トリ メチロール プロパン。 トリメチロールアルカンの製造方法

トリメチロールプロパン

トリ メチロール プロパン

27、政府向けGHS分類ガイダンス(H20. 5版)を使用 物理化学的危険性 火薬類 分類対象外 可燃性・引火性ガス 分類対象外 可燃性・引火性エアゾール 分類対象外 支燃性・酸化性ガス類 分類対象外 高圧ガス 分類対象外 引火性液体 区分外 可燃性固体 分類対象外 自己反応性化学品 分類できない 自然発火性液体 分類できない 自然発火性固体 分類対象外 自己発熱性化学品 分類できない 水反応可燃性化学品 分類対象外 酸化性液体 分類対象外 酸化性固体 分類対象外 有機過酸化物 分類対象外 金属腐食性物質 分類できない 健康に対する有害性 急性毒性(経口) 区分外 急性毒性(経皮) 区分外 急性毒性(吸入:ガス) 分類対象外 急性毒性(吸入:蒸気) 分類できない 急性毒性(吸入:粉じん) 分類対象外 急性毒性(吸入:ミスト) 分類できない 皮膚腐食性・刺激性 区分2 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性 区分2A 呼吸器感作性 分類できない 皮膚感作性 区分1 生殖細胞変異原性 区分外 発がん性 分類できない 生殖毒性 分類できない 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) 分類できない 特定標的臓器・全身毒性(反復ばく露) 分類できない 吸引性呼吸器有害性 分類できない 環境に対する有害性 水生環境急性有害性 分類できない 水生環境慢性有害性 分類できない ラベル要素 絵表示又はシンボル 注意喚起語 警告 危険有害性情報 皮膚刺激 強い眼刺激 アレルギー性皮膚反応を引き起こすおそれ 注意書き 【安全対策】 取扱い後はよく手を洗うこと。 適切な保護手袋を着用すること。 適切な保護眼鏡、保護面を着用すること。 ミスト、蒸気、スプレーの吸入を避けること。 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。 【応急措置】 皮膚に付着した場合、多量の水と石鹸で洗うこと。 皮膚に付着した場合、皮膚刺激が生じた場合、医師の診断、手当てを求めること。 皮膚に付着した場合、汚染された衣類を脱ぐこと。 汚染された衣類を再使用する前に洗濯すること。 眼に入った場合、水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼に入った場合、眼の刺激が持続する場合は医師の診断、手当てを受けること。 皮膚に付着した場合、皮膚刺激又は発疹が生じた場合は、医師の診断、手当てを受けること。 【保管】 データなし 【廃棄】 内容物、容器を都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託すること。 皮膚に付着した場合 多量の水と石鹸で洗うこと。 汚染された衣類を脱ぐこと。 汚染された衣類を再使用する前に洗濯すること。 皮膚刺激又は発疹が生じた場合は、医師の診断、手当てを受けること。 目に入った場合 水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合 口をすすぐこと。 気分が悪い時は、医師の診断、手当てを受けること。 予想される急性症状及び遅発性症状 データなし 最も重要な兆候及び症状 データなし 応急措置をする者の保護 データなし 医師に対する特別注意事項 データなし 5.火災時の措置 消火剤 泡消火剤、粉末消火剤、炭酸ガス、乾燥砂類 使ってはならない消火剤 棒状放水、水噴霧 特有の危険有害性 熱、火花及び火炎で発火するおそれがある。 激しく加熱すると燃焼する。 火災時に刺激性、腐食性及び毒性のガスを発生するおそれがある。 特有の消火方法 危険でなければ火災区域から容器を移動する。 容器が熱に晒されているときは、移さない。 安全に対処できるならば着火源を除去すること。 消火を行う者の保護 適切な空気呼吸器、防護服(耐熱性)を着用する。 6.漏出時の措置 人体に対する注意事項、保護具および緊急措置 全ての着火源を取り除く。 直ちに、全ての方向に適切な距離を漏洩区域として隔離する。 関係者以外の立入りを禁止する。 密閉された場所に立入る前に換気する。 環境に対する注意事項 環境中に放出してはならない。 回収・中和 不活性材料(例えば、乾燥砂又は土等)で流出物を吸収して、化学品廃棄容器に入れる。 封じ込め及び浄化方法・機材 危険でなければ漏れを止める。 二次災害の防止策 すべての発火源を速やかに取除く(近傍での喫煙、火花や火炎の禁止)。 排水溝、下水溝、地下室あるいは閉鎖場所への流入を防ぐ。 7.取扱い及び保管上の注意 取扱い 技術的対策 『8.ばく露防止及び保護措置』に記載の設備対策を行い、保護具を着用する。 局所排気・全体換気 『8.ばく露防止及び保護措置』に記載の局所排気、全体換気を行う。 安全取扱い注意事項 取扱い後はよく手を洗うこと。 ミスト、蒸気、スプレーの吸入を避けること。 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。 皮膚との接触を避けること。 眼に入れないこと。 接触回避 データなし 保管 技術的対策 消防法の規制に従う。 混触危険物質 データなし 保管条件 酸化剤から離して保管する。 特に技術的対策は必要としない。 容器包装材料 データなし 8.ばく露防止及び保護措置 管理濃度 未設定 許容濃度 ばく露限界値、生物学的ばく露指標 日本産衛学会(2007年版) 未設定 ACGIH(2007年版) 未設定 設備対策 この物質を貯蔵ないし取扱う作業場には洗眼器と安全シャワーを設置すること。 作業場には全体換気装置、局所排気装置を設置すること。 保護具 呼吸器の保護具 適切な呼吸器保護具を着用すること。 手の保護具 適切な保護手袋を着用すること。 眼の保護具 適切な眼の保護具を着用すること。 皮膚及び身体の保護具 適切な保護衣を着用すること。 衛生対策 取扱い後はよく手を洗うこと。 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。 C (NFPA 13th, 2006 ) 自然発火温度 データなし 燃焼性(固体、ガス) GHS定義による液体 爆発範囲 データなし 蒸気圧 0. 2009 ) 蒸気密度 データなし 蒸発速度(酢酸ブチル=1) データなし 比重(密度) 1. 2009 ) オクタノール・水分配係数 2. 75 (GESTIS Access on Dec. 2008 ) 分解温度 データなし 粘度 データなし 粉じん爆発下限濃度 データなし 最小発火エネルギー データなし 体積抵抗率 導電率 データなし 10.安定性及び反応性 安定性 法規制に従った保管及び取扱においては安定と考えられる 危険有害反応可能性 データなし 避けるべき条件 データなし 混触危険物質 データなし 危険有害な分解生成物 データなし 11.有害性情報 急性毒性 経口 ラットのLD50値=3. 84〜7. 89〜10. 吸入 吸入(ガス): GHSの定義における液体である。 生殖細胞変異原性 マウスの13週間の経皮投与による末梢血小核試験(体細胞 in vivo変異原性試験)の結果が陰性 NTP DB Access on Feb. 2009 であることから区分外とした。 なお、エームス試験(in vitro変異原性試験)についても陰性(NTP DB Access on Feb. 2009 )である。 発がん性 マウスを用いた80週間の経皮試験で、塗布した部分に軽度の脱毛と50匹中46匹が表皮の肥厚、38匹に真皮の繊維化が見られたものの腫瘍化しなかった(NTP GMM 3 2005 )とあるが、他の動物種および経皮試験以外のデータがないことより分類できないとした。 生殖毒性 ラットの器官形成期に経口投与した試験において着床後の死亡率増加が認められているが(RTECS 2003 )、リスト3のデータしかなく分類できないとした。 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) データなし 特定標的臓器・全身毒性(反復ばく露) データなし 吸引性呼吸器有害性 データなし 12.環境影響情報 水生環境急性有害性 データなし 水生環境慢性有害性 データなし 13.廃棄上の注意 残余廃棄物 廃棄の前に、可能な限り無害化、安定化及び中和等の処理を行って危険有害性のレベルを低い状態にする。 廃棄においては、関連法規並びに地方自治体の基準に従うこと。 汚染容器及び包装 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規並びに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 14.輸送上の注意 国際規制 海上規制情報 該当しない 航空規制情報 該当しない UN No. 該当しない 国内規制 陸上規制情報 消防法の規制に従う。 海上規制情報 該当しない 航空規制情報 該当しない 特別安全対策 移送時にイエローカードの保持が必要。 食品や飼料と一緒に輸送してはならない。 輸送に際しては、直射日光を避け、容器の破損、腐食、漏れのないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。 重量物を上積みしない。 緊急時応急措置指針番号 15.適用法令 消防法 第4類引火性液体、第三石油類非水溶性液体(法第2条第7項危険物別表第1) 16.その他の情報 各データ毎に記載した。.

次の

トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン(化粧品):Cosmetic

トリ メチロール プロパン

TMP とはどういう意味ですか? TMP は トリメチロールプロハントリアクリ プロパン を表します。 英語以外のバージョンの トリメチロールプロハントリアクリ プロパン を表示する場合は、下にスクロールすると、英語で トリメチロールプロハントリアクリ プロパン の意味が表示されます。 TMP の省略形は、銀行、コンピューティング、教育、金融、政府、健康などの業界で広く使用されています。 TMP に加えて、トリメチロールプロハントリアクリ プロパン は他の頭字語では短い場合があります。 TMP は トリメチロールプロハントリアクリ プロパン を意味します。 略語と頭字語の最大のデータベースに TMP の頭字語を記載することを誇りに思います。 次の図は、英語の TMP の定義の 1 つを示しています: トリメチロールプロハントリアクリ プロパン。 画像ファイルをダウンロードして印刷したり、電子メール、Facebook、Twitter、TikTokを介して友達に送信したりできます。 英語で定義:trimethylol propan TMPの他の意味 トリメチロールプロハントリアクリ プロパン 以外にもTMP には意味があります。 これらは、以下の左側にリストされています。 下にスクロールしてクリックすると、それぞれが表示されます。 TMP のすべての意味について "More" をクリックしてください。 英語版にアクセスしていて、トリメチロールプロハントリアクリ プロパンの定義を他の言語で表示する場合は、右下の言語メニューをクリックしてください。 アラビア語、デンマーク語、オランダ語、ヒンディー語、日本、韓国語、ギリシャ語、イタリア語、ベトナム語など、他の多くの言語で トリメチロールプロハントリアクリ プロパン の意味が表示されます。

次の

トリメチロールプロパン

トリ メチロール プロパン

CAS 4420-74-0, molar mass 196. H317: アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ H411: 長期継続的影響によって水生生物に毒性。 注意書き P262: 眼,皮膚,衣類につけないこと。 P273: 環境への放出を避けること。 P280: 保護手袋を着用すること。 注意喚起語 警告 RTECS TZ7800000 保管分類 10 - 13 他の液体および固体 WGK WGK 3 非常に水を危険にする 廃棄について 6 Sulfides and sulfites as well as other reducing substances, inorganic cyanides and isonitriles: Stir into sodium hypochlorite solution Cat. 105614 and, if necessary, leave to react for several days. Caution: some substances may show a violent reaction! Draw off any toxic or flammable gases that may be formed. Excess oxidant should be neutralized with sodium thiosulfate Cat. 106513. Container D or E. 皮膚接触による感作を起こすことがある。 水生生物に有毒であり、水中環境に長期の悪影響を及ぼすことがある。 S フレーズ S 24-37-61 皮膚との接触を避ける。 適切な手袋を着用すること。 環境中への放出を避ける。 特別指示または安全データシートを参照すること。 055 - 1. 057 Identity IR passes test.

次の