ご理解いただけますと幸いです。 「幸いに存じます」の意味と使い方・例文・正しい敬語表現

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ご理解いただけますと幸いです

ご理解 = 理解すること• ご・お~いただけますと = 「〜してもらえると」の意味の敬語• すると「ご理解いただけますと幸いです」の意味は… 「理解してもらえると嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「 理解してほしい!」「 理解してください!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて目上や上司・取引先につかうにはイマイチです。 そこで「~してもらえると嬉しいです」というように遠回しにして、 とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 「ご理解いただけますと幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 難しいので敬語についてくわしく学ぶ必要のない方はスキップしてください。 もとになる単語「理解」• 可能形にして「 ご理解いただける」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご理解していただけますと幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「理解していただけますと幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 漢字表記「ご理解 頂けますと」vs. ひらがな表記「ご理解 いただけますと」の両方ともOK。 「〜いただける」は謙譲語「いただく」の可能表現。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 接続助詞「と」は助詞の一類。 用言・助動詞について、それよりまえの語句をあとの語句に接続し、前後の語句の意味上の関係をしめすはたらきをする。 ちなみに敬語「お(ご)」は…• 「自分がご理解する」「相手にご理解いただく」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご理解くださる・ご理解になる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 難しく感じるかたは 「お(ご)〜いただく」のセットで謙譲語とおぼえておきましょう。 【使い方】理解の依頼・お願いビジネスメール つづいて「ご理解いただけますと幸いです」の使い方について。 ようは「 理解してほしい!」「 理解してください!」という意味なので、そのような依頼・お願いビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 例文 たとえば、• 【例文】ご理解いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご理解いただけますと幸いです。 よろしくお願い致します。 よろしく」 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 なお「ご了承 をいただけますと幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ビジネスメール例文(全文) こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご理解いただけますと幸いです」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 なおビジネスメールにおいては以下の敬語もオススメです。 このたび、店舗リニューアルにともない下記の期間を休業とさせて頂きます。 丁寧な断りをいれるビジネスメール例文。 「お見送りいたします」「見送らせて頂きます」「お見送りさせて頂きます」という敬語フレーズを使うとよい。 株式会社転職・ノマドでございます。 先般はとても有用なご提案をいただき誠にありがとうございました。 さて過日、ご提案くださいました「システム導入」につき、弊社内にて検討いたしました結果、誠に遺憾ではございますが今回はお見送りさせて頂きます。 御社の競合他社より僅差で下回る価格オファーがあったことが要因でございます。 また機会がございましたら御社製品にて検討いたしたく存じます。 どうかご理解いただけますと幸いです。 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 ———————— メール署名 ————————• 【例文】ご理解 いただけましたら幸いです もあります。 言いたいことは「理解してほしい」であり、どちらも丁寧な敬語なので使い分ける必要はありませんが… いちおう意味と違いについて考えてみます。 「いただけますと」に仮定の「たら」をくっつけると「いただけましたら」という敬語になります。 なお「ご理解 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 どちらも丁寧であり使い分けの必要はない これまで見てきたように、どちらの敬語もこのうえなく丁寧なフレーズです。 上司など社内の目上はもちろんのこと、社外取引先にもつかえる素晴らしく丁寧な敬語です。 どちらかお好きな方を使えばよく、使い分けする必要はありません。 【例文】ご理解 賜れますと幸いです• 【例文】ご理解 賜れましたら幸いです とします。 これまで紹介した敬語と言いたいことはおなじ。 ただ、賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書や手紙・公式なビジネスメールでは「賜る」をよく使います。 普段づかいのメールであれば「いただく」で十分に丁寧です。 いちおう意味と違いについて簡単に解説しておきます。 「お(ご)〜賜る」「お(ご)〜いただく」はどちらも「〜してもらう」の敬語(謙譲語)。 したがって意味としてはどちらも同じです。 ただし「賜る」のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書や手紙・公式なビジネスメールでは「賜る」をよく使います。 なお「ご理解 を賜れますと幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 手紙や公式なビジネスメールにおすすめ これまで見てきたように、どちらの敬語もこのうえなく丁寧なフレーズです。 上司など社内の目上はもちろんのこと、社外取引先にもつかえる素晴らしく丁寧な敬語です。 ただ、より堅苦しいというかビジネス文書や手紙むけというか・・・ カチッとした表現は「賜る」のほうです。 本当に死ぬほど丁寧なメールや文書にしたいときに使いましょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも・・・ 似たような言い換え敬語で、おなじように丁寧なフレーズをまとめておきます。 どれも「 理解してほしい!」「 理解してください!」と依頼・お願いしたいときのビジネスメールに使えます。 『ご理解いただければ幸いです』 「ご理解頂けますと幸いです」だけじゃない丁寧なビジネス敬語• 幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 「存じる」は「思う」の謙譲語 「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」 「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+可能形+丁寧語「ます」+仮定「たら・れば」 『ご理解賜れますと幸甚に存じます』など 「ご理解頂けますと幸いです」だけじゃない丁寧なビジネス敬語 「いただく」よりもカチッとした敬語「賜る(たまわる)」をつかい、• 幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご理解」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「ご理解いただけますと幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで結びにつかう時にはうしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご理解いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご理解いただけますと幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご理解いただけますと幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご理解」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか/どうぞ 例文「 どうかご理解くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご理解くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご理解いただけますと幸いです」 例文「 どうかご理解いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒(なにとぞ) 例文「 何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご理解くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご理解いただけますと幸いです」 例文「 何卒ご理解いただければと存じます。 「ご理解」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご理解〜」 「大変恐縮ではございますがご理解〜」 「たびたび恐縮ではございますがご理解〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご理解〜」 「大変恐れ入りますがご理解〜」 「たびたび恐れ入りますがご理解〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご理解〜」 「大変お手数ではございますがご理解〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご理解〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがご理解〜」 結局どれがもっとも丁寧?.

次の

【ご了承いただけますと幸いでございます。】 と 【ご理解いただけますと幸いでございます。】 はどう違いますか?

ご理解いただけますと幸いです

幸いと幸甚の違い 幸いと幸甚の違いを分かりやすく言うと、 「幸い」は、相手に対してありがたく思う気持ちを丁寧に表現したものであり、「幸甚」は、幸いをさらに丁寧に改まった言い方で表現したものであるという違いです。 「幸い」という言葉には、様々な意味があります。 その人にとっての幸せを意味したり、運の良い様子を意味したりする場合もあります。 しかし、「幸甚」という言葉と比較する際には「~してもらえたらありがたいです」という意味の言葉になります。 幸いという表現を使用するのは、主に手紙やメールなどの文面上でのことになります。 会話の中で、口語体として使用されることはあまりありません。 例えば、手紙などで「~していただけますと幸いです」などのように使用されるものです。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 「もしできたら、~してもらえたら、とても助かります」というような意味になり、相手の忙しさなどを配慮しながら依頼をするような表現になります。 この「幸いです」という表現を、さらに丁寧に改まった形にした表現が「幸甚です」というものです。 例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 これは「この上なく幸せです」「最上級の幸せです」という意味の言葉です。 「幸いです」という表現も「幸甚です」という表現も、どちらもプラスの意味を持つものですし、目上の人にも使える表現です。 しかし、柔らかな依頼の表現なので、緊急性を要するような物事を伝える際には使用しないようにしましょう。 また、幸甚というのは、非常に改まった表現でもあります。 親しい間柄で使用するのには重すぎる表現になりますので、注意が必要です。 社外のお客様や目上の人などを対象にして使用するようにします。 使用する際には、「幸甚です」という言葉を連発しないようにも注意しましょう。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 一度のメールや手紙に対して、一回使えば十分である表現です。 幸いの意味 幸いとは、 相手に対して何かを頼み、それを叶えて貰えたら幸せだという気持ちを伝える言葉を意味しています。 主に手紙やメールなどの文面で使われる表現であり、目上の人や立場が上の人に対しても使用できる表現です。 またその他にも、相手に対して、もし自分の行いが喜んでもらえたら嬉しいですという気持ちを伝える際にも利用される表現です。 この場合にも、使用されるのは主に手紙やメールなどの文面です。 幸いという言葉は、「幸い」という単語として使用する場合には、他にも様々な意味を持つものですが、ここで言うところの幸いというのは、書面などで「~していただけましたら幸いです」と使う際の表現です。 この「~していただけましたら幸いです」や「~いただけると幸いです」という表現は、もっと簡単に表現すると「~してもらえたら、とても嬉しいです」「~してもらえると、とても助かります」というような意味になります。 この表現を使う際には、相手に対して遠慮のある状態を意味しています。 相手側に何かを頼んでいる状態ではありますが、「幸いです」を使う場合には、「絶対に~してもらいたい」と強要するような気持ちを含まない依頼となります。 もし万が一、出来そうだったらやってもらえたら嬉しいです、助かります、というような消極的なお願いの場合や、相手の立場が自分よりも上であり、強くお願い出来ない場合などに「~していただけたら幸いです」というような表現を使います。 その他にも、自分の行為などが相手の役に立っていたら嬉しいというような気持ちを表すために「お気に召していただけましたら幸いです」というような表現で使用されることもあります。 どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 立場が上の人はもちろん、自分と同等の立場の人に対しても使用できる言葉であると覚えておくようにしましょう。 しかし、これらの表現は、強要しない範囲での依頼、お願いごとになります。 絶体にして欲しいことがある場合や、必ずして欲しいことがある場合には、この表現は使わないように注意しましょう。 幸いの「幸」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様子を意味する「幸運」、非常に幸せなことや、その様子を意味する「多幸」、不平や不満がなくて楽しいことを意味する「幸福」などがあります。 幸甚の意味 幸甚とは、 「~していただけたら幸いです」という意味の言葉をもっと丁寧にした表現のことを意味しています。 幸いと同じように、主に手紙やメールなどの文面で使用される表現であり、この上なく幸せであることを意味しています。 幸甚という表現は、「この上なく幸せである」「非常にありがたく思う」というような意味を示す言葉です。 実際に使われる際には「幸甚の至りに存じます」「幸甚の極みです」というように使用されます。 「幸いです」という表現よりも、より改まった表現であり、目上の人や立場が上の人に対して使用する言葉です。 丁寧ではありますが、固いイメージのある言葉なので、ビジネスシーンなどでは、社内や同僚などに使用するのは控える方が良いでしょう。 社外のお客様や目上の人、明らかに立場が上である人に対して使用される表現であると覚えておくようにします。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。 幸甚の「甚」という字は、はなはだしい、度を超えているとい意味を持つ言葉です。 つまり、幸甚というのは漢字の意味だけで考えると、「幸せがはなはだしい」「幸せが度を超えている」というような意味になります。 喜びの最上級を相手に伝えるための言葉であると覚えておくと使いどころも分かりやすくなります。 親しい間柄で使用するのには、かえってよそよそしい印象を与えますが、改まった場では上手に使うようにしましょう。 幸甚の「甚」という字を使った言葉としては、程度のきわめて大きい様子を意味する「甚大」、非常に激しく、はなはだしいことを意味する「激甚」、意味や気持ちなどが非常に深いことを意味する「深甚」などがあります。 幸いの例文 5.お時間のあります際に、資料をご確認いただけますと幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの物事を実行してもらえると幸せです、と人に頼む気持ちを表現したい時などが挙げられます。 「幸いです」という表現は砕けた言い方をすると「助かります」「ありがたいです」と同じような意味になります。 幸いです、という言葉は、誰かに何かを頼む意味の他にも、喜んでもらえたら嬉しいです、という気持ちを表現する際にも利用される言葉です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。 強要するような意味を含まないので、緊急性に欠ける表現になってしまいます。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 「幸甚です」という表現は「幸いです」という言葉をさらに丁寧に表現した言い方でもあります。 「幸甚です」と「幸いです」という表現は、意味合いとしては同じものですが、より丁寧で改まった言い方が「幸甚です」という言葉です。 社外のお客様や目上の人、立場が明らかに上の人に対して使用する表現です。 親しい間柄で使用するには、少し改まり過ぎている表現でもあるので、使用する際には相手を選ぶようにしましょう。 プラスの意味を持つ言葉ですが、強要するような表現ではないため、絶体にしてもらいたい事がある際には使用しない方が良いでしょう。

次の

「何卒ご理解」という言葉の正しい意味と使い方

ご理解いただけますと幸いです

「ご理解」とは、上司など目上の相手にこちらの事情を汲んでほしい時に使う敬語です。 社内でも社外でも、いろんな場面で言ったり言われたりするので、使い方をしっかりマスターしておきたい言葉でしょう。 「ご理解」に含まれている「理解」は、「物事の意味を知ること」「道理がわかること」「相手の気持ちや立場、事情などをよく把握すること」といった意味を持っています。 「理解」に丁寧な表現である接頭語の「ご」をつけることで、相手に対する尊敬の気持ちを示しながらも自分の事情を考慮してほしいという思いを伝える表現となります。 そのため、「ご理解」を含んだ言い回しである「ご理解ください」は、会話の中だけでなく、ビジネスメールや書類の文章でもよく使う表現です。 ビジネスシーンでの「ご理解」の正しい使い方 「ご理解」と混同されがちな言葉として「ご了承」という言葉があります。 「ご了承」も「ご理解」と同じく、こちらの立場や事情を汲み取ってもらいたいとお願いする場合に会話やメールの中で使いますが、相手からの意見や反論は求めていません。 提案したことや進めていることについて納得してほしい、そのまま受け入れてほしいという気持ちが含まれています。 もし相手が違う意見を持っていたとしても、こちらの主張は受け入れてもらいたいという意味が強いです。 また、 「ご理解」がすでに起きたことや今進行していることについて理解を求めているのに対し、「ご了承」はこれから始めることに対して理解を求める際に使う言葉でもあります。 「ご了承」を使った例文 「ご理解」の類語のひとつである「ご勘弁」も、ビジネス状の会話やめメールの文章でよく使う言葉でしょう。 読み方は「ごかんべん」です。 「勘弁」という言葉は、失敗やそれにともなう不都合を許すという意味が含まれます。 「ご理解」が単に自分の立場や事情を汲み取ってほしいという気持ちを伝えるのに対して、「ご勘弁」は許可を求める気持ちがより強い言葉です。 上司など目上の人に対して使うものであり、目下の人には使いません。 またメールではあまり使わない傾向にあります。 許可を得る言葉としては「ご容赦」よりももっと強い表現で、許可というよりは懇願に近いニュアンスがあることを例文からも確認しておきましょう。 「ご勘弁」の使い方• I hope you will understand. (何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします)• Thank you for your understanding. (ご理解のほどお願いいたします)• Please do forgive me. (ご容赦くださいませ)• Please forgive my responding in Japanese. (日本語で回答しますことをご了解ください)• I hope you understand the above information. (上記の連絡事項についてご承知おきください)• If by any chance I should be unable to come, please excuse me. (もし伺えない場合はご勘弁ください).

次の