プルームテック ゴールドロースト リキッド。 【プルームテックプラス】12種類のたばこカプセルを吸った感想|フレーバーの気になる味は?

プルーム・テック・プラス新フレーバー「メビウス・ゴールド」ラインの衝撃|YaWasoku

プルームテック ゴールドロースト リキッド

プルームテックプラスでCBDリキッドを吸う為の下準備 まずはプルームテックプラスと互換性のあるリキッドの入っていないカートリッジが必要となります。 これはAmazonで購入。 ちなみにコイルの抵抗値は不明でしたが、別の互換性カートリッジには1. 恐らく近い数値だと思うので1. CBDリキッドを吸う場合のコイル抵抗値は0. 取り敢えず許容範囲かな。 またプルームテックプラス互換性カートリッジのリキッド差込口は非常に小さいです。 リキッド付属のスポイトだと注入が大変なのでニードルスポイトを活用していきます。 今回、利用するCBDリキッドはKoi CBDリキッド。 30mlボトルにCBD含有量500mg。 濃度にすると約1. 互換性カートリッジにCBDリキッドを注入しやすいようにニードルスポイトにリキッドを使う分だけ注入していきます。 互換性カートリッジにリキッドがどのくらい入るのか不明だったので2mlほど入れ替え。 さぁ、カートリッジにCBDリキッドを注ぐ準備が整いました。 カートリッジのシリコンキャップを外してCBDリキッドを注入していきます。 この時、調べましたが互換性カートリッジには最大1. 2ml程のリキッドが注入可能な模様。 互換性カートリッジの約8分目あたりまでCBDリキッドを注入してみました。 後はこのカートリッジをプルームテックプラスに装着して吸引するだけ! プルームテックプラスでCBDリキッドを吸引!結果は? 問題なく気化されて吸引する事が可能。 CBD低濃度でもキック感強めの吸い応えへ! たばこカプセルを装着して吸えば、ニコチンも一緒に含まれてきますので、いわゆる喉のキック感。 刺激ですね。 申し分なく味わう事ができます。 日常的に吸うプルームテックプラスと何ら変わりはありません。 CBDリキッドの味は変化する? 今回、使用したCBDリキッドは「BLUE Koi CBD 500MG」です。 甘味のあるフルーティーな味わいあるリキッドフレーバー。 これがたばこカプセルを通過する事でフルーティー感が残りますが、よりタバコっぽい風味が付け足された印象を感じました。 ただ、やっぱり普通に美味しい。 私はプルームテックプラス「ゴールドロースト」を普段は吸っているのですが「BLUE Koi CBDリキッド」で吸った方が美味しさはアップ! CBD感は味わえる? 私の場合、デイリーユースで吸っている「BLUE Koi CBD 500MG」は強くCBD感を捉えないので、プルームテックプラスで吸ってもCBD感に関して、変化を感じる事はありませんでした。 肺に溜める事を考えるとニコチンは不必要なのでで吸引した方が良さそうです(笑) ただ、たばこカプセルを外せば、通常のVAPEと同じく感覚で気化されたリキッドの蒸気を吸う事ができます。 煙の量は? ミスト量も正規のプルームテックプラスカートリッジと変わりないボリュームのミスト量を吐き出す事が出来ます。 感覚的にCBDリキッドの方がミストが重い印象を少し受けました。 プルームテックプラスはバッテリーが610mAH、定格電圧:5Vのスペックみたいです。 CBD用ペン型VAPEより若干スペックが高い傾向なので煙量もペン型VAPEよりは多少、多いかなぁ〜といった印象を受けました。 またプルームのたばこカプセルを装着する事によって、喉へのキック感も確かに味わう事が可能。 一応、ニコチンも吸収しつつ、CBDも吸収といったダブルパンチで利用する事は可能ですが、本体の寿命が縮まる等の可能性もありますので、行う場合は自己責任にてお願いします。

次の

やっぱり新型プルームテックプラスでもタバコカプセルが余る問題勃発!!

プルームテック ゴールドロースト リキッド

プルームテックカプセルと同じ味のフレーバー 16種類• プルリキ レギュラータバコ• プルリキ メンソール• プルリキ ミックスベリーミント• プルリキ アップルメンソール• プルリキ ブラウンコーヒー• プルリキ 梨メンソール• プルリキ ストロベリーマンゴーメンソール• プルリキ アロマレモンティー• NEW プルリキ アイスメンソール• NEW プルリキ ローストタバコ• NEW プルリキ 抹茶タバコ• NEW プルリキ クリアメンソール• NEW プルリキ マスカットメンソール• NEW プルリキ スーパーストロングメンソール• NEW プルリキ パイナップルピーチメンソール• NEW プルリキ アロマメンソール PloomTechのたばこカプセルと同じようなラインナップを揃えているのが特徴です。 詳細をレビューしていきます。 商品提供:• メビウス・レギュラー・フォー・プルーム・テック(スタンダードなたばこテイスト)• メビウス・メンソール・フォー・プルーム・テック(ストレートなメンソールテイスト)• メビウス・パープル・クーラー・フォー・プルーム・テック(ベリーミントフレーバー)• メビウス・レッド・クーラー・フォー・プルーム・テック(アップルミントフレーバー)• メビウス・ブラウン・アロマ・フォー・プルーム・テック(カフェモカフレーバー)• メビウス・ミックス・グリーン・クーラー・フォー・プルーム・テック(和梨と洋梨フレーバ)• ピアニッシモ・ストロベリー・マンゴー・ピンク・クーラー・フォー・プルーム・テック(完熟フルーツのミックスフレーバー)• ピアニッシモ・レモンティー・ゴールド・アロマ・フォー・プルーム・テック(紅茶とレモンのミックス) この8種類のたばこカプセルに合わせたリキッドがプルリキです。 たばこカプセル用に開発されたリキッドなので、 たばこカプセルの味や吸いごたえを損ねることなく楽しめるようにチューニングされた専用リキッドは業界初!ベプリキ の味と同じ風味のプルームカプセルをご使用でさらに美味しく、抜群の満足感が得られるというわけです。 プルームテックの新フレーバーへの対応は?• ピアニッシモ・アリア・メンソール・フォー・プルーム・テック(ストレートメンソールテイスト)• ピアニッシモ・パイナップル・ピーチ・イエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック(パイナップル&ピーチフレーバー) この新フレーバーに関しては、現在ベプリキのラインナップがありませんが、これまで発売されたフレーバー8種類には対応しているので、今後対応する可能性はあります。 追加されるなど進展があった場合はブログ記事などでお伝えしていきます。 追記 ベプリキのラインナップ追加で対応しました!レギュラーフレーバー全てに対応しています。 プルームテック プラスのタバコカプセルにも対応! プルームテックだけでなく、強化版「プルームテック プラス」のフレーバにも対応しました。 メビウス・コールド・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス(氷冷メンソール+キレのある刺激)• プルームテック プラスのレギュラーフレーバーにも完全対応です。 プルリキの特徴 プルームテック・プルームテック プラスと同じ味を再現したリキッドの特徴は、有名Youtuber監修ならでは!そして製造は国内有名メーカーという出所のはっきりした安心感を感じる製品になっているのもプルリキの特徴です。 有名YouTuberが製品を監修 出典:ベプログショップ このプルリキは、 人気Youtube『HORICK TV』のこーへいさんが監修しています。 何度も試飲を重ね開発したお墨付きのフレーバーになっています。 今回は私、HORICK TVのこーへいがプルームテックのためのリキッドを監修させて頂きました。 僕のチャンネルでは電子タバコ関係をメインに動画投稿を行っており、加熱式タバコにも力を入れていたので、今回このようなリキッド制作に携わらせて頂 き感謝と喜びでいっぱいです。 今回リキッドを制作させて頂く上で特にこだわった部分は、 プルームテックの タバコカプセルをつけた状態でも外した状態でも、どちらでも美味しく吸えるようにという事にとにかくこだわりました。 リキッドだけで吸って美味しいものや、力プセルと組み合わせた時だけ美味し いものは他にもありますが、どちらの状態でも美味しく吸えるリキッドというのは、今まであまりなかったのでそこに重点を置いて作成致しました。 ですのでそこが一番大変だった部分でもあります。 それと、タバコカプセルの吸いすぎてヤニクラが酷かったです。 笑 ですが、そうしたこだわりのもと作らさせて頂きましたので、 どちらかに偏った味ではなくどちらでも美味しく吸えるようバランスのとれた味に仕上がっていると思います。 なので、 喫煙も禁煙も両方しっかり楽しめるような味になっていると思いますのでプルームテックユーザーの方には是非一度試して頂けると嬉しいです! HORICK TV コーヘイさん 加熱式たばこを多くレビューしているYouTuberさんが監修しているということもあって、味わいにはしっかりとしたこだわりがあるのがプルりきの特徴でもあります。 安心安全の国内老舗VAPEリキッドメーカーが製造 出典:BI-SO このプルリキを製造しているのは、長野の老舗VAPEリキッドメーカー「BI-SO」です。 自社ブランドの他に、多くのメーカーのOEMも手がけるリキッドメーカーで、自社工場はISO9001を取得している安心安全の国産メーカーが製造しているので安心して使うことができます。 お試しサイズとして小容量ボトルをラインナップするだけでなく、お買い得な大容量ボトルもしっかりと揃っているのが嬉しいですね。 ISO9001取得!安心安全の国内老舗メーカーが製造を担当していることもあって、ラベルの記載はしっかりとしています。 また、製造から2年の品質保持期限の記載もあるので、安心して使用できるのもポイントです。 プルリキの使い方 プルームテックのたばこカプセルのフレーバーに合わせたリキッドなので、たばこカプセルに付属のカートリッジが切れてしまった時に、直接添加して使うこともできるのが嬉しいですね。 たばこカプセルの味に合わせたプルリキを使うのが良いでしょう。 もちろんですが、普通のVAPEデバイスで使うこともできます。 TARLESSのように、プルームテックたばこカプセルがつけられるようになっているデバイスであれば、たばこカプセル付属のカートリッジではなく、直接プルリキを使っての運用もできるので便利です。 また、カートリッジを分解することがでkるプルームテックプラスへのリチャージ(再装填)用にも良さそうです。 プルリキ 全16種類の詳細 プルリキ8種類の詳細です。 プルームテックのたばこカプセルに合わせたフレーバーは現在8種類をラインナップしています。 その詳細をリキッドごとに詳しく説明しました。 プルリキ レギュラータバコ(レギュラー) プルリキの味はプルームテックのカートリッジに近い? かなり近い味わいになっています。 ただし、完全一致というわけではなく、より強調された味わいというのが最もしっくりくるニュアンスではないかと思います。 味の方向性的には、プルームテック純正カートリッジと近いのですが、 一部分が強くなったような印象を受けるのが特徴で、プルームテックの味わいでは満足できないユーザーもターゲットにしているような印象を受けます。 カートリッジに添加して、より 味を濃くするニーズにもぴったりだと感じました。 ただし、プルリキだけ(単体)で吸うと、 単純な味わいなので、 プルームテックと同じであくまでたばこカプセルを前提とした味わいであると感じました。 決してまずくはないので、シンプルな味わいが好きな方は単体でも楽しめるとは思いますが、リキッド単体で吸うのであれば一般的なVAPEリキッドの方が満足感を得られると思います。 プルリキのまとめ プルームテックのたばこカプセルに合わせたラインナップ。 プルームテック純正品に近い味わいな上に、さらに味が濃くなっているので、 純正カートリッジ添加したり、プルームテック互換機やたばこカプセル対応VAPEの運用に特化したリキッドでした。

次の

プルームテックプラス新境地!ゴールドローストをBI

プルームテック ゴールドロースト リキッド

なぜ余る?プルームテックプラスのリキッド そもそもプルームテックプラスには一回のパフに時限があります。 4秒以降はどれだけ吸ってもノーカン。 何も入ってきません。 にも関わらずなぜリキッドが余るのかと言うと2. 4秒吸っていないからと言うことになります。 特別計測しなくてもリキッドが蒸気になるシュゴー音が消えるのでそこまで吸えばいいだけです。 しかし肺活量の大小問わず、2. 4秒吸うのが長いから途中で辞めてしまっているのです。 リキッドが余るのはもったいないですが、2. 4秒吸わなくても満足出来るならそれはそれでいいじゃない。 4秒ってタバコを吸う時間にしてはやや長いのかもしれません。 おっさんは結構リキッドを余らす方です。 紙巻きタバコもきついタバコをちょびちょび吸っている感じですね。 多分1本吸うのに3分かかってないと思います。 さて人並みにプルームテックプラスを満足して余ったリキッドですが、なんとか使い切りたいものです。 しかし中途半端に余ると50パフとの兼ね合いから徐々にズレが大きくなっていきます。 これをそうしましょうか? パフ数を気にせずプルームテックプラスでたばこカプセルを吸い続ける 最後の5たばこカプセル目で50パフを達成して、見てみると多少リキッドが残っていた。 そんな時は気にせずリキッド消費のために、そのままたばこカプセルを変えずにリキッドがなくなるまで吸い続けると言う、ズボラ向きのオーソドックスな方法です。 パフカウントなんてものは気にせずに、いつかどこかで250パフとリキッドが綺麗になくなる局面で気持ちも装いも当たらに襟を正してプルームテックプラスを吸う。 なにも考えずに非常にいい方法だと思います。 無印プルームテックのたばこカプセルを吸ってリキッドを消費する 案外美味しく吸えるのがプルームテックプラスで無印プルームテックのたばこカプセルを吸うことですが、リキッドの消費にはこれが一番いいような気がします。 ここでも議題になるのがパウカウントです。 リセット機能がないプルームテックプラスでは必ずカウントにずれが生じます。 新しく変えたたばこカプセルの一回目の点滅の時点で20パフであったとしても、途中で交換して帳尻を合わせるのも、本末転倒な様な気がします。 プルームテックプラスのパフ数を気にせずに好きなところでたばこカプセルを交換してリキッドを消費する 無印プルームテックの頃、おっさんの吸い方はたばこカプセルのフレーバーがなくなったらたばこカプセルを交換してパフ数を気にせずに吸っていました。 その辺りもプルームテックプラスでは改良されていて、50パフ後半まで喫煙感やフレーバーが持つようになっています。 プルームテックプラスの余ったリキッドを貯めて一つのカートリッジを再生する 余ったプルームテックプラスのリキッドの入ったカートリッジをそのまま集めていき頃合いを見計らって一つのカートリッジに集結させると言う方法です。 プルームテック程簡単ではありませんが、プルームテックプラスのカートリッジも再生可能です。 これこそ本物のプルームテックプラスのカートリッジ再生と言えます。 ただ1本カートリッジが誕生しても250パフがずれてきますが、たばこカプセルひとつ分のズレの方が計算しやすく結果としては気楽でしょうか。 プルームテックプラスの余ったリキッドで無印プルームテックのカートリッジを再生する 無印プルームテックで吸いきったカートリッジにプルームテックプラスの余ったリキッドで再生する方法です。 余程几帳面にプルームテックを使っていない限り、プルームテックのパフカウントはズレまくっていると思います。 これでプルームテックプラスのパフカウント問題もなくなるスマートなソリューションです。 余ったプルームテックプラスのリキッド専用のプルームテックプラスを用意する プルームテックプラスの予備機を1台用意してそれを余ったリキッド専用機にしましょう。 吸い終わったシケカプセルを専用プルームテックプラスで吸えるように乾燥させて、復活させておきましょう。 これでプルームテックプラス吸いごたえとフレーバーをパフカウントも気兼ねなく吸う事ができます。 プルームテックプラスの余ったリキッドを捨てる なんの解決にもなっていませんが思い切って捨てましょう。 プルームテックもプルームテックプラスも250パフの中でやりくりするのが一番美味しく運用出来ます。 おっさんは実はこれです。 リキッド内包の互換カートリッジでもあれば考えますが、再生まではちょっと億劫です。 常にフレッシュなたばこカプセルと気持ちでプルームテックプラスが吸えます。 余ったプルームテックプラスのリキッドをみんなはどうしてますか? 結局2. 4秒吸えばこの問題は解決します。 それがオフィシャルな使用方法でもあります。 個人の肺活量の問題もありましょうし、気をつけて2. 4秒吸っていても気づけば自分のリズムで吸っていたりします。 喫煙と言うのは個人的な楽しみなのでどうしても癖が抜けません。 おっさんは密かに耳毛を抜くのが趣味ですが、食事と同じく長年かけて形成されたもので他人が特別注視するものでもなく、または進言される事もない行為の一つでもあります。 いやしかし無印プルームテック時代は散々リキッドの枯渇に悩まされて、改修版のプルームテックプラスではリキッドが余るようになるということは、JT的にもリキッドをかなり増やしたものです。 プルームテックはたばこカプセルのキッチリとした終わりというのがありません。 IQOSのヒートスティックやgloのネオスティックは一度吸い切ると紙巻きタバコ程ではありませんが、シケモクにするとかなり不味くなります。 熱風を通しているに過ぎない構造なのでたばこカプセルにシケモクと言う概念が薄いのは確かです。 たばこカプセルを有効利用すれば上手くリキッドを完走させることはたやすいのでみんなの好きなプルームテックプラスのリキッド消費方を模索してください。 おすすめは余ったリキッド専用のプルームテックプラスを用意するですが。 なおタバコは20歳から。

次の