車 高調 減衰 調整。 車高調ハイパーマックスの取り付け方と減衰力・プリロード調整方法

SPORT

車 高調 減衰 調整

こんにちは姫野です。 店内カウンターより、、、 昨日来ていたお客さんから 車高調の相談を受けて 話してるときに 「車高の下がり幅よりも 乗り心地が気になります。 」 みたいなことを言われたので 「減衰力調整機能があれば 取り付けた後でも自分で 調整することができますよ。 」 と説明しました。 ここで減衰力 げんすいりょく について 簡単に説明しておくと これはショックの 伸び縮みの抵抗力のことで この調整機能が付いた商品なら ショックの動きをかたくしたり やわくしたりすることができます。 と言うのも 車高調の基本的な乗り心地は スプリングのバネレート かたさ と ショックの減衰力の バランスで決まるものなので どちらかだけを変更して 乗り心地がよくなることは まずありません。 つまり最後の微調整 みたいなものですから 最初から 乗り心地が悪い車高調の 減衰力をいくら調整しても 劇的によくはならない ということです。 ただ、とは言っても より理想の乗り心地に 近づけるためには 絶対に必要な調整機能で その車高調が良品であれば 減衰力の調整だけでも 走ってすぐにわかるほど乗り味を 変えることもできますから 調整機能付きの設定が ある車種であれば ぜひお勧めしたいところです。 そして 前にもお話しましたが 減衰力調整の段数は 単純に多ければいい というわけでもありません。 例えば数字だけで見ると 16段調整よりも40段調整の方が いいような気がしますが 実際に調整できる幅は あまり変わらないんです。 もちろん私は 全ての商品をチェックした わけではないので 例外はあるかもしれませんが 通常それはあり得ないわけです。 なぜなら 前述のように乗り心地は スプリングのバネレートと ショックの減衰力との バランスで決まるものなので もしそんなに 減衰力調整の幅があるショックを メーカーが設定してしまったら 調整次第で そのバランスが大きく崩れて 逆に乗り心地が 悪くなってしまうからです。 だからメーカーは おおよそ乗り心地が 崩れない程度の幅で 減衰力の調整ダイヤルを 設定しているので 16段よりも40段の方が ものすごくかたくしたり やわくしたりできる ということはないわけです。 それからたまに 勘違いしている人がいますが 基本的に減衰力を調整しても 車高は変わりませんから これも覚えておいてくださいね。 それでその 減衰力調整の機能が付いた 車高調の調整方法ですが 通常ショックの上か下に 調整用のダイヤルが付いてるので それを指で回してやわくしたり かたくしたりという調整をします。 なのでフロントが上側調整なら ボンネットを開けて行い 下側調整ならハンドルを回して ブレーキの奥に手を入れるんですが 冒頭のお客さんにも 同じように説明したら どうもその部分が 引っかかったらしく 「う~ん、そうか~。。 」 みたいな感じになりました。 確かに私たちからすると いつも行ってることなので そんなに難しいとは思いませんが 初めて車高調を 付ける人にとっては 難しい作業なのかもしれません。 実際にダイヤルを回すと言っても 車種によってはダイヤルが 全部見えるわけでもなく 手探り状態だったりもしますし ダイヤルには 数字も書いてませんから 今何段なのか? 頭の中で数字を数えながら 感覚で調整しないといけません。 しかも エンジンルームに手を入れれば 当然手や服が汚れますから お出かけ前に軽く調整 なんてこともできないわけです。 だからそのお客さんには 車内から電動で減衰力が調整できる オプションを一緒に勧めしました。 例えばTEINだとEDFC BLITZ ブリッツ はSpec DSC CUSCO クスコ ならe-con2 と呼ばれるオプションパーツ なんですが これらはすべて 車高調の調整ダイヤルの上に 小型のモーターを付けて 電動でダイヤルを回して 調整する仕組みになっています。 車内には液晶の ディスプレイが付くので ダイヤルの段数も 数字で表示され 間違うこともありません。 機種によっては いくつかのメモリー機能や 自動調整が付いてたりもするので 街乗りはやわらかく 高速道路では少しかため などの切り替えもボタン1つで 行うことができるんです。 ただし、このモーターが スペース不足などの理由で 物理的に取り付けできない 車種もあるので そこはよく確認してくださいね。 もちろんお店に相談すれば そのあたりも 調べてくれると思うので 気になる方は 1度お近くのカーショップに 相談してみてください。 では今日のお話は以上です、 次回もよろしくお願いします。 <今日のオススメ> 減衰力オプションパーツや 車高調のご相談も ぜひNOBUまでお願いします。 お問合せ、ご相談は 店頭以外でも ホームページの お問い合わせフォームか 097-544-9700 姫野または岐部まで でも承っています。 NOBUのHPは --<<お願い>>------- 【NOBUメルマガ】を 購読していただけませんか? メルマガの購読はもちろん無料。 気に入らなければ、 いつでも簡単に購読解除ができます。 無料メルマガの登録は ---------------- お問い合わせは 来店のご予約は 今なら商品券3,000円プレゼント中! ---------------- NOBU CAR CRAFT 【ノブ カークラフト】 〒870-0844 大分県大分市古国府1256-4 HP : 営業時間 : 10:00 ~ 18:00 定休日 : 毎週火・水曜日 ----------------.

次の

車高調とは?取り付けと調整方法からおすすめメーカーまで徹底解説

車 高調 減衰 調整

こんにちは姫野です。 店内カウンターより、、、 昨日来ていたお客さんから 車高調の相談を受けて 話してるときに 「車高の下がり幅よりも 乗り心地が気になります。 」 みたいなことを言われたので 「減衰力調整機能があれば 取り付けた後でも自分で 調整することができますよ。 」 と説明しました。 ここで減衰力 げんすいりょく について 簡単に説明しておくと これはショックの 伸び縮みの抵抗力のことで この調整機能が付いた商品なら ショックの動きをかたくしたり やわくしたりすることができます。 と言うのも 車高調の基本的な乗り心地は スプリングのバネレート かたさ と ショックの減衰力の バランスで決まるものなので どちらかだけを変更して 乗り心地がよくなることは まずありません。 つまり最後の微調整 みたいなものですから 最初から 乗り心地が悪い車高調の 減衰力をいくら調整しても 劇的によくはならない ということです。 ただ、とは言っても より理想の乗り心地に 近づけるためには 絶対に必要な調整機能で その車高調が良品であれば 減衰力の調整だけでも 走ってすぐにわかるほど乗り味を 変えることもできますから 調整機能付きの設定が ある車種であれば ぜひお勧めしたいところです。 そして 前にもお話しましたが 減衰力調整の段数は 単純に多ければいい というわけでもありません。 例えば数字だけで見ると 16段調整よりも40段調整の方が いいような気がしますが 実際に調整できる幅は あまり変わらないんです。 もちろん私は 全ての商品をチェックした わけではないので 例外はあるかもしれませんが 通常それはあり得ないわけです。 なぜなら 前述のように乗り心地は スプリングのバネレートと ショックの減衰力との バランスで決まるものなので もしそんなに 減衰力調整の幅があるショックを メーカーが設定してしまったら 調整次第で そのバランスが大きく崩れて 逆に乗り心地が 悪くなってしまうからです。 だからメーカーは おおよそ乗り心地が 崩れない程度の幅で 減衰力の調整ダイヤルを 設定しているので 16段よりも40段の方が ものすごくかたくしたり やわくしたりできる ということはないわけです。 それからたまに 勘違いしている人がいますが 基本的に減衰力を調整しても 車高は変わりませんから これも覚えておいてくださいね。 それでその 減衰力調整の機能が付いた 車高調の調整方法ですが 通常ショックの上か下に 調整用のダイヤルが付いてるので それを指で回してやわくしたり かたくしたりという調整をします。 なのでフロントが上側調整なら ボンネットを開けて行い 下側調整ならハンドルを回して ブレーキの奥に手を入れるんですが 冒頭のお客さんにも 同じように説明したら どうもその部分が 引っかかったらしく 「う~ん、そうか~。。 」 みたいな感じになりました。 確かに私たちからすると いつも行ってることなので そんなに難しいとは思いませんが 初めて車高調を 付ける人にとっては 難しい作業なのかもしれません。 実際にダイヤルを回すと言っても 車種によってはダイヤルが 全部見えるわけでもなく 手探り状態だったりもしますし ダイヤルには 数字も書いてませんから 今何段なのか? 頭の中で数字を数えながら 感覚で調整しないといけません。 しかも エンジンルームに手を入れれば 当然手や服が汚れますから お出かけ前に軽く調整 なんてこともできないわけです。 だからそのお客さんには 車内から電動で減衰力が調整できる オプションを一緒に勧めしました。 例えばTEINだとEDFC BLITZ ブリッツ はSpec DSC CUSCO クスコ ならe-con2 と呼ばれるオプションパーツ なんですが これらはすべて 車高調の調整ダイヤルの上に 小型のモーターを付けて 電動でダイヤルを回して 調整する仕組みになっています。 車内には液晶の ディスプレイが付くので ダイヤルの段数も 数字で表示され 間違うこともありません。 機種によっては いくつかのメモリー機能や 自動調整が付いてたりもするので 街乗りはやわらかく 高速道路では少しかため などの切り替えもボタン1つで 行うことができるんです。 ただし、このモーターが スペース不足などの理由で 物理的に取り付けできない 車種もあるので そこはよく確認してくださいね。 もちろんお店に相談すれば そのあたりも 調べてくれると思うので 気になる方は 1度お近くのカーショップに 相談してみてください。 では今日のお話は以上です、 次回もよろしくお願いします。 <今日のオススメ> 減衰力オプションパーツや 車高調のご相談も ぜひNOBUまでお願いします。 お問合せ、ご相談は 店頭以外でも ホームページの お問い合わせフォームか 097-544-9700 姫野または岐部まで でも承っています。 NOBUのHPは --<<お願い>>------- 【NOBUメルマガ】を 購読していただけませんか? メルマガの購読はもちろん無料。 気に入らなければ、 いつでも簡単に購読解除ができます。 無料メルマガの登録は ---------------- お問い合わせは 来店のご予約は 今なら商品券3,000円プレゼント中! ---------------- NOBU CAR CRAFT 【ノブ カークラフト】 〒870-0844 大分県大分市古国府1256-4 HP : 営業時間 : 10:00 ~ 18:00 定休日 : 毎週火・水曜日 ----------------.

次の

SUSPENSION トップ

車 高調 減衰 調整

このページの目次• ダンパーとは 車のサスペンションにはスプリング(バネ)が付いています。 段差を乗り越える時はもちろん、曲がったり止まったり、または加速したりする時もスプリングは縮んだり伸びたりしています。 例えば右に曲がる時は 『左のスプリングは縮み、右のスプリングは伸びる』 となります。 また減速時は 『前のスプリングは縮み、後ろのスプリングは伸びる』 となります。 スプリングは車の【荷重】により縮みますが、荷重が無くなるとすぐに伸びようとする性質を持っています。 ブレーキを踏んで前に 荷重が乗ると前のスプリングは縮みますが、後ろのスプリングは伸びます。 その状態で車が止まると前のスプリングは元の状態に戻ろうとして伸び、後ろのスプリングは縮みます。 ですが、止まる反動スプリングの伸び縮みはなかなか収まりません。 しばらく伸び縮みを繰り返して元の状態に戻ります。 これでは車はフワフワとした動きになり、安定しなくなります。 この原因は 【スプリングが勢いよく元の状態に戻ろうとするため】です。 ゆっくりとスプリングを伸び縮みさせることができればこのような事はおきません。 その伸び縮みをゆっくりとさせる部品が 【ダンパー】になります。 ダンパーはオイルやガスが封入されており、その粘度等を利用して伸び縮みの抵抗を発生させています。 これによりスプリングの伸び縮みをゆっくりとさせてやることができるのです。 その抵抗の事を減衰力と言います。 そもそも減衰の仕組みってなんぞや!? という方は【】に目を通してからこの記事を読んでいただくと理解が深まるかと思います。 減衰力のセッティング スポーツ走行をするために車高調を導入する方は多いですが、その車高調には減衰力を調整できる機構が付いている物もあります。 この減衰力調整機構ですか、どの時にどのような減衰力にすれば良いかよく分からないという方も多いのではないでしょうか? 時に32段調整!と書かれた車高調なんて多過ぎて訳が分からなくなりますよね… そんな時は車高調の取り扱い説明書に記載されている推奨値でまず走ってみると良いでしょう。 ですが、やっぱりスポーツ走行をしたりすると物足りなくなる… そんな時は減衰力を少し強めにしてあげる必要があります。 こうすることで車の傾き(以下ロール)がゆっくり動くようになります。 ここで注意して欲しいのが、減衰力を強くすることでロールを抑えることはできない!という事です。 ロールはスプリングレート(スプリングが縮むための必要な力)によって制御されています。 なのでいくら減衰力を上げても車の最大傾きを変える事はできません。 スポンサードリンク 減衰力の合わせ方(ピッチング方向) ではどれぐらい減衰力を上げてやれば良いのでしょう? 注:これは私個人が思う合わせ方です。 他にも色々合わせ方はあるので参考程度に思ってください。 まずは推奨値で走行をし、その後に調整をするとこをオススメします。 例えばブレーキング時にリアが不安定な動きをしてるとします。 その場合はリアの減衰力を上げてやります。 リアが不安定な動きになるという事は、リアの荷重が無くなっているという事です。 つまり、リアが浮こうとしている!という事です。 そこでリアの減衰力を強くし、スプリングをゆっくり戻してやる事で、リアが浮こうとしているのを抑えてやります。 またフロントの減衰力を強くしても同じ事ができますが、ダンパーは縮む方向よりも伸びる方向の方が減衰力が強いため、私はリアを調整します。 加速時にアンダーステアが強ければ、フロントの減衰力を強くします。 加速時のアンダーステアはフロントが浮くために発生するので、フロントのスプリングの戻りを遅くしてやるために強くします。 減衰力の合わせ方(ロール方向) 前後の動き(ピッチング)は前後の減衰力を上げれば対処する事ができますが、コーナリングで発生するロールはどのように合わせるのでしょう? 私的の合わせ方は『合わせない』です。 速く安定したコーナリングをするためにはコーナリングの進入が大切になります。 コーナーに進入する=減速する (違う場合もありますが) になります。 つまり、減速時の動きを制御する事ができればコーナリングは速くなります。 進入時にアンダーやオーバーならブレーキングの姿勢が悪い場合がほとんどですし、立ち上がりでアンダーやオーバーなら前後の動きが悪い場合がほとんどだと思ってます。 本当のコーナリング中のアンダーやオーバーはアクセルが一定状態で車の動きがニュートラルな時に表れます。 これを見極めるのは本当に難しく、車単体の性能を見つけなければいけません。 (車単体の性能というのは、ドライビングによる荷重等を使わない時の性能) これはセッティングで大きく変わってくるため、減衰力調整よりも足回り等のセッティングの方が関わってきます。 そのためいくら減衰力を調整しても基本特性は変わりません。 減衰力調整はコーナー進入時や立ち上がりの姿勢を調整するための物だと思っています。 スポンサードリンク まとめ 車の動きを安定させるためには減衰力が必要になります。 また減衰力は縮み側よりも伸び側の方が強くなっており、スポーツ走行においても伸び側が重要になってきます。 またロールを抑えるために減衰力を強くしてもほとんど変わりません。 ロールを抑えるためにはスプリングを固いものに交換してやる必要がありますが、同時にダンパーも減衰力の強いタイプにする必要があります。 固いスプリングというのは、その反発力も高いため、それを抑え込む性能のあるダンパーにしてやらなければいけないためです。 基本的に減衰力の調整はピッチングが起きる進入時や立ち上がりを安定させるために調整していきます。 なかなかベストを見つけるのはのは難しいですが、調整自体はつまみを回すだけと簡単なので、ぜひ色々試してみてください。 それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサードリンク.

次の