スキ マネタイズ 評判。 【評判と口コミはどう!?】スキマネタイズ.comは本当に稼げるのか?検証レビュー

スキマネタイムズ.comは本当に稼げる?詐欺?最新口コミ

スキ マネタイズ 評判

FXの手法の中でも、短時間で利益を上げられて損失も少ない手法「スキャルピング」。 年収で1000万以上稼いでいるFXトレーダーの数だけ、それぞれ独自の投資手法とノウハウがあると思いますが、 この記事では主婦でありながら スキャルピング手法で通算1500万円以上稼ぎ、勝率は8〜9割以上、平均獲得利幅は3〜5pips、のFXノウハウを全て公開しています。 スキャルピングFXという手法で勝ち続けるためには、 時間足、通貨ペア、エントリーポイント、や利食い、損切り、ポジションを持った時にどうするかなどを正しく覚える必要があり、さらにそれらの要素に加えて、自分以外のFXトレーダーの心理を読むことが大切です。 FXを始めたばかりでまだ勝つことが難しいFX初心者の方の為に、難しいインジケーター等は使わず、専門用語を避けて、なるべく簡単で分かり易い表現を使ってスキャルピングFXという手法について紹介していきます。 1日に数十回、多い時には100回以上と繰り返し相場から利益を出します。 ちなみに、英語でスキャルピング(Scalping)は頭皮を剥ぐ、つまり「頭皮を剥ぐように薄い利益を、最小の時間内で確実にもぎ取る」という意味になりますね。 ではそんなスキャルピングFXのメリットやデメリットを見ていきましょう。 メリット スキャルピングFXは1回のトレード時間が短いため、 チャンスさえ見つけられればいつでも利益を出すことができる手法で、トレードできる機会も多いのが特徴です。 そのため、自由に投資できる時間の少ないサラリーマンでも、スキャルピングFXなら仕事終わりにエントリーポイントを待ち、コツコツと利益を積み上げることで、着実に儲かる可能性もあるのです。 また、を保有する時間が短いため、資産を為替変動のリスクに晒し続ける必要がありませんね。 デメリット スキャルピングという手法は 利幅が小さく、細かい取引を何度も繰り返す集中力、状況に応じて即座に利確・損切りをする判断力・分析力が要求されます。 また、デイトレードやスイングといった他の手法と比べて、FX会社のスペックが損益に大きく影響します。 具体的にどういうことかと言いますと、スキャルピング手法は獲得利幅が小さく、取引回数が多くなるため、 FX会社の手数料の違いが勝ち組と負け組とを分ける要因となりうるのです。 しかし逆に言えばスキャルピングならば一度で大損することもないので、そこに関しては安心だともいえますが…。 さてここまでそもそもスキャルピングとは?ということで、基本や仕組みついて解説してきました。 いよいよ次では、実際にスキャルピングFXで勝っていく方法やコツなど、より具体的な話をしていきます。 勝つための時間足、通貨ペア、時間帯の選択 スキャルピングFXで実際に稼ぐために、ここではまずおすすめの時間足や勝てる通貨ペア、そして時間帯の比較をしていきます。 時間足 スキャルピングトレードで見るべき時間足は1分足と5分足の二つで十分です。 リスクを極限まで低くして勝つ確率を高めるには30分足、1時間足などでその大きな流れを確認する事も大切になりますが、極端に言えば1分と5分の二つの時間足を見るだけで利益を上げる事は可能になります。 重要なポイントとして スキャルピングはエントリーしたら数分以内の短時決済が基本で、30分も1時間もポジションを持つ事は絶対的にNGです。 エントリーするタイミングを見極めるための時間足が1分と5分を参考にしているのにも関わらず、ポジションを取り30分~60分以上の間決済しない事は、正しくない、質が低いエントリーをしている事になります。 その場合に見るべき時間足は15分、あるいは30分足に変える必要があるのです。 通貨ペア 日本人であれば 米ドル円をメインにすることで容易に勝ち続ける事は可能になります。 理由は、米ドル円は値動きが緩やかで、ロジック通りになる事が多いからです。 FXのチャートを形成する背後にある物は、FXで売買する方たちであり、お金と言い換える事が出来るでしょう。 売り買いのバランス、どちらの勢いが強いかによって値動きが起きるので、売る人が多いと下がる、買う人が多いと上がって行きます。 特に世界的に見ても結果が速く出て簡単に思えるスキャルピングをFXの入門編として考える人の数が多いのが日本人だと言われています。 他には ユーロ米ドル、ユーロ円、ポンド米ドル、ポンド円もおすすめです。 複数の通貨ペアを見る事により、チャンスの回数も必然的に跳ね上がります。 一つの通貨ペアを見ているだけはエントリーの回数は限られますが、複数の通貨ペアを見る事により利益は飛躍的にUPします。 ちなみに注意点として、 パソコンやスマホ一台のみで複数通貨ペアの取引を行うのはおすすめ出来ません。 通貨ペアの画面を切り替える時に生じるタイムラグによって為替レートが大きく動いてしまう可能性があるからです。 1分足で取り引きするスキャルピングトレーダーにとって、獲物を狙うハンターのように、ロウソク足の僅かな動きすら見逃さないような集中力が要求されます。 そのタイミングを逃さないためにも、私の場合はノートパソコンに1台のモニターを接続してトレードが基本です。 メイン通貨ペアである米ドル円と、他に予備で取り引きしたい通貨ペアを選んで、もう一台のモニター画面に表示させ、画面を切り替えることなくトレードする事により、タイムラグを極限まで減らし、複数の通貨ペアでドンドン稼いでいくことができるのです。 時間帯 スキャルピングをメインの手法として行う時間帯は、日本時間の午後から欧州トレーダーが参加してくる夕方まで、次に欧州市場とニューヨーク市場が重なる午後9時から0時ごろまでです。 ただし、欧州市場とニューヨーク市場が重なる時間帯は取引量が増え、トレンドも発生しやすくなるので、それまでの感覚で逆張りをしていると大きく逆に持っていかれる可能性があるので注意が必要です。 しかし、それもいつかは下げ止まり、上げ止まりがくるので、余裕があればその反発にも狙いを定めます。 特に夜はボラティリティ(値動き)が大きくなるので、数量を少なくして様子見で取引してみるのも良いでしょう。 スキャルピングに適したFX会社を選ぶ スキャルピング手法で稼ごうと思った場合、FX会社の選択はとても重要! 多くのFX会社はスキャルピングのような超短期売買を規約で禁止しており、それを知らずに秒スキャなどを繰り返すと 口座凍結をされてしまいます。 また、一度の取引で獲得するpipsは小さめなので、とにかく スプレッドの狭さと約定力の高さが利益を大きく左右してきます。 そこで今回は、以下の選び方を参考に、スキャルピング手法におすすめなFX業者を選定してみました。 スキャルピングに適したFX会社の選び方• スキャルピングOK• スプレッド原則固定でドル円0. 2銭、ユーロドル0. 4銭、ユーロ円0. 約定スピード最速0. 001秒、約定率99. 1000通貨の少額取引可能• 4年連続「 オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門総合第1位」• キャッシュバック・食品キャンペーンが豊富 その他 「スキャルピング OK」 「スキャルピングに最適」なFX会社は以下の記事でまとめて紹介しています。 FXで勝つために重要な「エントリーポイント」 ではさっそく、1分足と5分足を使って利益を出した私のスキャルピング手法をご紹介していきます。 ちなみにスキャルピング手法のエントリーポイントは、本記事の中でも一番大切な項目の一つ。 少しでもしっかり理解して頂き利益を上げて頂くために、丁寧に説明するので文章が長くなってしまいますが、頑張って最後まで読んで頂きましたら幸いです。 一定の範囲内でジグザグを繰り替えずレンジとは何か?そしてレンジのどのタイミングでエントリーするか、エントリーするために線を引く事をご説明致します。 レンジ相場 レンジ相場とは、上2つの画像のように、ある一定の上下範囲内で、ジグザグにロウソク足が動いている相場状態を言います。 下の画像だと114. 075〜114. 180の約10pipsの範囲内で規則性を持ち上下を繰り返していますね。 この上の線、下の線にロウソク足が触ると反発して、戻って行きます。 そして、戻っていた方向にある線に触れると、また反発して逆方向に戻る、つまり 行って帰って繰り返すのです。 チャートの形が、このレンジにある時こそがスキャルピング手法における絶好のエントリーポイントの目印になります。 ここまでは、レンジの意味は理解して頂けましたでしょうか? レンジを理解したら、レンジのどこでエントリーするかを判断する、重要な天井と底を明確にする方法を説明します。 線を引いて天井と底を分かりやすくする ライントレードが重要だと言われるFXトレーダーの方は少なくないでしょう。 ライントレードとはチャートに、縦、横、斜めに線を入れて、トレードをする目安に使う事です。 ちなみに私がスキャルピングでトレードする場合は、横の線しか使いません。 線を引いて、天井と底を見極める、つまり反発する可能性があるポイントを、一目で分かりやすくするために使います。 慣れてくると、大体この位置が天井だな、底だなと見るだけ分かるようになりますが、慣れないうちは線を引くとエントリーや利食い、損切の精度が高まります。 上の画像の右矢印のところを注目してください。 いきなり下に長いロウソク足で形成して下がりました、そして、すぐ右隣で下がる勢いが一旦弱まったかなと思ったら、その横ですぐに大きなヒゲを付けますが、また下がりました。 このような場合は、市場が、つまり大きなお金を持っている人たち、大多数のFXトレーダーが下がる方向でポジションを取りたがっている気持ちがチャートに反映されていることになります。 そして、ヒゲを付けて、その次では反発して少し上がります。 少ない利益を取りたい場合は、大きく下落した次の次で、また同じ位下がって長いヒゲを付けたところを狙います。 ですが、スグに決済をする判断力が要求されるので、ここでエントリーするのではなく、もう同じ位の位置に下がり、ヒゲを付ける事が3回、4回、5回と繰り返した時が絶好のサインだと思ってください。 次は同じ画像に横の線を引いてみます。 この線を引いた位置を破りたい気持ちと、もうこれ以上は無理でしょう?反発して上がるでしょう?と思っている気持ちがぶつかりあっています。 何度も何度も気持ちがぶつかり合った結果、諦めて上にがって行きました。 このようにラインを引くと、どこで反発するかの目安を一目見て判断出来ます。 反発したらどこまで上がるのか、つぎのエントリーポイントは? 反発して上がって行くと、さっきは下がる方にポジションを取っていたトレーダー達も諦めて上がる方向に便乗するのです。 それにより、チャート見ているトレーダー達は、次は上がる流れだな、どこまで上がるかなと、ほんの数分前まで下がるか下がらないかの判断をしていたのに、気持ちを切り替えてどこまで上がるか?の判断を行うでしょう。 天井の目安は、過去の10~30分を見て一番高い位置でローソク足、もしくはヒゲが付いた位置になります。 「この位置までなら上がる」、そこに触れると反発するとみんな考えているので、そこまで来ると、また同じように「まだ上がる」「もう上がらない、下がるはずだ」の二つの相反する意思が戦います。 力=取引金額が拮抗するので、大きな動きにならず、上がりきらない、下がりきらない繰り返す事が多いですが、反発する場合、結局は上にヒゲを伸ばしながら、ジワリジワリと下がってきます。 複数回ヒゲを伸ばしたのを合図に、市場=大勢のトレーダーは「やっぱりもう上がらないか」と考え、一斉に下がる方向に進むように売りでエントリーをし始めますが、その瞬間を逃さず、エントリーし利益を得て決済すると、次のチャンスがまた訪れます。 次のエントリーポイントは、上の画像にあるように、画像の左側の矢印が指す〇で囲んだ位置です。 下ヒゲを4回位繰り返して反発して、上がっていった位置と、同じ位の位置で反発して上がりだすところが、エントリーポイントの目安になります。 どんな時に底(天井)は破られるのか? 下のチャート画像はジグザグを繰り返した結果下がる例です。 線を引いている位置を目安にして、反発して上がり、反発して戻り下がりをしています。 ですが、この場合は、2回目に下がって来た時に、線を引いた位置よりも少し下で、ヒゲが出たりしているのが確認出来ると思います。 この場合は目安にする底の位置も、自動的に引き下げてください。 画像の右の方で、最後にその位置を超えたので、線を大きく離れて下がって行きました。 一度線を大きく超えると、勢いのままにドンドン、その方向に突き進んで行く場合少なくないので、その場合は、勢いが弱まりヒゲを伸ばすまで様子を見る事が大事です。 テクニカル指標のボリンジャーバンド これまでに説明した画像の中に、真中に白の線が3本、その外側に赤の線が2本、さらに、青の線が上下にあるのが分かりますでしょうか? これは、本記事の冒頭でも取り上げたです。 このボリンジャーバンドもエントリーポイントをどうするかの判断に使います。 画像で説明するとこうです。 このように青い線にタッチすると反発する可能性が高くなりますが、それだけは不十分です。 これに加えて、先ほど説明したように、ヒゲが沢山あるかどうかプラスして見ます。 実際にエントリーするタイミング ここまでご説明したレンジと、レンジの天井と底を見極める方法(線を引く)そしてボリンジャーバンドの2~3番目の線に触れると反発する可能性が高くなること、これらの情報を整理しみます。 まずレンジを見つける• 天井と底に線を引く• どちらかにヒゲが複数回伸びているか?• ヒゲが触れた位置はボリンジャーバンドの3番目の線にタッチした位置付近と重なっているか? そして全ての条件をクリアして、反対方向を向いたロウソク足がヒゲをほとんど伸ばさない形で形成されたら場合にエントリーを行います。 つまりレンジの底だった場合は、ヒゲがほとんどない陽線でろうそく足が形成された後の、次でエントリーをします。 ヒゲ一本で反発の場合もある ちなみに、1回のヒゲで反発する場合もあり、その時も統計論で言うとある程度予想する事が可能です。 それは下の画像を見ると分かるのですが、ロウソク足とヒゲの長さを比べて、極端にヒゲが長い、もしくはロウソク足よりもヒゲが長い場合は、過去の統計的に次のロウソク足で反発する可能性が高いように思われます。 この長いヒゲも覚えておくとエントリーポイントを逃さなくても済み、利益をより多くあげられるでしょう。 「今チャンスだ!」「数分前にこんな絶好のタイミングが来ていたなんて~!!勿体ない!もう少し待てばチャンスが来るかもしれない」と考えて永遠にパソコンやスマホの画面から目が離せなくなってしまいがち。 ですが、 ある程度トレード経験を積んでいない段階で、1日に10~100回位のエントリーをするのはおすすめできません。 その理由は、人間の集中力はそこまで持続しないからです。 どれだけ勝率が高いトレード理論を知っていたとしても、半日以上の長い時間を継続して行うと集中力、判断力、決断力が鈍くなって来ます。 特に、 勝てば勝つほど慢心してしまい、獲得可能なpipsが少ないタイミングやリスクが若干あるタイミングでも、「自分の判断は正しい!今までも成功しているから大丈夫!」と自分に都合の良いように言い聞かせて、質の低いエントリーを繰り返してしまいます。 その結果、反発を狙ったのに、反発せずにバリンジャーバンドの3シグマを突き破り、どんどんバンドウォークして自分の考えた方向とは反対に突き進んでしまい、全く戻って来なかったりすることも珍しくありません。 FX初心者の段階では、エントリー回数を1日に3回とか5回に絞ってみて、長時間パソコンの画面を見ないようにして、短期集中した方が良い結果を残しやすいです。 トレーダー心理を理解する事の重要性 スキャルピング手法を使いこなすためには、トレーダーの心理を理解しておくことが必須です。 例えば、FXのチャートを形成しているのは取引量です。 つまり、取り引きされた売買金額が多ければ多いほど値動きがあり、大きな形のになります。 言い換えればロウソクは人間の意思の表れとも言えますね。 トレーダーがエントリーするタイミング では一般的に他のFXトレーダーさんはどのタイミングでエントリーを行うでしょうか? それはFXの勉強本や、セミナーとかで散々教えられるように、 、、、macd等の過去の統計に基づいて、可能性が高いと思われる値幅の範囲や値動きの傾向を自動で算出してくれるインジケーターです。 「これらのインジケーターを使えば勝てますよ~」と勉強本には必ず書いているので、それを読んだ方は、そのインジケーターを用いて取り引きするようになります。 つまりインジケーターが、未来を予知しているのではなく、インジケーターの仕組みを信じているFXトレーダーたちによって、インジケーター通りの売買を行い、チャートはその通りになってしまうのです。 例えば、ボリンジャーバンドは数あるインジケーターの中でも定番中の定番で初心者の方でもすぐに仕組みを理解出来ます。 上下に三本の線が出現し、どちらかの3番目の線にロウソク足がタッチしたら反発のサインになる理論です。 何故、3番目の線にタッチしたら反発する可能性が高まるのか、私の考えでは勉強本解説サイト、セミナー等でボリンジャーバンドの3番目の線にタッチしたら反発しますよ~と教わるので、その通りにエントリーを皆が行うからです。 なんだか複雑でよくわかないかもしれませんが、預言者の言葉を信じる人たちの群集心理が、預言を現実にしてしまったみたいな感じになります。 上の画像を見てもらえばわかりますが、 上下の青い色の線をタッチしたら反発すると言う理論が信じられていれば、皆がその線ギリギリで決済を行う、あるいは反対方向にエントリーを行います。 その理論を信じているから、その理論通りになってしまうのです。 相場参加者の心理を読むこと 前述しましたように大きなロウソク足を作るのには、大きな金額が動いています。 それこそ、100億~1000億円以上の金額が動いる中で、自分の取引金額が1万円、10万円、100万円程度だとすればチャートには何の影響ももたらしません。 「株価は上がると思う」「いや下がると思う」は自分の考えは関係なく、自分以外の数十万人以上の人がどう考えているのかを他の人の心理を読む事が大切です。 アメリカの景気が悪いと判断されるようなニュースが流れたけど、このニュースを他の人はどう考えるだろうかを考えてエントリーすべきかどうかを決断します。 そんな時に、この統計結果を見ると 自分の考えではアメリカの景気は悪いから、米ドル円は下がるはずだと思って売りでエントリーしても、他の大勢の方たちが反対の事を考えて買いを行うと、あっという間に含み損を抱えてしまいますね。 このように、自分がロウソク足に影響を及ぼせる程の100億、1000億のお金を使って取引を行うのであれば、自分の考えが大切ですが、そうじゃない場合は 自分以外の、大多数のFXトレーダー心理を読むことが極めて重要になり、この点を踏まえてエントリーポイント、利食い、損切りなどを判断する材料にすれば、負ける事はほとんどありません。 ここまでにご説明した心理を読むことの重要性を基本的知識として理解してい頂いたと仮定した上で、より具体的な説明をしていきます。 ポジションを保有したらチャートから目を離すな 一度ポジションを持ったら、決済するまでパソコンやスマホのチャート画面から目を離さない事が大切です。 デイトレードやスイングのように、ポジションを持つと数時間、1日以上は決済しない場合は、パソコンから目を離しても大丈夫ですが、スキャルピングFXは1分1秒で勝負が決まるので、基本的にはパソコンから目を離さないようにします。 テロやミサイル発射等の大事件は為替レートや金利に影響を与えるので、そのような時にポジションを持っていると一瞬で大きく値動きがあり、トイレに行っていた、用事をしていたなんて言い訳を為替市場は聞いてくれません。 自分の資産を守るためにも、わずか数分間なので必ず離れないようにして、ポジションを持って画面から離れるくらいであれば、最初からエントリーを見送りましょう。 同じように 経済指標発表や各国の首相、大統領、大臣、銀行の頭取などの発言にも気を配るようにしましょう。 全世界の要人発言をチェックする必要はないので、最低でもドル円メインの場合は、日本とアメリカの要人の発言をニュース等で調べる癖をつけておいて、ニュースを耳にするとすぐに株価や為替レートはどうなった?と反応出来るように反射神経を鍛えておくと良いです。 余裕があれば、自分が決めた利食いラインに来るまでの間の他の通貨ペアを確認して、次にエントリーするタイミングがあるか目星をつけるのも忘れないようにすると効率がいいです。 スキャルピング手法の利食い条件 スキャルピング手法の利食い条件は、私の場合は 2~5pipsを目安にしています。 この場合の2~5pipsは、スプレッド(手数料)を抜いたぶんの利益幅です。 「ヒロセ通商」のLIONFXを例にご説明しますと、ドル円で買いのエントリーをした場合、0. 3銭のスプレッドが加算されます。 110. 000円で買いのポジションを取ると、111. 003からのスタートになり、0. このスプレッドを含まないで2〜5pipsなので、含んで表現すると2. 3~5. 3pipsで利食いをしますね。 これだけを聞くと、どうせ決済をするなら利益は多い方がいいから5. 3でいいのでは?と疑問に思われる方も大勢おられるかもしれませんが2. 3~5. 3pipsの幅があるのはちゃんと理由があります。 利益を確定するタイミングは、「想定される抵抗線・サポートラインの為替レート」「現在の為替レート」「エントリーする予定の為替レート」の3つにそれぞれどれくらい差があるかによって違います。 例えば、エントリーする位置と、想定される抵抗線までの値幅が6pips~10pipsある場合、その約半分の2. 3~5. 3pipsで利益確定決済(利食い)します。 最初に他のトレーダーの心理を読む事の重要性をご説明しましたが、利食いも同じです。 ほとんどの人が利食いポイントだと定めているライン位置よりも手前で決済をする事により、リスクを軽減させることが出来ます。 ラインはあくまで目安なので、必ずしもそのピッタリとその位置で反発するわけでなく、若干の誤差があります。 いつもラインの位置ギリギリで狙うと、そこまで到達しない場合は、せっかくの利益が減ってしまう事になりかねないので、最初から利益を想定出来る最大の利幅よりも少なく設定して利食いをする事が肝心です。 スキャルピング手法の損切り条件 損切がいかに大事か FX初心者や資金を増やす事が出来ない人は、エントリータイミングの正確性よりも、損切りを正しく行えていません。 誰しも損をしたいと思わず、含み損を抱えると、損切りをしないといけない事は頭の中では理解していても「もう少ししたら損は減るはずだ」「必ずまた戻る」「戻れ!戻れ!」と理論というより、祈りに似た願望だけでチャートを見るようになります。 最初に述べましたたように、ロウソク足を形成する中では自分一人の取引金額は塵同然であり、何の影響ももたらしませんので、自分の祈りや願望はチャートには全く関係がないことになります。 含み損を抱えている時に、反転して損が減ってプラスに好転したとしても、それは自分の祈りが通じた訳ではありません、多くのFXトレーダーの意志が勝った結果であり、その意志には根拠があるのです。 その根拠はチャートの流れや政治的背景など様々な要因が考えられ、そのことだけが重要であり自分のお金が減るか減らないかは正しいトレードには重要ではありません。 難しいかもしれませんが、 自分の定めた含み損ラインを超えたら、迷いなく損切りを行う必要があります。 損切りの目安 では損切りをする目安はどれくらいかをご説明すると、 基本的には5pipsの範囲で収まるようにしています。 これは5pipsの含み損になった時点ですぐに損切りをするということではありません。 なぜかと言うと、 チャートの状況がレンジ状態であれば、自分のエントリーした方向とは反対方向に行ってしまっても戻ってくる可能性があるからです。 自分が利食いをする目安にするラインと逆方向にもラインを引いておいて、そのラインを越えずに徐々に戻ってくる場合は、エントリーした位置まで戻る可能性が高くなります。 反対にラインを越えてしまった場合は、流れが変わり新しくトレンド(勢い)が発生した事になるので、速やかな損切が望ましいです。 そうでなければエントリーした位置から遥かに距離が離れてしまい、損失も膨らみ、「あの時すぐに損切りすべきだった!失敗した~」と嘆く事になってしまうのです。 勝っても負けても同じpipsであれば、勝率が高ければ最終的には利益になります。 例えば、1万通貨の取引で勝率は9割、9勝1敗で一度に獲得する利益は5pipsだとします。 計算式は下記の通りです。 4,500円 - 500円 = 4,000円が残る事になります。 このように損失も計算出来るように、損切のタイミングは固定するようにしましょう。 FX初心者が気をつけるべき4つのポイント トレード初心者の方がスキャルピングで取引する際に気をつけるポイントは4つあります。 欲張らないこと スキャルピングFXは数秒~数分間の超短期で大きな利益を上げられる手法なので、欲望を抑える事が大切です。 私もそうだったのですが、FX初心者の方は勝ちが続くと、自分の判断は全て正しいと過信してしまうようになってしまいます。 過信するとどうなってしまうのでしょうか? 欲望のフィルターが自分の目を曇らせて、確率が甘いタイミングでのエントリーをしてしまい、読みとは反対方向に行ってしまい無駄に損切り。 せっかく利益が出ていても決済の目安になるサポートライン、抵抗線を無視して、「もっと上がれ!」「もっと下がれ!」と願うようになって、結局は利益が減ったり、最悪の場合は損が膨らんでしまいます。 このような失敗談は数多くあり、全て欲望から生まれるので常に「たいやきのあんこだけ食べる、尻尾と頭は必要ない」の心がけを忘れず、利益を確定したら早々に決済を行い、損切りも最初に定めた金額を超えないうちに行うようにしましょう。 時間を忘れない事 時間を忘れてトレードすると、重要な指標発表を見落としがちになってしまう事に対しても注意が必要です。 このままなら1日の利益は凄い金額になると思った時にチャートを見て反発する可能性が高いと判断したので、ショートでエントリーをしました。 ところが、チャートは自分の思った通りに動かずドンドン反対方向である、上に登って行きます。 「ええ?何で?意味が分からない!」と思っている間に、マイナスの金額が一瞬で増えてしまい、その日稼いだ金額を遥かに上回る含み損を抱えた私は、これ以上の損はまずいとすぐさま損切りをしました。 どうしてこんな事になったのか?もしかして何かあったのかな?とヤフーファイナンス等をチェックすると、重要な指標発表があった事に気が付いたのです。 あまりにも連戦連勝したので、 有頂天になりその直前まで覚えていた指標発表を忘れると言う失態を犯してしまい、結局半日以上パソコンの前に張り付いて、物凄く集中して稼いだ利益以上の損を一瞬で出してしまいました。 その時に私は、時間を見る大切さを痛感しました。 ボリンジャーバンドの2シグマ、3シグマに触ったから反発するだろうと言う理論を、無視して破壊する凶悪な力を持つ指標発表は、FX初心者は勿論、スキャルピングトレードを行う全ての方にとって天敵であり、近寄ってはならない存在です。 経済指標発表の数分前にはアラームをセットしておき、気が付くようにしておくと良いでしょう。 一つの通貨ペアだけに集中する事 FX初心者が多くの通貨ペアを同時に見ながらスキャルピングトレードを行うのは非常に難しいと言わざるをえません。 確かに複数の通貨ペアでエントリーを行えば、単純に利益は通貨ペアの数を掛け合わせた金額になり、短期間で大きなお金を稼ぐ事が出来ます。 ですが、複数通貨ペアの特徴や、政治的、地政学的な最新情報まで常にチェックするのはFX初心者の方にとってはハードルが高いでしょう。 例えば米ドル円の場合は、日本とアメリカのニュース等にアンテナを張っておけば大丈夫なのですが、ユーロ円やユーロドルのユーロ絡みの場合は、ユーロ加盟国全ての情報にまで注意を払わないといけませんね。 FXトレーダーは些細なニュースでも敏感に反応して売買を行うので、一見大した影響がなさそうに思えても、チャートの流れを一瞬で変えてしまう場合も多々あります。 最初のうちは、日本人にはなじみ深い米ドル円のみに絞ってトレードを行う事が勝ち続けるための第一歩です。 取引数量を固定すること 少し慣れて来ると、多くの人が取引数量を増やしてしまいがちです。 取引数量を多くすることにより、利益も大きくなるので短期間でお金を増やせますが、反対に短期間で大きなお金を失う可能性も高くなるのです。 例えば、1万通貨の取引をいきなり5万通貨に増やした場合、それで上手くいった時は良いのですが、失敗した時は、一回の利益と損失が一定と仮定すると、単純計算で5倍の損失を出す事になります。 このような事にならない為にもトレード経験が浅いうちには、数量は少なくして固定し、慣れて来て証拠金が増えたら数量も増やし、なおかつ状況に応じて不用意に数量を変える事は避け、固定した数量で取り引きを行うことで負ける確率を減らす事が出来るでしょう。 さてここまで、短期売買手法である スキャルピングFXの基本や注意しておきたいポイントやコツなど、幅広く紹介してきました。 何度も言うようにスキャルピングは短期的な売買を繰り返す手法ですから、さすがに一度の損失で破産をしてしまったり、借金を負うようなことにはならないでしょう。 (2chを見てもあまりそのような書き込みはありませんでした…) むしろFX初心者でも勝てる割合が高い手法だとも言えますので、まずは勉強だと思ってコツコツやっていき、長い時間をかけて自分の手法を確立することをおすすめします。 ちなみに私は良い書籍を読んで勝てる手法を研究しました。 ともにamazonで売っていますので、是非参考にしてみてください。

次の

《唖然》SMC松宮義仁ソーシャルマネタイズクラブでの問題発言 | ブチコのネットビジネス副業情報ネタバレブログ

スキ マネタイズ 評判

まだこのブログをはじめて間もないけれど、 アクセス数も順調に伸びていて嬉しい限りよ。 松宮義仁氏のSNS現金化プロジェクト関連のお問い合わせも 早速いただいているし、 今日も張り切ってレビューしていくわよ! そうそう、 「松宮義仁」でググってみたら、 以前は表示されていたネガティブ系のキーワードが Googleサジェストから消えていたわよ~ おそらく今回のオファーに備えて、 お金を支払って消した可能性が高いと ブチコはにらんでいるわ。 jp 目次• インスタグラムのプロフィール欄に アフィリエイトリンク貼っただけで300万も稼げるってw SNS現金化プロジェクト【第3章】 SNS現金化プロジェクトで使うSNSは、 インスタグラムということが、前回、明らかになったわね。 インスタグラムは、ハッシュタグが基本になり、 ハッシュタグで私はこれに興味がありますよって 名札つけているようなものだとか。 「お金が無い」っていうハッシュタグでつぶやいている人が 1万人以上いて、お金が欲しいわけだから、 そこにお金が稼げる情報ありますよってアプローチすれば、 見にくるんだって。 インスタグラムは、メールアドレスさえあれば、 匿名で何個でもアカウントが作れるって強調していたわね。 アクセスさえくればお金に変える方法はいくらでもあるが、 第一弾はアフィリエイトで稼ぐんだとか。 インスタグラムのプロフィール欄には、 アフィリエイトリンクが貼れる。 他にも貼れるがアクティブになっていない。 松宮氏は、「それだけでも300万はいける」って言っていたけれど、 インスタグラムのプロフィール欄に アフィリエイトリンク貼っただけで300万も稼げるって、 いくつアカウント作って、どの程度に育てて、 何をアフィリエイトさせる気かしら? またオプトインアフィリエイトがメインだったりしてw プロフィール欄にオプト(無料オファー)の アフィリエイトリンク貼るのって微妙じゃない? 自動でも出来るが、ツールをぶち込むって言っていたわ。 インタビュアーの藤沢涼氏が 何だかいつもよりご機嫌で、 ノリノリで話していたのが印象的だったわw インスタゴッドを回せば誰でも稼げちゃう?? SNS現金化プロジェクト【第4章】 第4話の動画でようやく 松宮氏の開催する塾の名前が出てきたわよ。 名称はSMC、「ソーシャル・マネタイズ・クラブ」だって。 エス・エム・クラブじゃなかったのね(笑) 「塾じゃなくてクラブ」 「仲間」「ファミリー」ですって強調していたけれど、 どっちだって同じじゃない? 塾生だって、クラブ生だって、大事にしてもらわないとね! SMCで使うインスタグラムの集客ツールの名前は、 「インスタゴッド」ですって~ ずいぶん神がかった名前じゃないの。 インスタゴッドを回せば誰でも稼げちゃうだってw そのツール本当に大丈夫なの? 一斉に大勢の人が使っても特に問題ないのかしら? インスタグラムのツールと言えば、 少し前にオファーしていた 中村直人氏のロイヤルファミリーでも インスタグラムの集客ツール使うって言っていたわね。 中村直人氏のロイヤルファミリーと 松宮義仁氏のソーシャル・マネタイズ・クラブが 同じような時期にインスタグラムに乗り込むわけね。 インスタグラムが荒らされて、 早々に対策される可能性も濃厚だと思うわ。 インスタグラムは、フェイスブック社に数年前に買収されたからね。 フェイスブックが対策されてしまったように、 インスタグラムもすぐに稼ぎにくくなると思うわよ。 松宮氏も、インスタグラムで稼げるのは、 半年だと想定しているようだけどね。 松宮義仁氏は、 今は、10年に一回くらいのタイミングで、 「稼げる人は初月から50万」なんて言っているけれど、 SNSのアフィリエイトで初月から50万なんて、 現実的な数字とは思えないわ。 一流のトップアフィリエイターならまだしも、 SMCを購入するような方は、 圧倒的に初心者が多いでしょうから。 唖然!ネットワークの養分にならないで欲しいって~ アタシが唖然としたのは、この発言。 読んでくれてありがとう! 松宮氏の「SNS現金化プロジェクト」の最終話を見たら、 また続きをレビューしていくわね。 楽して簡単に稼ぎたいという人は、 まだネットビジネスで稼ぐ思考になっていないので、 見送ってもらって構わないわ。 稼ぐ覚悟が出来たらまたいらしてね。

次の

入家祐輔の『ebay転売コミュニティ3.0』は稼げるのか?【検証と評判】

スキ マネタイズ 評判

皆さんは、 「マネタイズ」という言葉をご存知だろうか? なんとなく聞いたことはある、でも「何?」と聞かれると困るという方もいると思う。 「マネタイズ」とは、無料で提供するサービスから収益を得ることを意味する。 インターネットの普及により、ビジネスのあり方も変化してきた。 まさにマネタイズもその一つと言える。 そして、そのマネタイズの中でも、好きなことを隙間時間に行って収益を得ることを 「スキマネタイズ」という。 現代人は皆忙しい。 その中でも本業の仕事以外のスキマ時間に、好きなことで簡単に収益を上げようという人に、今スキマネタイズはブームになっている。 この記事では、スキマネタイズの方法と副業の例、失敗しない戦略を紹介していく。 マネタイズとは マネタイズは、IT用語として主に 「ネットの無料サービスから収益を上げる」という意味で使われる。 また、使われ始めたのが2007年ごろと言われるので、馴染みがないのも不思議ではない。 最近の副業ブームで、 「スキマネタイズ」という言葉でも浸透しつつある。 改めてネットでの無料サービスといわれてもピンとこないかもしれないが、検索エンジンやニュース、メールサービスなど当たり前に使用しているものが該当する。 こうしたサービスは、無料だから雑で内容が薄いわけではなく、むしろ安心して利用ができるからこそ、マネタイズとなるポイントがあり収益化することができる。 どこでマネタイズできるのか 収益とは、サービスなど価値あるものを提供することで得るものだ。 つまり、マネタイズを行うには、 「収益になるポイント」を見極める必要がある。 このポイントを間違えると、収益を上げることはできないし、無料サービスに対する評価も下げてしまう可能性がある。 見極めて、失敗しないためには、2つのことを行う必要がある。 2-1. 市場調査にてサービスを決める 現在のネットには無料サービスが数多く存在している。 同じようなサービスを始めたからマネタイズできるとは限らない。 同様に、未開拓であるからマネタイズできるとも言えないだろう。 まずは、世の中の動きなど徹底した 市場調査を行う。 求められているサービス• マネタイズできるポイント• 必要としている人 この3つに的を絞って市場調査を行っていこう。 2-2. ターゲットとなる人物を決める 無料サービスは、性別・年齢問わず利用されている。 しかし、これは 「ここまでになった」という結果でもある。 最初に、 「このサービスを一番必要としてくれるターゲット」を考える必要がある。 SEO対策のような「20代女性未婚」というターゲットよりは、さらに具体的にターゲットを決める必要がある。 曖昧なままでは、マネタイズとなるポイントもブレてしまうのだ。 ターゲットを細部まで決めることで、 「サービスの提供範囲が狭くなるのでは?」と、懸念されるかもしれない。 でも、その心配は無用だ。 市場調査にて必要とされていることは明確なので、 「性別・年齢・居住地・結婚の有無・職業・生活パターン・性格」この程度の内容は、具体的に決めてもよい。 スキマネタイズできるサービスの例 3-1. アプリ制作 アプリとは、スマートフォン(Android、iPhoneなど)やタブレットなどに入れて使えるソフトウェアのことで、OS上で動くソフトウェアのことを意味する。 今はアプリ自体を簡単に作れるアプリがあるので、スキマ時間に簡単にできると人気だ。 おすすめは Monacaは人気の無料アプリ開発ツールだ。 ビジネス向けのプランは有料だが、まずは無料で作ってみたいという方には手軽に導入できるのでぜひやってみてほしい。 人気アプリになると、1本で月に100万円近く稼いでいる人もいるので、日頃から世の中にあったら便利になるようなアイディアを思いついたらメモしておこう。 3-2. ラインスタンプ制作 スマートフォン(Android、iPhoneなど にインストールして使うアプリであるLINEを使った副業が今流行っている。 「LINEで1日3万円」などの怪しい広告も出回っているが、ほとんどが詐欺なので読者の方は注意をしてほしい。 LINEを使った副業として安全なのは、スタンプを作成することだ。 人気スタンプになり、たくさんダウンロードされるとシリーズ化して毎月数10万円稼ぐことができるのが人気だ。 一度作ればほったらかしでも稼げるのがスキマネタイズにぴったりではないだろうか。 具体的な戦略について マネタイズできるサービスなどが決まったら、マネタイズできるポイントの戦略を考えよう。 マネタイズで必要なのは、 「自然であること」だ。 ターゲットを始めとするユーザーの興味を持たせ、「気になる!必要だ!」という流れを作ることだ。 その仕組みを作るためには、以下のことを考えて戦略を立てるとよい。 4-1. リサーチを兼ねたユーザーの確保 無料のサービスの質が高いのは、ユーザーを確保することが目的だからである。 最初からマネタイズすることが見えない無料サービスでは、ユーザーは定着しないだろう。 ユーザーに喜ばれるサービスとして、3つのことが挙げられる。 便利なサービス• また利用したい・使いたいと思うサービス• お金がかからないサービス 同じサービスを無料と有料で提供した場合、ほとんどの人が無料を選択をするだろう。 お金を払うサービスには少し抵抗を感じるのが、人の行動心理として当然のことだ。 サービスの利用を繰り返すことで、ユーザー側も利用方法を理解してくる。 そこで「ここであれができたらいいな」と思う部分が必ず生まれる。 このポイントがマネタイズとなる。 こんな風に思ってもらうことでサービスは継続して利用され、ユーザーを確保していくであろう。 無料サービスにてユーザーが確保できたら、予め決めておいたマネタイズについてリサーチする。 思うような収益を得られていない場合には、ポイントがズレていたり価格設定に問題があることが考えらる。 もしくは、新たなマネタイズできるポイントが見つかることもあるだろう。 こうしたリサーチは繰り返し行うことで、無料サービスの質も上がるのでユーザー確保にも役立つ。 4-2. 無料と有料の差別化 マネタイズまで考えられている無料サービスは、無料のままでも十分に利用できるだけのクオリティがある。 実際に、検索エンジンにお金をかける人はいないし、記事が有料であれば読まない人もいる。 決してこれは失敗ではなく、ここに 無料と有料を差別化するポイントがあるだろう。 有料となるサービズは、特別である必要はない。 むしろ「痒い所に手が届く」ような、「これができたらいいな」ぐらいであることで、自然な流れとなり受け入れやすくなるだろう。 さらに可能な限り、有料サービスをリピートしてもらえるように、ユーザーに満足させることが必要である。 4-3. コンテンツの質は下げない 無料サービスを提供し続けることは、思うほど簡単ではない。 できることなら早く、マネタイズさせて収益化したいはずである。 運営上苦しいことを理由にコンテンツの質を下げてしまうと、ユーザーはあっという間に離れてしまいますし、マネタイズするポイントに魅力がなくなるだろう。 ユーザー確保は時間がかかるが、少しでも早くマネタイズさせることも必要である。 無料サービスにおけるコンテンツの良さが、マネタイズを支えていると言っても過言ではない。 マネタイズの4つの手法 マネタイズには4つの手法がある。 一つずつ聞いてみると、「おぉー」と納得できる手法ばかりだろう。 4つの手法についてご紹介していく。 5-1. 広告モデル ネットサービスを利用する際、WEBサイトのサイドバーなどに広告が表示されていることがある。 これは、広告主となるクライアントが依頼して出稿しているからだ。 広告と聞けばチラシや看板などをイメージしがちだが、アナログな手法よりユーザーが多いWEBサイトを狙って出稿する方が、成果に大きな違いが出る。 広告のタイプとしては3つある。 検索連動型広告• クリック報酬型広告• 成果報酬型広告 検検索することで広告が表示される 「検索連動型広告」、バナー広告に用いられる「 クリック報酬型広告・成果報酬型広告」がある。 5-2. 課金モデル より質の高いサービスを求めたり、より便利になる機能を使用するために、一部有料サービスを提供することをいう。 分かりやすい例としては、 ゲームの課金システムだ。 プレイできる回数が増やせたり、レアなアイテムを購入できたりと無料では不可能だったことが可能となり、よりゲームが楽しめるのでユーザーの満足度も上がるだろう。 また、有料会員だけに提供できるサービスは、「限られた人にだけ」という優越感がある。 音楽配信など、会員のランクによってダウンロード回数が無制限になるので、ユーザーは、その価値に対して対価を払うことになる。 5-3. ECモデル ECサイトで、 商品を提供して対価として収益を得ることをいう。 さらには、楽天やAmazonなどの有名ECサイトに出店することで知名度も上がる。 類似品が多い中で、クオリティが高いなど特化した商品が提供できたら、大きな収益になる。 5-4. 仲介モデル 提供する商品、サービス、情報について買い手を見つけ、 契約を成立させ収益を得ることを仲介モデルという。 必要となるのは、提供する「売り手」と、探している「買い手」です。 割合としては「売り手」を多くする必要がある。 マッチングプラットフォームとも呼ばれ「フリマアプリ」や「オークション」は仲介モデルに該当する。 想像がマネタイズになる マネタイズで大切なのは 「こんなサービスがあったらいいな」を実現させることだ。 マネタイズの手法にもあるように、収益となるところは 「あぁー、気づかなかった」と、口に出してしまうようなポイントでもある。 実現不可能なことでも、クリエイターによって可能になるだろう。 情報やアイデアを共有することで、マネタイズとさせることができる。 日常に当たり前のように存在することも、さらに良くなるように想像してみることもマネタイズへの近道である。 まとめ マネタイズは、提供するサービスの中で得られる収益であることが分かった。 物を売る仕組みとは違い、ユーザーの満足度を維持しながら対価として得られる仕組みだとも言える。 日本においては、サービスを提供されてチップを支払うというシステムが、ほとんどない。 明確な金額が提示されない、得られた対価にお金を払うということは苦手かもしれないだろう。 しかし、手法を知ると意外と身近にあり、自然と利用していることにも気づかされる。 この自然な流れにおけるマネタイズなら、日本人にも受け入れやすいので企業もマーケティングと同様に取り組めるのではないだろうか。 想像豊かに一度チャレンジすることをおすすめする。 This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

次の