ウーバーイーツ 副業。 ウーバーイーツ(Uber Eats)の副業が会社に「ばれない」理由

ウーバーイーツで副業!仕事内容・報酬体系やメリットデメリットを紹介!

ウーバーイーツ 副業

ウーバーイーツはアメリカの企業「ウーバーテクノロジー」が運営する新たなサービスの形の1つ。 飲食店の料理を一般の人に配達してもらうという新しいデリバリーの仕組みの仕事です。 日本でも2016年9月よりサービスが開始され、徐々に普及して来ています。 ウーバーイーツのサイトに登録後、配達依頼のあるお店に行って料理を受け取り、原付や自転車で注文者まで届けるといった副業です。 スマートフォンと自転車か原付バイクがあれば誰でも稼ぐことが可能で、空いた時間や休日だけで働くことができます。 主に男性に人気となっています。 また、報酬の支払いは週払い制が殆どというのも副業としては嬉しいポイント。 すぐに報酬が受け取れるシステムは副業を続けるモチベーションにもつながります。 ただし、勤務場所が都市部に限られてしまうことや、天候や交通状況にも左右されることもあることが注意点です。 所要時間 2~3時間 目安日給 1件あたり500円 必要なスキル 運転免許証(原付の場合) 勤務地 都内 メリット人手不足が続く中で配達などの物流業界は、デリバリー要員の確保に注力しています。 そこで空いた時間や休日を提供可能な人が副業として行うことができるシステムです。 ウーバーが開催する説明会に参加し、仕事内容や注意点などを理解しておく必要がありますが、自分の自転車やバイクを使えば、初期コストがほとんどかからないで始められるメリットがあります。 報酬体系は基本的にデリバリー数や配達距離などで決定しますが、繁忙時間などは料金が上乗せされて支払われますので、本業より報酬が多いというケースもあります。 初期費用がほぼなく、地理に詳しい人などは大きなメリットのある仕事と言え、中には電動自転車などをレンタルしてまで行なっている人もいます。 デメリット利用者の多いデリバリー店を知っておかないと、待ち時間だけが多くて思ったように稼げないケースも出てきます。 例えば待ち時間を過ごすから自宅から近い店で働くと、思っていたようにデリバリー数がなかったり、需要の高い時間帯で働かないと効率の悪い仕事です。 だからといって登録店数を増やすと重複してデリバリーを請負ったり、あせって交通事故を起こしたりする可能性も出てきます。 副業とはいえ配達エリアや働く時間帯を考えないと、時間対収入が低くなる仕事になります。 このサービスは全国的な展開はされておらず、関東や近畿の一部にとどまっています。 従って実質的に副業として働けるのはこのエリアの人たちだけで、その点もデメリットといえそうです。 料理の受取り、引き渡し時に発生する報酬、店舗から配達先までの距離で基本料金が決まります。 報酬の支払いは火~木曜 1週間の報酬は月曜のAM4時閉めとなっていて、 実質日曜日までの稼働分が火曜から木曜日の間に支払われます。 海外送金で支払いが行われるため、登録している金融機関によって曜日のズレが発生してしまいます。 配達にバイクを使用する場合は運転免許が必要になりますが、それ以外に資格は不要です。 男女問わず誰でも簡単に始めることができます。 働ける時間は1日12時間まで ウーバーイーツは1日永遠と働けるわけではなく、稼働できる時間が1日12時間と制限されています。 基本的な稼働時間は9~24時。 お店の営業時間によっても若干異なります。 昼食時や夕食時がメインとなりますが、ドリンクを販売するお店などはそれ以外の時間帯でも注文が入ります。 配達時の事故には補償がつく 配達員には保険が適用されますが、 注意しておきたいのが「配達中」にしか保険が適用されないこと。 配達が終わって帰路の最中に事故にあった場合は適用外となります。 自分の怪我や自転車やバイクの修理費用は別途自分で備えておく必要があります。 配達員の保険の概要 対人補償 配達中に事故で相手を死傷させた場合の治療費や慰謝料を補償。 上限は1億円。 対物保証 配達中に事故でお店や注文者の物品に損害を与えた場合の補償。 上限は1億円。 配達エリアは関東・関西が中心 配達の対象エリアは拡大中ではあるが、現在の対象エリアは関東・関西が中心となっています。 対象エリア内に住んでいなくても、エリア内で働くことが可能であれば登録して働くことができます。 エリアは拡大中なので需要が減るということは当分無いと思われます。 自転車or原付バイク• スマートフォン• モバイルバッテリー• スマホホルダー• 配達バッグ 自転車or原付バイク 配達するために必要になるのが自転車か原付バイクです。 自前の物があればそれを利用することが可能で、どちらも持っていない場合はレンタルすることも可能。 レンタル料は自転車なら月額4,000円、原付バイクなら月額16,000円となっています。 スマートフォン ウーバーイーツの利用にはドライバー用のアプリで注文を受けるため、スマートフォンも必須アイテムです。 注文を受けたり、配達先の確認を行ったり、トラブル時は連絡する手段としても使用します。 モバイルバッテリー 必須ではありませんがスマートフォンが必須アイテムのため、その商売道具であるスマホの電池が切れてしまうのは死活問題。 モバイルバッテリーを持っておくと、万が一の時に対応できるため安心です。 スマホホルダー.

次の

ウーバーイーツ、会社員が副業で土日だけやったらいくら稼げる?

ウーバーイーツ 副業

新型コロナ対策でイベントや大会の中止が相次ぎ、営業自粛を強いられる店舗や施設も続出しました。 長引く自粛の影響で仕事がなくなった人の間では、激減した収入を補う目的でウーバーイーツ配達員の副業を始める人が増えています。 収入が減った場合の副業としてはコンビニや飲食店などのアルバイトが定番でしたが、そうした状況もコロナ禍で大きく様変わりしているのが現状です。 若い世代を中心にウーバーイーツ配達員が人気を集めている理由について、副業としての新たな可能性という観点からまとめてみました。 配達員の数が増えたことで「以前より稼げなくなった」という声も出てきていますので、今後の見通しと対策についても記事の後半で解説します。 ウーバーイーツ配達員の副業が人気を集めている理由 ウーバーイーツを利用すればネット通販から商品を購入するのと同じような感覚で、料理や飲み物を自宅までスピーディーに届けてくれます。 最近は新型コロナウイルスの感染を恐れて外出を控えている人が増え、緊急事態宣言下では多くの飲食店が営業自粛を余儀なくされました。 飲食店だけでなくライブハウスやスポーツジムなどの従業員も仕事がなくなり、大幅な収入減に直面しています。 減ってしまった収入を補うために行う副業の選択肢は、コンビニなどのアルバイトから在宅ワークまでさまざまです。 そうした中でもウーバーイーツの配達員は特別なスキルを必要とせず、誰でも気軽に取り組める仕事として人気を集めています。 ウーバーイーツ配達員は新型コロナウイルスが感染拡大する以前から話題を集めてはいましたが、緊急事態宣言下でも需要が絶えないという点では最強の副業です。 飲食店のアルバイトと違って特定の店に縛られない自由な働き方ができる点に加え、短時間で効率的に稼げる点も人気の一因として見逃せません。 ウーバーイーツ配達員の報酬 従来の出前は飲食店と雇用契約を結んだ従業員が料理を配達するスタイルでしたが、ウーバーイーツ配達員はあくまでも個人事業主として配達を行います。 配達員は注文1件ごとにウーバー側と業務委託契約を結んで配達を行う形となるため、決められた出勤時間やシフト・休日などの概念がありません。 好きな時間に好きなだけ働いてお金を稼げる自由さが、ウーバーイーツ配達員にとって最大のメリットです。 配達員に支払われる報酬の基本料金は受取料金と受渡料金・距離料金を合計した金額で、ウーバー側の手数料を引いた残りが自分の収入になります。 このうち受取料金と受渡料金はサービスエリアによって異なり、東京都の場合は265円+125円で合計390円が1回の配達で最低限もらえる金額です。 距離料金は受取店舗から配達先までの距離で変動し、1kmあたり60円が加算されます。 平均すると1回の配達で稼げる報酬は500円前後で、1時間2件こなせば時給換算1,000円前後になる計算です。 注文の多い時間帯やエリアで報酬率が上がるブーストの仕組みもあり、上手に利用することでさらに収入を増やすことができます。 配達する人が少なくなる雨の日などはクエストと呼ばれるインセンティブが付けられ、指定回数の配達をこなすことで追加報酬が加算される仕組みです。 配達に自転車を使えば健康にもプラス ウーバーイーツの配達には事業登録された軽自動車や125cc以上のバイクも使用可能ですが、ほとんどの人は125cc以下のバイクか自転車を使って配達しています。 自転車と違って自分の足で漕ぐ必要がないバイクは配達が楽になる反面、ガソリン代や車両保険代が必要です。 バイクは配達の際に駐車場所を探す必要もありますが、自転車なら駐輪禁止の場所でない限りどこにでも置いておけます。 ウーバーイーツでは2019年11月の料金改定で1kmあたりの距離料金が150円から60円に下がり、バイクを使った長距離配達の優位性が低くなりました。 逆に言えば距離に比例した報酬の割合が少なくなったことで、自転車でも稼ぎやすくなったことを意味します。 ペダルを漕ぐのにある程度の体力も必要ですが、配達に自転車を使う最大のメリットは有酸素運動を兼ねられるという点です。 有酸素運動は20分以上続けることで体脂肪がエネルギー源として使われ始めるため、脂肪燃焼効果が高まってくると言われています。 最近になって女性の配達員が増えているのも、ダイエットへの効果が期待されている証拠です。 ウーバーイーツ配達員の副業は今からでも稼げる? ウーバーイーツ配達員は副業の新しい選択肢として人気が高まっていますが、登録者が増えるにつれて競争も激化しつつあります。 緊急事態宣言下では営業を自粛する飲食店が続出したため、東京エリアなどは「以前より稼げなくなった」という声が出ていたほどです。 これからウーバーイーツ配達員を始めようとしていた人にとっては不利な情勢ですが、感染拡大が落ち着いてくれば配達依頼件数も増加に転じると予測されます。 緊急事態宣言が解除されてもしばらくは外食を控える人が多いと予想されるだけに、ウーバーイーツ特需はまだまだ当分続くはずです。 コロナ以前とコロナ後では、人々の生活様式が大きく変わるとも予測されています。 これまで飲食店の従業員が担ってきた役割を、ウーバーイーツ配達員が代わりに果たすようになるのが外食産業の新しいあり方です。 とは言え配達パートナーは時給が決まっているわけではありませんので、効率的に稼ぐには自分自身で配達の仕方を工夫する必要もあります。 短時間で効率的に稼ぐコツ ウーバーイーツが配達員に仕事を割り振りする際には、パートナー専用のスマホアプリが使われます。 GPSやナビゲーションで導いてくれる便利なアプリがあるからこそ、知らない場所でも目的の家を探し出して料理を配達できるのです。 配達の効率化に欠かせないスマホアプリをサクサク動かすには、スマホの通信制限やバッテリー切れを防ぐ対策も欠かせません。 いざというときに備え、ポケットWiFiやモバイルバッテリーを用意しておくと安心です。 時給換算で1,500円から2,000円を稼ぐにはよほど効率よく配達をこなし、ブーストやクエストも最大限に活用する必要があります。 都心部はウーバーイーツと提携している飲食店が多く、配達依頼が頻繁に入るホットスポットです。 飲食店と注文客の自宅が密集しているような都心エリアはブーストの対象になる場合も多く、ランチタイムやディナータイムの配達を多くこなすことで効率的に稼げます。 都心エリアは競争激化の様相 ウーバーイーツ対象エリアの中でも東京都心部は最も稼げるスポットと言われてきましたが、最近は新型コロナウイルスの影響と見られる異変が生じています。 東京で配達員をしている人の間では、緊急事態宣言が発令されて以降にかえって「稼げなくなった」という声が出てきているのです。 飲食店の営業自粛や外出自粛の動きが広がっている中では、ウーバーイーツの需要が増えている点に変わりはありません。 東京では需要拡大を上回るペースでウーバーイーツ配達員の数そのものが急増しているため、1人当たりに割り当てられる配達量が減るという皮肉な結果が生じているのです。 東京都内でも郊外エリアは都心部より配達員が少ない可能性もありますので、電車で移動して自転車シェアサービスを利用しながら現地で配達して稼ぐという手もあります。 ドコモシェアのウーバー特別会員プランなら、月額4,000円で電動アシスト自転車が1日4時間まで乗り放題です。 大阪エリアなど他の対象地域では東京ほど配達員が極端に増えていないため、ウーバーイーツ需要増の恩恵を受けられる可能性があります。 ただし東京都以外のエリアは受取料金と受渡料金が低めに設定されていますので、効率的に稼ぐには数をこなす戦略も必要です。 現金払いの受け付けをONにした方が稼ぎやすい? ウーバーイーツ配達員はクレジットカードまたはデビットカードを登録することで、現金払いの配達にも対応できるようになります。 カードを登録していない人でも、配達を100件以上こなしていれば現金払いの受付が可能です。 大阪エリアでは現金払いを受け付ける設定にした方が配達依頼も多く入り、効率よく稼げる傾向が見られました。 東京エリアでも配達員が急増して1人あたりに割り当てられる配達依頼が減っているだけに、現金払いをONにした方が稼げるようになる可能性があります。 現金払いの配達に対応する際にはお釣りの受け取りを伴うため、釣り銭の準備も欠かせません。 釣り銭が足りなかったりするトラブルも発生しているせいか、現金払いをONにすると評価が下がりやすいという口コミも見受けられます。 新型コロナウイルスへの感染を警戒して、最近は配達員と顔を合わせずに済む置き配を選ぶ依頼客も少なくありません。 そうした事情もあって、現金払いをOFFに設定している配達員が全体の5割以上に達する地域もあります。 配達件数がなかなか伸びないという場合は、現金払いを敢えてONにしてみるのも1つの手です。 天候などの条件で注文の多い日や時間帯は現金払いをOFFに設定し、少ない日のみONにして配達数を増やしている人もいます。 ウーバーイーツ配達員の副業まとめ 当初のウーバーイーツ対象エリアは東京や大阪などの大都市が中心でしたが、2020年5月時点で16都府県に拡大中です。 このままのペースでサービス拡大が続けば、いずれは全国を幅広くカバーするようになる可能性があります。 配達パートナーとして登録していればどのエリアでも働けますので、引越し先でも副業を続けられるのがウーバーイーツの強みです。 東京都心などは配達員の急増で稼ぎにくくなったとも言われていますが、生活様式の変化に伴って今後も加盟店の拡大が予想されます。 競争相手が増えた中で稼ぎを維持していくには、ブーストやクエストを上手に利用しながら効率よく配達をこなす工夫が欠かせません。 これまでは飲食店のアルバイトが副業の定番とされてきましたが、これからの時代はウーバーイーツ配達員が主役になりそうな予感がします。

次の

【副業】Uber Eats(ウーバーイーツ)でお金を稼ぐには?

ウーバーイーツ 副業

ウーバーイーツとは? UberEats(ウーバーイーツ)とは、 2015年12月にカナダのトロントで始まり、今では世界200都市でサービスを展開しているフードデリバリーサービスです。 ウーバーイーツに登録しているレストランの店舗数も世界8万軒以上となっています。 日本でも2016年9月からサービスが開始され、今では東京、横浜、大阪、川崎でサービスを展開しています。 まもなく神戸と京都でもサービスされる予定です。 ウーバーイーツはどのようなサービスかというと、今まで出前を行っていなかった個人レストランも、ウーバーイーツとレストランパートナーを結べばデリバリーサービスが始められるというサービスです。 誰が配達するのかというと、レストランやUBERの従業員ではなく、スキマ時間で収入を得たい個人です。 自転車か125cc以下のバイクがあれば、誰でもウーバーイーツで働くことができます。 お腹を空かしたユーザー、スキマ時間にお金を稼ぎたい配達員、そして、低コストで宅配事業を始めたいレストランが持つ三者のニーズを同時に満たす、まさに 「Win-Win-Win」のサービスです。 ウーバーイーツで配達するには? ウーバーイーツで配達するには、一度 UberEatsパートナーセンターに登録しに行く必要があります。 UberEatsパートナーセンターでは、配達の仕方や配達用アプリの操作方法、配達用バッグの使い方の説明があり、最後に配達用バッグが支給されます。 この配達用バッグですが、8,000円支払う必要(給料から差し引き)があります。 ただし、これはデポジットといって預かり金のようなもの。 配達員を辞める時にバッグを返却すれば、お金は戻ってきます。 ですので、実質は無料です。 登録が終わったらもうその日から仕事ができます。 どうやったら仕事が入るかというと、UberEats専用の配達用アプリをオンラインにするだけ。 そうすると、ウーバーイーツと契約した飲食店に注文が入ると、店の付近にいる配達員に配達の依頼が入ります。 スマホに「ピコーン」って通知が来るので見逃さないように気を付けてください。 通知がきたらスマホ画面をタップして依頼を受けます。 配達用アプリ上に依頼が入った飲食店が地図上に出てくるので、その飲食店まで出向き、商品を受け取り、注文者まで届けるという流れです。 商品を届けたら配達用アプリ上に今届けた分の配達料がリアルタイムに表示されます。 ゲーム感覚でやってて楽しいという人も結構多いようです! UberEatsパートナーセンター一覧 ウーバーイーツ配達員に登録ご希望の方は以下のパートナーセンターで登録手続きを行います。 【東京】 住所: 東京都渋谷区恵比寿1-25-1 NAGAHAMAビル 5F 営業時間:月〜日: 12:00〜19:00 住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋 営業時間:月〜日: 12:00〜19:00 【横浜】 住所: 神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A 『アンクロートスペース横浜』 営業時間:月, 水, 土: 12:00〜19:00 祝日も営業 【大阪】 住所:大阪市中央区南船場4-4-21 りそな船場ビル604 営業時間:月〜日 12:00〜19:00 【京都】 住所:京都府京都市下京区金換町109-1 営業時間:金〜日 12:00〜19:00 【神戸】 住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-4-8 TKP三宮ビジネスセンター 営業時間:金〜日 12:00〜19:00 ウーバーイーツはいくら稼げる? ウーバーイーツはいくら稼げるのでしょうか?まずはウーバーイーツ配達員の給料の仕組みをご紹介いたします。 収入は3種類。 1つが基本料金となる 「配達料」で、配達する距離が遠いほど高くなります。 2つ目が 「ブースト」。 これは配達が多い時間帯や配達料が少ないエリアなどにつく倍率で、配達料に掛け算されます。 例えば、配達料が500円でブーストが1. 2倍の案件なら600円の収入になります。 3つ目が 「インセンティブ」です。 雨の日や土日などにプラスされる特別収入です。 配達料に加算されます。 配達料の相場ですが、1件配達すると500円くらいです。 配達時間は20分ほど。 ですので、 時給にすると1,500円も可能です。 とはいえ、夕方のアイドリングタイムには配達依頼はそんなにコンスタントに来ません。 日給の相場は、 11時~21時の10時間働いたとして1万3千円くらい でしょうか。 それにプラスして インセンティブが合わさったら2万円を超えることも普通にあります。 日給2万円+週5日=月収40万円も夢ではありません! 副業として、仕事帰りのディナータイムだけとか、週末だけ配達するという人でも、月に5万円の収入を得ることは十分可能です。 ウーバーイーツの給料 ウーバーイーツの給料は週払いです。 月曜日~日曜日の給料が 翌週の水曜日に指定の銀行口座に振り込まれます。 お水系やガテン系の日払い以外で、こんなにすぐ給料が入る副業はあまりないのではないでしょうか? ウーバーイーツ配達員に向いている人 ウーバーイーツ配達員は自転車か125cc以下のバイクがあれば誰でも働け、好きなときにスマホでワンタッチで仕事を開始できる今までにないような自由な働き方です。 まさに「働き方改革」に相応しい副業ではないでしょうか? 次のような人は今すぐウーバーイーツで働くことをお勧めします。 しかも安定していますし。 ただ、毎日長時間自転車だとさすがに疲れると思いますので、副業ではなく本業でガッツリ働こうという人はバイクで始めることをお勧めします。 バイクがない人は電動自転車です。 最近は街に定額制のシェアサイクルがありますので、シェアサイクルを利用してウーバーイーツの配達している人も多いようですよ! ちなみに、副業禁止の会社員の人もウーバーイーツ配達員できます。 会社の就業規則で副業が禁止されていても、憲法・法律にはそういった拘束力はないためです。 ただし、 本業に支障をきたすようなことをしないように気を付けましょう。 とはいえ、見つかると面倒なことになるかもしれませんので、会社の近くで配達するのを避けたり、帽子を被ってやるのが良いかもしれませんね。 あとは、確定申告は忘れずにしましょう。 会社に副業がばれる一番の原因は確定申告しないからなんです。 会社にバレないで副業する方法については以下の記事に詳しく書いてます。 ウーバーイーツ配達員は、空いた時間に気軽に働けて給料は週払い。 今すぐお金が欲しい人にとっては最高の副業だと思いますよ!.

次の