パッティング レール。 パター練習するならこれ!パッティングレールの効果がすごい!

品切れ続出! 松山英樹の快進撃を支える“パット練習器”

パッティング レール

難易度のバランスが素晴らしい• 収納ケースがとても優れている• ゴルフ場の傾斜がある中でも使いやすい という順番に紹介します。 難易度のバランスが素晴らしい まず難易度のバランスが、非常に絶妙なところが素晴らしいです。 似たような商品も多く試しましたが、難易度が難し過ぎて自信を失うような物だったり、簡単過ぎて適当に打っても大丈夫な物だったりしました。 しかしこのパッティングレールはとても良い難易度のバランスで、一定以上のミスした時にはちゃんとレールから落ち、それ以外はしっかりと真っすぐ転がって行きます。 ミスの傾向をしっかりと把握することが出来ますし、絶妙な仕上がりと言っていいですね! 収納ケースがとても優れている パッティングレールは円柱型の丈夫なプラスチックのケースに入っています。 なのでキャディバックの中に入れていても傷ついたり、変形したりする心配がありません。 意外と商品がケースに入っておらず裸の状態で販売されている物が多いので、これは嬉しい配慮と言えますね。 ゴルフ場の傾斜がある中でも使いやすい こういったパットのレール系練習器具は、下のライが完全に平らな状態で無ければ使いづらい物が多いです。 しかしこのパッティングレールは、ボールを置くところのくぼみがしっかりしていて、多少の傾斜なら問題なく使うことが出来ます。 ゴルフ場の練習グリーンなどでも使いやすいので、ぜひ実践してみてください! パッティングレールを買ってよかったことは? とにかくショートパットでミスが激減しました! 真っすぐ打ち出すというのは、一見簡単そうに見えます。 しかし実はゴルフにおいて「真っすぐ向いて真っすぐ打つ」ことは高等技術の1つなんです。 この商品はその両方を自然と練習出来るので、プロになった今でも重宝していますね。 パッティングレールとの出会いを教えてください 市販されている練習器具はほとんど使ったことがありますし、この業界にいれば 「この練習器具いいよ!」 という噂は常に流れてきます。 そのうちの1つですね! 早速購入してみてはや3年、いまだに愛用しています。 パッティングレールはどんな人におすすめしたい? パッティングレールは.

次の

シニアツアーで活躍する代表取締役プロゴルファー・寺西明の正確なストロークを身に付けるドリル

パッティング レール

自宅で一気にゴルフ上達!おすすめのパター練習器具 パッティングで重要なことはストロークでも距離感でもなく「再現性」である。 プロを含め、パッティングが上手なゴルファーのパッティングスタイルには様々な個性があるが、彼らに共通するのは「再現性」が非常に高いということだ。 再現性が高ければ、どんな状況下でも、毎回々同じようなストローク、同じような距離感でパッティングすることができ、おのずとカップインする確率も高くなるのだ。 それでは、我々のようなアマチュアゴルファーが「再現性」を高めるためにはどうすればいいのか? それこそが、今回ご紹介する自宅でのパター練習に他ならない。 自宅での正しい練習方法を知り実践することで、スコアの4割を占めるパターが貴殿の最高の武器になるはずだ。 当記事が、本気でスコアアップを目指すゴルファーのお役に立てることを確信している。 「再現性」を高める練習を心がけよ 重要なことなので繰り返すが、 自宅でパターの練習する目的は「再現性」を高めるためだ。 練習用マットでカップインの確率が100%になったとしても、実際のグリーン上で使える「再現性」が身についていなければまったく意味がない。 自戒の念を込め声を大にして言おう。 儚くも素晴らしい僕たちのゴルフ人生において、練習のための練習をしている時間などないのである! 話を元に戻すが、再現性を高める為の練習とは、「どのようなシチュエーションにおいても自信をもってパットできることを目指すこと」に他ならない。 つまり、常に100%信用できる「アドレス」、「ボールの位置」、「ストローク」、「距離感」を身につけることが重要なのだ。 自宅でのパター練習こそスコアアップの最短ルート 他方、パターに必要なコトとその割合は以下のようになる。 知識:40• メンタル:40• 技術:20 ドライバーやアイアンと違いパターには肉体の差が出ないため、上記に挙げた3つともある程度自宅で習得することが可能なのだ。 これこそが、自宅でのパター練習こそスコアアップの最短ルートと断言できる理由である。 さあ、いよいよう次章からは、パターの「再現性」を上げるために効果があり、 PGAツアープロにも人気の練習器具「パッティングミラー」とその利用方法を詳しく見ていこう。 パッティングミラーでパターが上達する3つの理由 パッティングの正しいセットアップが身につく「パッティングミラー」を使用することのメリットは以下の3つだ。 ボールの正しい位置が「見える」• 目線と肩の正しい水平ラインが「見える」• 正しいストロークが「見える」 つまり、「パッティングミラー」の名の通り、鏡が正しいパッティングを 「見える化」してくれるのである。 「パットの名人は絶対的に自分はパターが上手いと信じている」と言われるが、このパッティングミラーで練習を繰り返すことで、「上手い」とまではいかずとも、「自分のセットアップが正しい」と信じることができ、貴殿のメンタルを確実に強くしてくれるはずだ。 パター上達の革命児!パッティングミラーの使い方 動画:【EYELINE GOLF】パティングミラー スモール|Asahi golf それではここで、パッティングミラーの使用方法と、実際にに使ってみて感じた感想をご紹介しよう。 以下が、パッティングミラーの使用方法だ。 ミラーをターゲット(カップ)に向ける• U字部分にボールをセット• ミラーを上からのぞき込む• 両目をセンターの黒いラインに合わせる• 両肩を手前の赤いいラインに合わせる• パターをボールに対して垂直にセット• フェース面を変えず芯でボールを打つ 文字で書くとわかりにくいかもしれないが、上記のYouTube動画をご覧いただければ一発でご理解いただけるはずだ。 また、以下に僕自身初めて使用してみて感じたことを率直に述べておく。 目標に対して正しくセットアップできていなかった• ボールを左目の下にセットできていなかった• アウトサイドインの酷いカット軌道のストローク つまり、目標に対してまっすぐセットアップできていなかったのだ。 (なるほど、これこそが引っ掛けの原因だったのだ…。 ) 貴殿のセットアップも一度疑って見てほしい。 正しく立ってていなければ、狙ったところにパッティングできるはずがないのだから。 おすすめのパッティングミラー3選 パター上達の効果が反響を呼び、鏡の付いたパター練習器具は、様々なメーカーから発売されるようになっている。 それではここで、おすすめのパッティングミラーを3つに絞ってご紹介しよう。 下記に、CNBCのゴルフ番組で放送されたインタビューの一部をご紹介しよう。 ワイもパッティングミラー使こてるでぇ。 めちゃシンプルやしバッグにはめれて持ち運びも楽やしのぉ。 ちーとこばの練習や、ラウンド開始の5分前には毎度使っておますよってに。 まいど。 こいつのええとこは、両目の場所や目線の位置がごっつええ感じに確認できるし、どなんしてセットアップしたらええんか教えてくれるんや。 ホンマに。 おんなじ形のええ感じのセットアップがいっつもかっつもできんねん。 「こんなん絶対入らんやろっw」って思ってまうような、3メートル~6メートルのバーディパットもボンゴボンゴ入るようになるや。 youtube. その効果のほどは、 世の中に氾濫するありとあらゆるゴルフ練習器具の中でもピカ一とのことである。 下記に具体的な効果を説明しておく。 1ラウンドのパット数が平均9打少なくなった• 自信をもってパッティングできるようになった• 正しいボールの位置などパターの基本が学べた 研修生の間でもパター練習器具が話題沸騰!? さらに、ゴルフショップイシイに通うゴルフ研修生の間でも、このパター練習器具の話題が持ち切りで、あまりの効果に ぶっかけうどん(小)すらも、喉を通らないゴルフ美少女(短パン着用)もいるとかいないとか。 冗談はさておき、パッティングミラーが気になる中四国のゴルファーは、ゴルフショップイシイにて実際の「パッティングミラー」を試してみてはいかがだろうか? 男前でウィットに富んだピロートークが得意なパターフィッターたけちゃんによる、パターのフィッティングや、クラブフィッティングにより、あなたのゴルフライフが一撃で変化することうだろう。 今回は、自宅でお手軽に練習可能で、パター上達に効果のある練習器具をご紹介してきた。 冒頭で述べた通り、パター練習の目的はその再現性を高めることにある。 ただミラーを置くだけで、目線、ストローク、パターフェースの調整ができるようになるパッティングミラーは、貴殿のパッティングの再現性を極限まで高めてくれることだろう。 感覚ではなく、 自分の正しいパッティングが「見える化」できるようになることこそ、パッティングミラーをすすめする最大の理由である。 また、ここで紹介したきた練習器具を活用し、楽しく練習を続けることで、本番のグリーンでも自信を持ってストロークできるようになるはずだ。 さあ、バーディパットをボンゴボンゴ量産できる情報は手に入った。 行動を起こすのか、起こさないのか、は、貴殿次第である。 当記事を作成するにあたり、ゴルフショップイシイのクラブフィッター&パターフィッター、TPI認定インストラクターのたけちゃんには大変お世話になりました。 たけちゃんの卓越したゴルフ理論と、その情熱にはいつも圧倒されっぱなしです。 これからも香川、四国、いや、全国のゴルフクラブに悩むゴルファーの力になってください。 これからも陰ながら応援しています。 また、昨日は午前3時まで、ゴルフと男の生き様談議に付き合ってくれたO島君、次回こそは、君が毎週通っている 【おっパブ】とやらに連れていってください。 貴殿のおごりで。 たけちゃんも誘ってwww。 冗談はさておき、早くぎっくり腰を治して早朝ゴルフにでも行こうではないか! あの日のボロくて汚くて恐ろしくカッコいいクリーム色のオープンカーに乗って。

次の

シニアツアーで活躍する代表取締役プロゴルファー・寺西明の正確なストロークを身に付けるドリル

パッティング レール

また、ストロークに関しては、ターゲット側だけでなく、テークバック側のスパット(目印)も意識し、できるだけスクエアにボールをとらえられるようにしています。 そして、グリーン上で構えたときも、パッティングレールが目の前に表れるように、毎日この練習を必ずやるようにしています。 極めて単純な練習ですが、プロやトップアマはこういう地味な練習を積み重ねることで、パッティングの技術を磨いています。 しかもこのようなストローク練習は、パッティンググリーンでなく室内でもできる練習なので、皆さんも1回5分程度でいいから毎日やったほうがいいと思います。 それともうひとつ、パッティングの精度を上げるためのアドバイスを。 ストロークをする際は、自分が気持ちいいと感じるリズムでパターを動かすことが大事です。 そのリズムを体が覚えていれば、痺れる場面でもいつもと同じようにストロークができるからです。 さらに付け加えれば、体内リズムは歩く速度と合致します。 つまり、自分が普段歩くときのリズムを思い出し、そのリズムでストロークをすればミスの確率も減るというわけです。 スコアアップのカギを握るといっても過言ではないパッティング。 練習そのものはあまり楽しいものではありませんが、スコアを少しでも縮めたいと思っているのであれば、真剣に取り組んでみてはいかがでしょう。 寺西明(てらにし・あきら) 1966年3月28日、兵庫県生まれ。 社会人になってから仕事の付き合いでゴルフを始め、パブリック選手権など競技ゴルフに挑戦。 2015年、49歳の時にプロテスト合格。 16年シニアツアー最終予選会で6位となり、プロとしてシニアツアーに参戦。 17年、いわさき白露シニアで初優勝。 昨年、今年と1勝ずつ挙げる。 ツアー屈指の飛ばし屋だが、得意クラブはパター。 さらに自ら立ち上げた「株式会社明完企工」で社長として会社を経営する異色のプロゴルファーだ。 全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権、全英女子オープン、全米女子オープンなど海外メジャートーナメントの放送実績も。 国内男子ツアー(JGTO)、国内女子ツアー(LPGA)は「とことん1番ホール生中継」のほか大会ダイジェストを多数放送。トッププロが出演する番組やレッスン番組、ゴルフ情報番組、ギア情報番組などオリジナル番組も充実。さらに「ゴルフネットワークプラス」ではスマートフォンアプリやパソコンで見逃し配信でご視聴いただけます。 1年365日、いつでもどこでも、ゴルフみるならゴルフネットワーク!•

次の