マタタビ 効果。 猫にまたたび、与え方は?危険性はある?

猫のマタタビの与え方!効果や注意点も徹底解説【与えすぎは危険】

マタタビ 効果

こうした事実から、 猫を酔わせる効果を持つのはもっぱら「虫こぶ」である可能性が高まりました。 ですから確実に反応を引き出したい場合は、虫こぶを粉にした「またたびパウダー」がおすすめということになります。 またたびを原料として用いた猫グッズはたくさんありますが、「実」や「枝」だとちょっと匂いを嗅いだだけでそっぽを向かれてしまう可能性があります。 またたび同様、猫に対する多幸感効果を持つイヌハッカ(キャットニップ)の場合、植物につく害虫を追い払うため「ネペタラクトン」と呼ばれる成分の生成量が増えるといいます。 またたびにおいても同様のメカニズムが働き、蕾の中に侵入したマタタビミタマバエの卵や幼虫をなんとかして追い払うため、防虫成分(猫にとっては多幸感成分)が活発に作られるのかもしれません。 またたびの安全性に関するヒントとしては、2010年にオクラホマ州立大学の調査チームが行った研究論文があります ( :)。 調査チームが1973年以降に公表されたまたたびに関する英語圏の調査報告をしらみつぶしに調べてみたところ、 またたびが猫に害を与えるという証拠は何一つ見つからなかったそうです。 そして「またたびは猫の脳にダメージを与える」という都市伝説の出どころが、ドイツの動物学者パウル・ライハウゼンが1973年のシンポジウムで述べた逸話的な報告であることを突き止めました。 大まかな内容は「大阪動物園で大型のネコ科動物にまたたび与えたところ、実験者の姿を見るやいなや、食事すら中断して檻の前に近づきまたたびの匂いを欲しがるようになった。 脳に対する何らかのダメージがあるかもしれない」といったものです。 しかしこの報告は科学的な手法に則って行われた研究論文でも何でもなく、単なる観察の結果です。 その後この逸話は10を超える様々な書籍の中で繰り返し引用されるようになり、いつしか事実として定着してしまいました。 こうした伝言ゲームの結果が「またたびは猫の脳にダメージを与える」という都市伝説だと考えられます。 ですから 現時点では、またたびが猫の脳にダメージを与えるという逸話には、少なくとも科学的な根拠がないと考えてよいでしょう。 またたびで中毒になる? 日本国内においても「またたびで中毒に陥った」とか「またたびは猫の中枢神経を麻痺させる」といった表現をネット上で非常によく目にします。 中には「またたびを摂りすぎて死んでしまった」といったものすらあるようです。 しかし誰一人として出典や医学的な証拠を明示していないことから考えると、これもライハウゼンに端を発する伝言ゲームの一部なのだと考えられます。 あるいは浮世絵に描かれた猫の姿などから想像を膨らませた結果なのかもしれません。 またたびが猫の脳に与える影響を具体的に調べてみると、「中毒に陥れる」とか「麻痺させる」と言うよりむしろ「活性化させる」とか「リラックスさせる」作用の方が強いようです。 この調査では、以下のような事実が明らかになりました ( :)。 またたびの中枢神経への影響• 呼吸数には影響を及ぼさない• 迷走神経を通じて血圧をやや低下させる• 大脳辺縁系(海馬・扁桃体)、視床下部、網様体、視床中継核、尾状核、大脳新皮質などに作用する• 海馬、視床下部、網様体において突発的な放電が時折起こる• もっぱらコリン作動性の神経細胞に作用する 突発的で不規則な電気信号の放電が脳内で起こることにより、一時的におかしな行動を取ることはあっても、「中毒に陥る」とか「麻痺する」ことはないようです。 またコリン作動性の神経細胞に作用しやすいのが本当だとすると、副交感神経に作用しやすいということですので、どちらかといえばリラックス効果を生み出している可能性の方が強いと考えられます。 呼吸数を増加させたり血圧を上昇させる作用はないようですので、「ショックで死んでしまった」といった風説は、全く別の死因をまたたびと取り違えたのかもしれません。 NEXT:またたびのあげ方 老猫にまたたびを与えたら体調不良に陥ったという話は聞きませんので、年齢制限はないと考えられます。 しかし若い猫よりも高齢の猫の方がまたたびに対するリアクションが悪くなってしまうことは確かなようです。 2016年、アメリカ・テキサス州にある「Cowboy Cat Ranch」は猫に陶酔感を引き起こすとされる代表的な4つの植物を用いて、猫のリアクションテストを行いました ( :)。 激しい反応匂いを嗅いだりなめたりすると同時に、顎や頬を擦り付けたりひっくり返ったりする行動を10秒以上継続する。 無反応最低2回のテストのうち1回も反応しない。 ずっと与え続けているとだんだんリアクションが薄くなっていくところから考えると、猫の体がそれを一番よく知っているのでしょう。 匂いを嗅がせるだけの場合は、またたびの量を増やしたところで空気中に放散される匂い物質が増えるだけですので、リアクションは強くなるものの体に対する害はそれほど無いと考えられます。 一方、「食べる」とか「なめる」という形でまたたびを与える場合は、胃腸への影響も考えなければなりません。 まずは耳かきの先ですくった程度の量から始め、猫の体調やリアクションを見ながら少しずつ増やしていくようにすれば、その猫に合った適量が見えてくるでしょう。 与え方は? 実験に用いられた植物素材• またたび学名は「Actinidia polygama」。 日本の企業「Smack」と「現代製薬」が市販している虫こぶ(虫えい果, ちゅうえいか)を乾燥して粉末状にしたもの。 イヌハッカ学名は「Nepeta cataria」で欧米では「キャットニップ」(cat nip)とも呼ばれる。 アメリカの企業「Frontier」と「Smarty Kat」が市販している葉と花を乾燥させたもの。 セイヨウカノコソウ学名は「Valeriana officinalis」。 アメリカの企業「Organic Bio Herbs」と「Frontier」が市販している根の部分。 アカバナヒョウタンボク学名は「Lonicera tatarica」。 カナダの企業「The Cat House Inc. 」が市販している木と木くず。 キャットニップの効果は接触してすぐに現れて5~15分継続し、その後しばらくの間反応しなくなるものの数分たつと再び興奮反応を示すとされています (Todd, 1963)。 調査を行ったのはメキシコ・ベラクルス州立大学のチーム ( :)。 幼齢猫(3ヶ月齢未満)20頭、若齢猫(3ヶ月以上6カ月齢未満)20頭、成猫(6ヶ月齢以上)20頭を対象とし、500mgのキャットニップに対してどのような反応を示すかを観察したところ、能動的反応と受動的反応には年齢、性別、不妊手術の有無という因子が影響を及ぼしている可能性が浮かび上がってきたと言います。 具体的には以下です。

次の

マタタビの効能

マタタビ 効果

猫が大好きな、またたび。 我が家でも愛用していて、猫を元気にさせるにはうってつけの商品です。 このまたたびが実は人間にも有用な効果を持っていました。 またたびの名前の由来は、昔旅につかれたある一人の青年がいたところ、きれいな草を発見したのでそれを粉にして食べてみたそうです。 すると、瞬く間に旅の疲れがふっとび、 また旅をしたくなったそうです。 それで「またたび」というわけです笑 またたびは、 食用としても利用されていて、 には実際にこれを普段のおかずの一品として使っていたんですね。 の実 猫への効果、効能 またたびは猫の中枢神経に強く働きかけます。 アクトン、 アクチニジンという成分が猫の嗅覚を強く刺激します。 嗅覚から取り入れられた情報が、そのまま脳に強い刺激作用を伴って猫を興奮させるのです。 簡単に言えば猫の性欲を強く刺激するわけですね。 いわゆる一過性の興奮作用をもっていて、持続性はあまりありません。 平均20分から30分くらいが目安でしょう。 具体的な効能としては、猫のストレス解消、老化防止、虫歯予防などが挙げられます。 特に、普段あまりものをかじるという習慣がない猫にとっては、加工された木のまたたびをかじるという行動が脳の老化を防止してくれるということがわかっています。 (人間でもこれは同じで、物を噛むという習慣は脳によい刺激を与えてくれ、脳を健康な状態に保つには欠かせない行動なわけです) またたびは人間にも効果あり またたびは人間にも効果があるとされています。 使う際には、お風呂なんかに使うことが多いです。 身体の 疲労回復、 神経痛なんかに効用があるとされていますが、この効用はまたたびに含まれる オール、実の中に含まれる豊富なビタミン成分が人間の体の血行を良くしてくれる作用を持っているからです。 食用としても利用されています。 しかし、またたびの味はそのまま食べてしまうと非常に辛くて食べられないため。 これを 塩漬けにして食すことが多いです。 辛さは、唐辛子系の辛味ではなく、ワサビのような辛さです。 どちらからというと、すぐに辛味が上がってくるのではなく、後でじわじわくる感じですね。 お次は、 またたび茶です。 またたび茶は、 「」を中心によく飲まれています。 またたびをよく紅茶や市販のお茶にあるようなティーパックで販売しているものから、 粉末状になっており、それをお湯に溶かして飲むタイプのものまで本当にさまざまです。 地域では、お茶を総称して 「食べる温泉」と呼ばれるほど親しまれています。 疲労回復と 滋養強壮の効果が非常に高いことで知られています。 味はかなり独特で、緑茶やウーロン茶とは全く違った雰囲気の味をしているので、割との味わいに近いと思います。 これを見ていただいてもわかるように、のような効能があることがわかります。 効果の出方としては、猫のような興奮作用はないですし、多量に摂取するようなことをしない限り、かなりの効果が期待できる植物だったのです。 加えて、猫にも人間にも副作用はありませんから手軽な常備薬としての役割をはたしてくれるでしょう。 synchrox.

次の

【与え方】猫うっとり!またたび効果の時間と量を調べてみた

マタタビ 効果

猫の大好物として知られていますが、人との関わりは古く、平安時代の書物にも登場し、鎮痛・滋養強壮の妙薬として利用されてきました。 私は、数年前に心筋梗塞で半身不随になり起き上がれない状態でしたが、またたびのお茶を飲み続け、片足を少し引きずるぐらいにまで回復しました。 もちろん、リハビリをがんばった結果もありますが、病院の先生も大変驚かれていました。 利用情報 採取時期 9〜10月 利用部位 茎・葉・花・実(虫癭果) 利用方法• 飲用 マタタビアブラムシが産卵し異常発育した実(虫癭果と呼ばれるデコボコした形状)を採取し、熱湯に浸け中の幼虫を殺した後、天日干しにします。 完全に乾燥したら、焙煎(フライパンなどで煎る)し、薬缶で煎じるか急須に淹れて、お茶として飲みます。 健胃・鎮静作用に優れているといわれ、慢性的な身体の痛み緩和、滋養強壮、疲労回復に使われてきました。 食用 新芽をすり鉢ですり潰し、わさびの替わりに刺身につけて食べます。 少し硬くなった芽は天ぷらにすると美味しくいただけます。 浴用 乾燥した茎・葉・実(虫癭果)をよもぎと一緒に煎じます。 約1Lの煎じ液をお風呂に入れます。 神経痛・肩こり・関節の痛みの緩和に使われてきました。 お茶と兼用することをおすすめします。 塗用 乾燥した実(虫癭果)を、よもぎ・びわの葉と一緒に焼酎で煎じます。 煎じ液を痛みのある部分に塗ります。 神経痛・肩こり・関節の痛みの緩和に使われてきました。 洗用 塗用と同じ液を、脱脂綿や清潔な布につけ、痛みのある部分や傷などを、洗うように拭きます。 相性のよい薬草• よもぎ+とうころこしのひげ 心臓が悪いときは、またたびの実(虫癭果と呼ばれるデコボコした形状)・よもぎ・とうもろこしのひげの乾燥したものを一緒に煎じて飲むと軽くなるといわれています。 8Lの水に各1つかみづつ入れ、3分の1になるまで煎じて、そのまま、薄めて、お茶がわりになど、好みに合わせて飲んでよいとされています(熊本県阿蘇郡小国町)。 よもぎ+びわの葉 神経痛・リウマチ・肩こり・腰痛などで体が痛むときは、またたびの実(虫癭果と呼ばれるデコボコした形状)・よもぎ・びわの葉の乾燥したものを一緒に煎じて飲むと痛みが軽くなるといわれています。 また、これらを焼酎に漬込んでできた液体を湿布にしたり、塗布することで痛みを和らげていたそうです(宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町、熊本県阿蘇郡南阿蘇村)。 事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。 基本情報 生態的特徴 落葉蔓性木本で、効果に個体差はあるものの、ネコ科の動物はマタタビ特有のにおいを好む。 国内分布: 北海道、本州、四国、九州• 生育場所: 山地• 開花時期: 6〜7月 形態的特徴 葉は蔓状の枝に互生し葉柄があり、形は楕円形。 夏には葉面の半分が白変する。 初夏、2cmほどの白色5弁の花を開き、液果を黄熟する。 果実は楕円形で長さが約2〜3cm、秋には黄色に熟し特有の香りと辛味がある。 マタタビアブラムシが子房に産卵したため異常に繁殖して虫瘤状の果実になる場合がある。 生薬名 木天蓼(モクテンリョウ) 生薬成分 アクチニジン、ポリガモール、マタタビ酸、マタタビラクトンなど 用途 利尿、鎮痛、からだを温めて血行をよくする、強心、冷え性、神経痛、リュウマチ.

次の