バーベナ 花 言葉。 バーベナの花言葉

バーベナの花言葉/良い力で人々を結び付ける神聖な花

バーベナ 花 言葉

バーベナ 栽培方法 【一年草タイプの栽培ポイント】 株が疲労すると、開花が止まることがあります。 特に、春に1ヶ月ほど咲いた後や、夏の暑さで弱ってくると1ヶ月以上、開花しない場合もあります。 極力、株に負担がかからないよう、枯れた花は葉茎ごと切り落とし、タネ作りの為の栄養を取られないようにしてください。 【宿根草タイプの栽培ポイント】 這うように伸びるものは、夏の終わりに全体を半分くらいに切り戻すと、秋にバランスのよい草姿で花を咲かせます。 苗を購入した場合、ある程度伸びたところで芽の先端を摘んでワキから枝を出させるようにすると、よく茂り、ボリュームのある草姿になります。 栽培置き場所 【一年草タイプ】 庭植えより、場所を移動できる鉢植えが適しています。 春と秋は屋外の日当たりのよい場所に置きます。 暑さに弱いので夏は風通しのよい明るい日陰が適しています。 耐寒性もあまりないので冬は霜や寒風を避けたベランダや日当たりのよい室内に置いてください。 【宿根草タイプ】 暑さ、寒さに強く、生育も旺盛なので庭植えに適しています。 一年を通して日当たりと風通しのよい場所で育てます。 用土と肥料 【庭植えの場合】 水はけがよく、有機質に富んだ用土が適します。 酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰を加えてよく耕しておきます。 また、あまりに水はけが悪いようであれば赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土を使用するなどしてください。 元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ、1㎡当たり100gぐらいの化成肥料を施しておきます。 その後は定期的に固形肥料を置き肥するか、液体肥料を2週間に1回程度施します。 Sponsored Link 【鉢植えの場合】 水はけがよく、通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。 市販の草花用培養土6、腐葉土3、牛ふん堆肥1の割合で配合するとよいでしょう。 元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ、定期的に固形肥料を置き肥するか、液体肥料を2週間に1回程度施します。 植え付け 苗の植え付けの適期は4月~5月です。 庭植えの場合、その後植え替える必要はありませんが、鉢植えの場合は、株が込み合ってきたら夏の切り戻し後、わき芽が伸び始めてきたころに根をほぐして、一回り大きな鉢に植え替えます。 鉢植えのものは根がパンパンに張っているようなら、一回り大きな鉢に植え替えてください。 植え替えの適期は3月~4月、もしくは10月です。 【さし芽でふやす場合】 適期は4月~5月、茎を2~3節 5~6cm で切り取って、一番下の葉を取り除いて用土に挿します。 乾かさないように管理すると2~3週間で根が出てきます。 苗がある程度の大きさに生長したら植え付けます。 水やり 基本的に、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。 ただし、バーベナは乾燥に比較的強く、じめじめした多湿を嫌うので、水の与えすぎには注意してください。 【庭植えの場合】 植えつけ後に水をたっぷりと与えたら、その後はほとんど不要です。 しかし、真夏に葉色が薄くなるほど乾いたときには、たっぷりと水やりします。 【鉢植えの場合】 表土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりします。 参考動画:バーベナの育て方 バーベナの育て方と花言葉 【春~秋に咲く花】 のまとめ 花色は白、赤、ピンク、紫、青紫、紅紫などがあり、花が少ない真夏の炎天下でも生育おう盛なので、夏のガーデニングにはおすすめです。 3月から6月を中心にポット苗が出回り、さし木(さし芽)でふやす場合ラベルがついて、品種名が明記されています。 比較的ほふく性のものは、暑さ寒さに強く、育てやすいです。 一般的に『一年草タイプ』は寒さや暑さに弱く、『宿根草タイプ』は強健で手間のかからないものが多いです。 タイプによって育て方が若干異なるので注意してください。 また、個人的な見解・解釈 もありますので、栽培方法や生態については事前によく調べる必要があります。 他で紹介する花言葉と異なる場合もあります。 参考=ヤサシイエンゲイ: 参考=みんなの趣味の園芸:.

次の

花言葉【バーベナ】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

バーベナ 花 言葉

「バーベナ」という花の名前を聞いて、すぐにどんな花だったか思い浮かべにくいかもしれません。 しかし、写真を見ると、「ああ、あの花なんだ!」と思われるのではないでしょうか?小さめの桜草のようなお花がいくつも集まって咲き、色々な色を持っている花です。 は中南米の原産で、現在ではアメリカ大陸の熱帯から温帯地域にかけて、そして南ヨーロッパやユーラシア大陸、アジアに分布するクマツヅラ科の総称で、日本名は「美女桜」です。 「バーベナ」とひと言でまとめて呼んではいますが、実は約250種もあり、一年草のものから多年草のものまで、その種類は実に豊富です。 5月頃から10月頃にかけて、長く咲くことができるうえ、育てやすいこともあって、実は最近人気のガーデニング用のお花でもあるのです。 また、古代より宗教や魔法に深くかかわりのあった植物であると言われています。 では、この「バーベナ」には、どのような花言葉があり、またどんなことに役立てることができ、またどんなスピリチュアル的なお話が潜んでいるのでしょうか? 目次• 花言葉【バーベナ】の意味 「バーベナ」の花言葉の一般的なものは「魔力」や「魅力」など、なかなかミステリアスな感じのものから、長く暑い時期でも咲き続けることから「勤勉」「忍耐」という花言葉も存在しています。 しかし「バーベナ」も花の色よって、花言葉が違ってきます。 色の違いによる花言葉は下記の通りです。 花の色 赤い「バーベナ」の花言葉:一致団結 白い「バーベナ」の花言葉:私のために祈ってください ピンク色の「バーベナ」の花言葉:家族の和合 紫色の「バーベナ」の花言葉:あなたに同情します。 後悔 以上の意味から、他人に贈るときは、紫色の「バーベナ」は避けたほうがよいでしょう。 赤の「バーベナ」は、輪になって咲く花の様子から、情熱を持って強く結びつくイメージがあり、団結を表すとされています。 ピンクの「バーベナ」は、赤よりは柔らかい雰囲気を醸し出しているため、仲良し家族の結びつきを思い浮かべさせるようです。 白い「バーベナ」は、白い色が神聖であり、キリスト教とも深い関わりのある花であることから、祈りという花言葉が与えられています。 【バーベナ】にまつわるスピリチュアルなお話 この花の名前「バーベナ」は、ラテン語で「神聖な植物」を意味するのです。 「バーベナ」は、古くから神聖な花とされ、各地で宗教儀式や魔法に使われてきました。 その効能はハーブとしても医学的に利用されていただけではなく、魔除け、神秘のパワーが宿る花として信じられていたのです。 また、「バーベナ」は恋の秘薬とも考えられていたため、「バーベナ」を身に付けることで、異性に対して自分を魅力的に見せる効果があると信じられています。 古代では、「バーベナ」は、エジプトの女神イシスに捧げられていた花でもあります。 それはエジプトの神、オイシスの死を悼んで女神イシスが流した最初の涙が「バーベナ」になったという伝説があるからなのです。 ケルト人は、この「バーベナ」を魔法の薬草と呼び、呪術や魔法に用いていました。 ほかにもイエスキリストが釘で手を打ち付けられたきに、この「バーベナ」の花でその出血を止めたことから「神の花」と呼ばれており、さまざまな解釈を持つ花です。 イエスキリストが釘で十字架にはりつけにされたゴルゴダの丘にはその後、血の色の赤い「バーベナ」が咲いたとされています。 【バーベナ】が誕生花の日 「バーベナ」は初夏から初秋に咲くことから、この時期の誕生日の花として用いられています。 「バーベナ」は、主に6月23日の誕生花とされていますが、下記の誕生日にも用いられています。 4月7日、14日、5月24日、25日、6月24日、27日、7月18日、29日、9月10日、10月14日 【バーベナ】の効果や生活に取り入れる方法 「バーベナ」は、古代より医療的なハーブとしてのみならず、魔法の薬草として利用されていました。 「バーベナ」の花を煮だした液を撒くと悪魔よけになると考えられています。 また、「バーベナ」の花を乾燥させたものを財布に入れておくと、お金が逃げないと言われており、金運アップにも役立ちます。 庭に「バーベナ」を植えておくと、収入が安定するおまじないにもなりますよ。 一方、ハーブとしての効能も多く、リラックス効果、鎮痛剤、利尿薬、収れん剤、抗菌、抗炎症に用いることができます。 「バーベナ」の中でも、レモンのような香りで人気が高い「レモンバーベナ」は、化粧品や香水としてもよく用いられます。 この「レモンバーベナ」は、整腸作用、頭痛、生理痛、腹痛、気管支炎にも効果があります。 「レモンバーベナ」は、ハーブティーとしても楽しめるほか、お料理にも香り付けとして使われることも。 さらに、「レモンバーベナ」の精油をお風呂に入れると、疲労回復にも効果があります。 また、葉を乾燥させたものをポプリとして飾っておくことで、守護、浄化、金運アップ、恋愛運アップ、魔除け効果も期待できます。

次の

バーベナの上手な育て方のコツをご紹介!花言葉とバーベナに合う花とは?

バーベナ 花 言葉

¥ 2,052(2017年4月14日現在) 柔らかく味わい深いバーベナが描かれた陶器。 もともとは日本向けに「そばちょこ」として作られたものですが、デザートカップなどに使うのもおすすめです。 一つ一つがハンドペイントで仕上げられており、作り手の愛情が込められた、ぬくもり溢れる風合いに仕上がっています。 株が越冬できるほどの丈夫な性質を持ち、暖かい地域から寒冷地まで幅広い地域に植えることが可能な「宿根タイプ」のバーベナ。 一般的な「地を這うように横へ広がるタイプ」の一年草とは異なり、茎が細く伸びた先にいくつかの花を咲かせるという特徴を持っています。 こぼれた種で自然と増える性質を持ち、花を咲かせる時期も長いため、風に揺れる花を、季節の移ろいとともにじっくり楽しむことができます。 もらって嬉しいお中元として毎年人気のある「ギフトカタログ」。 本当に好きなもの、欲しかったものを選んでいただけます。 それに冷凍ものや冷蔵ものが同時に届いて困ったり、使いようの無いものを頂いたり、というようなことも避けられます。 お好きな時にお好きなものを楽しんで頂けるのがカタログギフトの一番のメリット。 さて、ギフトカタログといっても千差万別。 そこで、オールマイティ、掲載数もジャンルも多く、趣味嗜好のわからない方にも心配なく贈れる「総合カタログ」。 誰もが嬉しい美味しいものを集めた「グルメカタログ」。 それてブランドやスタイルに特化した「こだわりのカタログ」に分けて人気のカタログをご紹介します。 今年のお中元はこれで安心ですね。

次の