足利フラワーパーク イルミネーション 混雑。 足利フラワーパークイルミネーションの混雑は?見どころやアクセスは?|Definitely

足利フラワーパークのイルミネーションを見た感想!全国1位のすごさは!?

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

スポンサーリンク 足利フラワーパークのイルミネーション混雑状況 まずは、足利フラワーパークの混雑状況が気になりますよね。 現地には、17時ころに到着しました。 ちなみに、1月の土曜に行きました。 イルミネーションの点灯が16時半からですので、 点灯してから30分ほど経ってからの到着でした。 すでに、たくさんの車が臨時駐車場に止まっていましたが、 およそ6,000台もの駐車スペースが設けられていますので、 すんなりと入ることができました。 ただ、臨時駐車場ですので、かなり簡易的に区切られています。 駐車をする際は、いつも以上に慎重に駐車する必要があります。 特に、前後の間隔が難しいように感じました。 あまり前に出し過ぎてしまうと、走行する車の邪魔になってしまいますし、 後ろに入れ過ぎても、背中合わせに駐車する車と近すぎてしまいます。 特に、トランクを開けるときなんかは、要注意ですね。 それと、臨時駐車場はおそらく普段は田んぼなんだと思います。 普通の砂利や土の駐車場よりも地面が柔らかいので、 ヒールがある靴・滑りやすい靴は避けた方がいいと思いました。 入園の入り口も、さほど混雑しておらず、スムーズに入園できました。 ただ、入園してすぐがお土産屋さんですので、 そこを抜けるのに少し苦労するかもしれません。 足利フラワーパークの中に入ってしまえば、かなり敷地が広く、 あちこちでステキなイルミネーションが輝いていますので、 さほど混雑は気にせずにイルミネーションを満喫できました! 撮影スポットもたくさん用意されており、 ベンチとちょっとしたステッキ(?)なんかが置いてあって、 手軽にステキな写真を撮影できました。 常に数組が並んでいますが、数分待てば撮影できます。 ただ、人気があるスポットは混んでました! 特に、フラワーパークの奥の方にある「フラワーキャッスル」には たくさんの人が並んでいました! 30分ほど並んだような気がします。 それと、今回は利用しませんでしたが、フラワーパーク内の飲食店は混んでましたね。 寒かったのもあり、暖をとるためにみなさん、建物の中に一時入っているようでした。 フラワーキャッスルへは、入園したら最初に写真撮影に行った方がいいかもしれませんね。 できれば食事も、園外で済ませた方がスムーズだと思いました。 足利フラワーパークのイルミネーション入園料の割引は? イルミネーションを楽しむなら、少しでもお得に楽しみたいと思いませんか? 通常の入園料は、大人1,000円/子供500円です。 わが家の場合、北戸田のイオンで事前にチケットを購入してから 足利フラワーパークへ向かいました。 北戸田のイオンには、「金券くん」という金券ショップがあり、 各種チケットやギフト券をお得に購入できます。 記憶があいまいですが・・たしか、100円割引ぐらいで 足利フラワーパークの入園料を購入できたと思います。 ただし、その日の在庫の状況によってはチケットが無かったり、 割引価格が異なるようですので、確認してみてくださいね。 他にも、お得な割引があるようですので、リサーチしてみました。 足利フラワーパークの割引1:メール会員 足利フラワーパークでは、入会金・年会費無料の メール会員があります。 メール会員になると、入園料の割引や 園内で使えるコーヒー・ソフトクリーム・お土産品などの割引券がゲットできちゃいます。 さらに、花の見頃時期やイベント情報なども配信されますので、 何度も行く方にとっては、手軽に最新情報をゲットできますね。 割引券の内容は時期によって異なるようですので、 有効期限などは必ず確認して利用してくださいね。 入園料割引(期間限定)• ふじのはな物語または藤まんじゅうの割引• 花売場割引• ソフトクリーム割引 利用方法はとっても簡単で、スマホやタブレットで 画面を提示すればOKです。 印刷して利用することもできます。 詳細は公式サイトに記載されていますので、確認してみてくださいね。 足利フラワーパークの割引2:再来園割引券 足利フラワーパークの窓口でチケットを購入すると、 「再来園割引券」の半券が渡されます。 この半券を、次回行くときに提示すると、200円割引になります。 ただし、有効期限がありますので、気を付けてくださいね。 近いうちに行く予定がある方にとっては、次のチケットがお得になる方法です。 足利フラワーパークのイルミネーションの期間はいつまで? 例年、足利フラワーパークのイルミネーションは、 10月下旬~2月上旬まで開催されます。 点灯時間は16時半から21時まで。 また、時期によってイルミネーションのテーマが変わります。 10月下旬~11月中旬までは、「光と花のコラボレーション」 11月下旬~12月下旬までは、「クリスマスファンタジー」 年明け~2月上旬までは、「ニューイヤーイルミネーション」が予定されています。 ただ、クリスマスの時期や年明けのタイミングは混雑するかもしれません。 通常の週末で、17時ぐらいの到着であれば、 スムーズに駐車場にも停めることができると思います。 ただ、ものすごく寒かったです! 防寒対策は必須ですね。 耳当て・マフラー・ブーツは必須です。 ホッカイロもあるといいかもしれませんね。 それと、マグボトルに温かい飲み物を用意していくと、良かったです。 1歳の息子も連れて行ったのですが、ベビーカーはとっても重宝しました! かなり敷地が広いので、抱っこで歩き回るにはパパママが大変だと思います。 一部、通路が狭かったり、混雑しているところもありましたが、 ほとんどの場所はベビーカーで移動できました。 また、写真を撮るときなんかは、端にベビーカーを置いておくこともできました。 イルミネーションは、エリアごとにさまざまなテーマのものを観ることができて、 とっても楽しかったです! 子供の絵本に出てきそうな可愛らしいもの、 和をテーマにした幻想的な雰囲気のもの、 そして、やはり「フラワーパーク」というだけあって花がモチーフになっているものもたくさんありました。 中でも、「フラワーキャッスル」は必見でした! また、時間になると光と音楽でちょっとしたショーなんかもやっていました。 たしか、スタンプラリーもあったように記憶しています。 小学生の娘が、スタンプを探しながら楽しく見て回ってましたよ。 ただ、道の渋滞には覚悟が必要ですね。 やはり、17時ぐらいになると、あしかがフラワーパークへ向かう車で 周辺の道路は混雑します。 帰りも、少し早めに帰宅しないと、渋滞に巻き込まれてしまいます。 時間には余裕を持ってお出かけくださいね。

次の

あしかがフラワーパークへのアクセス方法・電車と車!冬のイルミも

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

日本三大イルミネーションの一つ、あしかがフラワーパークの「光の花の庭」。 入場者数50万人を突破すれば上々という植物園業界において、あしかがフラワーパーク が150万人もの入場者数を誇るのにはここでしか見ることのできないイルミネーション が理由の一つでしょう。 (当然、イルミネーションだけが理由ではないですよ^^) まだ、行ったことのない方、行こうかどうか悩んでいる方、 間違いなく一見の価値はありますよ。 今やイルミネーションでは全国的に有名なあしかがフラワーパーク、 当然広大な駐車場が用意してあります。 基本的には大型バス40台、普通車300台が入る駐車場がメインゲート付近の 正門駐車場がありますが、イベント開催期間中の混雑時は道にズラ~っと車が並んで渋滞し てしまうので、西口ゲート前の駐車場や臨時駐車場が開放されます。 その数なんと6000台、しかも無料です! (ちなみにあのUSJですら駐車場5000台なのですからかなりの広さですね^^) その上、 民間の方が空き地を利用して有料駐車場として開放される場所もあります。 そのような民間の有料駐車場は大体が一日500円の所が多く、駐車場内で売っているお花を 買うとタダになる場所もあります。 赤線枠が無料駐車場 黒線枠が有料駐車場 それでは、どこの駐車場がおすすめかというと 西口ゲート前の駐車場です。 本来は正門駐車場がいいのですが、近年遠方からのバスツアーなどの観光客も増加した為 日によっては正門駐車場が観光バス専用になり普通車が入れないことがあります。 そういうことで 基本的には誘導員の方たちがいますので、その指示に従って駐車して頂くの が無難でしょう。 タイミングが悪いと広大な駐車場の外れの方に案内される事があり、 ゲートまで10分以上歩く事がありますが、 「停められただけマシ!」 と考えたほうがいいです。 民間の有料駐車場についてはその時の渋滞の状態で判断した方がいいです。 本当に混雑するときは渋滞もかなりひどいので悩むくらいだったら……… 私でしたら停めちゃいます^^ あしかがフラワーパークのイルミネーション混雑状況を紹介! まずあしかがフラワーパークのイルミネーションについての 基本情報について紹介します。 スポンサーリンク 閉演時間になっても並んでいた車が駐車場に入ることができずに、園の配慮で閉演を1時間 遅らせた時もあったとか……… 当然ながら22時過ぎても付近は渋滞だったそうです。 また通常の混雑時でさえ車を駐車場に入れるのに時間がかかり、 普通なら5分もあれば到着する1キロほどの道のりを1時間かけて 進まなければならないこともあります。 混雑を逃れたいのでしたら10月・2月がおすすめ イルミネーションの開催直後の10月と終了間際の2月は比較的すいています。 人混みや渋滞がどうしても嫌だと言う方はここを目指して行くのがいいでしょう。 11月と1月は平日が狙い目?土・日・祝日は早めに出発を! この時期ですと時間帯によっては平日でもやや混み合う事もあります。 できれば18時前後はやめた方がいいかもしれません。 土・日・祝日は夜の部の開演の15:30に合わせて行かれた方がいいでしょう。 ライトアップはまだですが入園の最大の難関である駐車だけでも できていればとりあえず一安心です^^ 12月は更に早い行動を!ピーク時は覚悟が必要です。 12月は平日でも開演前の15時からやや混み合い、18時くらいにはかなりの 混雑が予想されます。 そんな方は混雑、渋滞を覚悟して上で尚且つより早めの到着を心掛けましょう。 補足情報 ・6000台以上の駐車場ということは当然 帰りも渋滞があります。 その後に予定がある方は帰宅時間を計算して行動した方がいいです。 ・園内は結構広いです。 駐車場の渋滞さえ抜ければ園内は比較的ゆっくり見れます。 ただ食事処は時間帯にもよりますがかなり混んでました。 1時間だと本当に観賞だけで、撮影や食事している時間なんてなくなります。 ・まわりに山くらいしかないせいか かなり寒いです>< ゆっくり2時間以上かけて回りたいのでしたら、かなり厚着したほうがいいですよ。 ・ 園内は禁煙です。 いちおう園外に喫煙所があるので愛煙家の方は入園の前に一服を! あしかがフラワーパークのイルミネーション抜け道ってあるの? 結論から言いますと抜け道はあてにしないほうがいいです。 混雑時には抜け道すら渋滞しかえって時間が掛かってしまうことも……… あえて言えば、佐野藤岡インターでは近隣の佐野プレミアムアウトレットへ向かう 観光客とバッティングし、大渋滞になることがあるので、佐野藤岡インターは使わずに 手前(東京寄り)の館林(たてばやし)インターを使うといいでしょう。 そして、抜け道らしい抜け道と言うならば、あしかがフラワーパークに向かう車は フラワーパークの南側にある国道128号線を使って公園内に入ろうとする車が多いので 国道128号線は使用せずに北側の国道67号線(旧50号とも呼ばれます)を通って 公園内に向かうルートがあります。 要は混み合う南側のルートを避けて北側からまわって入るというものです。 ただ、こちらのルートは混雑時には交通規制がはいり、フラワーパークに抜ける道へ 入れないことがあります。 もしこのルートを使われる時は必ずを確認してください。 では、どうしても渋滞を回避することはできないのかというと、 ちょっとした裏技があります。 それが 電車を使う方法です! なんと2018年4月に新駅 「あしかがフラワーパーク駅」が開業したのです。 それまでは最寄りの駅が「富田駅」でかなりの距離を歩かなければならなかったのですが 新駅ができたおかげで徒歩3分で着くようになりました。 ですので、近隣の駅の使くに車を停めてそこから電車を使って来るということが 大分気軽にできるようになったのです。 たとえば隣の「足利駅」でも駅の近くに1日200円の駐車場や、ちょっと離れれば無料駐車場 もあります。 電車代が掛かってしまいますがピーク時の渋滞が予想される時間に行きたい時などは この手段も検討してみてはいかがですか。 まとめ 基本的に混雑を避けたいのでしたら早い時間に行く、これに限ると思います。 実際に混んでるかどうかは行ってみないと分からないですからね。 当日の時間や天気、タイミングで週末でもすんなり入れる時もあれば、 テレビで特集など放映された直後などは平日でも混雑する日もあります。 ただ変に分からない道を抜け道だと思って、冒険するのはやめた方がいいです。 その道が地元の住民の生活道路でしたら迷惑かかってしまいますからね。 路上駐車など言語道断ですよ^^.

次の

足利フラワーパーク・イルミネーション2019の期間や時間・混雑予想!

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間 まず気になるのが、足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間。 今年の足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間は、 2019年11月2日(土)~2020年2月6日(木) と発表されました。 ただし、期間中毎日点灯しているわけではなく、12月31日が休園日となっています。 まあ、大晦日くらい休園日でも仕方ありませんね。 今年の足利フラワーパーク・イルミネーション2019は、 11月2日〜11月中旬は「光と花のコラボレーション〜光とアメジストセージの融合」 11月下旬〜12月下旬は「フラワーパークのクリスマス〜クリスマスファンタジー」 元旦〜2月6日は「ニューイヤーイルミネーション〜光と冬咲きボタンの競演」 をテーマにした演出が予定されています。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間 では、足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間は、いつなのでしょう? 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間ですが、 16:30〜21:00です。 (土日祝日は、21:30まで) イルミネーションが見られる「光の花の庭」は、 15:30から開いていますので、 早めに行ってイルミネーションの点灯時間まで待つのも手ですね。 東北自動車道より「佐野藤岡IC」• 北関東自動車道より「太田桐生IC」、「足利IC」、「佐野田沼IC」 と、4つのインターチェンジから 20分以内でアクセスできます。 車でアクセスする方にとって嬉しいのが、 足利フラワーパークには臨時駐車場含め、 6000台もの車を収容できる無料駐車場が存在するということです。 6000台!さすがの大きさですね〜 (6000台は、繁忙期に限ります。 通常期は300台収容の駐車場となります。 ) それでも、イルミネーション開催期間中や点灯時間中はそれでも混雑していると思われます。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の料金 足利フラワーパーク・イルミネーション2019を見るのに、料金はかかるのでしょうか? 無料と言いたいところですが、 イルミネーションは「あしかがフラワーパーク」内で行われているため、入園料金が必要になります。 ざ、残念・・・orz 料金は、 大人は1000円で 子供(4歳〜小学生)は500円です。 ただし、これは「光の庭」がオープンする夜の部(15:30〜)の料金です。 昼の部の料金は、時期によって異なります。 例えば、7月〜12月であれば、大人の料金は300円、子供の料金は100円!なんて日もあります。 300円?!安いな〜 日によって違いますので、詳しくはをご確認ください。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の混雑状況・混雑予想 イルミネーションの時期には臨時駐車場含め 6000台も無料で駐車できるスペースがあります。 とはいえ、日本三大イルミネーションに選ばれた足利フラワーパークのイルミネーション。 混雑していないはずがありません・・・orz 特に 土日祝日やクリスマス前後は、道路の渋滞は避けられませんし園内も人で溢れています。 大規模のイルミネーションの場所は、どこでもそうなので仕方のないことですね。 こればっかりは、平日やクリスマス前後の時期に行く、という風に対処するしかありません。 少しでも渋滞や混雑を避けるなら、イルミネーションが始まる16:30ではなく、 光の花の庭が開いている 15:30から行くと、駐車場も比較的空きがあるかな〜と思います。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019 まとめ 以上、 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間や時間・場所・アクセスや混雑予想についてでした。 藤棚が有名な「あしかがフラワーパーク」ですが、藤棚のイルミネーションも圧巻ですよね。 映像では見たことありますが、実際に行ったことありません。 ちょっと遠いけど、この目で直接見てみたいな〜と思った筆者でした。

次の