出来事があったりするのも要因の一つです。 また、生活習慣が乱れていたりすると、より症状を悪化させてしまうこともあります。 はっきりした原因かどうかはわかりませんが、神経伝達物質の減少も関係しているという一説もあります。 非定型うつ病の症状 気分が落ち込みやすくなりますが、楽しいことがあると元気が出ます。 また、朝方には元気がありますが、夕方になると気持ちが不安定になるのも特徴です。 過眠がちになり、10時間以上寝ているのにもかかわらず、まだ眠り足りないなどの症状もあります。 さらに過食気味になったり、常にイライラしたり、時にはリストカットに及ぶなどの言動も見られます。 うつ病とどう違うの? うつ病は「定型うつ病」というのですが、ずっと気分が落ち込み続けたり、朝から元気が出ないのが大きな特徴です。 そのため、「この人はうつ病ではないのに、だらけた生活をしている!」と思われがちです。 また、夜なかなか眠れなかったり、食欲のなさが目立ったり、常にボーッとしているのもうつ病の特徴です。 先ほどの非定型うつ病とは反対の症状が見られますね。 もちろん病気ならば、専門の医療機関に行くことをおすすめします。 それでも当人がなかなか病院へ行きたがらなかったり、見るからに命に関わるほどの症状が表れていない場合は、まずは以下のことを試してみるのも良いかもしれません。 ですが、明らかに状態がおかしい場合などは、迷わず医療機関に相談してみてくださいね。 まずは生活習慣を整えよう まずは規則正しい生活習慣を取り戻すことが先決です。 仕事などに行けていない時は、辛くても職場に向かったりして「いつも通り」のリズムを取り戻すことが大事です。 昼夜逆転をしている場合はそれを戻したり、三食きっちり摂るようにしたりと、身近なことから改善していきましょう。 簡単な運動をするのも良いですね。 散歩をしたり、家事をしてみたり、とにかく何か目標を持つことが大事です。 非定型うつ病の人への接し方 うつ病の場合は「頑張れ!」と励ましたりすることは禁句、というのは有名ですよね。 しかし非定型うつ病の場合は、励ましたりすることがかえって症状を改善させることもあるのです。 いつも通りに朝起きたり、仕事へ向かったりすることが、非定型うつ病の場合には効果的です。 ただし、きつい言葉を浴びせるのではなく、優しく見守ってあげることが大事です。 本人のやる気が出るように、しっかりと根気強くサポートしてあげてくださいね。 きちんとした医療機関に相談する 素人判断では、「うつ病」と「非定型うつ病」の判断は難しいです。 もしかすると他の病気の可能性もあるので、その時は奥さんと一緒に病院へ付き添ってあげてくださいね。 奥さんも自分の状態が不安で苦しんでいるかもしれません。 無理をせず、その旨を専門の医師に伝えてみてください。 夫婦の問題は、なかなか表面化しづらいです。 それゆえに、なかなか状況が改善されなかったりもします。 何が原因で、どうすれば良いのか?今回は一例として、「非定型うつ病」をご紹介しましたが、これはすべての人に当てはまるわけではありません。 特に病気の場合は一人で抱え込まずに、周囲の人に相談してみることも大事です。 もちろん、病院の先生でも良いですよ。 夫婦間の問題であれば、まずは夫婦で話し合う。 そして、他の家族や友人などにも相談する。 最終的には医療機関に行き、正しい治療をしてもらう。 これがとても大事なことですね。

次の