マイクラ ブランチ マイニング 風車。 【マインクラフト】風車型ブランチマイニングのやり方(掘り進める方法)を解説するよ!

ブランチマイニングのやり方!おすすめの高さ座標や場所を完全網羅

マイクラ ブランチ マイニング 風車

PC版ならF3キーを押す、BE版(スイッチ版やスマホ版など)では設定によって座標を表示することができます。 そうすると画面の左上に「位置:X Y Z」の座標が表示されるようになります。 ひたすらまっすぐ掘っていこう 地下までの通路ができれば、あとは ひたすら直線に掘っていくだけ! 掘ってる途中で鉱石を見つけたら回収、暗くなってきたらちゃんとたいまつを置くといった、当たり前の事をしていくだけでOKです。 ただし注意点として、 途中で曲がらないこと。 ブランチマイニングではたくさんの穴を掘っていくので、曲がり角を作ってしまうと自分が掘った別の穴と繋がってしまいます。 そうすると 自分がどの道から来たか分かりにくくなるので、ひたすら直線に掘っていくのがオススメですね。 もし海の近くでブランチマイニングをはじめるなら、陸のある方向に掘っていくと良いブヒ! 湧き潰しは忘れずに どのようなところでも、 暗い場所からはモンスターが湧いてきます。 そのためたいまつを使ってしっかり湧き潰しをしておきましょう。 ブランチマイニングだと一直線に掘っていくだけなので、たいまつを置く間隔は広めでもOKです。 関連記事: ツルハシの種類には注意 鉱石の種類によっては、 石や木のツルハシだと回収できず消えてしまうこともあります。 そのためちゃんと鉱石に合わせたツルハシを使いましょう。 ブランチマイニングのポイント 簡易拠点を作っておこう 地下には、 チェストや作業台を置いて簡単な拠点を作っておくと良いです。 食料や木材は地下で入手することができないので、チェストの中に入れておくと何かと役に立ちます。 鉱石を1つ見つけたら周りにたくさんある! 鉱石はいくつか固まっている場合が多いです。 そのため 鉱石を1つ見つけたらその周りを掘ってみると、他の鉱石が見つかるかもしれません。 よく周りを見るとさらに見つかることも! 中でも鉱石のドロップ数が増える「幸運」はぜひ持っておきたいブヒ! 【関連記事】 余談ですがエンチャントするための経験値は、全部ブランチマイニングだけで稼ぐことができます。 鉱石を壊したときに得られる経験値はもちろん、大量に手に入る「丸石」をかまどで焼くだけでもかなりの経験値を入手可能です。 おわりに ブランチマイニングをするときに確認しておきたいポイントはこの3つ。 Y軸11の高さで掘り進める• 迷わないようにまっすぐ掘り進んでいく• 新しい穴を作るときは3マスの間を空ける とりあえずはこの3つを守るようにしましょう。 あとはエンチャントが付いたツルハシなどがあると、さらに効率よく鉱石を集めていくことができますね。

次の

【マイクラスイッチ】ブランチマイニングで鉱石の効率収集!最適な高さと方法

マイクラ ブランチ マイニング 風車

座標「Y=11」の高さまで地下を掘る• 真っすぐ直線に掘る• 3マスおきに枝を作るように掘っていく 非常に簡単な手順で行うことができますので、マイクラ初心者でもすぐにブランチマイニングを始められますよ。 場所はどこでも良いのですが、移動が楽なので拠点近くの場所にするのが良いと思います。 こんな感じに、まずは拠点近くの場所を階段掘りでどんどん掘っていきます。 「Y=11」の高さになるまで、地下深く掘っていきましょう。 ブランチマイニングをしていれば、丸石を大量に入手できます。 丸石を使って地下への道に階段を設置しておけば、あとあと移動が楽になりますよ。 ちなみに、座標の確認方法はハードによって異なります。 PC版なら「F3キー」で、PS4やスイッチなどのゲーム機なら「地図」を作成することで座標を確認できます。 なぜ「Y=11」の高さでブランチマイニングを行うのかというと、貴重な鉱石が多く生成される高さというのは決まっているからなんです。 鉱石 多く生成される高さ ダイヤモンド Y=5~12 レッドストーン Y=5~12 金鉱石 Y=5~29 ラピスラズリ Y=13~16 例えば、ダイヤモンドは「Y=1~15」の高さにしか生成されません。 その中でも、特に多く生成されやすいのが、「Y=5~12」の高さというわけですね。 上記の鉱石すべてを最も効率的に入手するために、「Y=11」の高さでブランチマイニングを行います。 「Y=11」で高さ2マス分を掘っていくことで、すべての鉱石が最も生成されやすい高さを網羅できますよ。 ちなみに、ブランチマイニングを行う際に注意したい溶岩は、「Y=1~10」の高さに生成されます。 「Y=11」で掘っていれば、いきなりマグマが噴出してくるという心配もありませんよ。 わざわざアイテムを持って帰ったり、つるはしを作成しに帰ったりする手間が省けますよ。 チェスト• かまど• 作業台• ベッド 仮拠点を作ることができたら、真っすぐ直線にひたすら掘っていきます。 ブランチマイニングを行う際の「幹」になりうる道ですね。 どこまで掘れば良いのかは自由でかまいません。 ツルハシが壊れるまででも良いですし、洞窟やマグマにぶち当たるまででも良いでしょう。 ここは3マスおきになるように掘っていくとより効率的ですよ。 あとは出てきた鉱石をひたすらに掘り起こすだけです。 枝部分もどこまで掘れば良いなどは決まっていません。 自由に好きなだけ掘っていきましょう。 ちなみに、僕の場合は洞窟やマグマにぶち当たったら止めるようにしていますね。 その場合には丸石等でしっかりと塞ぎ、誤って掘ってしまわないように、たいまつの設置の仕方を工夫しています。 これは、あくまでも一例です。 あなたが分かる目印であれば何でも構いません。 あとで分かるようにしておけば、誤って掘ってしまって、モンスターに襲われたりマグマダイブしてしまう危険性を減らせますよ。

次の

【PC版マイクラ】風車型ブランチマイニング【図解】

マイクラ ブランチ マイニング 風車

モンスターの湧き潰し(光の確保)を行っておく これは地上の洞窟と一緒ですね。 ブランチマイニング用に作った坑道の湧き潰しをしっかりやっていたとしても、急に現れる地下洞窟に溶岩以外の光は存在しません。 当然、 ゾンビもスライムも普通に出てきます。 とは言え、ブランチマイニングを実践している時点で装備はある程度充実しているでしょうから、モンスターに関してはそこまで怖がる必要はありません。 暗いので、どのみち光の確保は必要になってきますけども。 溶岩に水をかける 地下洞窟では、溶岩流や溶岩溜りが至るところに点在しています。 溶岩に何の装備もせずにダイブしてしまうと3秒で死んでしまうため、注意が必要です。 もしくは、 溶岩源を丸石などのブロックで直接ふさいでしまうのもアリです。 ただし、このやり方だと後々該当箇所を掘った際に溶岩が噴出してしまい危険ですので、バケツを持っていない時の応急処置程度に考えておいてください。 洞窟内の水は水流であることがほとんどですので「目の前に水があるのに、なぜか汲めない・・・」といった場面に苦しめられるはずです。 こういった場合に即席で水源を作ることができますので、やり方をご紹介しておきます。 そもそも、洞窟内にある滝などの水源から直接汲むと水が枯渇してしまう理由は、水源が1ヶ所しか存在しないからです。 「そんなわけないでしょ」とツッコみたくなりますが、そういうものなのだと受け入れておきましょう。 この場合は両端が水源扱いとなり、両端から水を汲み上げてしまうと無限水源が消滅してしまうので注意が必要です。 中央から水を汲むように気を付けるか、両端にハーフブロックを置いておくなどすれば良いかもしれません。 この形で作ると、水源から水を汲んでも無限水源は消滅しませんし、それ以外の場所からも汲むことができます。 大して労力に差はありませんので、もし作る場合はコチラの形をオススメします。 出入り口が坑道になるわけですからね。 もちろん、穴を完全に埋め立てる必要はありません。 それだとブロックがいくらあっても足りませんし、時間ももったいないです。 穴をふさぐだけで精神的余裕が生まれるわけですから、人間の判断力なんて全然アテにならないということがわかりますね。 ブランチマイニング用の 坑道への出入り口は、思いっきり目立たせましょう。 前項での話にも通ずることですが、人間の判断力なんて全然アテになりません。 人は忘れる生き物ですし、たった今歩いてきた道をド忘れしてしまうことだって十分あり得ます。 「石炭と鉄鉱石しか採れなくなってきたな・・・なんで?」と思っていたら、いつの間にか地上付近まで登っていたみたいです。 来た道を戻っても良いんですが、入り組んでいる場合は帰るのも苦労しますよね。 そもそも、ブランチマイニングで掘っている範囲なんて、ワールド全体から考えれば大した距離ではありません。 ちょっと歩くだけで、すぐに拠点が見えてくるはずです。 地下洞窟とブランチマイニング。 ブランチマイニングは、坑道を掘り進むための手間暇は掛かりますが、レア鉱石を根こそぎ採り尽くすことができます。 関連記事 ブランチマイニングは半永久的に行うことが可能ですので、総量としてはやはりコチラに軍配が挙がるのかもしれません。 そもそも比較するようなものでも無いですけどね。 自前でトンネルを作るということです。 この方法も一時的に面倒くさくはなりますが、永久に行わなければいけないわけではありませんし、採れるレア鉱石の総量を考えたら全然こっちのほうがラクだと思います。 カテゴリー• 123•

次の