スラック テクノロジーズ 株価。 スラック・テクノロジーズの上場とエンタープライズ・ソフトウェア市場について

米スラックが上場来安値更新 マイクロソフト「Teams」との競争重荷に

スラック テクノロジーズ 株価

2-4月期(第1四半期)決算を発表しており、1株損益は赤字だったものの予想ほどではなく、売上高は予想を上回った。 ただ、事業の先行き不透明を理由に、通期ビリングの見通しの公表を見送ったことが嫌気されている模様。 従来の見通しは最大10億ドルだった。 通期の売上高見通しは公表しており、8.55億~8.70億ドルと、従来から上方修正したものの、若干の引き上げに留まったことも失望を誘った模様。 期待ほどテレワーク普及の恩恵を得られると見ていないことが示唆さた。 02ドル(予想:-0. 06ドル) ・売上高:2. 02億ドル(予想:1. 87億ドル) (NY時間10:16) スラック 31. 53(-6. 41 -16.

次の

【米国株式】注目IPO銘柄スラックが6月20日に新規上場予定!上場初日より取扱いを開始!

スラック テクノロジーズ 株価

スラックのスチュワート・バターフィールドCEOは「僕たちのミッションは、仕事や生活をよりシンプルに、快適に、生産的にすることだ」と強調する(撮影:佐々木 仁) Eメールの時代は終わりを告げるのだろうか。 ビジネスチャットアプリを手がけるアメリカのスラック・テクノロジーズの勢いはそんなことも感じさせる。 2014年2月にパソコンやスマートフォン向けにアプリの提供を始め、日本語版は2017年11月に始まった。 今や世界で1200万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えており、このうち約5割はアメリカ以外だ。 課金企業数は約10万社に達した。 昨年8月までにソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから約14億ドルを調達し、企業評価額は71億ドルに到達。 評価額10億ドル以上の未上場企業、ユニコーンの代表格となっていた。 そして今年6月にはニューヨーク証券取引所に上場。 新株発行による資金調達をしない「ダイレクトリスティング(直接上場)」という手法を選び、注目を集めた。 グループチャットが基本、多数の外部連携も スラックでのコミュニケーションは、基本的に「チャンネル」というトークルームで行われる。 プロジェクトや部署などさまざまな単位でチャンネルが作られ、通常のチャットと同じようにやりとりが時系列で表示される。 1対1で1通1通のやりとりになるメールと異なり、チャンネルのテーマごとに大勢でやりとりがしやすくなる。 さらに1800を超える外部のアプリとも連携。 ストレージサービスの「ドロップボックス」にあるファイルを直接スラックのチャンネルに送ったり、スラック上で簡単なコマンドを打てば、「NAVITIME」の乗り換え経路検索ができたりする。 今年9月には「共有チャンネル」という機能の正式提供を発表。 従来のスラックは社内でのやりとりが主だったが、この機能を使えば、取引先など社外ともやりとりができる。 一躍世界的企業に成長したスラックを率いるのは、スチュワート・バターフィールドCEO(最高経営責任者)だ。 バターフィールド氏は写真共有サービスの「Flickr(フリッカー)」を創業し、アメリカのヤフーに売却。 その後立ち上げたゲーム開発のスタートアップで社内向けに作ったチャットアプリがスラックの原型だ。 カナダ出身で、ヒッピーの両親に丸太小屋で育てられたという異色の生い立ちもある。 一方、スラックの株価は上場以降、大きく値を下げている。 今年9月に来日したバターフィールド氏に、スラックが目指す世界とその戦略、プロダクト開発の理念、上場の意義や株価に対する考えなどについて直撃した。 前後編でインタビューをお届けする(後編は11月15日に配信予定)。

次の

米スラックが上場来安値更新 マイクロソフト「Teams」との競争重荷に

スラック テクノロジーズ 株価

私の知っているSBGの米投資先上場企業はBABA、GH、それにWORKだ。 NVDAにも投資していたがの急落時に売却している。 ほかは知らない。 私が過去に投資したのはNVDAとGH。 両方ともにまぁまぁの成績だった。 再投資を考えるが、株価が高くて買えない水準なった。 なんだかんだ言っても、SBGはいい会社に目をつけていると思う。 いま、お値ごろ株価なのはウーバー()とスラック(WORK) 2銘柄ともに大赤字案件。 ウーバーはまだ調べていない。 これからだ。 スラックは今年6月に上場。 参照価格は1株26㌦だった。 上場日に40㌦を超えたが、現在20㌦前後。 低迷している。 スラックは企業向けチャットプラットフォームを提供するビジネスモデル。 上場前直近四半期の日次アクティブユーザー数は1,000万人を突破し、課金ユーザー数は95,000にのぼり前年同期比で42%増えた。 ただし、上場直後のフォーブス記事は厳しい。 6月24日「直接上場した米Slackへの投資を勧めない4つの理由」という記事が出た。 理由は 1. 売上高の伸びが鈍化している 2. 採算が取れない 3. 現金燃焼率が非常に高い 4. 投資家を重視しない とあった。 また、9月5日付けは、 「Slack株がで急落、下期の売上鈍化の見通し響く」と報道。 ただし、「・エル・ピーの部門である・ベータはスラックに出資している。 」とある。 はスラックに投資している。 色々な見方があるのだろう。 一方10月15日のフォーブスは逆に誉めている。 また有料プランのユーザーの場合、1営業日あたり9時間以上スラックに接続し、そのうちスラックをアクティブに利用している時間は1営業日あたり90分ほどであることがわかったとある。 この記事では「右肩上がりで順調に成長を続けているスラック」と言っている。 賛否両論あるのがスラックだ。 オンラインは11月14日前編「Eメールの時代は終わる?「Slack」の隠れた威力」、11月15日後編「丸太小屋で育った「Slack」創業者が貫く信念」に分けて特集を組んでいる。 内容は記事をお読みいただきたいのだが、スラック上で、グーグルカレンダー、など1,800のアプリをつなぐことができ、オルなど企業ががスラックを採用している。 スチュワート社長は利便性とアプリの普及にフォーカスしていて、現在の株価に興味はなさそうだ。 株を買う時は、底値を意識して購入する。 (底値と思いきや、かなり下にいったこともあるが。。 ) スラックは19㌦を底に現在21㌦付近。 12日から14日まで陽線3本の赤三兵、15日中に5日線と25日線のミニの可能性。 (月単位)は売り、テクニカル指標は買い、サマリー中立。 迷うところだが、次の決算に向けて上がる印象だ。 15日21. 78㌦で購入。 翌日、起きたら1. 86㌦で25日平均線を突き抜けた。 第一弾終了。。 上がれば保持、17㌦付近まで下がれば売却。 ただ、孫さんの案件。 孫さんの投資は長い。 我慢比べとなりそうだ。 どちらに転ぶかわからないが、米株はABBV、BMYなど調子が良いので一つくらいチャレンジしてもいいかと思っている。 taisyokushitazo.

次の