ヒカゲ シビレ タケ。 kechackのブックマーク / 2012年7月17日

マジックマッシュルーム

ヒカゲ シビレ タケ

近畿地方にある町の学校の自転車置き場の奥に、数本のヒカゲシビレタケが生えていた。 人も血行亨場所だ。 その他 間違いやすい食用キノコ シロマツタケモドキ,ハラタケ,ツクリタケ ヒカゲシビレタケの肉を傷つけると青黒く変色する。 1 (1)毒性成分 幻覚成分として,シロシビン,シロシンを. ヒカゲシビレタケ Psilocybe argentipes 半日陰の場所に春から秋に発生 [54]。 公園や道端の草地など身近にも発生 [52]。 ?非常に高いうま味成分を持った毒キノコ! 発生の様子 単生~群生。 【間違えやすい食用キノコ】ヒラタケ,ムキタケ,シイタケ. ヒカゲシビレタケの恐ろしさが 分かったんだよね、 そうなんだよね、 体を張って証明してくれたんだよね。 絶対に危険ではない場所、 ご自分の 部屋のゆったりとしたソファーに座りながら、、、 広い芝生に寝転びながら. ヒカゲシビレタケ: 発生場所 道ばた、公園などの草地。 発生の様子 群生。 数本の株状になる。 大きさ 形状 色 傘: 径1~5cm、円錐状からしだいに : :. ヒカゲシビレタケの有毒成分の種類と症状を説明 ヒカゲ• 10 ヒカゲシビレタケ Psilocybe argentipes ハラタケ目 モエギタケ科 シビレタケ属 1991年10月 千葉県内 毒成分シロシビンを含有する有名な催幻覚性の菌.県内各地に発生.味は非常にまずい. 本種は1977年に京都盆地などに発生する. きのこを自宅で栽培勝手な妄想も含まれるので、仮定だと思って聞いていただけたら幸いです。 アパートの隣人がベランダできのこを育てています。 原木っぽいものが、下から見えました。 きのこも見えました。 (部屋は2階です)。 半年前にお隣が引っ越してきたときは、結構高学歴で初めて. 野山を散策してキノコ狩りを楽しむ機会も多くなりますね。 除菌率99% e840. 下の「毒きのこに、ご用心」の記事にあった、め娘のコメントへのお答えです。 毎年、秋になると毒キノコによる中毒のニュースをよく耳にします。 食中毒で緊急搬送される方が後を絶ちませんよね。 所属 現在 :東京農業大学,地域環境科学部,教授, 研究分野:木質科学,家政学一般 含衣・住環境 ,木質科学,小区分40020:木質科学関連, キーワード:担子菌,きのこ,生活習慣病,機能性食品,微生物,脂質異常症,感染性廃棄物,紙おむつ,高齢. 富山きのこクラブの皆様中央植物園/友の会/きのこ部会のスライド学習会が行われました。 参加は30人、パネラーは12人と年々発表者の数が増しています。 日本には約1500種類のキノコが自生していますが、食用可能なキノコは約300種。 毒キノコと判っているものは約30種。 残りの多くは、食用なのか毒キノコなのかが不明です。 ヒカゲシビレタケ菌糸体の生理学的特徴を明らかにした。 また、ヒカゲシビレタケは、強迫性障害の治療に有用であることを明確にした。 その作用機序の1つは脳内モノアミンの挙動へ与える影響であることを突き止めた。 これらの結果は、催幻覚性きのこの基礎研究および強迫性障害をはじめ. みんながよく想像する毒キノコ、ベニテングダケ. 多くが20世紀に菌類として同定され、大半はシビレタケ属 Psilocybe や糞を好むヒカゲタケ属 Panaeolus に属し、具体的な種はワライタケ、オオ. 日本ではきのこは昔から良く食べられていて、最近でも健康志向のゆえに人気の食材になっていますが、おそらく素人が野山でとってきたものが原因で年間あるていどの食中毒が起きているようです。 アルカリ性土壌で有名な場所を教えてください。 沖縄本島南部地域は、アルカリ性土壌です。 珊瑚などを含むためだそうです。 老成すると暗褐色でヒカゲ似になりますが、新鮮な傘はこんな色合いです。 2014年06月14日 撮影 傘を拡大してみました。 0 キノコ狩りや山菜採りなどの際に、食べられる種類と誤って毒のある種類を採ってしまい、それを食べて食中毒を起こして入院したり、亡くなったりする例が毎年後を絶ちません。 なぜ山菜や野草、キノコの有毒種と食用種を取り違えるのか、取り違えを避けるにはどうすればよいか、などに. 野や山のきのこハンドブック きのこ狩りは誰でも気軽に楽しむことができますが、その一方で間違って毒きのこを食べて食中毒になる事例が後を絶ちません。 ヒカゲシビレタケ菌糸体の生理学的特徴を明らかにした。 また、ヒカゲシビレタケは、強迫性障害の治療に有用であることを明確にした。 その作用機序の1つは脳内モノアミンの挙動へ与える影響であることを突き止めた。 毒がある植物は多く誤って採取し食べる事による自然毒食中毒が発生しています。 キノコの生育場所・育て方のヒント キノコの多くは植物やその遺骸を基質としているが、中には動物の糞などの排泄物や死骸を基質とするものや、他種のキノコを基質にするものもある。 生息場所不明 きのこ形状時: ヒカゲシビレタケとよく似ている。 同種のキノコは比較的温暖な地域に分布するが、島内のまとまった群生は未確認。 ボノ メモ: 食べもののことばかり考えている食いしん坊。 慣れた相手には内. 場所 調 理 原因 施設 主な症状 H30. 22 長野市 長野市 2 2 クサウラ ベニタケ ヒカゲシビレタケ 1 安曇野市 1 ツキヨタケ 1 大町市 1 テングタケ 1 須坂市 1 ツキヨタケ 1 飯山市、中野市 下高井郡 4 ツキヨタケ 4 長野市 4 ニガクリ. ヒカゲシビレタケ 日陰痺茸 学 名 Psilocybe argentipes K. Yokoy. 分 類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目 Agaricales. ヒカゲシビレタケ カンピロバクター ・ ジェ ュニ 26 水戸市 28 常陸大宮 太田市 7 土浦市 ノロウイルス 78. とっくに効いていたんだね。 To read the full text you will need to subscribe. LSDおよび他の一般的な幻覚剤による中毒 intoxication from lsd and other common hallucinogens 2. キノコ中毒の臨床. 今までほとんど見かけなかった場所にも見たことないキノコが。 天気悪すぎ。 きのこは発生場所や時期が限られ、しかも採取可能な期間も短いため、目的とする毒きのこを大量に収集することは極めて困難なのです。 ある人の見方(セット)、および、体験時の身体と社会的な環境(セッティング)のことである。 でも、キノコのことをよく知れば決して怖くはありません。 ヒカゲシビレタケとか観察しようと思います! 55 ID:G6UH0Km ヒカゲシビレタケp. 私は、見てはいけない物を見てしまったようです。 このキノコは、あなたの家の庭に生えている・・・つまり所有してるってことですよね。 栽培していると言われても仕方がない状況ですね。 30分〜1時間後に幻覚、知覚麻痺、めまい、言語障害が現れ、意識不明に陥ります。 2002年から、幻覚性物質(シロシビン、シロシン)を含むキノコ. ヒカゲシビレタケというきのこがあります。 言わずと知れた毒きのこで、シロシビンという化学物質を含むため、誤ってこれを食べると幻覚症状を示すそうです。 この間で都合のつく方は集合~! 1泊参加でもよいし、日帰りも良し! 一応、自分は2泊して21日. 採取場所 1 1. 3 製造所 1 1. 3 その他 1. 3 不明 3 3. 8 総計 78 1 0. 110 食衛誌 Vol. 53, No. 2 けではない.地球温暖化による海水温上昇に伴う原因プラ ンクトンの生息海域の拡大の可能性を考えると,今後,沖 縄以外の地域でも適切な. Amazonで堀 博美の毒きのこに生まれてきたあたしのこと。。 アマゾンならポイント還元本が多数。 堀 博美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 また毒きのこに生まれてきたあたしのこと。 >ヒカゲシビレタケは、ハラタケ目・モエギタケ科・シビレタケ属のキノコ。 2017年09月25日.

次の

木の子クラブ和歌山(和歌山菌類研究会)

ヒカゲ シビレ タケ

() : : : : : : : シビレタケ属 1871 () Fr. Kumm. 1871 Agaricus "trib. " Psilocybe Fr. 1821 種 本文参照 シビレタケ属( Psilocybe)とはのキノコの属のひとつ。 世界で広く分布している。 多くの種が幻覚性化合物を含まないにもかかわらず、幻覚作用からよく知られた種であり、として広く知られている。 幻覚作用のあるやを含んでいることが多く、日本ではこれを含むキノコ類は(菌類であるが)として故意の採取・所持・使用が禁止される。 傷つけると青く変色する種が多いが、変色しない種もある。 すべての種がである。 などの食菌と似ているものもあるので注意を要する。 またなどの猛毒菌に形の類似したものもある。 特徴 [ ] シビレタケ属の子実体は多くが小さく、特徴のない、形態学的には典型的な「小さなブラウンマッシュルーム」である。 肉眼的にはこれらは小型から中型で、茶色から狐色、たいてい乾燥すると変色し、胞子紋の色はライラックブラウンから暗紫褐色である。 幻覚を起こさせる種は多くが傷ついたときに青く変色する。 顕微鏡的には、皮膚上の表皮を持ち、クリソシスチジアを失っている。 胞子は表面が滑らかであり、楕円から細い菱形、準六角形などの形があり、それぞれの頂点が発芽孔になっている。 生態学的には全ての種がであり、様々な腐敗した有機物に生育する。 特産の は、傘がひだを巻き込んで閉鎖した ()の一つであり、他のシビレタケ属同様にシロシビン類を含有する。 傷つけると青色に変色するのは、インドール性であるシロシンやシロシビンが酸化された結果である。 菌核の形成 [ ] ()は、2007年にシビレタケ属の模式種として提案された。 2002年のMoncalvoらによる分子系統学による研究は 、現在定義されているシビレタケ属がであると明らかにし、お互いに直接関係しない2つの別個のに置かれ、青変する幻覚作用を持つ種が一つのクレードになり、青変しない種がもう一つのクレードに置かれた。 以前の模式種は青変しないグループの Psilocybe montana であったが、2010年には模式種は青変する Psilocybe semilanceata に変えられている。 2006年のMoncalvoらによるの分子系統学研究では 、さらに広範囲で両者の別を証明しており、ハラタケ目の系統樹を強く支持するものだった。 シビレタケ属は分類学的にに位置しており、この分類は胞子と表皮の形態を基にしている。 Mathenyらによる分子系統学では青変しないものとそれに根本的な位置で近しい関係のものをモエギタケ科の基底に置き、関連分類群をこの科の他の属に含まれるクレードに位置づけている。 しかしながら、もう一つのクレードを構成している青変する種は新編された ()のに関連している。 Moncalvoらの系統額的研究は 、ハラタケ類の Melanotus属が青変しないシビレタケ属のサブグループである可能性を強め、また Kuehneromyces属や Phaeogalera属と間の近い関係を指摘している。 2007年にはRedheadらによる論文でシビレタケ属は Psilocybe semilanceata を模式種として保持することが提案された。 この提言は2010年世界植物科学会議菌類命名法委員会に満場一致で採用され、これによって青変するタイプである Psilocybe semilanceata はシビレタケ属の模式種となった。 以来 Psilocybe semilanceata は模式種であり続けており、今後はおそらく青変するクレードがシビレタケ属に維持され、青変しないクレードはおそらく Deconica属に移動する。 主な種類 [ ]• Psilocybe venenata - ワラくずなどに発生。 傷つけたり触れると青く変色する。 Psilocybe argentipes - この属の中でシロシビンの含有量が多い。 詳しくは該当記事を参照。 Psilocybe subcaerulipes - イネ科植物の間から発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe cubensis - シビレタケモドキとも野生動物糞上に発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe subaeruginascens - ワラくず、もみ殻などから発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe Fasciata - もみ殻上や林内地上に発生。 傷つけると青く変色。 シビレタケと同種との説あり。 () Deconica coprophila - 旧 Psilocybe coprophilaで上記の通り移動。 野生動物の糞上に発生。 変色性はない。 ニコラス・P. マネー『キノコと人間 医薬・幻覚・毒キノコ』小川真訳、築地書館、2016年、164頁。 Mushroom, 2011. Cornelis, Schrevel 1826. 358. 2011年10月4日閲覧。 Paye Y. 2003. Erowid. org website. 1983. The Genus Psilocybe: a systematic revision of the known species including the history, distribution and chemistry of the hallucinogenic species. Beihefte zur Nova Hedwigia 74. Vaduz, LI: J. Cramer. [out of print]• Largent DL and Baroni TJ. 1988. How to identify mushrooms to genus VI: modern genera. Eureka, CA: Mad River Press. 油谷幸子、織田真佐子、橋本貴美子「ヒカゲシビレタケの青変反応に関する化学的研究」『日本薬学会年会要旨集』第126巻第4号、2006年、 39頁。 日本菌学会『菌類の事典』朝倉書店、2013年、63-64頁。 京堂健「シロシベ・タンパネンシス」『オルタード・ディメンション』第9号、2001年、 43-51頁。 Pellegrini, Manuela; Rotolo, Maria Concetta; Marchei, Emilia; et al. 2013. Drug Testing and Analysis 5 3 : 182—185. 2002. One hundred and seventeen clades of euagarics. Molecular Phylogenetics and Evolution 23:357-400. Available from:• 2006. Mycologia 98:982—995. Redhead, Scott; Moncalvo, Vilgalys, Matheny, Guzman-Davalos, Guzman February 2007. Taxon 56 1 : 255-257. Norvell, Loreli February 2007. Taxon 59 1 : 291-293. Twitter この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

自然毒のリスクプロファイル:ヒカゲシビレタケ(Psilocybe argentipes) モエギタケ科シビレタケ属

ヒカゲ シビレ タケ

メキシコでシャーマンが用いてきた シロシベ・メキシカーナ () Psilocybe mexicanaという種(メキシコ、ハリスコ州) マジックマッシュルーム Magic mushroom, shroom は、系のやを含んだ、のの俗称。 種は200以上存在し、世界中に広く自生している。 毒キノコだが、主に幻覚作用であり重症や死亡はまずない。 日本では『』にて古代の呼び方で 舞茸(今でいうマイタケとは違う)とされており、後世にも 笑茸(わらいたけ)、踊茸などと言及された。 多くが20世紀に菌類として同定され、大半は Psilocybe や糞を好む Panaeolus に属し、具体的な種は、、(日本原産)、 Psilocybe cubensis 、 リバティーキャップ () Psilocybe Semilanceata など。 中世、南米の帝国では テオナナカトルと呼び、神聖なキノコとして扱ったが、そうした扱いは原住民の間に現代まで続いている。 日本では1917年に菌類分類学者のが中毒症状を起こすワライタケを確認した。 欧米では1950年代に、アメリカの菌類研究者のらの実地調査によって、西洋においてキノコの存在が広く明らかにされマジックマッシュルームの名称が広まった。 1959年ごろが幻覚成分を特定してシロシビンとシロシンと名をつけた。 栽培されるなどしてと共に「」の原動力となった。 乱用され、1971年のがシロシビンを規制したが、その第32条4項は含有成分の自生国における少数集団による伝統的な使用を除外している。 アメリカ合衆国ではマジックマッシュルームの所持は事実上禁止されたが自由化のための運動も存在する。 欧州では合法であったり、抜け道があったり規制は様々である。 例えばマジックトリュフは、オランダで禁止されたキノコに代わって流通する、シロシビンを含む 菌核 ()である。 日本では2002年から、シロシビンを含有するきのこ類を故意に使用・所持することは規制され、もっぱら鑑賞用となる。 アメリカや日本ではの所持は合法である。 21世紀に入り、成分シロシビンによるうつ病や薬物依存症の治療研究が注目され、日本でもに対するヒカゲシビレタケ抽出物が基礎研究された。 歴史 タッシリのマタレン・アマザール(Matalem-Amazar)と呼ばれる壁画(同・再描画)では、手にキノコを持ち、またキノコが体を取り囲んでいる。 人類が出現したとみられているアフリカにおいて、による仮説として、意識の出現に幻覚剤がかかわったではないかというものがあるが、好糞性の Psilocybe cubensis は熱帯地方に広く分布し、の糞のある場所で成長し、摂取のための技術も不要なため、このキノコを有力な候補としている。 は、『エレウシスの道』(邦訳なし)にて、魂という概念の認識や、宗教の起源においてこうしたキノコや他の向精神性植物がきっかけになったのではないかと考えており、これらは畏怖、崇敬、愛といった感情を高い水準に到達させるような、啓示的なものを呼び覚ました可能性が考えられる。 円頭期(7000-9000年前)の(現)のには、右手にキノコの様なものを持つ踊り子が描かれており、その右手から2本の点線が頭の中央に向けて伸びており、このことは非物質的なものが流れていることだと解釈することができ、幻覚性キノコの特徴を考慮すれば、儀式における舞踏で恍惚となったとみなすことができる。 およそ6000年前のスペインの壁画は、雄牛の近くに13のキノコが描かれており、幻覚性のキノコ ではないかと考えられている。 紀元前からあるとみられるキノコ石。 グアマテラやサルバドール、メキシコの山岳地帯にて発見されている。 この辺りでは12世紀過ぎには宗教的、儀式的な要素が加わってキノコが用いられるようになった。 先コロンブス時代ののの文化では、山岳一体でキノコ石が発見されており、12世紀にはマジックマッシュルームを宗教儀式や病気の治療などに用いてきた。 の遺跡では、キノコの形をした小型石像がいくつも発掘されており、例えば300-600年頃のキノコ石はドイツのロートベルク美術館にて保管されている。 グアテマラの14-16世紀に栄えた王国では、で「テオナナカトル」と呼ばれ「神のキノコ」や、「神の肉」を意味し、キノコを食べる先住民の姿などが描かれた『 マリアベッキアーノ絵文書 ()』も残っている。 またアステカの花の神像には、幻覚キノコや幻覚性植物の彫刻が身体にほどこされている。 スペインによる征服とカトリック布教に伴い、幻覚キノコや植物の使用の絶滅が試みられたが、完全には達成されず今日でも先住民が使い続けている。 ドミニコ派の修道士ディエゴ・デュランの記録では、1502年の(アステカ)の戴冠式にて、こうしたキノコを食べことが記載される。 その会では、ハチミツと一緒に食べたキノコのほかには、チョコレートのみを食べ、キノコが効いてくると、はしゃいだり泣いたり、金持ちになったり、野獣に襲われたり…様々な幻覚を見て、体験後にその体験について語り合ったとされる。 日本 Gymnopilus junonius()。 それからほどなく1922年、群馬の中毒例から川村が確認。 日本では、『』(末期、12世紀に成立)の28巻28話は「女たちが山に入りて舞茸を食う話」(尼共入山食茸舞語)であり、山で道に迷った女の人たちはお腹が減り、見つけたキノコを酔いはしないだろうかと食べたところ、踊りたくてしょうがなくなったという逸話があるが、この物語を収載しようとした当時に知られたではそんなことは起こらないと記している。 この物語は、近年の菌類学にて幻覚性のキノコだとして言及されている。 『今昔物語』のこの話から分かることは、食べると酩酊するキノコがあることが既に知られていたということである。 騒がしい女たちを見つけた木こりは当初、ではないかと恐れたのだが、天狗は森の奥で仲間と騒ぐことが好きで、ある種のキノコを食べて酔っぱらっていたとも伝えられる。 後にも笑茸などの逸話として伝えられている。 (1736年から1741年)には、(現・新潟県)羽田町の金助という者がある年の秋も更けて、山へいった帰り道に大きなキノコをとって帰り、鍋に豆腐などと煮て食べると、家族8人は大いに笑い狂い、心配した親族が医者を呼び、医者が鍋のキノコを見て笑茸を食べたことを伝えると親族は安心し、その後中毒した家族は狂い倒れて熟睡し翌日には平静に戻ったという話が伝えられる。 のの手記『』(みみぶくろ)には以下の逸話がある。 (現・東京)の大前孫兵衛の仲間が笑い出して止まらなくなり、を呼んで祈祷したが止まらず、の下に生えたキノコを食べたとわかり笑茸だと判明したとか、に島流しにされた者の手記(、細川宗仙『八丈紀行』)では、シメジのようなものをとって食べていると島の住民が毒キノコだと言い、酒に酔ったようになり屋根、木の上など高いところへ登りたくなることから登茸(のぼりたけ)と呼ばれているものであった。 他の書にも笑茸や踊茸の記載があるが、肝心のどういった形状かといった情報が欠けているため、菌類分類学者のは、具体的に知りたいと切望しており中毒例が出るのを待っていた。 1917年(大正6年)のにおける玉田十太郎とその妻が、の木の下で採取したキノコを汁に入れて食べたところ、妻が裸で踊るやら、三味線を弾きだしたやらということであり、川村清一が Panaeolus papilionaceus だと同定した。 その3年前の『』にはにおける男女の中毒例の記載があり、ピアノを弾いたり飛んだり跳ねたりおかしくてたまらず、部屋の花束が自分を巻いているようだというような幻覚が起きたという。 それからほどなく、1922年(大正11年)にての切り株に生えたキノコを食べた青年が、昨年も中毒したのに気にも留めず、今年も同じ場所に生えたキノコを食べ中毒したという事例から川村が Gymnopilus junonius だと確認し、欧米では中毒症状は知られていないと記した。 1920年には、化学的に薬剤として精製し、憂うつ者を快活するだろうと述べた川村の書を読んだ者が、そのようなキノコは伝説の話かと思っていたが、早くその薬を作り、笑ったことのないような今の官僚どもに服用させてみたいと記した。 菌学者のがにて中毒例に遭遇したキノコを1932年に、その中毒症状からと命名。 日本における視覚体験の記録は1960年のの中毒によって色彩の鮮やかな各種の色の模様や蛇が連続的に変化してとどまったものではないという40歳女性のものであり、夢幻状態の記録は、1972年のの中毒時のもので雲の上に持ち上げられ、紫のモヤが漂っており、多数の蛇が現れ締め付けられたというものである。 近代における発見 南米における古い古代史にはこのキノコの使用について記載されておらず、想像だとみなされていた。 1915年にはアメリカの植物学者のW・E・サフォードが植物学会で発表し、その元となったスペインの年代記の作者がメスカリンを含んだサボテンだと思っていたという誤解もあったが、その謎に挑んだことに大きな意味がある。 メキシコのレコ医師はサフォードに反論してメキシコ南部山岳地帯で今なおキノコが使用されているとし、1938年までにハーバード大学の者 リチャード・エヴァンズ・シュルテス ()とバイトラナーの2人は現地でキノコを実際に発見し、住民の使用を確認、1938年に人類学者 ジーン・B・ジョンソン ()が シエラマサテカ ()における ワウトラ・デ・ヒメネス ()にてその秘儀に見物人として参列した。 そしてジョンソンの記事はスウェーデンの『民族学研究』に掲載された。 第二次世界大戦にて研究が一時中断することになる。 シロシベ・メキシカーナ () Psilocybe mexicana(メキシコ)。 マサテカ族はこのキノコを小鳥 nizu と呼び、近くに時々、コモロティスと呼ばれる石状の菌糸の塊を作る。 1953年、JPモルガン銀行の副頭取だったは、ジョンソンの見出したマサテカの地に訪れ儀式について現地で発見し、1955年5月末にはメキシコのマサテコ族のマジックマッシュルームを用いた儀式に白人として初めて参加した。 当時なお、聖なるキノコとして信じられており、秘術などではなく、神聖にして侵すべからずとして守られてきたことが判明した。 前後5日は性的に禁欲し、その祭式は、古い信仰とキリスト教が混交しており、キノコはしばしばキリストの血と呼ばれ、血が土に落ちてそこから生えたキノコだとか、唾液が落ちて湿った地から生えたというように信じられており、キノコの効果によって話す言葉はキリストの言葉であるとみなされていた。 サビオあるいはクランデロ(男性)、サビアあるいはクランデラ(女性)という聖職者を意味する称号の司祭に対し、自分の抱えた問題を質問し、儀式が催される夜中を通してキノコを食べ続けるものである。 司祭は経文を唱え、皆が恍惚となると質問に対し司祭が、つまりテオナナカトルが回答するとみなされており、病める者には薬草を教える。 フランスの国立歴史博物館所長の菌学者はワッソンに同行し、キノコを Psilocybe mexicana Heim ()と命名した。 研究室で栽培し、人工栽培に適していることが確認された。 フランスとアメリカの製薬会社がその成分の抽出に興味を示したが成果はなかった。 を合成、発見したスイスのサンド社の化学者は、幻覚を生じさせるサボテン以外にそうした植物は知らなかったため、1956年にワッソンに関する新聞記事を読んで興味を持っていたが、そこには詳細までは書かれていなかった。 翌年、ロジェ・エイムが、パリのサンド社を介してメキシコのキノコの化学的研究を行ってくれないかと問い合わせ、ホフマンが研究を開始することとなる。 しかし成果はなく、パリで栽培したため成分がなくなっていないかを確認するためにホフマンは自らをモルモットにし、メキシコ風の色彩が見え、助手の医師がアステカの司祭に変化しており、次第に抽象的な像が揺れ動く内面的なトリップへと変わった。 このようにして有効成分がまだ存在することが確認されたが、難航し、モルモット役をかって出てくれた多くの同僚の手も借り、ついに最新の分留法によって成分を純粋な状態に精製し、2種類の分子構造をとシロシンと名付けた。 その化学構造はに類似していた。 (またアステカのからを抽出しLSDと近いものであった) サンド社はシロシビンの錠剤商品インドシビン Indocybin を製造。 ワッソンの発見は、1957年にアメリカの雑誌『』誌にて『』 Seeking the Magic Mushrooms として掲載される。 「マジックマッシュルーム」という用語は、『ライフ』の編集者が考えたものであった。 キノコはメキシコにのみ育つと信じられており、キノコを探して旅行者が訪れた。 日本の石川元助も1965年6月に、ワッソンを導いたシャーマンの マリア・サビーナ ()の元を訪れ、東洋人初のその体験を発表した。 彼は目の前に置かれた27本のうち22本のキノコを食べ、モザイク模様の素晴らしい色彩の世界が出現したかと思えば、色のついた玉が飛んできて、あるいはそれが帯となって包まれたりといったことから地獄、死の恐怖を感じたが、突然高笑いをはじめ1時間以上も続いたものであった。 研究と乱用のせめぎあい 1960年代にはが行われる。 1960年にメキシコでマジックマッシュルームを食べた心理学教授のは、をして衝撃を受け、やリチャード・アルパートらと共に研究を開始。 や、400人ものハーバード学生らにシロシビンの錠剤を投与した結果、前向きな変化が現れることを確認。 では、10人中9人が本物の宗教的な体験をしたと報告した。 しかし、この時代にはLSDが豊富に出回り、キノコはまだ栽培法が出回っていなかった。 乱用により1971年のにて、シロシビンは規制された。 メキシコがキノコ自体を規制しないように呼び掛けた。 1970年代に入ると、LSDの規制に伴いナチュラルなの人気が上昇する。 世界中でシロシビンを含むキノコが発見されるのである。 シロシベ・タンパネンシス () Psilocybe tampanensis。 この菌種の唯一の発見者であるスティーブン・ポロックはHidden Creek社を設立し、タンパネンシス培養キットのコスミック・コモティを販売した。 1977年9月3日、フロリダ州タンパ市郊外にてスティーブン・ポロックが採取したキノコは、 シロシベ・タンパネンシス () Psilocybe tampanensis と名付けられ人工栽培され広まることになるのだが、それ以来誰もこのキノコを発見していない。 ポロックは1979年には国際向精神性植物学会を開催してこのキノコについて発表する。 このキノコは 菌核 ()を作るという珍しい特徴を持ち、菌核には幻覚成分が含まれマサテカ族は小鳥(シロシベ・メキシカーナ)の近くに埋まっている菌核をコモロティスと呼びキノコよりも素晴らしい、神の一部として大切にしたものである。 アメリカのテルユライド地域 Telluride では、1980年からこうしたキノコの祭典であるテルユライド・マッシュルーム・フェスティバルが毎年開催されている。 1987年には(多くの菌種を発見)が、著書『シビレタケ属』(未訳 The Genus Psilocybe)にて、467種の約半分223は存在しなかったり類似の種とした。 キューバでの発見にちなんだ Psilocybe cubensisは、日本で1967年にシビレタケモドキと命名されたが、1997年に日本菌学会にて和名がに決定されたことが報告された。 日本で「観賞用」としてでも構わず販売されていたが、2001年4月に俳優のが摂取して警察が出動する騒ぎを起こすなど社会問題化した。 2002年6月6日から規制された(に詳細)。 時の2005年10月に、の植栽にが生えているのが発見された。 日本に自生する種であるため不自然なことではない。 マジックトリュフ。 が形成したもの。 いわゆるキノコとは、菌類の生殖のための構造物である子実体(しばしば突起物)のことであり、対して菌核は厳しい環境にて形成される菌糸の塊である。 オランダでは規制されたマジックマッシュルームに変わり、マジックトリュフが販売されている。 他の俗名にはマジックストーンとか、賢者の石 Philosopher's stone があり、シロシビンが含まれている菌核はキノコを禁止する法律に含まれていない。 うつ病や、薬物依存症、を治療するための臨床試験が進行しており、ロンドンの研究者はシロシビンが薬として利用可能になるのは不可避なことだと考えている(の研究は行き詰っている)。 先行するアメリカでのに対するシロシビンの有効性から、2010年までににて日本原産のきのこの基礎研究が行われ、マウスに対するヒカゲシビレタケ抽出物のキログラム当たり0. 1-1グラム投与では、抗強迫作用が見いだされた。 種類 詳細は「 英語版 」を参照 マジックマッシュルームの多くは、 Psilocybe や Panaeolus に属する。 多くの種が存在し、その大きさや形態、生育地、シロシビン含有率は様々である。 高熱や圧迫感などを受けると表面に青色をおびる種が多い。 2010年代頃にはシビレタケ属のうち青変しない種はDeconica属へ移動されてきている。 代表的なマジックマッシュルーム• Psilocybe cubensis 北アメリカ南東部、中央、南アメリカ、南アジア、オーストラリアの牧草地によく発生し、糞にたまに発生。 主に熱帯から亜熱帯。 シロシビン含有率は重量当たり0. リバティーキャップ () Psilocybe Semilanceata 北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドの牧草地、草地によく発生し、たまに糞上に発生する。 シロシビン含有率は0. Panaeolus papilionaceus 北中央、南アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカ、北アジア、オーストラリア、ニュージーランドの牧草地、草食動物の糞によく発生し、傘が変化に富み、かつては数種に分けられていた。 Gymnopilus junonius 糞ではなく木の株に生え、(カシ)、(ナラ)、リンゴ、の木に生えることが知られる。 北南アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドの林地、広葉樹、まれに針葉樹の、幹、切り株、埋もれた木によく発生。 独特の深い臭いがあり、臭いで覚えられる。 汗臭い。 シロシベ・キアネセンス () Psilocybe cyanescens シロシビン含有率は0. 大きなカサを持つ6-8cm程度のキノコ。 硬材に発生。 シロシベ・タンパネンシス () Psilocybe tampanensis 亜熱帯性で好糞性、1977年9月3日にフロリダ州タンパ市郊外でスティーブン・ポロックによって初めて採取され人工栽培され広まることになるのだが、それ以来誰もこのキノコを発見しておらず、 菌核 ()を作るという珍しい特徴を持つ。 日本 黄色背景: 厚生労働省が取締り対象の参考として通達した菌種。 日本のシロシビン含有キノコの出典:。 トフンタケ () Deconica coprophila ウサギの糞など糞に発生。 変色性がないため分類上 Deconica属へ移動された。 北海道、長野菅平、千葉九十九里浜、石川県。 大津市、書籍によって毒性なしの記載。 Psilocybe argentipes 半日陰の場所に春から秋に発生。 公園や道端の草地など身近にも発生。 7月の滋賀県彦根、8月から11月の山形県より以南。 宮城県名取市の堆肥化した雑草地。 茨城県笠間。 日本菌学会による日本菌類百選に日本原産の幻覚キノコとして選出されている。 Psilocybe subcaerulipes ひとつ上のヒカゲシビレタケの類似種で、こちらの方が小さい。 茨城県水戸のゴルフ場芝生。 Psilocybe venenata 札幌。 アイセンボンタケ Psilocybe Fasciata シビレタケに酷似し同種との説もある。 本州、長野、茨城。 Psilocybe cubensis 沖縄、傘0. Psilocybe subaeruginascens 石川県、熊本。 ツヤマグソタケ Anellaria antillarum 糞生菌。 北海道、石川県、宮崎。 ツバナシフミヅキタケ () Agrocybe farinacea 北海道、石川県、東京杉並区、茨城、京都。 個体によって成分の検出がなかった。 パックで栽培されるミナミシビレタケ。 1960年代には法のパンフレットが出回り、1970年代にはらの『マジックマッシュルーム栽培ガイド』 Magic Mushroom Grower's Guide が出版される。 1983年の The Mushroom Cultivator。 その後も続いており、1991年には技術を簡略化した『シビレタケの技』 The Psilocybe Technique、1996年には過酸化水素を減菌した培地を維持する薬品として用いる『キノコの簡単な育て方』 Growing Mushroom Easy Way、その後の書では ポール・スタメッツ ()の書が有名とされ、インターネット上にも情報が増加している。 野生のキノコや、専門店の胞子を寒天培養して菌糸を育てる際に、殺菌処理が欠かせない。 マッケナの著書では密閉した瓶で栽培するが、後の著書はトレイや桶を使うようになっている。 部屋の片隅に水槽を置いておけば数週間で収穫できる。 また、収穫後に乾燥させることについても紙面が割かれている。 メキシコ人が行うようにハチミツに入れ貯蔵する方法もあるが半年程度で成分が分解されてしまう。 どの本でも急速乾燥させた後、酸化を防ぐため密閉された容器に入れ、冷凍保存することを推奨している。 成分を含む菌核は、 シロシベ・メキシカーナ () Psilocybe mexicana、 シロシベ・タンパネンシス () Psilocybe tampanensis、 シロシベ・カエルレセンス ()の変種 var caerulescens が形成し、タンパネンシスでは真っ暗な環境で温度24度を保つと3か月で作り、メキシカーナは3週間で作る。 菌核は放置すると石のように固くなり、何年も生き続ける。 作用 「」も参照 こうしたキノコには、催幻覚性のとが0. 03-1. 紅茶、スープ、シチュー、オムレツなどに入れて摂取することがある。 発作などの重症はきわめてまれで、死亡例もほとんどない。 摂取より1時間ほどで効果が現れ、5時間から6時間ほど持続する。 シロシビンは、シロシンのリン酸エステルであり、共に同じ作用があるが、シロシンが酸素によって急速に壊れるのに対し、シロシビンは極めて安定している。 と共通の化学構造と幻覚作用があるが、作用時間はシロシビン4-6時間に対しLSDのは8時間以上と長く、またこれらはセロトニンに近い構造を持つ。 、つまり誰と、どこで、なぜ、どうやって摂取するかによって体験の良し悪しは左右され、不快な体験である バッド・トリップ ()は不適切なセッティング、特に初めてだったり、多量に服用すると起こりやすい。 ��体的作用 脱力感、、瞳孔拡散、嘔気、などが挙げられる。 一般的には、嘔気、腹痛、悪寒は摂取後より1時間ほどで収まる。 脱力感は使用時の状況により感じない場合も多いが、多量摂取時には多くの場合それを感じる。 知覚的作用 の歪み、色彩の鮮明化(瞳孔拡散に起因する場合もある)、皮膚感覚の鋭敏化、の歪みなどが挙げられる。 閉眼時にも視覚的な認識があり、何らかの模様や色彩的な変化を感じる。 の知覚的作用に良く似ているが、一般的に視覚的な変化はLSDを上回る。 感情的作用 感情の波が激しくなり、摂取者の経験による部分もある。 基本的には多幸感が伴う。 しかしいわゆるバッド・トリップになると、感情の波がネガティブな方向に向かってしまう経験、症状を起こしたり、ネガティブな偏執に捕らわれたりする。 ヘンリー・マンによれば、キノコが効いている時には、言葉を話すことが流暢に、表現が適切になり、知覚的に解放されているだけでなく、言語的にさえ解放的であり、そうであればシャーマンは自らの言葉によっても魂を解放させているのである。 はないが、大麻と同程度のがある。 アメリカ国立薬物乱用研究所 NIDA の評価では、大麻はカフェインより低い依存性である。 国際統計 Global Drug Survey では、マジックマッシュルームは救急医療につながることが最も少ない娯楽に用いられる薬物であり、毒性や乱用の可能性が低かった。 成分 シロシン、シロシビンのほか、やノルベオシスチンが含まれる。 ではベオシスチンの方が多く、 DMT も検出された。 含有成分の量は、採取地、採取時期によって変動し、例えば、ヒカゲシビレタケでは重量当たり0. キノコ中のシロシビンはアミノ酸のから直線的に生合成され、脱炭酸酵素反応PsiD(脱炭酸化)、水酸化酵素反応Pish(ヒドロキシ化)、リン酸化酵素PisK反応(リン酸化)、2回のN-メチル化酵素PsiM反応(メチル化)の順に反応が起こり生成される。 法規制 詳細は「 英語版 」を参照 成分のシロシビンとシロシンは、1971年のにて、乱用されるが医療用途がないというスケジュールIに指定されている。 その延長で、シロシビンを含有するキノコについての規制は、国の法律により様々である。 シロシビン、シロシンを含んでいないに関してはさらに曖昧になっている。 さらに、 菌核 ()はキノコを禁止する法律に含まれていないが、シロシビンが含まれているためキノコを禁止した国にてマジックトリュフとして流通している。 日本 日本では2002年から、シロシンおよびシロシビンを含有するきのこ類を、「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」の第2条でとして規制対象にしている。 ではの許可なくすることが禁じられており、同時に同法では麻薬成分を自然に含む植物を麻薬として扱わない規定が、麻薬原料植物の指定を受けて適用されなくなる。 許可なく「輸入し、輸出し、製造し、製剤し、小分けし、譲り渡し、譲り受け、交付し、施用し、所持し、又は廃棄してはならない」と定められ、違反すれば罰せられる。 2009年の警視庁の見解によれば、マジックマッシュルームが成長しシロシビンを形成していない段階である胞子の所持は違法ではない。 1990年代より、向け雑誌等でとして紹介された。 ヒカゲタケ属などが多いため栽培も容易であった。 薬や食品として販売することは薬事法や食品衛生法に触れるため「観賞用」等とされた。 雑誌の通販でほそぼそと販売されていたが、インターネットの普及でより広範に販売されるようになった。 2001年には、有名俳優がマジックマッシュルームを摂取して入院するという騒動が発生し、社会問題化しつつあった。 2002年6月6日に政令により麻薬原料植物に指定された(それまではシロシビン及びシロシン単体のみを禁止していた)。 以降は、のうち免許の所持者のみがキノコの標本および胞子紋などを取り扱うことができ、彼らは厳重に管理することが義務付けられている。 しかし、日本国内に自生している種があるため、人里や山野にて容易に観察することができる。 一方、キノコの研究者の間からは疑問視する声もある。 当局の言うように健康面に対する規制であれば、幻覚作用の強い海外種と弱い国内種を同一視するのは無理があるし、また含有量がきわめて微量な場合は許されるのか。 調���研究用に、���然に生えているものの標本やを採集することも不可能になること。 当局は知らずに所持したものを取り締まるものではないというが、キノコ採取者が所持してしまうことは起こりうる。 生半可に幻覚きのこを探し、間違えて生命に関わるような毒キノコを食べてしまったときに病院にいくことがためらわれ死亡するなどということも想定される。 当局のいう「保健衛生上の危害を防止する」というためには、まず健康を害するというデータが必要であり、健康被害が膨大な数に上る酒・タバコが公認されていることとの違いの理由が分からない。 さらに危険な薬物に流れるのではないか。 罰則に伴う離職、離縁が生じればマジックマッシュルームによる害を上回る。 まったく薬効の違う麻薬原料植物にひとくくりに規制するのは大雑把すぎており、年齢制限、販売の禁止、運転の禁止など他の措置をとることもできる。 菌類を植物扱いしている。 などのを含むキノコは規制対象になっていないこと 欧州では、スペインとチェコでは完全に合法である。 オランダ 2001年に乾燥マジックマッシュルームの所持、使用が違法化されたが、加工されていない生のマジックマッシュルームは合法のままであった。 2007年、オランダ政府は、旅行者などによる事故による、マ��ックマッシュルームの所持や栽培の違法化を検討し、2008年にマジックマッシュルームの生産と販売を禁止した。 代わって、マジック・トリュフが合法的に販売されている。 イギリス 2005年にのクラスAに指定される。 従来、同法ではシロシンと犯罪との関連性の証拠がないまま、シロシンとシロシビンがクラスAに指定されており、乾燥、包装、調理など「準備」されていないことを条件にマジックマッシュルームは規制されていなかった。 2005年薬物法 ()の21節にて、どんな形態のキノコも違反とする修正を施すために、政府が薬物乱用諮問委員会 ACMD の助言を求めることとなっていたが、その機会が与えられないまま、この修正は施行された。 そのため、有害性についての、他のクラスA薬物と同等の害を及ぼすという科学的証拠がなく、1993年からヘロインによる5737件の死亡証明書があった一方、キノコでは1件であり、間違った分類になっているという証拠がある。 チェコ共和国 胞子は幻覚成分を含まないため合法。 2010年に麻薬取締法が緩やかになり、マジックマッシュルーム(40本以下)の所持・栽培が軽罪として罰金を課されるのみになった。 オーストリア 2016年に非犯罪化された。 販売は違法である。 アメリカ アメリカのほとんどの州立裁判所で、キノコは規制物質法で規制されたシロシビンの「容器」であると考えられ違法であるとみなされている。 アメリカのほとんどの州で胞子の所持は合法である。 フロリダ菌学研究センター florida mycology research center は胞子や栽培道具を販売し、キノコの情報を伝えてきたが、フロリダ州では最高裁でキノコの規制は違憲であると判断されたため、1990年にかけて政府側との戦いが長く続いてきた。 センター代表のステファン・ピーリーは、キノコの自由化を訴えてきた。 アメリカで唯一、規制されたキノコを栽培する免許を持ったピーリーが運営したセンターは、2016年初頭に引退を表明した。 2017年冬の報道では、娯楽的なマジックマッシュルームの使用を非犯罪化するための2018年のカルフォルニア州での住民投票に向けて署名を募っているとのこと。 その成分シロシビンがうつ病、依存症などに役立つ可能性があるため役立てたいとのこと。 オレゴン州のオレゴン・シロシビン協会 Oregon Psilocybin Society は心理療法を行う夫婦によって運営されており、近年の治療研究があるため、監督下で使用するため2020年に投票法案が策定できるよう活動している。 2018年の報道ではコロラド州での活動が取り上げられており、1つのグループは、州全体ではなくデンバー市において2018年11月の投票を目指しており、活動には大麻合法化に関わった人物が参加し、もう一方のコロラド・サイロシビン・イニシアチブと呼ばれる別のグループは、治療目的のシステムを用意できるよう2019年か2020年にコロラド州での投票を目指している。 参考文献• Stafford, Peter. Psychedelics Encyclopedia, Third Expanded Edition. Ronin Publishing, Inc. , 1992. Food of Gods, 1992• A・ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』福屋武人 監訳 、堀正、榎本博明訳、新曜社、1984年。 LSD, mein Sorgenkind, 1979. 長沢栄史『日本の毒きのこ』学習研究社、2009年、増補改訂版。 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄、保坂健太郎・細矢剛・長澤栄史、青木孝之・内田正宏・前川二太郎・吉見昭一・横山和正、伊沢正名・木原浩・菅原光二・水野仲彦『日本のきのこ』山と渓谷社;〈山渓カラー名鑑〉、2011年、増補改訂新版。 Little Saints - 2014年のドキュメンタリー、6人のアメリカ人がメキシコのシャーマンの元へとキノコの儀式に参加しに行く。 :トレイラーにもメキシコの女性シャーマンが儀式を行う姿が少し映し出されている。 外部リンク• (英語)()その作用の概要、体験記、栽培機など大量の記録.

次の