エクセル グラフ 並び順。 オリジナルの順序で並べ替え【Excel・エクセル】

Excelグラフ|横棒グラフの項目軸の並べ替えとランダムな並べ替え

エクセル グラフ 並び順

円グラフの順番を変える方法は? グラフというのは、 表(ひょう)が元となりそれが反映されて「データ」となりグラフになります。 表(ひょう)が無いと、グラフはできないんですね。 なので、グラフの順番を変える事になると、表(ひょう)を変えないといけないのです。 普通に考えると「グラフ」の方を変えればいけそうな気がしますね。 ですが、それは間違いなのです。 グラフを作成している元のデータである表(ひょう)を変えてみてください。 その反映された「データ」を円グラフ上のどこの部分にどの順番で配置するのかで、円グラフで何を強調したいのかを分かりやすく表現することができます。 具体的操作方法 【1】 表を選択します 円グラフの順番を変えるには、円グラフ上ではなく「データ」のもととなっている表からでないと変えることができません。 【3】「並べ替え」の変更 表示には・・・「最優先されるキー」は、並べ替えをしたい列を選択します。 「並べ替えのキー」は、並べ替える値を選択します。 「順序」は、降順と昇順があります。 並べたい順序を選択します。 表示の設定をしたことにより、表の順番が変わり円グラフの順番も変わります。 設定をしたら必ず表と円グラフが変わったか確認してください。 この方法で行ってみてください.

次の

Excelグラフ|横棒グラフの項目軸の並べ替えとランダムな並べ替え

エクセル グラフ 並び順

縦棒グラフや折れ線グラフの軸を反転させて逆にする方法 縦棒グラフや折れ線グラフのように、 下にある横軸を反転させたい場合は、 横軸の系列名の文字上で右クリックします。 表示された、ショートカットメニューで [軸の書式設定]をクリック。 画面右側に、[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その中の、 [軸を反転する]にチェックを入れましょう。 これで軸の項目順番が反転してくれます。 しかし、同時にグラフ全体も反転してしまいます。 目盛りが右側に移動するのが気になるかもしれません。 そのままで問題ない場合は良いのですが、困る場合は、 [最大項目]にもチェックを入れましょう。 これで目盛りが左に戻ります。 横棒グラフの軸を反転させて逆にする方法 縦棒グラフのように、 左にある横軸を反転させたい場合は、縦軸の系列名の文字上で右クリックします。 表示された、ショートカットメニューで[軸の書式設定]をクリック。 画面右側に、[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その中の、 [軸を反転する]にチェックを入れましょう。 これで軸の項目順番が反転してくれます。 しかし、同時にグラフ全体も反転してしまいます。 目盛りが上に移動するのが気になるかもしれません。 そのままで問題ない場合は良いのですが、困る場合は、 [最大項目]にもチェックを入れましょう。 これで目盛りが下に戻ります。 まとめ 縦軸や横軸が存在するグラフであれば、このように順番を逆にすることができます。 グラフの元となる表を修正する必要が無くなるので楽ですね。

次の

横棒グラフの項目の順番が逆!【Excel・エクセル】

エクセル グラフ 並び順

縦棒グラフや折れ線グラフの軸を反転させて逆にする方法 縦棒グラフや折れ線グラフのように、 下にある横軸を反転させたい場合は、 横軸の系列名の文字上で右クリックします。 表示された、ショートカットメニューで [軸の書式設定]をクリック。 画面右側に、[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その中の、 [軸を反転する]にチェックを入れましょう。 これで軸の項目順番が反転してくれます。 しかし、同時にグラフ全体も反転してしまいます。 目盛りが右側に移動するのが気になるかもしれません。 そのままで問題ない場合は良いのですが、困る場合は、 [最大項目]にもチェックを入れましょう。 これで目盛りが左に戻ります。 横棒グラフの軸を反転させて逆にする方法 縦棒グラフのように、 左にある横軸を反転させたい場合は、縦軸の系列名の文字上で右クリックします。 表示された、ショートカットメニューで[軸の書式設定]をクリック。 画面右側に、[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その中の、 [軸を反転する]にチェックを入れましょう。 これで軸の項目順番が反転してくれます。 しかし、同時にグラフ全体も反転してしまいます。 目盛りが上に移動するのが気になるかもしれません。 そのままで問題ない場合は良いのですが、困る場合は、 [最大項目]にもチェックを入れましょう。 これで目盛りが下に戻ります。 まとめ 縦軸や横軸が存在するグラフであれば、このように順番を逆にすることができます。 グラフの元となる表を修正する必要が無くなるので楽ですね。

次の