スナイパー エリート v2 ps4。 【比較】『スナイパーエリートIII アルティメット・エディション』Nintendo Switch版の特徴や追加要素、画質、他機種版との違い

PS4版スナイパーエリート4クリア後の感想/ステルス攻略のコツ

スナイパー エリート v2 ps4

GOOD! ・第二次大戦のスナイパーに特化したという点においてはオリジナリティーがあるゲームである と思います。 ・他のレビューにあるように弾道を計算してリアルに近い射撃を体験できる点もいいですね。 ・プレイヤーへの救済策として難易度調整により弾道をレクティル通り、重力だけ加味、重力お よび風力をあわせたものにできる点も積みゲーにならないように配慮されたものと感じまし た。 ・まずグラフィック、2012年8月発売とは思えないほどレベルが低いです。 主人公さえ髪や服の質 感に違和感を感じます。 だいたいPS3初期のレベルと考えていいでしょう。 また敵に全く魅力が ありません。 名前のある敵も一般兵と同じで盛り上がりもなく、非常に淡々としています。 倒 した爽快感が限りなく0ですね。 ・次にサウンド一応全ての曲は聴きましたが一つとして印象に残る曲がありませんでした。 それ どころがハッキリ言って雑音レベルのクオリティで1周目以降は常にBGMのサウンドをオフにし ていました。 調節はできますがデフォの音量はうるさくて敵の足音云々をかき消す正に雑音で した。 ・次に熱中度に関しては理不尽だらけでストレスが非常にたまりました。 例えば当たり 判定が おかしい時があります。 射撃したら見えない壁で敵に命中せず、敵の銃撃は当たる。 敵弾が遮 蔽物を貫通する。 マシンピストルがトラックを貫通した時がありました。 他には遮蔽物に隠れ ても敵弾が当たる。 ステルス要素ありとしながら遮蔽物ごしに見つかるなど致命的な欠陥があ りました。 それ以外にも200メートル程度離れていても敵のMP40の初弾がに当たるなど明らかに おかしい点。 最もひどい点は後述します。 ・次に快適さは皆無です。 しゃがむ、伏せるが平面でもできないことがよくある。 投擲がボタン を押しても反応しないことがよくある。 プレイヤーキャラの動きがやたらもっさりしているな ど非常にストレスがたまりました。 COMMENT 総評としてこのゲームは全くお勧めできません。 このゲームの最も大事な狙撃して進むというスタイルが破たんしているからです。 前述した最もひどい点、特定の位置まで存在していなかった敵が急に湧き出す、という致命的な欠陥があるからです。 これではスナイパーもクソもありません。 一応メタルギアソリッド4をビッグボスの称号は取れたのでステルスゲームが苦手というほどでもないはずなのですが、これは全然だめでした。 つまりこのゲームの「狙撃」という特徴を自らの手で完膚なきまで破壊しているといっていいでしょう。 クリアできなかったいいわけにはしたくないと最高難易度で3回クリアしましたが、もう2度とプレイしたくないゲームです。 300円で売っていても高いと断言できます。 GOOD! 1)キルカメラ 弾がヒットした際敵がレントゲン写真の様になり、被弾した部分の骨や内臓が砕け散る様子が再生されます。 ちょっとグロいですが中々の見応え・爽快感です。 特に敵スナイパーとの対決が楽しいですね。 敵スナイパーは一撃の攻撃力が高いだけでなく、高所から狙ってくる手強い相手です。 地の利を生かして思わぬ場所から狙撃してくる相手を探し、発射の間隙を縫って素早くレティクルを合わせ、呼吸を整えて撃つ。 一瞬の判断が生死を分かつスナイプ対決を制し、キルカメラで敵の急所を撃ちぬいた時の爽快感はたまりません。 まさに「脳汁が出る」感覚を味わえます。 2)スナイピングにリアリティを持ち込んだ点 このゲームには3段階の難易度がありますが、弾丸の挙動がそれぞれ違います。 低難易度:真っ直ぐ飛ぶ 中難易度:重力の影響を受ける 高難易度:重力と風の影響を受ける これに加え、呼吸や鼓動が乱れていると照準が合わせづらくなる点、動いている的に対しては先読みが必要になる点を加味しつつ、射撃を行う必要があります。 高難易度になるほどヘッドショットはおろか、まともに当てることさえ難しくなりますが、相応のやり甲斐とスナイパーに対する制作側のこだわりを感じることが出来ました。 中難易度ではアシスト機能がついているので、そちらで充分に慣れてから高難易度に挑むと良いです。 それどころか、 ・カバー地点から別のカバー地点への移動がボタン一つで出来ない ・ダッシュできる距離が短い ・左右や後ろへの移動が遅い(何故か正面向いてるし…) ・アイテムボタンの反応が鈍い ・ステルス機能の未熟さ ・どう見てもちゃんと隠れてるのに何故か発見される ・敵のスポーンが不自然すぎる ・警戒状態がなかなか解けない ・ダイナマイトの使い勝手が微妙 等々、欠点が近接戦闘面を中心に多々みられます。 2)ボリューム不足 オフラインは、同類のゲームと比べるとちょっと少ない感じがしました。 まあ1週目は長く感じましたが、それは代わり映えのしないステージ構成・風景のせい+リトライ性の高さによって長く感じただけかも知れません。 オンラインにおいてはネット対戦がありません。 (DLCで対応するらしい?) 協力プレイは面白いと言えなくも無いですが、そもそもオンライン人口が少ないんですよね。 マイナーだし、ネット対戦がないので。 COMMENT スナイパーライフルが使えるゲームは多々ありますが、敵をぶち抜く楽しさに関しては本作が突出して優れています。 でも、ただそれだけです。 スナイパーへのこだわり自体は評価できます。 しかし、妙に縦長・一本道のステージ構成やシューター及びステルスゲーとしての出来の悪さが、本作を「スナイパー気分を味わえる」と言うより「スナイパーライフルで戦うことを強いられる」ゲームにしてしまっています。 無心で敵を撃ち続けている時はそこそこ楽しいので、暇つぶし程度にはなると思います。 GOOD! 数あるTPSの中でもスナイパーに着眼を置いた今作は、遠くの敵をいかに1擊で仕留めるかが肝となり、狙撃時のスロー&弾丸追尾カメラによる迫力の演出が見物。 状況に応じた判断力と行動力で1対多数の圧倒的不利な状況をいかに切り抜けるかを考えながら進めていく。 難易度の選択も初めから出来るので苦手な人でも問題はない。 難易度が高いと実際の弾道をリアルに再現して、スコープの真ん中に弾が飛んで行くといったお約束も無くなるのでやり甲斐はある。 グラフィックも遠くの近づけない建物等もスコープで除くと綺麗に表現されている。 特に気になった点をあげる。 (操作性の悪さ)画面に対して常に正面を見たまま移動なので左右はカニ歩き、スティックを下に倒すとまさかの後ずさりで、とても動きにくい。 移動中にしょっちゅう障害物に引っ掛かり動きが止まる。 膝下くらいの瓦礫に引っかかるのはどうかと…。 基本姿勢が立ち、中腰、伏せの3段階あるのだが、隠れたい時にしゃがめない伏せれない。 理由もよく解らない。 又、グレネード等のアイテムも、ボタンを押してもすぐに反映しない。 動作すらしない場合も(コントローラーは正常)。 完全に立ち止まってひと呼吸置いてからじゃないとだめっぽいが、戦闘中のとっさの動作が取れないのがストレス。 (武器の種類の少なさ)この手のゲームでは驚きの少なさ。 初回生産版で2種類ダウンロードできるが、それを入れても少なすぎ。 確か6丁。 設定がが冷戦前と言うことであまり種類が無いのは解るが、対戦車ライフルとかサイドウェポンの充実やダウンロードで現代の武器も出すくらいのバリエーション欲しかった。 そのせいでほぼ通して同じ武器を使う羽目に。 スナイパーライフル空気です。 (ボリューム不足)そのままです。 オンラインもありますが過疎と対戦がない時点で完全にトロフィー目的の人しかいないので過疎が進む一方。 COMMENT プレイ時間約25時間 トロフィーコンプ済み。 総じて物足りなさを感じてしまう作品です。 改善点山積みですが暇つぶしくらいにはなるかと。 アンチャーテッドに似た戦争TPSと思えば、クオリティー等分かり易いのではないかな。 演出だけは迫力&リアル(グロい)ので本編が短いので飽きることなく最後まで楽しめますよw.

次の

PS4/Switch用ソフト「スナイパー エリートV2 リマスター 日本語版」が本日発売。キルカメラを停止できる「写真モード」を実装

スナイパー エリート v2 ps4

マップを開いてL1ボタンでミッション目標を確認 スナイパーエリート4は今どきのゲームと違って、ゲーム中に味方から通信が頻繁に入ったりすることがなく、黙々と隠密行動を続けるというストイックなゲームです。 ステージ制のオープンワールドで、1ミッションクリアするのに大体2時間くらいかかりました。 オープンワールドとは言えステージ制なのでロードが速いのが良いです。 スナイパーライフルを使わずにサブマシンガンで見つかりながら敵を倒していくという遊び方だと1ミッション1時間以内で終わります。 僕はゲームを英語学習教材としても使っているのですが、スナイパーエリート4は英語学習には向いてません。 一方で逆に英語がよく分からないという人にとってはやりやすいゲームです。 英語が分からなくてもマップを開いてL1ボタンを押すと現在の目標が出るので、なんとかクリアできると思います。 ミッションが変わってもやることは同じなので、単調ですが黙々とやり続けてしまう中毒性はあります。 スナイパーエリート3は途中で止めてしまいましたが、スナイパーエリート4はクリアできました。 スナイパーエリート4のステルス攻略のコツ 発電機を壊すことで銃声をマスクすることができる スナイパーエリート4には「口笛」が加わりました。 L1ボタン長押しで武器ホイールを開き、右上あたりにある石のところでR1ボタンを押すと口笛と石を切り替えることができます。 石を投げることもできますが、広範囲の敵が気づいてしまいます。 その点、口笛だと近くの敵だけに気付かせることができるので、近接攻撃でテイクダウンするのに使えます。 石の効果的な使い方は、爆発物(燃料タンクやトラックなど)のある場所に石を投げて複数の敵を誘導することです。 そして、サプレッサー付きの拳銃などで爆破させると位置がバレずにマルチキルすることができます。 石は爆発物へ敵を誘導させるために、口笛はテイクダウンと使い分けるとステルスで進めやすくなります。 石で敵を爆発物の近くに誘導する 他のステルスゲームに比べてスナイパーエリート4は難しいです。 物陰に隠れていても発見されやすい、草むらの中にいても見つかる、しゃがみながらの移動が遅い、サプレッサー付きの拳銃でヘッドショットしてもヘルメットが飛ぶだけの時がある、とか敵に発見されやすいです。 拳銃でヘッドショットを狙うなら、ヘルメットがある頭ではなく 首の付け根あたりを狙った方が良いです。 スナイパーエリート3、スナイパーエリート4をやってからアサシンクリードシリーズをやると、アサクリが物凄く簡単に思えます。 Officerを優先的に排除する Officer(将校)は1エリアに1人いてヘルメットではなく帽子をかぶっています。 Officerの武器はピストルだけですが、笛を吹いて兵を誘導してプレイヤーを攻撃してきます。 でも、Officerを倒すと敵兵達は統制を崩され攻撃せずに隠れるようになります。 また、Officerを倒してアイテムを探ると残った敵兵がタグ付けされることがありました。 そのため、Officerを優先的に倒した方が良いです。 また、Spotterはプレイヤーを発見するとフレアガンを撃ち、砲兵に指示して砲撃してきます。 優先的に排除しましょう。 発電機を壊して音を隠す(soundmask) スナイパーエリート4では発電機の音に紛れて撃てるようになるとスナイパーライフルが無双できてしまうので、発電機の数は少なめになっています。 エリアの敵を一掃してから初めて発電機を発見するということがよくありました。 発電機は見つかり辛いところにあることが多いです。 発電機に近づいて四角ボタンで、音を出すことができます。 四角ボタンの長押しで爆発させることができます。 ブービートラップ 敵の体に地雷を仕掛ける S-mineやTripwireなどの爆発物のアイテムを持っている場合、武器ホイールからアイテム選択をして敵の体に近づいてR1ボタン長押しでブービートラップを仕掛けることができます。 普通に地雷を設置すると、敵に発見されて解除されてしまうことがありますが、敵の体に仕掛けると発見されません。 たとえば、ブービートラップをしかけてからスナイパーライフルで狙撃し、わざと敵に発見されてこちら側に誘導するということもできます。 スナイパーエリート4のSMGは、連射せず一発ずつ撃つのが良い スナイパーエリート4でのサブウェポンは大体トンプソンやPM40などのSMG(短機関銃)です。 連射すると銃身が上に上がってしまうので、一発ずつ撃つのが良いです。 スナイパーエリート4の場合、 被弾すると1秒くらい敵がよろめき銃を撃てなくなるので、連射せずに1秒ごとに1発ずつ撃つと命中精度も高まり弾の節約になるので効果的です。 敵がスナイパーライフルの射撃音を聞くと、音の方向に向かってやってきます。 だから、敵の飛行機や船などのエンジン音が大きい時、発電機の音に紛れて射撃する必要があります。 最初はじっくり待ってやっていたのですが、だんだん面倒になり、結局トンプソンサブマシンガンなどで倒してしまいました。 スナイパーエリート4で強い武器って何? 通常、ゲームって進めると武器が強くなっていきます。 でも、スナイパーエリート4の武器はどれも性能があまり変わりません。 そのため、頻繁に武器を交換せず、 好きな武器を長く使うことによって武器のスキルをアンロックした方が良いです。 同じ武器を使い続けていると、熟練度が上がってアップグレードすることができるようになるので、同じ武器をずっと使い続けた方が良いです。 僕は、スナイパーライフルはM1903スプリングフィールドをずっと使ってました。 アップグレードでスコープの倍率が上がったりします。 スナイパーエリート4のここが悪い.

次の

スナイパー エリートV2

スナイパー エリート v2 ps4

どの機種に発売されているの? スナイパーエリートV2は 色々な機種に発売されています。 どの機種に発売されているのかを、 解説していきます。 最初に発売されたのは2012年8月9日で、 プレイステーション3とXBOX360に 同時発売されました。 そのおよそ1年後、2013年7月18日には WiiUに移植されて、任天堂系のゲーム機には 初めてのスナイパーシリーズ発売となりました。 さらに、2019年10月31日には プレイステーション4とニンテンドースイッチにも 発売されました。 こちらの2機種版は「スナイパーエリートV2リマスター」という タイトルになっていますね。 機種ごとの違いは? スナイパーエリートV2の機種ごとの違いに ついて解説していきます。 まず、最初に発売されたプレイステーション3版と XBOX360版については基本的な内容は どちらのバージョンであっても同じです。 機種ごとの性能などによる違いはありますが 内容自体はほとんど変わりません。 続けて発売されたWiiU版の方に関しては、 WiiUのゲームパッドでの操作に対応しており、 他のバージョンとは異なる感覚でゲームをプレイ することが可能になっていますが、 オンラインには対応しておらず(PS3とXBOX360は 対応していました)、 その代わりにオンラインモードとして収録されていた キル・タリーモードがオフライン用モードとして 収録されているなどの違いが存在しています プレイステーション4とニンテンドースイッチで 発売のリマスター版に関しては より高画質でゲームを楽しむことができるようになっており、 全てのダウンロードコンテンツが収録されているなど、 スナイパーエリートV2の中では一番充実した 内容になっています。 当然、オンラインモードも収録されています。 PS4版とスイッチ版の違いとしては機種の性能による 違いで、PS4版はトロフィー、スイッチ版は 携帯モードでもプレイ可能などの特徴があります スポンサーリンク 狙撃が中心の内容 狙撃に重点を置いたゲームになっているので 遠くから敵を狙って倒す、というスタイルが 中心になりますね。 ただし、シンプルシリーズにあった THEスナイパーという作品とは違い、 こちらは自分で移動しながら進めていくスタイルなので 完全に狙撃だけではなく 普通に戦うようなことも可能と言えば可能です。 また、自分で移動するので、 マップもそこそこの広さにはなっていますね。 ただ、普通のTPSやFPSゲームとは 少し趣の異なる作品になっているのも事実です。 グラフィックはどんな感じ? グラフィックは、現代の水準から見ると 少し見劣りする感じではありますが 発売当時としては平均的な感じでしょうか。 私がプレイしたのはWiiU版でしたが 特別綺麗とは感じませんでした。 (逆に特別汚いとも感じませんでしたが) ただ、戦場の雰囲気みたいなものは 上手く出ているとは思いますから 決して悪い、ということではなく 十分に及第点であるかとは思いますね。 クリアまでの時間は? ボリュームとしては、正直なところ あまり十分とは言えず、 10時間もあればクリアできてしまうのでは ないでしょうか。 特に積極的にやりこみたいと思えるような やりこみ要素も見当たらなかったので 一人プレイオンリーの場合は、 軽くプレイして、終わり、という感じになりますね。 長期間ずっとプレイするような感じの ゲームではないのは確かです。 オンライン対戦はどんな感じ? 長く遊ぶにはオンライン対戦…! なのですが、残念ながら私が購入した WiiU版にはオンライン対戦は 入ってないので、感想はお話できません。 私は元々ゲーム自体、 オフラインメインで遊ぶことが多いので スナイパーエリートV2に関しても ある程度遊べればいいや、ぐらいの気持ちで オフライン専用であることを理解した上で WiiU版を購入しましたが、 そうでない場合「えっ!?」となると思いますので 注意するようにして下さい。 オンラインをやりたいなら 他の機種版を購入するしかありません スポンサーリンク 続編は出ているの? 続編としてスナイパーエリート3や スナイパーエリート4という作品も それぞれ登場はしています。 スナイパーエリート3に関しては 当初一度日本版も発売予定に なっていたのですが、 突然発売中止となり、それから 長い間発売されていませんでした。 が、ようやく最近になって 日本語版がスイッチで発売になっていますね。 また、さらにその続編となる スナイパーエリート4というソフトも 発売されているのですが これは、この記事執筆時点では 家庭用ゲーム機向けの日本語版は 特に発売されていないため、 現時点で遊びたい場合は 海外版をアマゾンなどで購入するしかありません。 海外版というと英語になってはしまいますが プレイステーション4やニンテンドースイッチは 海外版のソフトであっても 普通に読み込んで遊ぶことが可能になっていますので どうしても遊びたい!という場合は 海外版のスナイパーエリート4を手にしてみるのも 一つの方法ですね。 まぁ…そのうち日本版も出る気がしますので、 待ってるのも一つの手ではあります。

次の