エンドウ 豆 の 由来。 えんどう豆プロテインが注目される理由とは?

えんどう豆プロテインが注目される理由とは?

エンドウ 豆 の 由来

プロテインの選び方 「プロテイン」とは3大栄養素の1つ「たんぱく質」です。 しかし一般的には、乳や大豆などの食材からたんぱく質だけを抽出してパウダー状にした、 たんぱく質含有加工食品を「プロテイン」と呼ぶのが通例になっています。 一般の食品からたんぱく質を摂ろうとすると、脂質や糖質などその他の栄養素も一緒に摂取しますが、 たんぱく質だけをギュッと凝縮して摂取したい場合、プロテインはとても便利な食品です。 プロテインの原材料には動物由来のものと植物由来のものがあります。 プロテインを選ぶ際には、これが最も重要な選択基準になるでしょう。 動物性プロテインを選ぶか、植物性プロテインか 動物性プロテインとは 動物性プロテインの中で最もメジャーなのは、 乳由来のホエイプロテインです。 カゼインプロテインという、牛乳から脂肪とホエイ(乳清)を取り除いた後の不溶性固形成分から作るプロテインや卵由来のプロテインもありますが、プロテインドリンクとして広く一般的に流通しているのは、圧倒的にホエイプロテインです。 植物性プロテインとは 植物性プロテインと言えば、これまでは 大豆由来のプロテインが一般的でした。 しかし近年は、新しい植物性素材から抽出したプロテインが多く登場しています。 エンドウ豆、ライス、ヘンプ(麻の実)、サチャインチナッツ、そら豆、アーモンドなどから抽出したプロテインなど多彩です。 この中でも、 エンドウ豆由来のプロテインがいま最も注目されています。 ホエイプロテインとは ホエイプロテインには、WPC Whey Protein Concentrate とWPI(Whey Protein Isolate)があります。 WPCはたんぱく質だけでなく、乳糖や乳脂肪分が含まれていますが、 WPIは乳糖・乳脂肪分を取り除いています。 ホエイプロテインのメリットとデメリット ホエイプロテインはアミノ酸バランスが良く、特に BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を多く含みます。 BCAAは主に筋肉で代謝され、筋肉を増やしたり、持久力を向上、筋肉のダメージを回復させるなど、体づくりや運動パフォーマンスアップの効果が期待される必須アミノ酸です。 またホエイプロテインは 吸収スピードが速いため、素早くたんぱく質を吸収したいトレーニング直後の摂取に最適です。 こうした特性から、ホエイプロテインはスポーツニュートリションとして圧倒的な人気を誇ります。 しかしホエイプロテインは、筋肉の発達や血流向上などの役割を果たすアルギニンというアミノ酸が少ないというデメリットを持ちます。 グラスフェッドミルクのホエイプロテイン グラスフェッドミルクを原料に採用した健康志向の強いホエイプロテインも登場しています。 グラスフェドミルクとは、穀類ではなく牧草を食べで育った牛のミルクです。 遺伝子組み換えの穀物を飼料にした牛のミルクを避けたいというこだわりを持つ人の選択肢になるホエイプロテインです。 牧草で育つことで、グラスフェッドミルクはベータカロチンやオメガ3脂肪酸を多く含むと考えられています。 オメガ3は、アレルギーや喘息のような炎症性疾患の軽減やダイエットに有効と考えられています。 ただ、オメガ3脂肪酸などは加熱処理に弱いので、プロテインとして加工するときの加熱の影響は否めないとは思われますが、穀類を食べて育つ牛のミルクを避けたい、健康志向の人は注目のプロテインです。 大豆プロテインとは 大豆プロテイン(Soy Protein)は、 大豆を原料にした植物性プロテインです。 大豆から油脂を取り除いただけのSPC Soy Protein Concentrate とSPI(Soy Protein Isolate)があります。 S PIは油脂と炭水化物を取り除いたもので、たんぱく質の含有率は高いです。 大豆プロテインのメリット・デメリット 大豆プロテインの吸収スピードはホエイプロテインのように速くありません。 そのため筋肥大を望む男性は避ける傾向にありますが、ホエイプロテインにない魅力も多く持ちます。 大豆プロテインはダイエットしたい人にフィットするとよく言われます。 アディポネクチンは糖や脂肪の消費をサポートする働きが期待されるホルモンです。 また、 大豆プロテインは冠状動脈疾患のリスクを減らすということで、アメリカ食品医薬庁(FDA)は健康強調表示を認めています。 女性ホルモンに似た イソフラボンを含むという点では、大豆プロテインは女性人気が高いプロテインです。 ただ、イソフラボンの作用を否定的に捉える人、大豆アレルギーを持つ人は摂取できないのが、大豆プロテインのデメリットに挙げられます。 えんどう豆プロテインとは 大豆のように イソフラボンを多く含まず、アレルゲンにもなりにくいことで人気があるのが エンドウ豆プロテイン(Pea Protein)です。 豆ご飯でおなじみのグリーンピースではなく、黄色エンドウ豆から抽出されるプロテインです。 近年、アメリカではプロテインドリンクのみならず、フェイクミートの原料などにも採用され、人気を得ています。 エンドウ豆プロテインのメリット・デメリット えんどう豆プロテインは、9種類の必須アミノ酸を含む全18種類のアミノ酸をバランスよく含む良質なたんぱく質です。 エンドウ豆プロテインは、 筋肉増強、運動時のエネルギー源として不可欠なBCAA、成長をサポートするリジン、非必須アミノ酸ながら成長ホルモンの分泌や、一酸化窒素の生成に欠かせないアルギニンが多いという特徴があります。 アルギニンは血流をアップし、酸素や栄養素の運搬をスムーズにするので、持久力のアップにも寄与すると考えられています。 エンドウ豆プロテインはメチオニンの含有率が低いので、アミノ酸スコアは100を切りますが、プロテインドリンクとして設計されたものは、メチオニンの多いライスプロテインをミックスしてアミノ酸スコアをアップさせているものもあります。 アルギニン量がホエイプロテインを凌駕することもあり、アメリカではえんどう豆たんぱくを用いたスポーツニュートリションが人気になっています。 ホエイプロテインに比べると吸収スピードが緩やかですが、カゼインよりは吸収スピードが速いのが特徴です。 ホエイプロテインよりも血中のアミノ酸濃度を持続的に高められることをメリットとして生かすと良いのではないでしょうか? アメリカでは環境問題への関心の高まりから、環境負荷が低いエンドウ豆プロテインに注目が集まっています。 たんぱく質のクオリティを示すアミノ酸スコアの高さ、健康や運動機能に寄与するアルギニンの多さ、中程度の吸収スピード、環境負荷の少なさ、アレルギーリスクの低さなど多角度で評価した場合、エンドウ豆プロテインの優秀さが際立ちます。 エンドウ豆プロテインは、今後ますます注目のプロテインになることでしょう。 目的やライフスタイルにフィットするプロテインを選ぼう! ホエイプロテイン、大豆プロテイン、エンドウ豆プロテインそれぞれのメリットがありデメリットがあります。 自分の目的やライフスタイルにフィットするプロテインを選ぶことが大切ですが、その際に重要なポイントは、 たんぱく質原料だけでなく多角度の判断基準です。 同じたんぱく質原料を採用していても、製造方法の違い、付加価値として加えられている成分の違い、甘味料や香料などの副原料の違いで、クオリティに差が生じます。 毎日飲むものだからこそ、味はもちろんのこと 使われている原材料やコンセプトに共感できるプロテインを選びたいものです。

次の

エンドウ豆、食品業界で人気急上昇-植物由来プロテインの新たな主役

エンドウ 豆 の 由来

軟莢種は、 莢が柔らかく、 莢ごと収穫し出荷される品種で、花は白いものが多いといわれています。 絹さやえんどう、 オランダさやえんどう、 砂糖さやえんどう、 スナップエンドウなどがあり、未熟な莢を収穫し、莢ごと調理して食べます。 絹さやえんどうは、 全国で一番栽培されている品種で、 オランダサヤエンドウは、一般的なさやえんどうでは 大きい品種で、主に関西で栽培されています。 砂糖さやえんどうは、一般的なさやえんどうよりも糖度が高く、食べた時に 甘味を感じることができます。 軟莢種は、硬莢種より収穫量多く、全国各地で栽培されています。 収穫時期により出荷される時期に違いがあり、全国出荷量が一番多いのが 鹿児島県です。 グリーンピースは 軟莢種に分類され、初め莢が柔らかく、 完熟寸前まで大きく成長させ、 乾燥前の生の豆を収穫したものです。 グリーンピースは 実えんどうで、莢は食べず、完熟していない中の実だけを食用とします。 グリーンピースは、 鮮やかな緑色と、 少し青臭い香りが特徴で、 生のグリーンピースは 甘味があって風味が格別です。 しかし、グリーンピースは収穫されると、 缶詰や 冷凍加工されて出荷されることが多く、莢がついたままの生のグリーンピースを店頭で見るこもあります。 グリーンピースの主な産地は 和歌山県で、全国収穫量の約半分を出荷しています。 次いで、鹿児島県、熊本県、北海道、大阪府などで栽培されています。 えんどう豆とグリーンピースの違いを説明します。 えんどう豆は、 平安時代に中国を経由して伝えられ、当時は 「のらまめ」や 「のまめ」と呼ばれていました。 室町時代には 「園豆」(えんとう)、安土・桃山時代に 「豌豆」(えんどう)という呼び方に統一された由来があります。 したがって、えんどう豆とは、全ての えんどう豆の総称といえます。 明治時代になると、全国各地で えんどう豆の本格的な栽培が始まり、色々な品種が欧米各国から導入されるようになりました。 持ち込まれた種など、品種改良が行われ、現在、店頭で見ることのできるえんどう豆になりました。 グリーンピースは、明治時代にえんどう豆の栽培が盛んになったとき、輸入された品種から派生したものといわれています。 もともとはえんどう豆ですので、完熟寸前まで成長させ、 生の豆だけを食べる呼び名が グリーンピースです。 さやえんどうで、よく知られいる品種のひとつ、 絹さやについてご紹介します。 絹さやは、 実がとても薄く小さい状態のうちに収穫されるえんどう豆のことで、 絹のように柔らかく、 シャキシャキとした食感が特徴です。 全国各地で栽培されている品種で、一年を通して店頭に並んでいます。 スナップエンドウも人気の品種で、グリーンピースを莢ごと食べれるように品種改良されたもので、 アメリカから導入されたさやえんどうの品種です。 スナップエンドウの 莢は厚みがあり、 やや硬くてスジが強く、甘味が強いのが特徴です。 グリーンピースに近い大きさまで育てられた豆は、さやえんどうの中では一番大きく、加熱調理しても莢や豆が硬くならないので、 莢ごと食べることができます。 スナップエンドウは、「 スナックエンドウ」と呼ばれることがあります。 スナックエンドウは、日本でつけられた名前で、 種苗会社のサカタのタネが、種を販売するときにスナックエンドウと名付けのが由来です。 現在、商品として店頭に並んでいるものは、 スナップエンドウと統一されています。 スナックエンドウは、種の名前として流通しています。 そら豆はマメ科 ソラマメ属で、マメ科 エンドウ属に分類されている、 えんどう豆とは違う種別です。 そら豆は、エジプト河流域で4千年以上も前から栽培されていた歴史があり、日本国内には、 奈良時代に伝来した由来があります。 そら豆の 名前の由来は、 莢が空に向けて実ることからつけられたといわれており、春の野菜として日本人にも広く知られています。 未熟なうちに莢のまま収穫し 豆を利用する 青果用と、完熟したものを乾燥させて使う 種実用があります。 そら豆の最もポピュラーなものが 大粒種の 一寸そら豆で、粒の大きさが約一寸(約3㎝)あることから名付けられました。 莢から 豆を取り出し食べる野菜で、 莢や豆の色が鮮やかな濃緑色で、ゆで上がりの色が美しく、色々な料理に使われます。 また、 種実用は、煮豆、おたふく豆、甘納豆などに利用されます。 えんどう豆との違いは、莢と豆の大きさで、青果用、種実用ともに そら豆の方が大きさ育ちます。 そら豆は通常、豆だけを食べますが、栄養が豊富な莢も一緒に食べるレシピもたくさんあります。 いんげん豆は、マメ科インゲンマメ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 「いんげん豆」や 「さやいんげん」と呼ばれることが多く、 関西では3度収穫できることから 「さんどまめ」とも呼ばれています。 いんげん豆は、 南北アメリカ大陸での主要作物となっており、この地域が発祥とされています。 日本には、 江戸時代に中国から伝えたとう由来があり、現在栽培されているいんげん豆は、明治時代に入ってから欧米から導入したものが原種で、国内で品種改良されたものが全国各地で栽培されています。 えんどう豆に似ているといわれているのは さやいんげんで、いんげん豆が成長してしまう前に若採りして莢ごと食べる野菜です。 店頭でよく見るのは、 どじょういんげんや サーベルいんげんなどの 丸い莢のものと、 モロッコいんげんや 平鞘いんげんなどの 平たい莢のものがあります。 さやいんげんとえんどう豆の違いは、全体の太さが均一で張りがあり、えんどう豆に比べ 長いのが特徴です。 最も販売されているのは どじょういんげんで、きれいな緑色をしており、ほんのりと甘味があり、柔らかいのにシャキシャキとした歯触りの食感が特徴です。 いんげん豆の別の使われ方には、 豆だけを利用する場合あります。 餡子をはじめ、 甘納豆や 煮豆に使われることも多く、金時豆、うずら豆、虎豆、大福豆などがあります。 大豆は、マメ科ダイズ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 農作物として 世界中で栽培され、日本には 縄文時代には存在した歴史や記述が残っています。 大豆にはたくさんの種類があり、食材として黄色い大豆の 黄大豆、黒大豆、赤大豆が有名で、 大粒種、 中粒種、 小粒種に分けられます。 大粒種は、煮豆など、 そのまま料理に使われることが多く、 中粒種は、 豆腐、煮豆、味噌などの加工用に使用され、 小粒種は、主に 納豆に使われています。 大豆は成長していく段階でも、食用として収穫され利用されます。 大豆が 若芽として収穫されるのが「 もやし」で、未成熟にうちに 莢ごど収穫されるのが「 枝豆」です。 大豆とえんどう豆がよく似ているところが枝豆です。 枝豆は大豆が成長する途中に収穫される食材で、枝豆として収穫するのに適した品種があります。 国内では「 錦秋」が有名で、豆の粒が大きく美味しい品種です。 莢ごと収穫され莢ごと茹でますが、豆だけを食べます。

次の

エンドウ

エンドウ 豆 の 由来

プロテインの選び方 「プロテイン」とは3大栄養素の1つ「たんぱく質」です。 しかし一般的には、乳や大豆などの食材からたんぱく質だけを抽出してパウダー状にした、 たんぱく質含有加工食品を「プロテイン」と呼ぶのが通例になっています。 一般の食品からたんぱく質を摂ろうとすると、脂質や糖質などその他の栄養素も一緒に摂取しますが、 たんぱく質だけをギュッと凝縮して摂取したい場合、プロテインはとても便利な食品です。 プロテインの原材料には動物由来のものと植物由来のものがあります。 プロテインを選ぶ際には、これが最も重要な選択基準になるでしょう。 動物性プロテインを選ぶか、植物性プロテインか 動物性プロテインとは 動物性プロテインの中で最もメジャーなのは、 乳由来のホエイプロテインです。 カゼインプロテインという、牛乳から脂肪とホエイ(乳清)を取り除いた後の不溶性固形成分から作るプロテインや卵由来のプロテインもありますが、プロテインドリンクとして広く一般的に流通しているのは、圧倒的にホエイプロテインです。 植物性プロテインとは 植物性プロテインと言えば、これまでは 大豆由来のプロテインが一般的でした。 しかし近年は、新しい植物性素材から抽出したプロテインが多く登場しています。 エンドウ豆、ライス、ヘンプ(麻の実)、サチャインチナッツ、そら豆、アーモンドなどから抽出したプロテインなど多彩です。 この中でも、 エンドウ豆由来のプロテインがいま最も注目されています。 ホエイプロテインとは ホエイプロテインには、WPC Whey Protein Concentrate とWPI(Whey Protein Isolate)があります。 WPCはたんぱく質だけでなく、乳糖や乳脂肪分が含まれていますが、 WPIは乳糖・乳脂肪分を取り除いています。 ホエイプロテインのメリットとデメリット ホエイプロテインはアミノ酸バランスが良く、特に BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を多く含みます。 BCAAは主に筋肉で代謝され、筋肉を増やしたり、持久力を向上、筋肉のダメージを回復させるなど、体づくりや運動パフォーマンスアップの効果が期待される必須アミノ酸です。 またホエイプロテインは 吸収スピードが速いため、素早くたんぱく質を吸収したいトレーニング直後の摂取に最適です。 こうした特性から、ホエイプロテインはスポーツニュートリションとして圧倒的な人気を誇ります。 しかしホエイプロテインは、筋肉の発達や血流向上などの役割を果たすアルギニンというアミノ酸が少ないというデメリットを持ちます。 グラスフェッドミルクのホエイプロテイン グラスフェッドミルクを原料に採用した健康志向の強いホエイプロテインも登場しています。 グラスフェドミルクとは、穀類ではなく牧草を食べで育った牛のミルクです。 遺伝子組み換えの穀物を飼料にした牛のミルクを避けたいというこだわりを持つ人の選択肢になるホエイプロテインです。 牧草で育つことで、グラスフェッドミルクはベータカロチンやオメガ3脂肪酸を多く含むと考えられています。 オメガ3は、アレルギーや喘息のような炎症性疾患の軽減やダイエットに有効と考えられています。 ただ、オメガ3脂肪酸などは加熱処理に弱いので、プロテインとして加工するときの加熱の影響は否めないとは思われますが、穀類を食べて育つ牛のミルクを避けたい、健康志向の人は注目のプロテインです。 大豆プロテインとは 大豆プロテイン(Soy Protein)は、 大豆を原料にした植物性プロテインです。 大豆から油脂を取り除いただけのSPC Soy Protein Concentrate とSPI(Soy Protein Isolate)があります。 S PIは油脂と炭水化物を取り除いたもので、たんぱく質の含有率は高いです。 大豆プロテインのメリット・デメリット 大豆プロテインの吸収スピードはホエイプロテインのように速くありません。 そのため筋肥大を望む男性は避ける傾向にありますが、ホエイプロテインにない魅力も多く持ちます。 大豆プロテインはダイエットしたい人にフィットするとよく言われます。 アディポネクチンは糖や脂肪の消費をサポートする働きが期待されるホルモンです。 また、 大豆プロテインは冠状動脈疾患のリスクを減らすということで、アメリカ食品医薬庁(FDA)は健康強調表示を認めています。 女性ホルモンに似た イソフラボンを含むという点では、大豆プロテインは女性人気が高いプロテインです。 ただ、イソフラボンの作用を否定的に捉える人、大豆アレルギーを持つ人は摂取できないのが、大豆プロテインのデメリットに挙げられます。 えんどう豆プロテインとは 大豆のように イソフラボンを多く含まず、アレルゲンにもなりにくいことで人気があるのが エンドウ豆プロテイン(Pea Protein)です。 豆ご飯でおなじみのグリーンピースではなく、黄色エンドウ豆から抽出されるプロテインです。 近年、アメリカではプロテインドリンクのみならず、フェイクミートの原料などにも採用され、人気を得ています。 エンドウ豆プロテインのメリット・デメリット えんどう豆プロテインは、9種類の必須アミノ酸を含む全18種類のアミノ酸をバランスよく含む良質なたんぱく質です。 エンドウ豆プロテインは、 筋肉増強、運動時のエネルギー源として不可欠なBCAA、成長をサポートするリジン、非必須アミノ酸ながら成長ホルモンの分泌や、一酸化窒素の生成に欠かせないアルギニンが多いという特徴があります。 アルギニンは血流をアップし、酸素や栄養素の運搬をスムーズにするので、持久力のアップにも寄与すると考えられています。 エンドウ豆プロテインはメチオニンの含有率が低いので、アミノ酸スコアは100を切りますが、プロテインドリンクとして設計されたものは、メチオニンの多いライスプロテインをミックスしてアミノ酸スコアをアップさせているものもあります。 アルギニン量がホエイプロテインを凌駕することもあり、アメリカではえんどう豆たんぱくを用いたスポーツニュートリションが人気になっています。 ホエイプロテインに比べると吸収スピードが緩やかですが、カゼインよりは吸収スピードが速いのが特徴です。 ホエイプロテインよりも血中のアミノ酸濃度を持続的に高められることをメリットとして生かすと良いのではないでしょうか? アメリカでは環境問題への関心の高まりから、環境負荷が低いエンドウ豆プロテインに注目が集まっています。 たんぱく質のクオリティを示すアミノ酸スコアの高さ、健康や運動機能に寄与するアルギニンの多さ、中程度の吸収スピード、環境負荷の少なさ、アレルギーリスクの低さなど多角度で評価した場合、エンドウ豆プロテインの優秀さが際立ちます。 エンドウ豆プロテインは、今後ますます注目のプロテインになることでしょう。 目的やライフスタイルにフィットするプロテインを選ぼう! ホエイプロテイン、大豆プロテイン、エンドウ豆プロテインそれぞれのメリットがありデメリットがあります。 自分の目的やライフスタイルにフィットするプロテインを選ぶことが大切ですが、その際に重要なポイントは、 たんぱく質原料だけでなく多角度の判断基準です。 同じたんぱく質原料を採用していても、製造方法の違い、付加価値として加えられている成分の違い、甘味料や香料などの副原料の違いで、クオリティに差が生じます。 毎日飲むものだからこそ、味はもちろんのこと 使われている原材料やコンセプトに共感できるプロテインを選びたいものです。

次の