スクール オブ ロック ミュージカル。 ミュージカル『スクール・オブ・ロック』あらすじ&感想【ブロードウェイ ロングラン作品】

Sky presents ミュージカル『スクールオブロック』【東京公演・10回目】 : イベント情報

スクール オブ ロック ミュージカル

アンドリュー・ロイド・ウェバーの初期の作品「ジーザス・クライスト・スーパースター」はロックですし、「オペラ座の怪人」もオペラとロックが上手に組み合わさった作品なので、一見「あのアンドリュー・ロイド・ウェバーが『スクール・オブ・ロック』?」的な驚きを覚えますが、実は親和性は高いです。 同じ年のトニー賞に「ハミルトン」という強敵がいたので、受賞はありませんでしたが、作品賞や作曲賞など主要な賞にノミネートしています。 アワードでの評価 トニー賞【ブロードウェイ版】• ノミネート:作品賞、脚本賞、作曲賞、主演男優賞 ローレンス・オリヴィエ賞【ウエスト・エンド版】• 受賞:音楽貢献賞• ノミネート:作品賞、主演男優賞 感想・評判・批評 「キュートな制服を着た子供たちが、激しい性格のデューイと一体になり、家族や周りの人々の心も変えてゆく。 映画で描かれたこの素敵な光景が、ブロードウェイ版でも同じく見られた。 」Time Out: New York 「ストーリーに深く共鳴はしませんでした。 しかし、若い才能あふれるパフォーマーたちから放たれる良いあの雰囲気を忘れることはないでしょう。 」WNBC 「ドイツ軍のいない『サウンド・オブ・ミュージック』」Broadway World 「アンドリュー・ロイド・ウェバーが『ジーザス・クライスト・スーパースター』で見せた彼のロックのルーツに戻った作品」 「笑わい、泣き、ロックにしてくれるミュージカル」 日本でも馴染みの深い作品「スクール・オブ・ロック」。 日本版の上演情報も含め、今後もミュージカル「スクール・オブ・ロック」の最新情報をお届けします。

次の

ミュージカル『スクール・オブ・ロック』あらすじ&感想【ブロードウェイ ロングラン作品】

スクール オブ ロック ミュージカル

2020年8月~9月に東京・東京建物ブリリアホールで上演。 その後、2020年9月~10月に大阪・新歌舞伎座での上演が発表されています。 今回の記事では『スクールオブロック』のキャストを紹介。 さらに、 スクールオブロックとはどんなミュージカルなのかをご案内いたします。 (チケットぴあ) キャスト プリンシパルキャスト• デューイ・フィン:西川貴教/柿澤勇人• ロザリー・マリンズ:濱田めぐみ• ネッド・シュニーブリー:梶裕貴/相葉裕樹• パティ・ディ・マルコ:はいだしょうこ/秋元才加 アンサンブルキャスト• 阿部裕• 栗山絵美• 多岐川装子• 俵和也• 丹宗立峰• ダンドイ舞莉花• 中西勝之• 長尾哲平• 西野誠• 湊陽奈• 安福毅 子役(チーム・コード)• ザック:石黒祐輔• ケイティ:歌田雛芽• ローレンス:大前優樹• サマー:岡田奈々• ジェイムズ:小鷹狩八• メイソン:近藤匠真• ソフィ:後藤いくり• ビリー:陣慶昭• マーシー:鶴岡蘭楠• フレディ:中川湊斗• トミカ:洞桃香• ショネル:モーガンミディー 子役(チーム・ビート)• ローレンス:石原颯也• ジェイムズ:市川裕貴• ビリー:小川竜明• マーシー:籠尾俐香• メイソン:竹内彰良• トミカ:成石亜里紗• フレディ:陽唄• ケイティ:松岡芽依• ソフィ:松本三和• ザック:持田唯颯• サマー:山﨑玲奈• ショネル:山本宙奈 そして・・・ 🥁🤘チラシの中面はこちら🤘🎸 — ミュージカル『スクールオブロック』日本版公式 sormusicaljapan.

次の

ミュージカル『スクール・オブ・ロック』あらすじ&感想【ブロードウェイ ロングラン作品】

スクール オブ ロック ミュージカル

アンドリュー・ロイド・ウェバーの初期の作品「ジーザス・クライスト・スーパースター」はロックですし、「オペラ座の怪人」もオペラとロックが上手に組み合わさった作品なので、一見「あのアンドリュー・ロイド・ウェバーが『スクール・オブ・ロック』?」的な驚きを覚えますが、実は親和性は高いです。 同じ年のトニー賞に「ハミルトン」という強敵がいたので、受賞はありませんでしたが、作品賞や作曲賞など主要な賞にノミネートしています。 アワードでの評価 トニー賞【ブロードウェイ版】• ノミネート:作品賞、脚本賞、作曲賞、主演男優賞 ローレンス・オリヴィエ賞【ウエスト・エンド版】• 受賞:音楽貢献賞• ノミネート:作品賞、主演男優賞 感想・評判・批評 「キュートな制服を着た子供たちが、激しい性格のデューイと一体になり、家族や周りの人々の心も変えてゆく。 映画で描かれたこの素敵な光景が、ブロードウェイ版でも同じく見られた。 」Time Out: New York 「ストーリーに深く共鳴はしませんでした。 しかし、若い才能あふれるパフォーマーたちから放たれる良いあの雰囲気を忘れることはないでしょう。 」WNBC 「ドイツ軍のいない『サウンド・オブ・ミュージック』」Broadway World 「アンドリュー・ロイド・ウェバーが『ジーザス・クライスト・スーパースター』で見せた彼のロックのルーツに戻った作品」 「笑わい、泣き、ロックにしてくれるミュージカル」 日本でも馴染みの深い作品「スクール・オブ・ロック」。 日本版の上演情報も含め、今後もミュージカル「スクール・オブ・ロック」の最新情報をお届けします。

次の