エールradwimps。 「エール」RADWIMPS野田の好演も話題!星野源・西川貴教…“瞬発力&リズム感”で朝ドラ彩るミュージシャン俳優

【エール】木枯正人(RADWIMPS・野田洋次郎) モデルは国民的作曲家・古賀政男

エールradwimps

NHKは6日、窪田正孝(31)が主演する20年前期連続テレビ小説「エール」(30日スタート、月~金曜午前8時)東京編の主な出演者として、朝ドラ初出演のRADWIMPS野田洋次郎(34)ら6人を発表した。 野田は、窪田演じる主人公古山裕一が勤めるレコード会社「コロンブスレコード」の同期、木枯正人役で登場する。 ギターが得意で、行きつけのカフェでは弾き語りを披露する役どころ。 野田は「かつて日本の音楽の礎を築いた方々の人生を少しながら追体験させてもらえる機会を頂きうれしく思います」とコメント。 「きっと見てくださる皆さんの毎日にすてきな彩りを加えてくれることと思います」としている。 他に仲里依紗(30)三浦貴大(34)加弥乃(26)の朝ドラ初出演が決定。 古田新太(54)野間口徹(46)の出演も発表された。 窪田は「皆さんと一緒に芝居ができて本当に幸せです。 強い魂とエネルギーでその時代を生き抜いたんだと想像させてくれる。 毎日の撮影が刺激的で笑いも絶えません」と話している。 ドラマは、高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」などで知られる福島市出身の作曲家古関裕而氏と、妻で歌手でもあった金子(きんこ)さんがモデルの物語。 古関夫妻を窪田と二階堂ふみが演じる。 photo• 芸能 桑田佳祐「すげえいいやつ。 安らかに」三浦さん追悼 []• おくやみ [7月18日 23:27]• おくやみ [7月18日 23:22]• おくやみ [7月18日 22:10]• 芸能 [7月18日 21:42]• おくやみ [7月18日 21:16]• おくやみ [7月18日 21:11]• おくやみ [7月18日 21:06]• おくやみ [7月18日 20:58]• 芸能 [7月18日 20:14]• おくやみ [7月18日 19:55]• AKB48 HKT48専用劇場開設へ 300席、10月下旬頃 []• AKB48 [7月18日 8:31]• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• ジャニーズ SnowManが岩本復帰後初の9人パフォーマンス []• ジャニーズ [7月18日 19:43]• ジャニーズ [7月18日 8:31]• ジャニーズ [7月17日 15:26]• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ハリウッド O・ブルーム溺愛する愛犬が行方不明、情報求む []• ハリウッド [7月18日 10:52]• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• 映画 オゾン監督 徹底した告発者視点で性的虐待事件描く []• コラム [7月18日 13:00]• シネマ [7月18日 11:31]• シネマ [7月18日 8:31]• シネマ [7月17日 21:00]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 5:23]• シネマ [7月17日 5:00]• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• ドラマ 沢口靖子「ハートフルな物語がまた」主演時代劇続編 []• ドラマ [7月17日 14:12]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:07]• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]•

次の

朝ドラ『エール』で異彩を放つ野田洋次郎 作曲家・木枯役はまさに適役?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

エールradwimps

提供 野田洋次郎がボーカルを務めるバンド・RADWIMPS。 中央下が野田(C)朝日新聞社 野田洋次郎、古賀メロディーを歌う。 そんなサプライズが、NHKの朝ドラ「エール」で実現した。 5月13日放送の第33話でのことだ。 「エール」の主人公・古山裕一は作曲家の古関裕而がモデルで、そのライバル的存在として、やはり作曲家の古賀政男をモデルとした「木枯正人」が登場する。 演じているのは、ロックバンド・RADWIMPSのボーカルでもある野田。 「前前前世」などの大ヒットで知られるJポップの若きカリスマのひとりだ。 前日の放送直後には「あさイチ」恒例の朝ドラ受けでも話題に。 博多大吉が「お芝居もできるんだねぇ」と感心すれば、近江友里恵アナは「これからもちょっと歌声が聴けたりするのかな、とか楽しみにしながら」とファンの期待を代弁していた。 その期待が、カフェの場面でのギター弾き語りというかたちで現実のものになったわけだ。 歌われたのは古賀メロディーの代名詞というべき「影を慕いて」。 演歌の原型のひとつでもある昭和初期の名曲だ。 ただ、歌唱後の反応は賛否両論だった。 「美声」「心をうたれた」「『紅白』でも聴きたい」という評価がある一方で「原曲と音程がちょっと違ってた」とか「ブレスが多すぎてしかも不自然」といった声も。 筆者の感想も、後者に近い。 音程については念のため、最初に歌った佐藤千夜子や古賀本人の歌唱も確認してみたほどだ。 野田が故意に歌い崩したのだろうか。 また、ブレスについても「かげをし・たいて(影を慕いて)」「わがお・もい(我が想い)」「みはこ・がれ(身は焦がれ)」という文法的にそぐわない息継ぎがあり、違和感を覚えてしまった。 それでも、これがもし、プロのミュージシャンでなければ、むしろ感心したかもしれない。 たとえば、前作の朝ドラ「スカーレット」ではTKO・木本武宏扮する信楽太郎のオリジナル曲「さいなら」が泣けると絶賛された。 歌ではシロウトにすぎない芸人ならではのつたなくも懸命な歌いっぷりが奏功したかっこうだ。 また「エール」には歌手でミュージカル俳優の山崎育三郎も出演中。 音楽学校のプリンスとして歌曲を披露したりしているが、本人も東京音大声楽演奏家コース中退とあって、そつなくこなしている。 その点、野田は得意なものとは毛色の違う音楽に取り組むことになり、損をしたともいえる。 そういう意味で、主人公の音楽的才能を最初に見いだす小学校教師役の森山直太朗なら、もっとしっくりいっていたかもしれない。 「影を慕いて」の音楽構造はロックよりフォークに近いからだ。 とはいえ、古山裕一が古関裕而ではないように、木枯正人も古賀政男ではない。 役とモデル、そして演者を結びつけすぎるのは安直だ。 ただ、国民栄誉賞を受賞したほどの大作曲家を現役の人気ミュージシャンが演じるというのは、それだけで話題性があり、こうした賛否両論も制作側としてはしてやったりだろう。 もともと、朝ドラはこの手のキャスティングを好み、ちょくちょく繰り出してきた。 その究極は「ひよっこ 紅白特別編」だ。 主題歌を担当していた桑田佳祐が作曲家・浜口庫之助役で登場して「涙くんさよなら」を歌った。 また、演技もできるミュージシャンを脇役で使って、ドラマのアクセントにするのもけっこううまい。 「ひよっこ」では峯田和伸(銀杏BOYZ)「まれ」では渡辺大知(黒猫チェルシー)「とと姉ちゃん」では浜野謙太(在日ファンク)という具合だ。 「スカーレット」でも、岡本太郎を連想させるカリスマ芸術家を西川貴教にやらせて、独特のリアリティーをかもしだしていた。 かと思えば、音楽もやっていた無名役者が朝ドラでのブレークにより、CDリリースやライブをやりやすくなるケースもある。 「あさが来た」のディーン・フジオカや「スカーレット」の松下洸平がそうだ。 NHKにとっても、役者にとっても、幸せな構図である。 では、野田の場合はどうか。 こちらも以前から役者はやっていて、15年には映画『トイレのピエタ』に主演。 デビュー作にして、日本アカデミー賞新人賞を受賞した。 ただ、星野源ほど二刀流としての実績はないから、世間やメディアのイメージは「朝ドラに挑戦」みたいになってしまうわけだ。 もちろん、音楽界でのポジションを考えれば、わざわざ挑戦する必要もない。 それでもオファーを受けたのは、ちょっとお調子者だからだろう。 これは悪いことではなく、芸能人なら好奇心や刺激を求める気持ちは大事だ。 よほど演技が下手でない限り、調子に乗ってドラマなどに出てみることは音楽にもプラスになったりする。 実際、役者もやったおかげで大物感を増した人は多い。 長渕剛は共演者と不倫もしたが、それが歌の色気にもつながった。 武田鉄矢が一発屋で終わらなかったのも演技ができたからだし、矢沢永吉ですら主演の連ドラを1本やっているほどだ。 最近では、川谷絵音(ゲスの極み乙女。 )も俳優業をかじった。 昨年12月には「ドクターX~外科医・大門未知子」にゲスト出演。 米津玄師と川谷自身をモデルにしたような人気ミュージシャンで、痔の患者でもあるマヌケな役だ。 「週刊誌とかに入院してるとこ撮られたら、すっげえ嫌なんですけど」などと自虐的なせりふを言っているのを見て、みそぎ的な意味もあるのではとしみじみさせられた。 話を野田に戻すと、今回の仕事、朝ドラとやらに一度出てみるか、という軽いノリだったのではないか。 そういえば、2年前には愛国ソング騒動というのもあった。 RADWIMPSのシングルカップリング曲「HINOMARU」が一部の人たちから「軍歌のようだ」と非難され、ライブを妨害されたりしたのだ。 が、野田はSNSでこの曲を書いた動機をこう説明していた。 「純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。 自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。 好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしい」 実際、彼は翌年にも、学校の漢文教育に疑問を呈したり、最近では、コロナ禍への政府の対応をめぐってこんな発言をした。 「僕自身は国というものを信用しなくなりました。 (略)まるで自分たちの財布の中身のように扱っていますが、税金はそもそも僕たちが支払ったお金です。 それを国民が困窮している時に、国民が安心できるレベルまで補償として使わない道理がわかりません」(Rolling Stone Japan) そのつど、思ったことを口にし、やりたい曲を作るというスタンスなのだろう。 私生活でも、吉高由里子や前田敦子らと浮名を流しており、けっこう自由奔放にも見える。 おそらく、思想よりも感情を大事にするタイプで、朝ドラ出演もまたしかり、なのではないか。 では、肝心の演技はといえば、それなりに面白い味を出している。 主役を演じる窪田正孝の芝居にメリハリが効いている分、淡々とそっけない素振りが好対照だ。 興味深かったのは、視聴者の感想のなかに、岸部一徳みたいになるかもと期待しているコメントを目にしたこと。 たしかに、ミュージシャンから個性派俳優になっていく人はいつの時代も存在する。 野田が今後、そういう方向に進む可能性もなくはない。 「影を慕いて」を歌った前々回には「ちょいちょい愛してる」という詞に即興で曲をつけ、それがファンにウケたことから、インスタライブでも披露していた。 こういうお調子者っぽさは、役者にも向いているはずだ。 この曲(というか「ちょいぽい恋唄 第二」のなかの一節)はミョーに耳に残ると評判だが、彼の演技もミョーに印象的だったりする。 役者・野田洋次郎、意外といけるかもしれない。 早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。 著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など.

次の

朝ドラ『エール』で異彩を放つ野田洋次郎 作曲家・木枯役はまさに適役?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

エールradwimps

NHK朝ドラ「エール」の東京編から登場する、主人公・古山裕一とコロンブスレコードの同期入社でライバルとなる木枯正人(こがらし まさと)。 演じるのはRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんです。 RADWIMPSと言えば、「君の名は。 」の主題歌『前々前世』でブレイクしたバンドとして有名ですが、そのボーカルである野田洋次郎は、今回がドラマ初出演です。 あえて本物の歌手である野田洋次郎さんを起用した背景としては、その役どころとなる木枯正人が、実在の音楽家をモデルにしているからですね。 モデルとなった人物とは一体どんな方なのか?調べてみました。 古賀政男 プロフィール 本名:古賀正夫 生年月日:1904年11月18日 出身地:福岡県三潴郡田口村(現・大川市) 死没:1978年7月25日(73歳没) 木枯正人のモデルは作曲家・古賀政男さんだと言われています。 古賀政男さんは、少年時代からマンドリンやギターなどの弦楽器を好んでいたそうで、作曲家であり、ギタリストとして知られています。 ドラマでは野田洋次郎さんがギターをかき鳴らして弾き語りするシーンなんかがあるんじゃないでしょうか。 ちなみに、窪田正孝さん演じる主人公・古山裕一の実在モデルは、同じく作曲家の古関裕而さんです。 広告 古賀政男 経歴 古賀政男さんは、1931年から日本コロムビア専属の作曲家としてその才能を認められ、歌手の藤山一郎さんとのコンビでヒット曲を連発しました。 藤山一郎さんは、ドラマでは山藤太郎として登場し、ミュージカル俳優の柿澤勇人さんが演じられています。 いったんコロムビアからテイチクに移籍するも、再びコロムビアに復帰し、1938年からは外務省の音楽親善大使としてアメリカにわたりました。 帰国後に日本は戦争に突入したため軍歌を作ることになってしまい苦悩することになります。 戦後、再び流行歌を手掛けるようになった古賀さんは、三波春夫さんの国民的ヒット曲、「東京五輪音頭」や、美空ひばりさんの「柔」などヒット曲を連発し、1965年には第7回日本レコード大賞を受賞します。 ちなみに、日本レコード大賞を創設したのは古賀政男さんで、自分で自分が創設した賞をとってしまったんですね。 1978年に73歳で亡くなられた直後、当時の福田赳夫首相から、史上二人目の国民栄誉賞を贈られています。 ちなみにともに数々のヒット曲を世に送り出した盟友・藤山一郎さんも死後、史上8人目の国民栄誉賞を受賞されています。 この記事の関連情報 広告 tetsutylor.

次の