10 万 円 給付 生活 保護。 コロナ現金10万円給付 子供(赤ちゃん)や胎児はもらえる?外国人/生活保護者やホームレスは?国民全員対象者どうなった

生活保護受給者は10万円給付の申請をしても収入にはならないの?

10 万 円 給付 生活 保護

現金10万円一律給付の政策決定 皆さんが待ち望んでいた政策のひとつが実現しそうである。 安倍首相は生活支援策として、1人あたり10万円を給付する意向を固めたことが明らかになっている。 異例であるが、当初予算も組み替えて、政策を実行する予定だ。 この報道に早速、さまざまな議論が巻き起こっている。 「公務員は損害を受けていないのだから辞退するべき」 「国会議員は受け取るべきではない」 「外国人は対象外にしてほしい」 「生活保護受給者は配布する必要ない」 「金持ちは給付を辞退しろ」 「年金や貯金のある高齢者には必要ない」 かなり残念な反応である。 ぜひ早急にこのような 無用で害悪ある分断は巻き起こさないでほしい。 公明党の斉藤鉄夫幹事長は16日、国民1人当たり一律10万円の現金を給付する新型コロナウイルス対策について「5月下旬から6月初旬には手元に届くようなスピード感を持って行うことが大切だ」と述べた。 また、「 私は申請しないつもりだ」と語った。 国会内で記者団の質問に答えた。 出典: 早速、まだ政策議論段階にもかかわらず、公明党の斉藤鉄夫幹事長まで「私は申請しないつもりだ」とコメントを寄せている。 斉藤鉄夫さんも受け取って、使い道を考えてほしい。 申請しない、など一体感を削ぐようなつまらないことも言ってはいけない。 いつでも感染症対応の医療機関、自治体、社会福祉協議会、生活困窮者支援や労働相談NPOへの寄付はそれぞれが待っているはずだ。 ぜひ寄付先なども明らかにして、アピールなどもしてもらえたら、なおさらいいのではないか。 模範を示していただくことに大きな期待を寄せている。 全員が受け取って使い道を自分で考えてほしい 新型コロナウイルスの影響は言うまでもなく広範に及んでいる。 経済的損失はもちろんのこと、精神的損失も激しく、日々のストレスがすべての人たちに襲いかかっている。 ウイルス感染拡大は分け隔てなく、人々の心身にダメージを与えてきた。 だから、ぜひ現金給付を受けたら生活や消費に役立てればいいと思う。 大きな金額とは言えないが、多少の安心感はあるし、多人数世帯では家計の損失補填にもなるはずだ。 ただ、そこでぜひ止めてほしいのは「 足の引っ張り合い」である。 私たちは他者の生活を比較し、勝手にその存在を捉えがちである。 あの人は困っている、あの人は困っていない、と。 例えば、公務員は生活が安定しているから受け取るべきではない、という意見もある。 しかし、保健所や福祉課などの保健医療や福祉の最前線で社会を支えているのは公務労働者である。 その中には 非正規公務員が大勢いる。 日々、感染リスクの不安と闘いながら懸命に尽力いただいている。 公務員に支給しないことは、社会的に見ても理解できないことだ。 またいつものように、生活保護受給者は納税していないので支給すべきでない、という意見もある。 そんなことはない。 各種税や保険料は免除されているが、消費税など応分の負担を少ない生活保護費からおこなっている。 消費性向が高い生活保護費は、地域経済に大部分が還元され、地域の商店や施設が潤うことにもなっている。 生活保護受給者、年金受給者らの福祉予算は、地域経済を回すうえでの大事な原資、大事な存在である。 外国人労働者は母国に助けを求めればいいではないか、という声もある。 まず日本社会の労働現場を冷静に見てほしい。 外国人労働者が労働力として働いてくれているから、私たちの暮らしは成り立っているではないか。 彼らの声も聞いてみれば、生活困窮が激しく、共に苦しむ仲間である。 子どもを育てている家庭もある。 当然、税や保険料負担をしているのは言うまでもない。 排除する理由は正当化されるだろうか。 分断や対立は自分たちの首もしめる「危険なワナ」 このように、あいつには配るな、こいつには配るな、という議論が絶対に起こってくる。 メディアも面白おかしくワイドショーなどで取り上げ、無知なコメンテーターは支給すべき人と、支給すべきでない人を分断していく作業もおこなうかもしれない。 よく監視しておいてほしいし、その際には批判を寄せてほしい。 それは 危険なワナであるから。 誰かを見捨てていいという例外を認めていけば、際限なく支給しなくてよい対象範囲は広がる。 それによって、あなた自身も支給対象から外れてしまうかもしれない。 結局、お金を出したくない人だけが喜ぶ結果となる。 何よりも一方的に誰かに配らなくていい、と言うこと自体、差別感情だったり、さもしい感情だと思ってほしい。 いまは社会の構成員すべてが支給を受けて、自分も他者も連帯してウイルスと闘う時期である。 誰も取りこぼさない、という基本原理の貫徹がここで大事になるだろう。 少ないが みんなで要求して、実現した現金給付である。 みんなの声、SNSでの発信などがなかったら、絶対に実現しなかった政策と言ってもいい。 だからこそ、これから お金が手元に来るまでに、不毛な対立、分断は止めて、連帯、団結する機会にしていこう。

次の

生活保護世帯にも定額10万円給付するの?【今後の動向に注目】 | 【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

10 万 円 給付 生活 保護

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は国民一人一人に10万円を支給することを行う方針であることが明らかになりました。 【首相 17日午後6時に記者会見】 首相官邸は16日、安倍首相が17日午後6時から記者会見すると発表した。 感染拡大を受け、緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大することや、一律10万円の現金給付について説明するとみられる。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 先日まで1世帯30万円などの案も出ていましたが、ようやく形になったみたいですね。 国民一人一人に10万円はありがたい対応ですが、子供や生活保護を受けている方、年金受給者なども貰えるのか気になりますよね。 一律10万円支給は子供や生活保護も対象になる?【現金給付】 政府は新型コロナウイルスによる影響を考慮し国民一人一人に一律10万円を支給する方向で話が進んでいるとのこと。 安倍晋三首相が一律10万円の現金給付に向け、2020年度補正予算案の組み替えを指示したことについて、主要野党は16日、「前代未聞」「総辞職に値」などと方針転換を一斉に批判しました。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 一律10万円ということなので平等に現金10万円が支給されるようですが、子供や生活保護・年金の受給者も対象になるのでしょうか? 安倍首相は2020年4月16日の政府対策本部で 「 全国全ての国民を対象に一律1人当たり10万円の給付を行う方向で与党において再度検討する」と強調されました。 このことから子供や生活保護を受けていたり年金受給者関係なく現金10万円が支給されることが予想されます。 閣議決定された予算案が国会提出前に修正されるのは極めて異例なことでもありますので批判の意見も出ています。 まだ話が進んでいる段階ではありますので確定され次第詳しい情報は追記していきます。 一律10万円支給はいつから貰える? 一律10万円が支給されることはありがたいですが具体的にはいつから貰えるのか気になるところですよね。 当初4月20日に補正予算案を提出し24日までに成立させるはずでしたが、今回の発表により組み替えた予算案を20日に閣議決定をやり直し、27日に提出、祝日の29日に審議し30日に成立を目指すとのこと。 そのため一律10万円の支給は早くても4月30日以降であることが予想されます。 日程は議論を進めていく上でずれることも考えられますが、早急な対応が求められますね。 まじウザイよ? — ポテト君 MmwWk06 1律10万円マ? — イキり続けるもの、悪屁仁 openicopygarden まとめ 一律10万円支給は子供や生活保護・年金受給者も対象になる?期間はいつで年齢は?【現金給付】 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は国民一人一人に一律10万円を支給する方針で進んでいることが明らかになりました。 一律10万円とのことですが、子供や生活保護・年金受給者は対象に入るのか気になる方も多いかと思います。 対象に関しては全国全ての国民を対象にということなので子供や生活保護・年金受給者も対象に入ることが予想されます。 いつ頃から支給されるのかは組み替えられた予算案の閣議決定のやり直しなどがあるため4月30日以降であることが考えられます。 一律10万円支給については今後何かしらの情報が分かり次第追記していきます。

次の

生活保護も受給できる一律10万円給付はやさしいコロナ支援策

10 万 円 給付 生活 保護

私は元生活保護受給者です。 新型コロナ対策として 一律で1人当たり10万円の特別定額給付金を支給する 賛否両論あるかと思います。 ですので、生活保護受給者の方も10万円貰えるのは 決まったとみてよいかと思います。 これについて様々な意見もあるかと思います。 「会社が倒産した人とかならわかるけど、生活保護の人ってコロナで困ってるの?」 「なぜ安定的に生活保護費が入る生活保護受給者を税金で助けるのか」 「余計な出費を自分たちの税金から払うのか」 「この人たちは10万円だけではなく生活保護費も普通にもらって納得いかない」 その気持ち、わかります。 今回は、一度生活保護受給者になり 今は納税者の側に立った私が こんなもやもやした気持ちへの回答をしていきたいと思います。 目次 10万円の特別定額給付金の目的 生活保護の暮らしぶりは色々 生活保護は誰でも使える権利 生活保護受給者の方へ まとめ 〇10万円の特別定額給付金の目的 まずは、総務省のHPから 10万円を給付する目的を見てみましょう。 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」 (令和2年4月20日閣議決定)において、 「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、 生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し 人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして 全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への 敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し 見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」 と示され、 このため、感染拡大防止に留意しつつ 簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。 ということですが、どう捉えましたでしょうか。 新型コロナの影響で苦しくなった方への補填~ など、そういった方に限定する趣旨ではないようです。 30万円給付の話が出た時には 新型コロナの影響で生活が困窮した方への支援 という目的が確かにあったのですが 10万円給付ということになって 目的自体も変わっているのです。 今回の特別定額給付金、10万円給付は 日本国民であれば、誰でも受け取っていいお金なのです。 〇生活保護の暮らしぶりは色々 とは言っても、まだ納得いかない方もいらっしゃるかと思います。 そもそも、生活保護受給者の暮らしぶりはご存じでしょうか? 生活保護受給者と言えば一言で言えますが、実態は 年金が少なすぎる高齢者(生活保護月4万円) 障害などで働けない若年・中年(生活保護月12万円) ただの怠惰な労働拒否者(生活保護月12万円) 短時間のアルバイトをする能力しかない人(生活保護月8万円) アルバイトで得るお金が足りない勤労シングルマザー(生活保護月5万円) 子供も手がかからない年齢なのに働かないシングルマザー(生活保護月22万円) のように、生活保護を受給する理由も 生活保護の受給額も人それぞれです。 これを一括りにして、生活保護受給者は~~というのは あまりに暴論だと考えます。 それぞれ、コロナで困ったかどうか 個別に考えてみましょう。 1、まず、働いていない方 …確かに多少しか困りません マスクや消毒液の出費がかさむかもしれませんが 多くても1人当たり月に数千円程度でしょう。 とはいっても、この働いていない方の内訳は 高齢の年金受給者が大半で 例えば、年金が月5万円でこれだけでは生活できず 生活保護を受給している人などがいます。 こちらに支給しないのであれば そもそも年金受給者に支給するべきなのかという話になります。 2、アルバイト等をして、不足分は生活保護を貰っていて生活している方 こちらが程度の差はありますが、コロナで困っている人です 仕事がなくなり減った分のアルバイト代は 生活保護が増額されて補填されますが 減った分のアルバイト代全額が補填されるわけではありません。 補填されないアルバイト代はその分減収なので 仮にアルバイトの収入が全額無くなれば だいたい月に1. 5万~4万円が減収になります。 減収しても生活保護は保証されますが、生活は苦しくなります。 生活保護=仕事をしていない人 という固定イメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが 実際に働ける方は能力に応じて働いています。 生活保護だからといって切り捨てる前に 個別に事情を見て欲しいと思います。 〇生活保護は誰でも使える権利 それでもまだもやもやしている方へ 大前提として、生活保護は 生活が困窮すれば誰でも申請し、受給する権利があります。 生活保護を受給すれば良いんです。 生活保護制度は日本の最後のセーフティネットだからです。 ですので、現在生活保護を受給していない方は それだけ恵まれています。 (制度上は・・・) とはいえ、生活保護世帯になっていない方は2種類です。 1つめは、生活保護を受ける必要が無い方 2つめは、生活保護を受けるべきなのに受けていない方 生活保護を受けるべき困窮した生活水準にある方で 生活保護受給者へのバッシングをする方は 自分も受給すれば良いと思います。 生活保護の受給要件は市町村によって異なりますが 調べて申請しましょう。 そして、生活保護受給者の方の中には 自分を最底辺だと思っている方がいますが 全く違います。 働いているにも関わらず 生活保護水準以下の収入のワーキングプアや ホームレスより格段に恵まれています。 日本の社会保障制度の綻びですね。 なので、生活保護受給者になることを 特段嫌悪することも無いかと思います。 もし自分も生活保護を受給した方が 良いんじゃないかと思った方は 素直に生活保護の受給も検討してみましょう。 生活保護制度は遠い向こうの制度では無くて すぐ身近にある制度です。 〇生活保護受給者の方へ 生活保護受給者の中には 特別定額給付金の10万円を受給するかどうか 迷っている方がいらっしゃるかもしれません。 批判は大きいかと思いますが 素直に受け取るべきです。 コロナは収束する気配を見せませんし コロナの前の生活に戻れる保証はありません。 マスクや消毒液、外出不要の娯楽 食材の配送サービスなどにお金を使って 少しでもコロナに感染する確率と コロナを他人に感染させる確率を下げましょう。 〇まとめ 何かとバッシングの対象になる生活保護受給者ですが 大多数の方は自身の能力に合わせて頑張っています。 今回の特別定額給付金は今こちらを読んでいる方含め 全国民が対象なので 生活保護受給者を仲間外れにしなくても 良いのではないでしょうか。 そして、コロナは全く先が見えません。 今回の特別定額給付金、生活保護の方もそうでない方も 素直に受給しましょう。 投稿者:.

次の