西宮 ケーソン。 人気記事?!「西宮ケーソン」

西宮ケーソンの釣り場紹介

西宮 ケーソン

昨日、深夜~明け方の釣行後、一時間程度仮眠をとって、午前10時頃より西宮ケーソンへシーバス調査に行ってきました。 今回のテーマは、「近場でも岸ジギで遊べるか」というもの。 デイゲームをするたびに、毎回神戸まで出るのはチョット面倒。 なので、近場でも遊べそうかを調べに行ってきました。 前回の釣行でシャウラが使えない状態なので、少し長いですが久々に引っ張り出してきました。 個人的には浅いと思っていた内向きですが、よくよく考えると大きな台船も停泊していることがあるので、水深が意外とあります。 これなら落として巻いてと、十分遊ぶ事は可能です。 ただ、シーバスがいるかは別ですが。 まぁ、ここでもシーバスを上げてはる方もいらっしゃるので、タイミングを合わせれば楽しめるかもしれませんね~。 ただ、ゴミが凄い…。 しばらく釣り進んでいると、第一コーナーに差し掛かる手前で、リンと海を見つめて立っている一羽の鳥がいます。 カモメですかね?? ただ、この鳥…。 近づいても逃げない。 それどころか併走してついてきます。 ヒョコヒョコ歩く姿が可愛いので、勝手に「ジョニー」と名づけました。 ジグを落としながらジョニーを見ていると、「逃げない」のではなく「飛べない」のではないかと思うようになりました。 第一コーナー付近で数羽の鳥に呼応するように翼を広げてバタバタやってます。 でも飛び立てない様子… やはり飛べない…。 ジョニー!頑張れ!! と思ったものの、近づいても変に怯えさせてしまうだけなので、ジクを落としながら心の中で頑張れ!と応援する事にします。 の仲間のいる第一コーナー付近でサヨナラです。 その後は、干潮という事もあって沖側はテトラが露出する程潮が引いているので、内側の護岸にジグを落として行きます。 その後も根気良くジグを落として、水深をチェックしてまわります。 ケーソンも他と同様で、場所によっては十分遊べそうな所が多い事を発見しました。 かなり疲れました。 ただ、照ったり曇ったりなので、それ程暑さは感じません。 ここからは右左と交互に調べて、灯台を目指します。 実は、灯台周りが一番楽しそうなんて思って頑張ってました。 しばらく釣り進み、灯台まで半分を切ったかなぁ、というあたりで突然のナブラ!!どうやら、先日の神戸と同様で細かいシャワーをかけているようなツブツブなナブラです。 どうやら、サヨリの群れとアジの群れが一緒に慌しく泳いでいます。 それを横目で見ながらジグを落とすと…。 「ん?!」 巻き上げてくるジグに違和感が出ました。 ロッドも微かに生命感を伝えてきます。 すると、大量のボラの群れも入ってきましたが、どうやらいつもと様子が違う。 珍しくバラバラに急いで逃げていくなぁ~と思っていると、ボラの背後で「ギラン」と光る魚体が。 それを境に、辺りが一気に騒がしくなります。 今まで一つしか無かったナブラが一気に5. 6個に増え、アチコチで「シュッ!!」という波紋が出始めました。 「チョイチョイチョイ!!これは岸ジギしてる場合では無くないですか?!」と急いでジグを外し、ビーフラップへ換装。 ナブラがおきている奥へキャストし、一気に早巻き。 何かわかりませんが、魚体に当たっている感触。 ただ、この時点で「しぶきがかかったかな~」程度の雨が降り出します。 まぁ、大した事無いだろうと思い再びキャストすると、リトリーブ中に周囲で「ボツっボツっボツっ」と変な音が…。 「これは嫌な予感…」 そう思った次の瞬間!! ゴッサ~!!!!!! バケツをひっくり返したみたいなスーパー豪雨!!雷も一発鳴りました!! メーデー!!メーデー!! キャストしていたビーフラップをダッシュで巻き上げると 「ゴンっ!!」 何か掛かったぁ!! アタリの後、一気に走り出します! イメージとしては青物!! ただ、ファイトなんかしている余裕も無く、生命の危機を感じるので、堤防の上に上ったまま釣りをしているどころではありません!! ゴリゴリゴリっと強引に巻くと フッ… バラシ一発!! でも、全然OKです。 とりあえず、非難しなくては!! ケーソンの灯台付近から、ロッドを離して持ち猛ダッシュ。 過去にKATTYと走った状況と全く同じです。 で、なんとかかんとか息も絶え絶え第一コーナー付近までくると、ピタッと嘘のようにやみました。 「オイオイ…。 もう一度戻ってあのナブラを撃つか??」とも思いましたが、そんな元気も無く、他のアングラーさん達も撤退していくので、本日はこれにて終了。 ジョニーの姿も見えなかったので、無事に飛べたと信じています。 ケーソンの奥まで行くと大抵豪雨になります 涙 今日なんか晴れてたのに…。 シーバス関連に関するお知らせ 現在、シーバス釣りに関する内容は、新ブログ『』にて更新中です。 当ブログよりも、丁寧に解説するよう心掛けていますので、宜しければチェックしてみて下さい!! 2010年8月10日 PM 9:28 いやいや!! しっかりシーバス掛けてるあたりスゴイじゃないですか!! それにしても、ガングロシーバス…。 基本的にシャローで釣ったシーバスにガングロが多いようなイメージがあります!! それにしても、ポロリは残念ですね~ ポロリするのは水着だけにしてほしいものです 笑 でも、シーバスの気配を久々に感じる事ができました。 やはり、酸素量の兼ね合いですかね~。 これはチェックの必要アリですね!! 余談ですが、垂水方面に車を走らせると、何故かわかりませんが必ず小をしたくなります。 釣りのポイントにもなっている場所で、ジョギング中の落雷事故もあったように記憶しているので…。 危険な時は、家で釣りビジョンorDVD鑑賞。 危険な空気を感じたらすぐに撤退です!! 確かに、ここも一見いいポイントに見えますが、夜中に漁師さんが目の前にゴッソリ網を入れるので、最近は雰囲気全くないですよ~ 汗 多分、ここで網を入れるのは大きな声で言えない事だと思いますが、皆さん生活もありますから…。 お上も黙認です。 自分としては、アングラーvs漁師みたいに火花散らさなくても、皆がみんな、楽しく過ごせるように認め合えばいいのにって思いますが…。 まぁ、船と陸・生活と趣味、なかなか歩み寄りが難しいもんですかね~ 2010年8月10日 AM 11:53 ケイソンに青物ですか! これは、月水金の仕事終わりに通わなくちゃ! ケイソンの第二コーナーから灯台までは、岸ジギするには もう少し水深が欲しいところですね。 ちなみに7月に灯台付近の内向きでチヌ2枚掛けました。 シーバスはまだでございます。 ケーソンと言えば忘れもしません 2008. 11先端でおじさん達の 私も立派なおじさんですが) サビキに掛かったアジに75UPのシーバスの群れが襲いかかっていて その時75~82を5本岸ジギで獲りました。 さすがに5連ちゃんでバサバサやると沈んでしまいましたが まるで鯉かボラように群れてました。 こんな光景に生きてるうちにもう一度会えるのでしょうか? 2010年8月10日 PM 12:31 結構、強烈にアタリが出ましたので、第一陣到来って感じか偶然のハグレかどうかは分かりませんが、ほぼ間違いないと思います。 第二コーナーから灯台までは水深欲しい感じですね~ っていうか、2008. 11日。 激アツじゃないですか!! ゜o゜ でも、ここで岸ジギが成立する事がわかったので、心を折られず楽しむ事ができそうです!!情報ありがとうございます!! ただ、次回はもう少し絞り込まないと 笑 入り口から、ひたすらチェックしていったので、足腰パンパンです 猛ダッシュもしましたし 今回で、だいたいの水深はつかめたので…。 でも、やっぱりサビキやってる横で密かに落とすのが有効ですかね 笑 今回、豪雨で到着出来なかった灯台周りを調べて、しばらくはここで遊んでみたいと思います。 てのも何度かありました。 あそこは回遊待ちになりますからね~。

次の

西宮ケーソンの釣り場紹介

西宮 ケーソン

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 阪神地区では最も上級者好みのメッカ的釣りスポット 『西宮ケーソン』 足場も良く、水深、潮通しも良く、沈みテトラもあって、魚影はピカイチ。 それ故に常に釣り人が絶えなく竿を振り、 シーバスアングラーもマズメやナイトには多い。 ココをホームと通う方も多いのではないでしょうか? 私も餌釣り師の頃は良く通っていました。 ルアーになってからはたまにお邪魔する程度。 主要な狙い所の足場がテトラであるのがちょっと。 笑 オマケにトイレがちょっと遠い。 人気釣り場故に人が多くて釣りづらい。 2キロにわたる長い防波堤、 完全無欠の沖にたどり着くまで 『ここ投げて見ようかなぁ?』 なんて誘惑も多く釣りがまとまらない。 そんな理由でしょっちゅう通う感じでも無いですが 基本大好きな釣り場。 しかし、一つ気になる事が・・・。 ケーソンの入り口には明確に立ち入り禁止と書いてあります。 そして釣り人は明確にそれに逆らい釣りをしている。 釣り師目線的には完全に必要悪の行使です。 笑 もちろん、ガチの立ち入り禁止なら警察でも出てくるぐらい人は沢山釣りをしているので、 暗黙の許可をみんなが授かっていると解釈できましょう。 しかもケーソンのコンクリートに直書きで『釣りのゴミは各自持ち帰りましょう!』とか、書いてある。 笑 立ち入り禁止では?笑 西宮市や西宮浜住民の皆様の懐深き融通に只々感謝と感激ですが。 どうせならケーソン饅頭や ケーソンアイス、 ゆるキャラ『ケソモン』 センスのカケラも無いネーミング! とか それ相応の経済的細やかな貢献でもできると もっと気持ち良く通えるのですが贅沢か?笑 そもそも釣り人って現代社会で胸張って『我れ釣り人ナリ!』と楽しめるショア釣りは少なく、 なんならペコペコ 『すいませんお邪魔させて頂きヤス! ええ!チンケな釣り人でごぜぇやす!ペコペコ』的な 立場になるケースが多々。 どんな海辺の駐車場に止めても、 何だか釣り人って、マイノリティー感を感じながら止める気分にさせられてしまうし、 何だか釣り公園以外で釣りする釣り人は 『裏釣り人感』を感じざるを得ない感じ 考え過ぎか? 笑 コレは釣具代以外の余りににも徹底した『タダ』に起因しているようにも思える。 浜辺の駐車場などかなりのパーセンテージで釣り人の駐車料金による収益であろうかと思われるが ケーソンの様に 『ココはヨット利用者の駐車場だが、釣りする人に止めさせてあげないでもない』 卑屈になり過ぎか?笑 みたいな心持ちで車を止めている。 逆に言うなら『釣り場駐車場』的なネーミングがちゃんとあって、清掃料とかが含まれて、若干割高になったとて納得して釣りを楽しめるのではないか? 余り行かないが淡路島や須磨以西の兵庫県の海辺の駐車場はあからさまに釣り客や海水浴客向けの風情で そう言う気分にさせられる事は少ない。 だいぶん西宮ケーソンそのものの魅力を伝えるには程遠い、ブログにまたなってしまいましたが、 釣り師目線のケーソン話は次回に 又カァーィ! カテゴリー, ,.

次の

西宮ケーソンにタンカー座礁!西宮浜も台風被害で釣り場が

西宮 ケーソン

0 24. 5 24. 0 23. 5 24. 0 24. 0 23. 5 23. 5 23. 0 23. 5 24. 0 24. 5 25. 8 27. 9 28. 1 27. 9 27. 7 27. 4 25. 3 24. 7 24. 2 24. 0 23. 7 23. 9 22. 6 22. 6 22. 7 22. 8 23. 0 23. 3 23. 8 24. 1 24. 8 25. 4 26. 4 27. 4 28. 4 28. 8 28. 4 27. 8 26. 9 26. 0 25. 3 24. 9 24. 6 24. 4 24. 5 24. 3 24. 6 24. 5 24. 5 24. 6 25. 1 25. 9 26. 6 27. 5 28. 4 29. 5 30. 3 30. 7 30. 8 30. 2 29. 2 28. 3 27. 6 27. 3 27. 0 26. 7 26. 4 25.

次の