アマゾン 置き 配 設定。 Amazonの置き配は”利用しない”設定をしても勝手に玄関に置かれることがある

【解説】Amazonの置き配を使った感想とやり方まとめ!盗難や指定方法についても説明する

アマゾン 置き 配 設定

目次 1. Amazonの「置き配」サービスとは アマゾンの置き配サービスとは、 受取人の在宅・不在にかかわらず、指定した場所へ荷物を配達してくれ、 サイン不要で配達完了するサービスのことである。 より 昨今、ネットの通販サービスにおける再配達問題は社会問題にもなりつつある。 amazonを中心として、ネット通販を利用する人が大幅に増えたことにより、配達業者の再配達にかかるコストも増えてしまった。 この問題に対し、amazonは今回の「置き配」サービスを導入したわけである。 Amazon置き配サービスの指定・設定方法 では、続いてamazonの置き配サービスに関して、指定・設定方法のやり方をお伝えしていく。 まずは、商品を注文していく。 住所や支払い方法を選択していくと、注文確定画面までたどり着く。 そして、お届け先住所の下に「置き配指定」という部分がある。 好きな場所を選択し、保存すると画面に反映される。 置き場所指定された状態で注文を確定させれば、置き配指定が完了する。 その他にも、商品発送後、配送状況の確認画面や配達通知から置き配を指定することもできる。 詳細はのページにて確認しよう。 これで置き配サービスを使い、受け取りまで完了した。 ここからが感想になるが、正直に述べると、 「補償されるとはいえ、荷物なくなってねぇかな・・」 と若干不安になった。 不在伝票からの再配達の煩わしさが無くなるものの、もし盗難された場合は、補償してもらうための対応がより面倒くさそうだなあ・・と思ったわけである。 コンビニ受け取りとどちらが良いか 僕は普段、amazonの配達方法として、コンビニ受取を使っている。 再配達のデメリットとして、以下の点があるからだ。

次の

Amazon『置き配』の使い方 しない設定、キャンセル方法、盗難リスクは?

アマゾン 置き 配 設定

アマゾン置き配指定とは• 不在時でも自分の指定した場所に荷物を置いていってくれる。 サイン不要でOK• 希望者には配達完了メールにて写真で確認ができる。 アマゾンの置き配指定を利用する場合の設定方法は? 置き配指定をする場合、4種類の画面から設定が可能です。 その1 注文確定画面から設定 注文確定前の確認画面から指定することが可能です。 その2 配達の通知画面から設定 プッシュ通知から配送状況確認画面へアクセスし、置き配指定を行ないます。 その3 配達状況確認画面にて設定 商品が発送されたあとでも指定が可能です。 注文履歴から配達状況確認画面へアクセスします。 その4 注文画面にて(PC・タブレットのみ)設定 パソコンやタブレット端末からの場合は注文時に指定が可能です。

次の

Amazonの置き配を拒否する方法/注文後に置き配をキャンセルする方法も紹介します。

アマゾン 置き 配 設定

Amazonの置き配を拒否して商品を直接受け取りたいんだけど、どうやって設定すればよいのかな? 2020年3月23日から30都道府県でスタートしたAmazonの置き配サービス。 玄関前や指定した場所に商品を置いて配達終了。 自宅不在時でも確実に商品を受け取ることができる便利なサービスですが、 高額商品や精密機器など、盗難・破損のリスクが高い商品や、そもそもほとんど自宅にいることが多い方などは、今まで通り直接商品を受け取りたいこともありますよね? そんな場合は、 Amazonから注文をする際に置き配指定を拒否することも可能です。 この記事では、Amazon置き配を拒否する(利用しない)方法を解説します。 Amazonの置き配を拒否(利用しない)する注文方法 Amazonの置き配を利用したくない場合は、注文時に簡単な設定をすることで置き配を拒否することができます。 パソコンから置き配を拒否する方法 Amazonで商品購入手続きを進め、決済の直前 最後の注文内容確認の画面で、 置き配指定の変更をクリックします。 置き配を利用しないを選択し、保存をクリック。 このまま注文を確定すればOKです。 スマホから置き配を拒否する方法 スマホの場合も、手順はほぼ同じです。 置き配指定をタップして、 置き配を利用しないを選択し、保存をタップ。 このまま注文を確定しましょう。 注文後に置き配を拒否に変更する方法 注文後の置き配の拒否ですが、注文画面から変更が可能なようです。 まとめ 以上、Amazonの置き配を拒否する設定方法を紹介しました。 在宅することが多い方や、高額商品・精密機械を玄関前に放置したくない方など、ケースバイケースで置き配拒否設定を活用してみてください。

次の