農水省 ホームページ 給食。 「食べて応援学校給食キャンペーン」特設通販サイトの設置について:農林水産省

「食べて応援学校給食キャンペーン」特設通販サイトの設置について

農水省 ホームページ 給食

国内外の販路の回復・開拓• 事業の 継続・回復のための生産・販売方式の確立・転換• 円滑な合意形成の促進等 (注)(1)の経費の1/6以上を「接触機会を減らす生産・販売への転換」又は「感染時の業務継続体制の構築」に充てる必要があります。 (2)感染拡大防止の取組に要する経費【補助率:定額 補助上限額50万円】 (注)業種別ガイドラインは、 公募要領・申請書 補助金事務局にて公募要領・申請書が公表されました。 支援機関 支援機関は以下のとおりです。 このほかの支援機関については、取りまとまり次第、順次公表します。 【農業協同組合】• 【森林組合】• 調整中 【漁業協同組合】• 【農業経営相談所】• 【その他経営局長が認めた機関】• PR用チラシ.

次の

新型コロナウイルス感染症について:農林水産省

農水省 ホームページ 給食

平成26年10月の「今後の食品リサイクル制度のあり方について」(中央環境審議会意見具申)では、学校給食用調理施設について、食品廃棄物を継続的に発生させている主体の一つであり、食品廃棄物の処理実態等を調査した上で、食品ロス削減国民運動の一環として食品ロス削減等の取組を実施するとともに、調理くずや食べ残しなどの食品残さを回収し、再生利用の取組を推進することが必要であるとの提言がなされました。 環境省では、文部科学省の協力も得て、学校給食から発生する食品ロスの削減等のリデュースや食品廃棄物のリサイクルに関する取組の実施状況等を把握するため、市区町村を対象としたアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめました。 1 学校給食から発生する食品ロス等の状況に関する調査について (1)調査の概要 学校給食に伴って生じた食品廃棄物の発生量及び処理状況、食品ロス等の削減(リデュース)や食品廃棄物のリサイクルに関する取組の実施状況等を把握するため、平成27年1月に、都道府県教育委員会を経由し、全国の市区町村教育委員会に対し、アンケート調査を実施しました。 2kgの食品廃棄物が発生しているとの結果になりました。 (3)リデュース・リサイクルの取組 学校給食調理施設での食品廃棄物のリデュースの取組として、食べ残しの削減を目的とした調理方法の改善やメニューの工夫を行っていると回答した市区町村が約7割ありました。 また、調理残さの削減を目的とした調理方法の改善・メニューの工夫や、計画的な食材の調達(物資購入・管理)を行っていると回答した市区町村も一定数見られました。 図4 リデュースに関する取組状況(複数回答) リサイクルに関する取組としては、学校給食からの食品廃棄物を利用して作られた飼料や肥料を学校関連の施設で使用している事例があるとする市区町村が最も多くありました。 また、学校給食からの食品廃棄物を利用して作られた飼料や肥料を使った農畜水産物を学校給食に使用する地域循環の取組を行っているとの回答もありました。 また、食品廃棄物のリデュース・リサイクル等を題材に含めた特別授業・委員会活動等の実施、学校給食の食品廃棄物を利用した堆肥等を学校の教材園等で使用し作物栽培を行い学校行事内で食べる取組の実施、堆肥化施設や飼料化施設の施設見学や農家での体験学習等の実施についての回答が、一定数見られました。 その他の回答としては、給食時間での指導や、給食だより等での普及啓発等を行っているとするものがありました。 図8 学校給食調理施設の状況 3 その他 環境省では、食品ロス削減を含め、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの更なる促進を図るとともに、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進するためのモデル事業の実施することとし、平成27年度の実施市区町村を公募しています。 (1)事業の内容 市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力し、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの実施、3Rの実施内容を教材として食育・環境教育の実施や地域循環圏の形成・高度化を図るモデルプランを立案していただきます。 (2)公募の対象 市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力して行うものとし、応募対象者は市区町村としています。 env. env. env. html.

次の

給食トピックス

農水省 ホームページ 給食

平成26年10月の「今後の食品リサイクル制度のあり方について」(中央環境審議会意見具申)では、学校給食用調理施設について、食品廃棄物を継続的に発生させている主体の一つであり、食品廃棄物の処理実態等を調査した上で、食品ロス削減国民運動の一環として食品ロス削減等の取組を実施するとともに、調理くずや食べ残しなどの食品残さを回収し、再生利用の取組を推進することが必要であるとの提言がなされました。 環境省では、文部科学省の協力も得て、学校給食から発生する食品ロスの削減等のリデュースや食品廃棄物のリサイクルに関する取組の実施状況等を把握するため、市区町村を対象としたアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめました。 1 学校給食から発生する食品ロス等の状況に関する調査について (1)調査の概要 学校給食に伴って生じた食品廃棄物の発生量及び処理状況、食品ロス等の削減(リデュース)や食品廃棄物のリサイクルに関する取組の実施状況等を把握するため、平成27年1月に、都道府県教育委員会を経由し、全国の市区町村教育委員会に対し、アンケート調査を実施しました。 2kgの食品廃棄物が発生しているとの結果になりました。 (3)リデュース・リサイクルの取組 学校給食調理施設での食品廃棄物のリデュースの取組として、食べ残しの削減を目的とした調理方法の改善やメニューの工夫を行っていると回答した市区町村が約7割ありました。 また、調理残さの削減を目的とした調理方法の改善・メニューの工夫や、計画的な食材の調達(物資購入・管理)を行っていると回答した市区町村も一定数見られました。 図4 リデュースに関する取組状況(複数回答) リサイクルに関する取組としては、学校給食からの食品廃棄物を利用して作られた飼料や肥料を学校関連の施設で使用している事例があるとする市区町村が最も多くありました。 また、学校給食からの食品廃棄物を利用して作られた飼料や肥料を使った農畜水産物を学校給食に使用する地域循環の取組を行っているとの回答もありました。 また、食品廃棄物のリデュース・リサイクル等を題材に含めた特別授業・委員会活動等の実施、学校給食の食品廃棄物を利用した堆肥等を学校の教材園等で使用し作物栽培を行い学校行事内で食べる取組の実施、堆肥化施設や飼料化施設の施設見学や農家での体験学習等の実施についての回答が、一定数見られました。 その他の回答としては、給食時間での指導や、給食だより等での普及啓発等を行っているとするものがありました。 図8 学校給食調理施設の状況 3 その他 環境省では、食品ロス削減を含め、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの更なる促進を図るとともに、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進するためのモデル事業の実施することとし、平成27年度の実施市区町村を公募しています。 (1)事業の内容 市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力し、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの実施、3Rの実施内容を教材として食育・環境教育の実施や地域循環圏の形成・高度化を図るモデルプランを立案していただきます。 (2)公募の対象 市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力して行うものとし、応募対象者は市区町村としています。 env. env. env. html.

次の