佐藤健 松岡 茉優。 佐藤健「かつてないほどの他力本願」 松岡茉優、佐藤の汚れっぷりをアピール

佐藤健が松岡茉優に「教育的指導」せずにいられなかった“NG行為”

佐藤健 松岡 茉優

俳優佐藤健(30)が9日、東京・TOHOシネマズ日比谷で、映画「ひとよ」(白石和弥監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。 母と3人の子供たちを中心に、家族のきずなと衝突、葛藤を描いた作品。 家族とは? と聞かれた佐藤は「大切な存在です。 それは揺るがないです。 僕は30歳で、これから家族を築くという立場から見ると、あこがれかな。 未知の存在であこがれです」と話した。 共感したシーンやせりふについて佐藤は、松岡茉優(24)演じる妹が酔っぱらって言った「まだ吐くよー」を選び、「あのせりふはいいよ、リアルで」としみじみ。 白石監督から松岡のアドリブだったと聞くと、佐藤は「さすがですね、松岡さん」。 ほかに鈴木亮平(36)MEGUMI(38)佐々木蔵之介(51)が出席。 photo• 芸能 音の父安隆が光子に再会/16日「エール」あらすじ []• ドラマ [6月15日 8:15]• 芸能 [6月15日 8:00]• コラム [6月15日 8:00]• コラム [6月15日 8:00]• ドラマ [6月15日 6:49]• 芸能 [6月15日 5:00]• 芸能 [6月15日 5:00]• ジャニーズ [6月15日 4:00]• 音楽 [6月15日 4:00]• 音楽 [6月15日 4:00]• AKB48 SKE3カ月ぶり劇場公演 SNS声援システム導入 []• AKB48 [6月14日 21:35]• AKB48 [6月13日 22:21]• AKB48 [6月13日 22:06]• AKB48 [6月13日 10:18]• AKB48 [6月11日 22:30]• AKB48 [6月11日 21:06]• AKB48 [6月8日 20:27]• AKB48 [6月8日 16:20]• AKB48 [6月8日 10:00]• AKB48 [6月5日 15:27]• ジャニーズ 山田涼介が刑事ドラマ主演 田中圭の「懐に入って」 []• ジャニーズ [6月15日 4:00]• 芸能 [6月14日 18:33]• 芸能 [6月14日 10:02]• ドラマ [6月14日 5:00]• 芸能 [6月11日 21:03]• ジャニーズ [6月10日 6:00]• 芸能 [6月9日 20:30]• ジャニーズ [6月9日 5:00]• 結婚・熱愛 [6月7日 6:19]• ジャニーズ [6月6日 17:03]• ハリウッド 小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定 []• ハリウッド [6月14日 19:26]• シネマ [6月14日 19:24]• ハリウッド [6月12日 9:42]• ハリウッド [6月11日 9:24]• ハリウッド [6月11日 6:15]• コラム [6月9日 14:35]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月8日 14:42]• ハリウッド [6月7日 12:56]• 映画 小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定 []• シネマ [6月14日 19:24]• シネマ [6月14日 15:02]• シネマ [6月14日 8:00]• コラム [6月13日 13:00]• シネマ [6月12日 4:01]• シネマ [6月12日 0:38]• シネマ [6月11日 11:28]• シネマ [6月9日 17:45]• シネマ [6月9日 5:00]• 坂道 [6月8日 20:07]• ドラマ 音の父安隆が光子に再会/16日「エール」あらすじ []• ドラマ [6月15日 8:15]• ドラマ [6月15日 6:49]• ジャニーズ [6月15日 4:00]• ドラマ [6月14日 5:00]• ドラマ [6月13日 12:01]• 芸能 [6月13日 8:00]• ドラマ [6月13日 5:27]• ドラマ [6月13日 5:02]• ドラマ [6月13日 5:01]• ドラマ [6月12日 17:45]•

次の

松岡茉優&佐藤健の密着写真が物議。胸が腕に接触疑惑、あざといと非難の声。女が嫌いな女優、アンチ増加も…

佐藤健 松岡 茉優

com ニュース] 監督の最新作「」は、家族という普遍的なテーマに観る人の心を大きく揺さぶる、最初から最後まで揺さぶり続けるヒューマンドラマだ。 「何故こうも家族から逃れられないんだろうと考えた」「自分が家族にどんな思いを持っているのか発見できる映画」「家族に対して何か抱えて生きている人に許されて欲しい」と語るのは、稲村家の兄妹を演じた主演の、、。 この作品への熱い思いを語った。 (取材・文/新谷里映、写真/) 原作は、劇作家・の率いる劇団KAKUTAの舞台。 15年前の事件と、事件後それぞれの15年間を背負って演じる、その準備は大変そうに見えるが、次男・雄二を演じた佐藤は事前に役を作り込むことをせず「現場で作っていった」という。 「準備したのはヒゲを生やしたぐらいで、こういう(取材の)場で語れないのが申し訳ないくらい、どんな役づくりをしようとか、どういうものを現場に持って行こうとか、そういうのが全くなかった。 もちろん、ドキュメンタリー的なアプローチはこの作品このキャラクターだからです。 今回は、その場で感じたものを雄二として演じただけなので、雄二が母親をどう思っているのかさえも、よく分からないまま(敢えて決めずに)演じていました」 そういう芝居ができたのは、白石監督をはじめスタッフも共演者も全員が「同じ方向を向いていて信頼していたから」だとつけ加え、長女・園子を演じた松岡は三兄妹の自然な芝居についてふり返る。 「再会のシーンで、雄二が久々に故郷に帰ってきて3人で会うシーンを撮ったとき、ああこの撮影は大丈夫だって感じたんです。 3人ともちゃんと兄妹として出会えていたし、久しぶりの空気が流れていたし、久しぶりに会った家族ってこんな感じなんだろうなって」 長男・大樹を演じた鈴木は「誰も(こういう芝居をするぞと)決めて来ないことが、すごく居心地がよかった」と続ける。 「決して力を抜いているわけではなくて、(この作品の場合は)相手から影響を受けるのが一番だと思うんです。 家族の話なのでみんな相手頼みの芝居をしている、それがいいんですよね、肩に力が入っていないのが。 ただ、大樹は吃音のため撮影の5カ月前から吃音についての準備はしました」 幼少期の大樹と大人の大樹、吃音のクセをどこまで似せるかなどは丁寧に作り込んでいるそうだ。 吃音のため人とのコミュニケーションが苦手な大樹というキャラクターを鈴木が演じる、そのギャップもいい。 松岡は「3人とも見たことのない役でしたよね」と楽しそうに兄たちを解析する。 「佐藤さんは佐藤さん史上最大に格好良くない役だし、鈴木さんは鈴木さん史上いちばん頼りにならない役で、しかもマザコンだし、私は松岡史上……何だと思います?」と兄たちにパスを投げると、佐藤と鈴木が「しょうがないなあ」という面持ちで妹をアシストする。 佐藤は「これぞという役だったんじゃないですかね。 稲村兄妹の空気感をデザインしたのは間違いなく園子で、三兄妹をデザインしたということは、この映画をデザインしたことにもなりますよね」。 鈴木は「みんなが引き算の芝居をしているなかで足し算の芝居をするのはとても勇気がいるんですが、松岡さんが空気感を作るセリフを足してくれた。 それはぜんぶ効果的でした」 兄たちの言葉に「わあ、嬉しい! 恐縮至極です」と、笑顔いっぱいに喜ぶ松岡の姿から、きっと撮影現場でも彼女がムードメイカーとなり、いい雰囲気を作っていたのではないかと想像がつく。 また、この3人を兄妹役であることもこの映画の魅力のひとつであり、さまざまな役を演じてきた彼らの新しい一面を引き出している白石監督もやはり凄い。 「楽しかった」「やり甲斐があった」「安心できた」「ワクワクした」……という俳優たちの言葉からも、いかに白石監督を信頼しているのかが伝わってくる。 三兄妹の母・こはるについての話題になると、ほんの少し緊張感が漂い、女優・の芝居は「刺激的な瞬間の連続だった」と松岡が代表して語る。 「みんな一致の意見だと思いますが、さんのお芝居は、演者だけではなく、スタッフさんもザワつくくらい、そう来る!? そうなる!? の連続でした。 決して奇をてらうわけではなくそれがスタンダードで、私たちが考えつかないお芝居でした」。 15年ぶりに帰って来た母親と子供たちはどう向きあうのか。 大樹、雄二、園子、それぞれの母に対する思いを俳優たちがどう演じているのかもこの映画の見どころになっている。 そして、この映画と出合った人は、家族について考える、深く考える。 演じた俳優たちは、いま何を思っているのだろうか。 鈴木は「すごく力強い映画」だという。 「見た人それぞれ感情移入する人物も場所も違う、それってすごくいい映画である証だと思うんです。 この映画を観て、自分がどういう感想を持ったのかによって、その人が家族にどんな思いを持っているのか発見してもらえる、家族に対して抱いているものを確認してもらえる、そういう映画だと思います」 松岡は「風通しのいい現場」だったからこそ、自分にとっても素晴らしい作品になったという。 「スタッフさんたちも気持ちのいい方々で、本当に現場が楽しかった。 大好きな映画です。 多くの人に見てほしいですが、家族に対して何か抱えて生きている方にも見てほしい。 劇場に許されに行ってほしいです」 「監督や出演者のみなさんに引っぱってもらって、これまでで一番、他力本願な現場でした」と謙遜しながらも、主演の佐藤はこう締め括る。 「なんで家族って、ここまで逃れることができないんだろうって思いました。 家族と言ったって、血がつながっているだけの他人なのに、絶対に仲良くしなければならない決まりもないのに、なぜこうも逃れられないんだろう……って。 そんなふうに考えさせられた映画です」.

次の

佐藤健「さすが」松岡茉優酔ったアドリブ演技に共感

佐藤健 松岡 茉優

9月15日、女優のが、自身のインスタグラムを更新し、と2人で写った写真をアップした。 2人は今年、映画で共演を果たしたという。 「松岡は先月、10月公開の主演映画『蜜蜂と遠雷』の宣伝のため、期間限定でインスタを開設。 そして今回の投稿では『完成披露を明日に控えた「蜜蜂と遠雷」ですが、佐藤さんが一足先に映画を見てくださったんです』と綴り、11月公開の映画『ひとよ』で共演している佐藤とのペアショットをアップしました」(芸能記者) この人気俳優と女優のショットに対し、コメント欄では「イケメンと美人さんのペアショット!」「貴重な写真ありがとうございます」といった意味の、歓喜の声が飛び交った。 しかし一部のファンは、今回の写真のある部分に対し、ザワついているという。 「何枚かアップされたペアショット写真の中で、佐藤が映画のパンフレットらしきものを開き、その様子を松岡が横からのぞき込んでいるというカットがあります。 しかしよく見ると、松岡の胸が、佐藤の腕に当たっているようにも見えるのです。 松岡といえば、映画『万引き家族』にて、水着姿を披露した際、『意外にバストがデカい!』と、世の男性を驚かせたばかり。 そのため、両者のファンからは『茉優ちゃんのバストを体感できるなんて羨ましすぎる!』『健くんに胸押し付けないで!』『肉食系俳優の佐藤が、豊かなバストを持つ松岡を放っておくわけがない』と、様々な声があがっています」(前出・芸能記者) 佐藤といえば過去、豊かなバストを持つ女優・との熱愛で世間を騒がせた。 そのため、松岡の魅力的な胸も狙われるのではないかと考えているファンが多いようだ。

次の