一 リットル の 涙 河本。 1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記

1リットルの涙 (テレビドラマ)

一 リットル の 涙 河本

今回は テレビドラマ『1リットルの涙』について書いていきたいと思います。 最近レミオロメンの『粉雪』を口ずさんでいた人がいて、否応無しにこのドラマを思い出したのです。 沢尻エリカさんの演技が本当に素晴らしく、錦戸亮さんも素晴らしくて、薬師丸ひろ子さんはじめとかの出演者も本当に素晴らしいのです。 ご存じない方々のためにドラマ概要を先に書かせて頂きます。 ドラマ『1リットルの涙』概要・キャスト ドラマ『1リットルの涙』は2005年、フジテレビで火曜日21時から放送されていた連続ドラマです。 実話をドラマ化した作品となっています。 出演は、 池内亜也・・・沢尻エリカ 麻生遥斗・・・錦戸亮 池内潮香・・・薬師丸ひろ子 池内瑞生・・・陣内孝則 池内亜湖・・・成海璃子 池内弘樹・・・真田佑馬 池内理加・・・三好杏依 西野良三・・・戸次重幸 中原慶太・・・橋爪遼 河本祐二・・・松山ケンイチ 武田誠・・・遠藤雄弥 水野宏・・・藤木直人 岡崎誠・・・矢島健一 ほか。 ドラマ『1リットルの涙』あらすじ 主人公の池内亜也(沢尻エリカ)が脊髄小脳変性症を発症してしまい、母親である池内潮香(薬師丸ひろ子)と父親・池内瑞生(陣内孝則)と兄弟たち家族と共に、そして麻生遥斗(錦戸亮)をはじめとした亜也を取り巻く友人たちを交えた闘病生活を描いたドラマです。 普通科の高校に通っていた亜也は病気の進行と共に養護学校への転校を余儀なくされます。 少しずつ身体に影響が出てくる闘病生活の中で亜也の抱える苦悩を描いていて、家族や遥斗をはじめとした、亜也を取り巻く人々の葛藤や苦悩もリアルに描かれています。 誰もが亜也の病気の回復を願っていながら、あまりにも残酷に進行していく病気。 入院や自宅療養を余儀なくされる亜也。 病気と戦い続けた亜也が亡くなってしまうまでを描いたドラマとなっています。 ドラマ『1リットルの涙』感想・評価 ちょっとした概要を書いただけでも泣きそうになってしまいます。 あれ?滲んで画面が見えないや・・・。 それぐらい感動するドラマなんですよね。 ご覧になっていた人達はきっと共感して頂けるのではないかと思います。 そしてまだご覧になったことがない方々はこのドラマは必ず観て欲しいドラマなんです。 もしかしたらテレビドラマで1番泣いたドラマかもしれないです。 人生の時間を割く価値は十分にあるドラマだと思います。 そして感動するドラマになっている大きな要因として、出演者の演技が挙げられます。 主演の沢尻エリカさんの演技は本当に素晴らしく、まだかなり若い時の出演作となるわけですが大器の片鱗どころか、もう堂々と確固たる演技力で主演を張られていた印象です。 現在も女優として確固たる地位を築いている沢尻エリカさんですが、映画『パッチギ!』を始めとしてこのドラマ『1リットルの涙』などでも他の女優と一線を画す素質を見せつけています。 この『1リットルの涙』もすごい自然な演技なんですよね。 悲しいシーンを悲しく演じている感じがまったくなくて、だからこそ見るものを感動させるのだと思います。 そして錦戸亮さんですが、ジャニーズJr. 力になりたいのになれない、助けたいのに何もしてあげられない自分に苦しむ様子の演技が最高なんです。 現在もナチュラルな演技を得意としている印象で、質の高いお芝居をいつも見せてくれて役者としての評価も高い錦戸亮さんですが、この頃からそんなお芝居を見せてくれています。 本当に芸達者ですよね、歌も歌えてギターも弾けてダンスも踊れるわけですからね。 見えない努力が間違いなく半端じゃないと思います。 そして沢尻エリカさん演じる亜也のお母さん役を演じた薬師丸ひろ子さんも個人的にとっても好きなんです。 薬師丸ひろ子さんって包容力をすごい感じるんですよね。 陣内孝則さんも自身のキャラクターを活かした演技で、楽しませてくれつつ感動させてくれます。 そしてレミオロメンの『粉雪』がやっぱり破壊力がすごくて・・・。 これでもかと感動に拍車をかけてくるんです。 このドラマ観ていてレミオロメンの『粉雪』嫌いな人ってきっといないと思います。 それぐらいすさまじく印象に残っています。 それぐらいおすすめのドラマです。

次の

1リットルの涙 (テレビドラマ)

一 リットル の 涙 河本

概説 [ ] に住む 木藤亜也(きとう あや、 - )は中学3年の時、頻繁に転んでしまうなどの体の不調を訴え、光生会病院で受診、その後医師から、手足や言葉の自由を徐々に奪われながら最後には体の運動機能を全て喪失してしまう難病「 」と診断される。 、、が徐々に萎縮してしまう疾患であり、箸がうまく持てない、よく転ぶといった症状から始まり、進行するにつれて歩けなくなったり、字が書けなくなったりする。 最終的には言葉も話せなくなり、寝たきりになり、最悪の場合は死に至ることもある。 小脳、脳幹、脊髄が萎縮していってもは正常に機能するため知能には全く障害がない。 つまり、体が不自由になっていくことを自分自身がはっきりと認識できてしまうのである。 彼女は、体の自由が利かなくなることと自分の意識が変わることのない現実の狭間で生き抜いていく。 彼女が闘病中に手が動かなくなるまで書き綴った日記をまとめたが1986年、の出版社から出版された。 愛知県などを中心に大きな反響を呼び、2005年2月には幻冬舎が文庫本として出版。 2006年現在、発行部数は210万部を突破し、ロングセラーとなる。 、午前0時55分、木藤亜也は脊髄小脳変性症の進行に伴う衰弱と、それに伴うにより、25年の短い生涯を閉じた。 その後、亜也の母・木藤潮香が娘との想い出を綴った単行本「いのちのハードル」が出版された。 なお、「1リットルの涙」の巻末には、亜也の主治医だった山本紘子・教授の回顧が寄稿されている。 文庫版では潮香のあとがきと、『追記』として亜也の最期の模様が載せられている。 2006年には、にて「こころの時代-1リットルの涙から20年」が放送された。 2011年10月、群馬大の平井宏和教授らの研究グループが脊髄小脳変性症が発症する仕組みの一部をマウス実験で解明したと発表した。 映画 [ ] 1リットルの涙 監督 岡村力 脚本 田中貴大 山本文太 製作 江原法聖 後藤嘉之 山本文夫 出演者 音楽 主題歌 「空へ」 配給 公開 上映時間 98分 製作国 言語 に製作。 選定映画。 にテアトル池袋他にて公開。 また、地方の等を中心に 1年間に亘りロングラン公開された。 ・はにより発売。 撮影は、亜也の生活の場であったで、2004年4月29日から5月26日に行われた。 実際に通っていたなどでロケをするなど、地元に密着した作品となっている。 キャスト [ ]• 木藤亜也:• 木藤潮香:• 木藤瑞生(亜也の父):• 山本纊子(主治医):• さと(寮母):• ハル(パン屋):• 患者:、• 大西麻恵、かとうかずこはドラマ版にも親子役で出演している(を参照)。 高校での場面では、亜也が実際に在籍していた高校の多くの在校生がエキストラとして参加している。 森山周一郎はドラマ版の第2話で、神経内科教授・宮下信太郎(清林医科大学病院長)役でも出演している。 スタッフ [ ]• 監督:岡村力• 製作:、、、• 主題歌:「空へ」()• 挿入歌:「グライダー」(ソニーミュージックエンタテインメント)• 配給:東映 ロケ地 [ ]• 豊橋市内• 愛知県立豊橋養護学校(現・。 実際の亜也はへ通学)• 河川敷• 愛知県立岡崎養護学校(現・) テレビドラマ [ ] テレビドラマ版についてはを参照。 書籍 [ ]• 『1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也著、エフエー出版、1986年2月 )• のち、2005年2月• 『いのちのハードル 「1リットルの涙」母の手記』(木藤潮香著・エフエー出版、1989年5月 )• のち幻冬舎文庫、2005年2月• 『負けとったらいかんじゃん 「1リットルの涙」物語』(藤崎康夫[文]、みのしまきぬよ[絵]、マルス出版、1993年10月 )• 『ラストレター 「1リットルの涙」亜也の58通の手紙』(木藤亜也著、幻冬舎、2005年8月 )• のち文庫、2006年4月• 『お手本なしの人生 「1リットルの涙」亜也の詩』(木藤亜也・木藤潮香著、、2006年12月 )• 『一公升的眼淚 亞也的日記』(明珠[訳]、:高寶国際有限公司、2006年4月 ISBN:9867088298)版• 『生命的障礙:《一公升的眼淚》母親潮香的手記』(明珠[訳]、:高寶国際有限公司、2006年4月 ISBN:986708831X)台湾繁体中文版• 『一公升的眼淚 亞也的日記』(李奪[訳]、:吉林文史出版社、2006年9月 )版• 『生命的障碍 一公升的眼泪母子篇』(李奪[訳]、吉林:吉林文史出版社、2007年2月 )中国語版• 『1リットルの涙』(原作:木藤亜也、作画:KITA 、幻冬舎コミックス、2005年12月 )漫画版• 『一公升的眼淚 最後的58封信』(賴庭筠[訳]、:高寶国際有限公司、2009年8月15日 ISBN:9861853406)版 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2011年10月6日. 2011年10月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - 単行本の出版元• - 映画『1リットルの涙』製作会社•

次の

錦戸亮・沢尻エリカ主演のドラマ『1リットルの涙』は名作ドラマだった

一 リットル の 涙 河本

概説 [ ] に住む 木藤亜也(きとう あや、 - )は中学3年の時、頻繁に転んでしまうなどの体の不調を訴え、光生会病院で受診、その後医師から、手足や言葉の自由を徐々に奪われながら最後には体の運動機能を全て喪失してしまう難病「 」と診断される。 、、が徐々に萎縮してしまう疾患であり、箸がうまく持てない、よく転ぶといった症状から始まり、進行するにつれて歩けなくなったり、字が書けなくなったりする。 最終的には言葉も話せなくなり、寝たきりになり、最悪の場合は死に至ることもある。 小脳、脳幹、脊髄が萎縮していってもは正常に機能するため知能には全く障害がない。 つまり、体が不自由になっていくことを自分自身がはっきりと認識できてしまうのである。 彼女は、体の自由が利かなくなることと自分の意識が変わることのない現実の狭間で生き抜いていく。 彼女が闘病中に手が動かなくなるまで書き綴った日記をまとめたが1986年、の出版社から出版された。 愛知県などを中心に大きな反響を呼び、2005年2月には幻冬舎が文庫本として出版。 2006年現在、発行部数は210万部を突破し、ロングセラーとなる。 、午前0時55分、木藤亜也は脊髄小脳変性症の進行に伴う衰弱と、それに伴うにより、25年の短い生涯を閉じた。 その後、亜也の母・木藤潮香が娘との想い出を綴った単行本「いのちのハードル」が出版された。 なお、「1リットルの涙」の巻末には、亜也の主治医だった山本紘子・教授の回顧が寄稿されている。 文庫版では潮香のあとがきと、『追記』として亜也の最期の模様が載せられている。 2006年には、にて「こころの時代-1リットルの涙から20年」が放送された。 2011年10月、群馬大の平井宏和教授らの研究グループが脊髄小脳変性症が発症する仕組みの一部をマウス実験で解明したと発表した。 映画 [ ] 1リットルの涙 監督 岡村力 脚本 田中貴大 山本文太 製作 江原法聖 後藤嘉之 山本文夫 出演者 音楽 主題歌 「空へ」 配給 公開 上映時間 98分 製作国 言語 に製作。 選定映画。 にテアトル池袋他にて公開。 また、地方の等を中心に 1年間に亘りロングラン公開された。 ・はにより発売。 撮影は、亜也の生活の場であったで、2004年4月29日から5月26日に行われた。 実際に通っていたなどでロケをするなど、地元に密着した作品となっている。 キャスト [ ]• 木藤亜也:• 木藤潮香:• 木藤瑞生(亜也の父):• 山本纊子(主治医):• さと(寮母):• ハル(パン屋):• 患者:、• 大西麻恵、かとうかずこはドラマ版にも親子役で出演している(を参照)。 高校での場面では、亜也が実際に在籍していた高校の多くの在校生がエキストラとして参加している。 森山周一郎はドラマ版の第2話で、神経内科教授・宮下信太郎(清林医科大学病院長)役でも出演している。 スタッフ [ ]• 監督:岡村力• 製作:、、、• 主題歌:「空へ」()• 挿入歌:「グライダー」(ソニーミュージックエンタテインメント)• 配給:東映 ロケ地 [ ]• 豊橋市内• 愛知県立豊橋養護学校(現・。 実際の亜也はへ通学)• 河川敷• 愛知県立岡崎養護学校(現・) テレビドラマ [ ] テレビドラマ版についてはを参照。 書籍 [ ]• 『1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也著、エフエー出版、1986年2月 )• のち、2005年2月• 『いのちのハードル 「1リットルの涙」母の手記』(木藤潮香著・エフエー出版、1989年5月 )• のち幻冬舎文庫、2005年2月• 『負けとったらいかんじゃん 「1リットルの涙」物語』(藤崎康夫[文]、みのしまきぬよ[絵]、マルス出版、1993年10月 )• 『ラストレター 「1リットルの涙」亜也の58通の手紙』(木藤亜也著、幻冬舎、2005年8月 )• のち文庫、2006年4月• 『お手本なしの人生 「1リットルの涙」亜也の詩』(木藤亜也・木藤潮香著、、2006年12月 )• 『一公升的眼淚 亞也的日記』(明珠[訳]、:高寶国際有限公司、2006年4月 ISBN:9867088298)版• 『生命的障礙:《一公升的眼淚》母親潮香的手記』(明珠[訳]、:高寶国際有限公司、2006年4月 ISBN:986708831X)台湾繁体中文版• 『一公升的眼淚 亞也的日記』(李奪[訳]、:吉林文史出版社、2006年9月 )版• 『生命的障碍 一公升的眼泪母子篇』(李奪[訳]、吉林:吉林文史出版社、2007年2月 )中国語版• 『1リットルの涙』(原作:木藤亜也、作画:KITA 、幻冬舎コミックス、2005年12月 )漫画版• 『一公升的眼淚 最後的58封信』(賴庭筠[訳]、:高寶国際有限公司、2009年8月15日 ISBN:9861853406)版 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2011年10月6日. 2011年10月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - 単行本の出版元• - 映画『1リットルの涙』製作会社•

次の